« スカイフィッシュ終了~ガーランド邸へ | トップページ | サブイベントがいっぱい~♪ »

2005年10月 7日 (金)

ジョニーとグレースの辛い過去

ロズウェルのロジャーに会いに行くとレニを見てびっくりでした。昔は敵同士だったと、誘拐されたんだと、ウルたちと敵同士だった頃の話をし始めました。だけどウル情報は一切なし(泣)。「坊ちゃまの前で昔の話は止めてください」と慌ててましたよ(笑)

ロジャーはジョニーから夢の中で地下室で父とマーロウとロジャーが一緒にいた事を聞かれていました。「欠落した記憶が戻ってきているのか…」と話す覚悟を決めたようです。そこで出た話は…

・ジョニーは本当は今21歳だということ。レニによると13歳からの5年間を殆ど病院で過ごしていたと。実生活に何かと不便が出るだろうと、父親から決して他言はするなと言われていた。
・3年前に父とマーロウが行っていたのはエミグレの儀式だった
・つまり、ジョニーとグレースは8年前に一度死んでいる。
・マーロウの正体は黒魔術師で、父グラハムに入れ知恵をした。
・5年もの長い時間をかけてグラハムとマーロウは研究と実験を繰り返した。
・その間子供達の死を周囲には隠し続けていた。
・ロジャーが封印していたエミグレ文書を盗み出し、儀式を決行してしまった。

でもなんで二人は成功したんでしょう。申し訳ないけど、ここから先は自分のため、忘れないようにセリフもろだしで綴らせてもらいますね。忘れやすいので…(∩_∩)ゞ

「あの屋敷にはマリスが大量に満たされていたから。マリスとは人の悪意が結晶化した本来なら忌むべき存在。しかしエミグレの儀式においては、マリスは死者の肉体を形作る重要な要因。かつての術者たちは、死者に蘇って欲しいと願う気持ち…つまり青い光の力のみに頼っていた。その結果、蘇った死者は肉体を伴わず最悪の場合は怪物と化して、儀式を施した術者を食い殺した…。マリスを貯めるためグラハムとマーロウは、実験のために大量の動物や人間の遺体まで屋敷内に集めていた。そこから発したマリスに加え、先の大戦により、世界中のマリスの濃度が高まっていたのも成功の一因ではないか。それらのマリスの力によってジョニーは生き返ったのだ…」

だけどグラハムはどうして死んでしまったのか。グレースは何故レディになってしまったのかは、ロジャーの魔術でガーランド邸地下室で再現される事になりました。

これを見たジョニー。辛かったろうな…これは綴らなくてもしっかり頭にこびりつきましたから、細かく綴りません。青い光ウィルがエミグレの秘術でどう利用されるのかもわかりました。ただ言えるのは、ジョニーはお姉ちゃんによってまともな人間として再生できたんだと言うこと。悲しいことだけど…レディはなるべくしてなってしまったと言う感じでしょうか。弟を助けたい一心で…

だけどレディを放っておくわけには行かないわけで…。記憶などは一切受け継がれていないマリスの塊のレディは、体こそお姉ちゃんでも中身は完全な別人。だけど弟に割り切れと言うのは無理な話で…。「俺のせいでレディになってしまった」と泣くジョニーに仲間は皆どう声を掛けていいのか…。だけどシャナイアは強かった~。一瞬慰めようと手を出そうとするも、すぐに考え直して「だったらどうだと言うの?レディを倒すのを止める?」と。
そんな問いかけに「でも、別にレディを放っておいたって…もう門は開かないんだろう?」とジョニー。あ~~~、可哀想…すごくその気持ちが伝わっちゃってウルってしまいました。だけどそれは違うとロジャー。

話が続くように門の中のお三方に画面が移りました。ジョニーがレディの弟だと知ったキラー。レディを通じて宙空に漂うマリスが少しずつ集まり、門に吸い込まれて行っています。回りくどい説明はおいておいて(笑)、レディがいる限り、門はいつか開くということらしいですわ。

ロジャーたちのいる地下室でも、同じようにレディがいる限り…の話しになっていました。レディがいなくなれば門も消えると…

飛空艇の修理が終われば、ロジャーが門へ送ってくれるんだと。いよいよラストダンジョンが登場ですね!

« スカイフィッシュ終了~ガーランド邸へ | トップページ | サブイベントがいっぱい~♪ »

シャドウハーツ FNW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スカイフィッシュ終了~ガーランド邸へ | トップページ | サブイベントがいっぱい~♪ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ