ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君

2006年5月14日 (日)

今頃ですが、真・エンディングを

ドラゴンクエストⅧのプレイから一年以上たっていますが、何人かの方から真・エンディングを書いてくれないのかというお話がありました。自分でも、もったいなくて綴れません~…なんて書いておきながら、漠然としか思いだせない有様(笑)。ネット友様からもぜひとリクエストをいただいたので、自分のためにもやっぱり覚え書きとして残そうと思いました。

再プレイは当分ありませんが(婆ちゃんになったころに再プレイ予定?)、長男坊が近々エンディングを迎えるあたりまで来ているので、あらためて二本の通常・真エンディングのビデオテープを引っ張りだして見てみました。やっぱり楽しかったなぁ~。大変だったけど、がんばってきてよかったと思える真・エンディングでした♪

そうそう、NIFTYのココログからこちらに日記を移行する際に、いくつか記事が抜けた状態でいたのに今頃気がつきました(汗)。通常エンディング内容とトロデのセリフがいくつか以前の日記に追加になってます。【最終決戦~とりあえずエンディング】【真エンディングで終了します】の日記です…ごめんなさいまし…何で記事が抜けたのか、自分でも謎です(^_^;)

ではでは、ここから先はセリフもありの完全ネタバレ真・エンディングになっていますので、見たくない方はお気をつけください。


以下、ドラクエⅧの真・エンディングです。

主人公の母の形見であるアルゴンリングを持った状態で迎える真・エンディング。私は竜人の里でもらえた物を全て装備してむかえたら、エンディングでもそのまんまの姿でした。時々普段着に戻るシーンがあるので、それは通常のエンディングとダブってる部分なのでしょう(笑)。

んで、結婚式には出席できないと言う事がわかった後、ククールが激怒しているシーンから変わります。ククールのセリフに『そうだ、クランド!指輪だよ、あの指輪があっただろ(アルゴンリング)。お前のオヤジの指輪がさ。それをクラビウス王に見せてみたらどうだ!?クラビウス王もお前が亡き兄の息子だって分かれば考えを変えるかもしれないぜ。いちかばちか話をつけに、法皇の館へいってみろよ。さあ、行ってきなよ!』というのがでてきます。そして、アルゴンリングを手にして眺める主人公…

その後クラビウス王の元へ話をしに行きます。
アルゴンリングを見せた後のクラビウス王のセリフ。
『こっ、この指輪は!アルゴンハートを石に使ってるな…。どこで手に入れたのだ?…ううむ、さすがのワシも頭が混乱してきそうだよ。だが、お前が我が兄エルトリオの息子だという話は本当のようだな。でなければ、身内しか知り得ない事情をそこまで知るよしもないであろう。思えばもし兄が国を捨ててお前の母を追いかけて行かなければ、今頃は兄がサザンビークの王のはずだ。そして、お前が王子として生まれていれば、ミーティア姫と結婚するのはお前だったかもしれん。だが、いまさら何を言おうが、それらは全てもしもの話しだよ。王位継承を持つ者が新たに加われば、国が乱れるであろう。お前を認めるわけにはいかんのだよ。…悪く思わないでくれ。話は以上だ。もう帰るがよい。』

その後再び話しかけても同じセリフしか言いませんでした。

そして結婚式…ヤンガスが式場前で見張りを倒した後…

結婚式で入場して来たのは主人公でした。そしてぶチャゴスがつまみ出せと怒った後に立ち上がったのはクラビウス王でした。『待て、その必要はない。そこにいるクランドにはこの式に出席する権利があるのだ…。クランドよ、お前を花婿と認める。(ぶチャゴス…ガーン!)』。ぶチャゴスは『父上!父上ほどのお方が何をわけのわからないことを!花婿はこの僕でしょう!』と。
クラビウス王はアルゴンリングを見せながら『このリングは、昨夜そこのクランドからあずかったものだ…。この指輪は兄の…。エルトリオの遺品…。クランドはわしの兄であるエルトリオの息子だったのだよ(ぶチャゴス…ガガーン!)』『遺言に従うなら兄の子であるクランドこそ、ミーティア姫の夫としてふさわしい人物!』

ぶチャゴスは地団駄を踏みながら『ミ、ミーティア姫の許婚は僕だったんだ!だから結婚するのも、こ、この僕のはずだ!』

その後、伝令で花嫁の準備が整ったとあり、悲しそうな顔のミーティアとトロデ王が入場してきます。顔を上げると目の前にはクランドが…(^^)
クランドの肩に手を置いたクラビウス王が頷きました…(^^)
(少し後ろの方で、見張りに腕をつかまれて身動きできないぶチャゴスが…)

不安そうな顔で式場の扉を見つめるククール、ヤンガス、ジェシカの3人。出てきたのはクランドとミーティア。喜んで民衆はちょっと戸惑った様子だけど、3人は歓声を上げて拍手!民衆から少しずつ拍手がおき、紙吹雪が舞う中、クランドとミーティアは嬉しそうにほほ笑んで…
♪チュッ (*  ̄)( ̄ *) チュッ♪

クラビウス王は咳払い、トロデ王は目を覆ってました(笑)

ここから先は通常のエンディングに戻り、普段着に戻った(笑)主人公がミーティアの手を引き、馬車に戻ると言う内容になっています(^-^*)

以上、リクエストにお応えして真・エンディングでございました♪

2005年2月11日 (金)

真エンディングで終了します

終わりました、何もかも。グリンガムのムチだけは手に入れていませんが、竜神王の試練の最後、永遠なる巨竜も終わり、モンスターも全討伐終了してゴスペルリングをGETしました。そして、一番の目標だったキャラクター全員のレベルMAXも達成いたしました。レベル99でもHPは999にならないんですね~。Maxになる順番は、ヤンガス→主人公→ククール→ゼシカでした。ゼシカは後半で賢さの育ちがすごかったです。そして、MAXのキャラたちで戦ったラストボスの暗黒神ラプソーンは3ターンで撃沈。あっちゅー間のラストバトルでした。

主人公の母の形見であるアルゴンリングがある状態でエンディングを向かえると……

もったいなくて綴れません!素敵なエンディングでした。前回のエンディングもそれなりによかったけれど、ちょっと物足りない部分がありました。真エンディングは涙がどばどばではなくても、ほんわかと温かい気持ちで終われる内容でした(^^)。頑張ってきてよかったなぁ~、これのために頑張ってきたんだよなぁ…と、エンドクレジットで名シーンが流れる中、しみじみと思い出せて、少ししんみりした気持ちになりました。

正直言いますと、ドラクエは長男坊が現在プレイしているⅤの画面でさえ駄目な私です。特にバトルでは向き合っているだけのはつまらなくて~。もしⅧが同じ状態だったらプレイしてなかっただろうし、これからのドラクエもプレイする気にならなかったかもしれません。ここまで変わってすごいと思いながらも、ドラクエらしさが失われていなかったのがすごく嬉しくプレイできました。どんどん進化して行くゲームですけど、しゃべらなくても、リアルな画像じゃなくても、心底楽しめて嬉しかったです。

最後にラストまでに見られたトロデ王の言葉の数々と、戦いの記録を残しておきます。スクエアエニックスさん、ドラクエⅧを作ってくれてありがとうございました。プレゼントしてくれたダー様、お母ちゃんのプレイに付き合ってくれて、後半のレベル上げに協力してくれた息子たちよ、ありがとう!こんなプレイ旅日記にお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。これにてドラゴンクエストⅧ日記を終わります。

※次回のプレイは、内容を忘れてしまっている任天堂64の「ゼルダの伝説~ムジュラの仮面」になります。再プレイなので日記にするかどうかは…微妙です(^^ゞ


トロデ王
■パンパカパ~ン!なんと!逃げた回数が1000回を突破じゃ!情けない事じゃが、すごいのう。

■(一度クリアしたあと)あやつを倒すまでずっと負けなしで冒険を進めたお前に、無敵キングの称号をあたえよう。

■ヤンガスが最高レベルになったようじゃが、調子にのらず今後も精進するんじゃぞ。

■クランドが最高レベルに達したぞ!ここまでくるとは思っとらんかった!すごいのう!
■ククールがどうやら最高レベルになったようじゃな。外見ばかりか、中身も最高レベルか。にくいのう。

■ゼシカが最高レベルになったな。あのわがままだった嬢ちゃんがこれほどになるとは感慨深いわい。

■全ての魔物と戦い、討伐リストを完成させるとは恐れ入った!魔物フェチの称号を与えるぞい。


【主人公(クランド):レベル99】
HP813 MP486
・剣スキル/100  ・ヤリスキル/100  ブーメラン/47
・格闘スキル/33  勇気/100

【ヤンガス:レベル99】
HP784 MP336
・オノスキル/100  ・打撃スキル/100  ・鎌スキル/31
・打撃スキル/24  ・にんじょう/100

【ククール:レベル99】
HP747 MP647
・剣スキル/100  ・弓スキル/100  ・杖スキル/100
・格闘スキル/41  ・カリスマ/14

【ゼシカ:レベル99】
HP699 MP729
・短剣スキル/2  ・ムチスキル/100  ・杖スキル/100
・格闘スキル/48  ・お色気/100

<ここまでの戦いの記録>
冒険時間:160時間56分
走破距離:578.1KM
戦闘回数:4036回
倒した匹数:7982匹
追い払った匹数:1284匹
勝利回数:2336回
全滅回数:0回(ずるっこしてます、リセット常習者)
逃走回数:1326回
全獲得ゴールド:212289G

2005年2月 9日 (水)

レベル上げ&やり残し探しの旅

エンディングを向かえてからは、都立の推薦入試に落ちてしまった長男坊が非常に落ち込むことになり、少々ゲームも控えめでした。けれど、本人自体(長男)はやる気ムンムンで(笑)、次男坊と共にレベル上げを頑張ってくれています。私も錬金やら小さなメダル探しやら、やり残しものを探し回っている状態です。そうそう、カジノの最高の景品「グリンガムのムチ」はまだ取れていません。それがなくてもゼシカはとっても強いかと…。今のところもうこれ以上装備などで何かしようと言う気がなくなって来ました(^^ゞ。小さなメダルは115枚のうち113枚まで見つけました。110枚で最後のはかいの鉄球をもらってからは、残りを持って行っても受け取ってくれません。そして、ついに主人公の出生の秘密がわかりました。ここから先はエンディング後にわかるないようですので、お気をつけ下さいませ。

やっぱり主人公はぶチャゴスの父ちゃんのお兄さん、エルトリオ王子の息子だったんですね。王になるのを捨ててまで愛した人は、竜神族から興味本位で人間の世界へ来たウィニアと言う女性だったのでした。お決まりのように連れ戻された彼女でしたけど、人間界から後を追ってきたエルトリオは、あまりの遠さに途中で力尽きてしまった…。それで竜神の里の近くにお墓があったんですねぇ。ほんのわずかな恋愛期間でしたけど、しっかり身ごもっていたウィニア…(*ノノ)きゃっ♪人間と竜神族のハーフは竜神王様によって記憶を消されて人間界へ追放されたんだそうです。そして、ウィニアとエルトリオを不幸に追いやってしまったウィニアの父、グルーノも娘の形見である主人公を追うために、竜神王様に願い出て人間界へねずみの姿へ変えられて追放されたんだそうです。決して、主人公と言葉を交わしてしまうことがないように…。それでずーっとポケットの中にいたんだ~。この話はグルーノが紙芝居で見せてくれました(笑)。
二人が人間界へ行った後に、竜神王は人間の姿を封じる儀式をしたんだとか。だけどそれは竜神族たちの体力を奪う結果となるようで、竜神の里は滅びてしまいそうな感じになっていました。その竜神王様を正気に戻させるには、誰かが竜の姿の竜神王を倒さなければならない…。それをやるのは誰だと…、もう、請負うしかなかんべ??うちらが!もうレベルもこのときすでに60以上あったので怖いものはなかとです!(ヒロシ風に)

竜神王自体はそんなに苦労しなかったけれど、そのあとの試練というのが~…大変なのよっ。一回勝つごとにおいちぃご褒美をもらえるんだけど、3回目くらいの黒鉄の巨竜には参りました。一ターンで3回攻撃されちゃ、主人公もククールもぶっ倒れます。しかも2回か3回続けて同じキャラに攻撃ですもん。いぢわる~~~!3回は全滅したでしょうか。そこから先は必死に必死に、息子たちがレベル上げをしてくれました。確かレベル70ぐらいで勝てたんじゃないでしょうか。とりあえず今はすべての試練を追えたので、あとドラゴンクエストⅧのなかで残っているボスはラストボスと聖なる巨竜と言うことでしょうか。うう、勝てるんだろうか…。息子たちとも話してますが、たぶんレベルMAXで巨竜を倒してから、ラストボスへと行くつもりです。これで気が済むでしょう…(^―^)

あと、9匹でモンスターも全部クリアできそうです。出てこないのはいつまでも出てきませんよねぇ。いつになる事やら…
2/18ごろにドラクエⅧの攻略本が2冊発売になるそうです。Amazonに予約してあるんですけど、もしかしたら完全クリア後に届くかも(笑)。ま、いいか。長男坊が使うでしょう…。このドラゴンクエストⅧの旅日記も、次回が最後になりそうです。


★★★今現在、キャラたちが装備・所持している物&スキルポイント★★★

【主人公(クランド):レベル81】
メタルキングのやり/竜神のよろい/竜神の盾/竜神のかぶと/アルゴンリング
竜神王のつるぎ/
・剣スキル/100  ・ヤリスキル/100  ブーメラン/38
・格闘スキル/0  勇気/100

【ヤンガス:レベル84】
はかいの鉄球/はぐれメタルよろい/大おやぶんの盾/メタルキングヘルム/騎士団長の指輪メガトンハンマー/ムーンアックス
・オノスキル/100  ・打撃スキル/100  ・鎌スキル/25
・打撃スキル/0  ・にんじょう/100

【ククール:レベル80】
オーディンボウ/ドラゴンローブ/メタルキングの盾/ファントムマスク/ライトシャムシール/マジカルメイス
・剣スキル/93  ・弓スキル/100  ・杖スキル/100
・格闘スキル/0  ・カリスマ/14

【ゼシカ:レベル76】
マジカルメイス/はがねのムチ/メタルキングヨロイ/女神の盾/黄金のティアラ/疾風のリング/しんぴのビスチェ/
・短剣スキル/2  ・ムチスキル/87  ・杖スキル/100
・格闘スキル/0  ・お色気/100


<ここまでの戦いの記録>
冒険時間:151時間56分
走破距離:567.4KM
戦闘回数:3248回
倒した匹数:6817匹
追い払った匹数:913匹
勝利回数:2022回
全滅回数:0回(ずるっこしてます、リセット常習者)
逃走回数:959回
全獲得ゴールド:179636G

1ターン最大ダメージ
全員で、スライムダークに3603Pのダメージ

2005年1月30日 (日)

最終決戦~とりあえずエンディング

\( ── ∇ ── )/ ルン♪
ついについに、世界を救いましたぞ~!勇者クランド、万歳!
あ、そうだ、暗黒魔城都市での暗黒神ラプソーンを倒す前の段階でトロデからのお言葉があったんでした。
トロデ王
「ついに不敗神話を打ち立てたか!暗黒神をも一発で倒せば最強伝説クランドという本を出版してやる!」

…ええ、ええっ!出してくださいっ!ずるっこリセット常習者でも、暗黒神は全滅しないで倒したぞ~!ぐわっはっは~!

ということで、早速ラストボスからエンディングまで綴りたいと思います。毎度の事なのですが、私がプレイ内容を忘れてしまった頃に、読み返して思い出して楽しむためのプレイ日記でありますので思いっきり完全ネタばれになっています。ここから先は包み隠さず綴ってしまっていますので、ネタばれが駄目な方はお気をつけ下さいませ。


えーっと、7つのオーブを集めた後、レティスに各自持ち物を整理して、道具を一つ持てる余裕を作れと言われました。ドルマゲス、そして魔犬レオパルド、マルチェロが手にしていた杖をレティスは探してきて、それを4人分に分けて持たせてくれました。この杖にはすでに闇の力は無いんだそうです。この杖の正式な名前は「神鳥の杖」。かつてレティスが光の世界の人間に作り方を授け、七賢者が作り上げたものだそうです。まず、闇の結界を破るにはラプソーンの攻撃に耐えながら、1ターン内で全員が神鳥の杖で「祈る」をするそうです。一度祈りが成功すると一人賢者のシルエットが出てきます。これを7賢者の分、7回祈ります。そうしないと結界が破れないと…。なかなか難しそう。レティスに「行きますか」とたずねられて、もう一度心を落ち着かせるために、レティシアの可愛い長老の顔を見て(笑)、さて、出発!

ラストバトルはレティアの背中に乗って戦うんですね。なんだか心強い感じがしました。そして、激しい攻撃がありつつも、こちらも主人公のベホマズンやククールのベホマラー、ゼシカの賢者の石を使って回復して、何とか7回、失敗せずに祈る事が出来ました。そして、七賢者たちは「自分たちが手伝えるのはここまで」と、結界を破って消えて行きました。さーて、行きますか~!

ここから先もレティスの背中でバトルです。色々やってみましたよ。スクルト、ピオリム。フバーハ、バイキルト、不思議なタンバリン、ためる…みんな無駄でした。テンションは20上がればいいところです、みーんな解除されちゃうし、時間の無駄でした。一度だけ主人公とククールが戦闘不能になり、しかもゼシカのHPが8になったときに、ヤンガスがメガザルを使いました。これが一番の大ピンチだったでしょうか。
最終バトルで繰り返した事は、

主人公:はやぶさ切り、ベホマズン
ヤンガス:隙があればスクルト、蒼天魔斬(大魔神切りは失敗がもったいないので)
ククール:ベホラマー、隙があればタンバリン、スクルト、はやぶさ切り
ゼシカ:賢者の石、フバーハは必ず、隙があればバイキルト、ピオリム

こんな感じだったでしょうか。ヤンガスがレティスの背中で蒼天魔斬をするときは、息子たちが「レティス痛そうだ~!」と。背中が削られている感じですもんね(爆)
何度かザオリクを使うこともありましたが、思っていたほど長時間にはなりませんでした。暗黒神ラプソーン、ついに敗れました。

2005年1月29日 (土)

暗黒魔城都市~暗黒神ラプソーン~完全復活へ

やってきました暗黒魔城都市!なんとも複雑な迷宮です。地図を見つけたものの、出入り口がいっぱいでどこに入ったのか、どこから出たのかわからなくなっちゃいます。ザコ敵も強いし、逃げる事が多くなって来ました。ここにある宝は17個。途中で樽がたくさんの部屋に入って全部割り、あちこち迷いながら進んでいるうちに全部回収しちゃっているようでした。その中にあった「賢者の石」、これは使えます!よかった、錬金でオリハルコン使わないで(笑)。ゼシカのハッスルダンスよりも多く回復できるのはいいんだけど、テンションを高くして使っても回復量は変わりません。テンションをあげてハッスルダンスの方がはるかに使えるかも~。さ、もううろつきにも飽きたし、いつまでも行き先がわからないのでネット情報でしらべて、正しい道を行きました。すると綺麗な町が出てきます。なぜか4人の石造がありました。そして石碑がありセリフを読み終わると体力が全快しました。ぬぬっ?いよいよでしょうか。その町ではドアから中に入れるわけでも無し、人がいるわけでも無し、どこに行ったらいいのかとぐるぐる歩いて行くうちに同じ道を回っているだけのようなんだけど、だんだんと毒の池がでてきたり、牢屋が出てきたりして町並みが変化して行きます。そして、闇の入り口が…。いよいよ暗黒神ラプソーンのもとへ。

…何じゃこいつは?下半身がハートのような、でっぷりとしたちびデブ系です。これが暗黒神かい?恐怖心はゼロですね、こういうボス戦で手に汗を握るのはゼルダの伝説以外ではあんまりないなぁ…。こっちもそれなりに準備をしていたし、やっぱり負ける気がしませんでした。一応主人公とヤンガスはスーパーハイテンションまで溜め込んで、主人公ははやぶさの剣・改ではやぶさ切、ヤンガスははおうのオノで大魔神切りはやめておいて、蒼天魔斬を使いました。

そして、ラプソーンが倒れた後、城は崩れて行きます。そんなときにのんきに仲間に話しかけると、みんな地震だ~とビビリまくり。ヤンガスも鼻をほじりながら、こんな体が恨めしいと。これが終わったらダイエットに励むんだと!( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!
しかし、すんなり逃げられるわけじゃ無し、さっきのキャラたちの石造と戦ったり、でっかい岩のお化けと戦ったりして、行き止まりになり、神鳥の魂を使って脱出!
…できないのね。その後ラプソーンは完全な体を手に入れ、最終的に本当の復活を遂げてしまうのでした。これで闇と光のふたつの世界をつなぐ扉を開いたおかげでレティスが光の世界に来る事が出来、危うく落ちそうになる主人公たちを助けてくれやっと脱出することができました。完全復活のラプソーンの姿はおなかは小錦、顔は息子たちが言うにはドラゴンボールのプンターなんだそうです。

さて、闇の結界に包まれたラプソーンを破るには、結界を破らないといけません。かつての七賢者の魂が助けてくれるようで、それぞれ賢者の末裔が命を落としたところへ行って7つのオーブを手に入れ必要があるようです。レティス自身も、この光の世界で探し物があるんだとか…。ついに最終段階でしょうか。一度全クリをしないと進めない話もあるようなので、今晩一度クリアしてみましょうか…。

そうだ、モンスターバトルロードはAランク優勝まで行きました。ゴムレス&ゴルドン&ユーガの物質系です。この三体で合体して怒りの魔じんになってくれます。そうするとHP999になり、守備力もそれなりに。一体になるし、すばやさがさがりますし、相手が二回攻撃してきたり守備力をさげてきたりすると苦戦しましたが、一回戦ごとにまた合体してくれると、再びHPが999というのが魅力でした。でも、Sランクではモリー戦まで行きましたけど惜しくも撃沈しました。クリア後に出てくるスカウトモンスターを狙っているので、クリア後に再挑戦しましょうか(^^)。


<ここまでの戦いの記録>
冒険時間:125時間28分
走破距離:494.9KM
戦闘回数:2277回
倒した匹数:5618匹
追い払った匹数:533匹
勝利回数:1642回
全滅回数:0回(ずるっこしてます、リセット常習者)
逃走回数:484回
全獲得ゴールド:135546G

主人公:レベル49  ヤンガス:レベル50
ゼシカ:レベル48  ククール:レベル49

2005年1月28日 (金)

うろつきの旅~鏡の迷宮~暗黒魔城都市

ここらでネット情報を見てみたら、どうも小さなメダルがクリア前でいくつか足りないようです。あと少しであぶないビスチェに手が届きそうなのに…。ここはじっくりと印刷した紙を見ながら、取り残しがありそうなところをうろつきました。ゲーム序盤の旧修道院跡地あたりは結構宝の取り残しがありました。まだ盗賊の鼻を覚えて無かったのかな…。トラペッタにもあったし…。竜骨の迷宮でも、フィールド上にもいくつかあり、やっとあぶないビスチェと交換してもらえました。だけど、やっぱりまだいくつか足りねーっすよ、もう探すの限界~(lll ̄ω ̄;lll) 。
早速あぶないビスチェを装備して、直後のトロデ王のお言葉は…
トロデ王
「露出度の高い格好をしとるせいか、ゼシカの周りの空気だけがピンク色に染まって見えるわい」

…そ、そう?シャドウハーツⅡの女性キャラたちの際どい衣装で目が慣れちゃってるせいか、うわさのあぶないビスチェを見てもちっともエッチィく感じない私です( ̄∇ ̄;)
すぐに錬金で、しんぴのビスチェにしちゃったもんね~。

さて、サザンビーク城へ寄ってみました。すると王が困り果てていました。大臣がいなくなってしまったとか。あちこちで情報収集をしているうちに、夜中に大臣の家の2階の鏡が青白く光っていると…。早速行って見ると、鏡の中に吸い込まれていきました。宝箱を取りながら奥へ進むと、大臣一家が牢屋に閉じ込められていて、周りでは大臣たちを煮て食っちゃおうとトロルたちがお料理の支度中(笑)。何せ攻撃力が強いので回復に気をつけて戦いました。御礼はかなりおいしいものですね(^^)。無事に大臣を助けて王のもとへ行くと、二度も助けてもらったと…いつか必ず恩を返すと言われました。恩か…じゃあ、ぶチャゴスとの結婚話は無かったことにしてくれませんでしょうか?わはは…( ̄∇ ̄;)

そうそう、行ってきましたぱふぱふ屋!なかなか見つからなかったけど、サザンビーク近くの滝の脇にドアがありました。受付はなんとオカマのあらくれでした!うーん、今までゲームキャラでオカマちゃんは、他にもゼルダの伝説風のタクトのフィギュア屋のオヤジがいましたけど、オカマキャラの設定のうまさはシャドウハーツがダントツじゃないでしょうか(爆)。だって萌えないもん、私がっ(爆)
奥では椅子がひとつあって、バニーちゃんが目隠しをしてくれます。そしてしてもらうぱふぱふとは…スライムをふたつ使って顔を挟んでくれてたのねっ!そっかー、そういうことだったのか。目隠しの模様はスライムの目でした。ぱふぱふされている主人公の口は、完全にスライム化してました、ぎゃっはっは!
あっ、これって、先頭を他のキャラにしておけばククールやヤンガス、ゼシカでも見られたんでしょうか?あ、あとでやってみよう~っと(⌒_⌒)。

あとは、もういつまでもうろついても仕方が無いかなと言う感じになってきました。暗黒魔城都市へ突入しちゃおうかしら…。あ、その前にもう一回ゲルダのもとへ行ってみようかしら。可愛く「あの時は蹴っちゃってごめん」なんて言うかしら~~、ぐふっ。
ぬお~~!ごめんなさいはありませんでしたけど、すんげーいい物を貸してくれました。怒りの鉄球という1グループ攻撃が出来る武器でした。ヤンガスがラプソーンと戦っている事はとっくに知ってるんだと。この武器は貸すだけだから、絶対に返せと。暗に「生きて帰ってくれなくちゃいやん♪」と言っている事になりますよねぇ~(妄想爆裂中)。ヤンガスめ、隅に置けないのぉ~~。さて、行きますか暗黒魔城都市へ!

2005年1月25日 (火)

寄り道の旅~聖地ゴルドの戦い

海賊の洞窟以来、ゲルダにあってないので会いに行ってみました。んま~、なんともご機嫌斜めで大変でした。最後の宝を自分のものにできなかったのが悔しかったんでしょうか。何もヤンガスに蹴りまでいれなくたって~…。ヤンガスのおびえた顔が可愛そうでした(^_^;)

さて、煉獄島から出た後にサヴェッラ大聖堂へ行ってみました。やっぱり次期法皇はマルチェロのようです。杖を持っていたもんね。だけどマルチェロは杖に支配されませんでしたよ。杖を持つ腕に闇のつるが絡もうとしたけど、振り切ってましたもん。俺は支配されるのは嫌いなんだと…。今までと違った形になるんでしょうか。
だけど、法皇様の遺体には刺されたあとがあるという噂もあるようで。時期からしても、主人公たちが煉獄島へ行った直後ですから、自然に考えれば死の真相はわかりそうなものですね。殺されたんだと言う噂と、階段から落ちたという話が出ているようです。そして、次期法皇になるマルチェロは、聖地ゴルドで早々と就任式を済ませようとしているようです。次に向かうのは聖地ゴルドですね。

聖地ゴルドでは今まで入れなかった奥の建物に入れました。すると高~~~い場所で、えらそうにマルチェロが演説をしていました。だけど、マルチェロは法皇に即位するつもりは無いと。顔を見た限り、ゼシカのように青筋は立ててません(笑)。普通のマルチェロのようです。自分の生まれを呪い、身分を呪い、闇の心でいっぱいのようです。そして全ての者は自分に従えと…。演説会場の人々は固まってました。会場から出て行こうとする者は、聖堂騎士団に止められます。そして、マルチェロは「私に従うか、さもなくばそこにいる侵入者のように殺されるかだ」と、主人公達にを指差します(杖を持ってたような…)。そして聞こえる声…
「今こそ、ボクの力を使って!」と。神鳥の魂でした。彼の力によって高い位置にいるマルチェロのもとへ。ひょえ~、やっぱりね、マルチェロとの戦闘になりました。なかなか手ごわいです。いてつく波動でせっかく守備力やすばやさをあげても無駄なようです。このあたりでは、攻撃は主人公とヤンガス、回復はゼシカのハッスルダンスか祝福の杖、ククールは隙を狙っての補助魔法か攻撃です。ふしぎなタンバリンでテンションをあげておけば、通常は70程度のハッスルダンスの回復も、テンション20~50で一気に元通りです(^^)。
ボス・マルチェロが倒れた後、心の隙にラプソーンの魂が入り込んだのでしょうか。マルチェロの顔色が変わり、聖地ゴルドの巨大な女神像を破壊し、女神像の中に封じ込めていたラプソーンの肉体を開放してしまいました。激しく壊れて破壊された聖地ゴルド、たくさんの住民が犠牲になったようでした。正気を取り戻したマルチェロが、かろうじて崖にぶら下がっていました。でも、何もかもを失った彼に生きる意思は無かったようです。でも、それをとめたのは憎き弟のククールでした。しっかりと兄の腕をつかんで「死なせないさ」と離しません。一度は振り払ったけれど、ククールの強い気持ちは兄の腕をがっちりと再びつかむのでした。初めてククールが修道院に来たときの、ククールと気がつかずに接してきたときのマルチェロの優しさが、忘れられずにいるんだとククールが話します。
「虫けらみたいに嫌っていた弟に情けをかけられ、あんたは惨めに生き延びるんだ。好き放題やって、そのまま死のうなんてさせない。」と…。
マルチェロは絶対に自分を助けた事を後悔するぞと。ククールはそれでもまた止めるんだと。

大怪我を負いよろよろと去るマルチェロは、最後に聖堂騎士団の指輪をククールに渡すのでした。もう、必要ないからと。どこへ行くの~、マルチェロ!私もね、心のそこからマルチェロの事は嫌いになれなかったのよね。ククールと同じよ、あの優しさが忘れられなかったのよね(T-T)。これから先もこんな感じじゃ、二人に笑顔で話せる日は戻らないような気がしました…。

空が赤く染まり、暗黒神ラプソーンは復活してしまいました。主人公たちがやってきた事が、結局復活への手助けとなってしまったのでしょうか。だけど、この事実を把握しきっていない人々もいるようで…。マルチェロの姿を探しに、いるとは思わなかったけどマイエラ修道院へ行ってみました。聖堂騎士団たちはマルチェロの即位を祝って花火をあげていて空が赤かったと勘違いしてお祝いの祝賀の真っ最中でした。踊り子まで呼んじゃって、飲んだくれていました。さて、これからどう進むかな…。

ミーティアに会いたくなって泉に行ってみました。
空が赤くて怖がっていました。ラプソーンが復活となれば、自分たちはきっと呪いが解けずにいるだろうと。もし、一生馬のままならば、クランドと二人で旅をして、クランドを背中に乗せて好きなところへ連れて行ってあげると…(+_ q ))グスン…。健気なお姫様です。きっとアナタの心の彼氏は助けてくれるってば(^^)。
そして、トロデ王のお言葉は…
トロデ王
「まあ、あれじゃ、色々言ったがここまで来たら戦術など無意味。自分を信じて心のままに戦うのじゃ!」

…ありゃりゃ~。もうアドバイスは終わりですかっ!頼みますよ~~!

2005年1月24日 (月)

魔犬レオパルド戦~煉獄島

神鳥の魂で地図上の怪しいところへ飛んでいくと、黒い鳥がコウモリのようにあっちこっちに飛び回っています。ひたすら追いかけていくと、サヴェッラ大聖堂の上、法皇様の館へ飛び込んでい行きました。こちらも降り立って法皇様の部屋へ。途中でニノ大司教に会いましたけど、嫌な奴ですね~。こんなときでも、真っ先に自分が法皇様をお助けするようにと言ったんだと法皇様に言えと。おまえ、何を企んでるんじゃっ。
部屋の中には杖を銜えた魔犬レオパルドがいました。周りにはすでに息絶えたものもいます。レベル上げもしたことだし、不思議なタンバリンがある、それなりに呪文を覚えてるし、負ける気がしません。誰も戦闘不能にさせないで魔犬レオパルドを倒しました。だけど戦闘後に心労でばったり倒れてしまった法皇様…そこに現れたマルチェロに主人公とニノ大司教が組んで法王様の暗殺を企てたと煉獄島へ幽閉される事になってしまいました。あそこに入ったら最後、生きては出てこられないと…。ああ、あそこね~。一度船で降りた事があるけど、何も起こらなかったし先に進めなかった島がありましたっけ。モンスターともエンカウントしなかったね。その後、残された杖を手にするマルチェロ…、ああ、そうかい。そんな展開ね…。

そして、月日は流れたようです、見張りの男たちの話を聞くと法皇様は一ヶ月も前に亡くなっていたんだとか。いっ、一ヶ月ですかぃ?一ヶ月も幽閉されてもヤンガスやニノ大司教はまん丸と太ったまんまですがな。ここの煉獄島はいい食事が出ているんでしょうか(笑)。そして、今までの自分の行ってきた事を悔い改めたニノ大司教が、おなかの中に黄金のロザリオが入っているから激痛が~~…と、必死の演技です。黄金のロザリオ欲しさに見張りたちが介護してやろうと鍵を開けて入ってきて、あっさりと主人公たちは脱出成功…かと思いきや。誰かが残ってレバーを動かさないとゴンドラは上に上がりません。そこで、すっかり改心したニノ大司教が残ると…。そして、必ず法皇様の死の真相を突き止めてくれと。上に上がった直後、ゴンドラを吊るしていた鎖がちぎれてしまいます。これで、本当にあそこから生きて出られるものはいなくなったという感じでしょうか。アーメン(-o-)†………

ここで、ゴンドラから降りるときに、ククールがゼシカの手をとって降ろしてあげるんですよ(^^)。ぐふふ~、せっかくだからお姫様抱っこで降ろしてあげればいいのに~。ゼシカはゲームをする前までは、とっても生意気な女のこのイメージがありました。Ⅶのマリベルっぽい感じ。だけど実際に仲間になるとそんなことないのよね。時々「なかま」で話しかけてみると強気の発言もあるけど、可愛らしいキャラでした。ククールとはくっつくんでしょうか、ぐひぐひっ♪

さて、トロデが外で待ち構えてました。どんなに探したことかと…。なんとなく休ませてあげたくてレティシアの宿と教会へいってセーブをしにいきました。最近はセーブの前にレティシアの長老の可愛い顔を拝まないと駄目になってきた自分…、はまってます、あの可愛らしさにっ!(笑)
そして夢の中にミーティアが出てきました。主人公たちの無事を喜んでいました。みんながいない間はトロデと二人きりの旅だったけど、トロデはずっとクランドの話ばかりだったようです。とても頼りに思っていると…。チャゴスがクランドみたいな人だったらいいのにと…。
ぬぉ~~~!!!そうですかっ!そうよね、あんなぶチャゴスなんかと結婚して、生涯を共にするなんて…これこそ死んでも嫌でしょう。ああ、どうなるのかしら、クランドとミーティアは幸せをつかめるんでしょうか。

そして、お馬さんにもお水を飲ませに行くと…
クランドたちがいない間、夢の中なら会えるかと必死に念じていたそうです。でも会えなかったとか。無事だとわかってどんなに嬉しかったかと…。二度とミーティアをおいていなくならないでね(はぁと、はぁと)。もう、ミーティアの頭の中はクランドでいっぱいの様子。うほほ~い、いいぞいいぞ~~。息子たちと身をくねらせながら声を出してセリフを読んでしまったお馬鹿母でございました。
んがっ!この後のセリフはなんじゃぃ!!!!

「一人っ子だった私は、クランドがお兄さんのよう。だからこれからもずっとそばにいてね、クランドお兄様」

…( ̄ω ̄)………お兄さんでいいのかよ。素直じゃない娘っこじゃ。さて、お父ちゃんのトロデ王のお言葉は…
トロデ王
「このまま行けば年末に発表される魔物ビビらせ大賞の受賞者はクランドさんにほぼ決定じゃな」

…わはは~、もう年末ですか!まだ一月じゃよ。

<ここまでの戦いの記録>
冒険時間:108時間37分
走破距離:420.2KM
戦闘回数:2013回
倒した匹数:4855匹
追い払った匹数:521匹
勝利回数:1430回
全滅回数:0回(ずるっこしてます、リセット常習者)
逃走回数:437回
全獲得ゴールド:114555G

2005年1月23日 (日)

うろつきの旅~聖地ゴルド~三角谷

・うろうろ病が始まりました。取り残しの宝箱が気になって、再度表と裏の神鳥の巣へ行ってきました。ここに出てくる「魔界樹」ですが、どうしても人相の思いっきり悪い林家ペーに見えてしまって~(^_^;)。子供たちの前で言ったら馬鹿受けでした。それ以降はこの手のモンスターが出てくると、「あっ、ペーだ!」と…。テレビのCMで「プチプチプチプチプチ○ルマ~♪」が出てくるたびに、頭の中ではペーと魔界樹がぐるぐる…。ああ、あほな妄想です( ̄‥ ̄a;)ぽりぽり…

・グラッドのことが気になり、オークニスに行ってみました。メディばあさんの愛犬のバフはグラッドのもとに来ていたんですね。ε=Σ( ̄ )ホッ。そこでグラッドから「黒い犬を倒してくれたのか」と質問されました。んで、嘘をこいちゃいました。まだ倒してないのに…グラッドは嘘に大喜びをしてヌーク草を4つもくれちゃいました。ああ、なんだか後ろめたい気分です。ごめんね…。

・教会で休んだときに夢の中にミーティアが出てきました。自分とトロデのために大変な旅を続けさせてしまって御免なさいと。トロデは独り言のように、クランドにはクランドの人生があると言うのに、いつまでも自分たちにつき合わせられないと言っているそうです。辛くないですか、疲れてませんか、あなたはあなたの道を行ってもいいのよ…と。
…なんだか泣けてきちゃったなぁ。

・闇商人への錬金が終わりました。これから先は、ぐるぐると同じことが繰り返されるようです。今度から錬金は自分たちのために使いましょうか(^^)。このあたりでのトロデ王のお言葉は…
トロデ王
「(走破距離400.1km)途方もない走破距離じゃな!こんだけ走れば月までだってたどり着けるかも知れんのう」

…そうね~。この際宇宙の果てまで行きますかっ!(^^)

2005年1月22日 (土)

カジノとレベル上げの旅

神鳥の魂を手に入れてからと言うものの、息子たちにカジノをさせたり、ひたすらレベル上げの旅を繰り返しておりました。錬金も色々試しています。カジノは最初に意気込んでいたほどやってないかなぁ。でもこれからですねきっと。今はレベル上げに集中しちゃってたので、またそのうちカジノ漬けになると思います。

PCを新しく購入したのもあって数日間手をつけてませんでしたけど、そろそろ始動かな。レベル上げもだいぶ飽きてきちゃったので(笑)、今晩あたりストーリーを進めてみようかと思います。
とりあえず私がレベル上げをするので色々試した場所を記しておきます。

あちこちで調べてみたんですけど、一番いいのはライドンの塔の近くにある丘ですね。神鳥でしか行かれないところです。ここにはメタルスライム、メタルキング、はぐれメタル、そのほかの弱いスライム系がすべて出てきます。サザンビークのサザン湖の近くの丘も(炎のブーメランが宝箱であるところ)夜に限ってですがはぐれメタルがズラーっと6~8匹出てきますけど、夜だけですから。あと、船で地図に載っていないところも(マップ左下あたり)はぐれメタルが出ますけどそんなに頻繁には出ないです。

散々やってきて今のところ一番いいのは、前記のライドンの塔の近くの丘です(強調)!何度かはぐれメタルが8匹とメタルキングが2匹いっぺんに出てきたことがありましたよ。神鳥で降りる場所によっては宝箱が取れるところに降りられました。ヤンガスの「はおうのオノ」があったので、ヤンガスの攻撃が一気に高くなって嬉しいわ~。
まだまだ行くところもありそう…楽しみです!

レベル上げで使ってきたキャラクターたちの武器を記しておきますね。あとスキルも。もうすでにククールとゼシカは杖を装備しているときは毎ターンMPが回復しているのでものすごく助かっています。ザコバトルではブーメランとヤンガスのオノスキルでオノむそう(敵1グループ攻撃)、ゼシカのお色気スキルのピンクタイフーン(敵1グループ攻撃)がとても便利です。あと、錬金でふしぎなタンバリンを作ってあり、すばやさナンバーワンのククールに持たせてあるので、毎回使っています。特にメタル系を倒すときはまずタンバリンでテンションをあげて、主人公自身もためるでテンションを20上げておき、それから逃げていないメタル系を狙ってメタル切りです。ヤンガスの大まじん斬りはテンションがあがってなくても、あたれば一発でメタルも倒れます(^-^*)。

【主人公(クランド):レベル46】
炎のブーメラン(宝箱)/はやぶさの剣・改(連金)
・剣スキル/85  ・ヤリスキル/18  ブーメラン/38
・格闘スキル/0  勇気/100

【ヤンガス:レベル46】
はおうのオノ(宝箱)
・オノスキル/69  ・打撃スキル/62  ・鎌スキル/8
・打撃スキル/0  ・にんじょう/90

【ククール:レベル45】
はやぶさの剣/マジカルメイス
・剣スキル/52  ・弓スキル/30  ・杖スキル/100
・格闘スキル/0  ・カリスマ/0

【ゼシカ:レベル45】
マジカルメイス/ソードブレイカー
・短剣スキル/0  ・ムチスキル/34  ・杖スキル/100
・格闘スキル/0  ・お色気/100

<ここまでの戦いの記録>
冒険時間:101時間56分
走破距離:388.3KM
戦闘回数:1901回
倒した匹数:4735匹
追い払った匹数:511匹
勝利回数:1389回
全滅回数:0回(ずるっこしてます、リセット常習者)
逃走回数:370回
全獲得ゴールド:108851G

より以前の記事一覧

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ