« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月22日 (土)

反省のピットファイト&スナップ~N.Y.へヴン入手

えーっと、攻略情報を見てシャナイアのフィティッシュが全てレベル5になっていたので、モアナ村の長老と話をして【ガルヴォイの谷】へ行こうかと思ったんですが、会話が全然進みません~。なんでなんで?…よく見たら、ピットファイトをちっともやってなかったので【ベアの彫像】を持って無かったのね(ToT)。おまけにスナップもパノラマレンズを手に入れるまでは、かなりさぼり気味だったのでジョニー関連の【煉獄】とかにも行かれません~。まだまだやることが一杯なのねー。

結石の調子は結構落ち着いているので、今晩頑張ってみよう~~!

それから、ロジャーの本探し…あんなにあっさり手に入るのかぃ!アルカトラズ刑務所の調理場に行くとエリオット・ネス刑事がいます。彼に声を掛けると、将来有望な刑事がこんな発禁本を持ってても良いのかとマオに半分脅されて、渋々…本当に心の底から渋々と手放します(爆)。映画のアンタッチャブルのネス刑事とずいぶん違いますなー(笑)。そしてロジャーに渡すと最大級のお礼としてジョニーにナイフをくれます。名も無きナイフはナタンによって【チェリーボーイ】と名づけられましたわ。むむ~ん…これは息子らの前でプレイして無い時でよかったかも(笑)。突っ込まれたりなんでと聞かれたら答えられんよー!

忍者の里~性悪頭領を倒せ!

大切に大切に育てているマイ・スイート・フランクちゃん(笑)。いよいよ彼のサブ・イベントに突入です。なんとも明るい雰囲気の忍者の里。入り口の看板には「撫裸汁(ぶらじる)」ですってよー(爆)。中に入ると奇妙なニホンゴが炸裂してますわ。奥に滝があるんだけど、その下に鎮座している大仏様…シャンプーハットをかぶっておられました(爆)。ああ、我が息子達にも散々被せてシャンプーしてやったなぁ~と思い出に浸ってる場合じゃないのね。結石の痛みがおとなしめになっている隙に、ガンガン進めないと!

ちょっと観光してみると、お店の売り子さんにジェラりんとバイゲンがいました(笑)。そのそばに、よく観光地にある顔だけくりぬいたアレ、忍者の姿であるんですよ。何度も「?」を押すと、メンバー全員がちゃんと顔をはめた姿を見られます…でもセリフはフランクとジョニー以外は全部同じ…手抜きだなぁ…(# ̄З ̄) ブツブツ…

ここで初めて頭領に会えるんですね。私はもっとキモイおっさんかと思ったんだけど、意外と見た目はまともな男性でした…腹につけてる天狗の防具を抜かせばね(笑)
頭領は四十を過ぎてもまだ中忍では若いものに示しがつかないだろうと、フランクに上忍試験を勧めてきました。そこでくのいちブリトニーがでてきて、自分の方がたくさん指令をこなしているのに、なんでこのバカに受けさせるんだと( ̄ω ̄;)。そこで頭領は今までブリトニーがフランクに指令を散々押し付けていた事など、全部見てたんだぞと(笑)。ブリトニーが去った後にまん丸眼鏡をかけた忍者がどこからともなく降りたって、フランクに新しい技を渡してくれていたのは変装していた頭領だったんだー。しかも【ボブ】って名前があったのね(爆)。
ええ話しじゃないのよ。ちゃんと見守っていたのね…('ーÅ*) ホロリ
今までの事のお仕置きで、ブリトニーは腰元の格好で帯をぐるぐるほどく刑に処せられるんですと!…みっ見たいんですけど、どこかで見られますか、これ??

上忍試験は里の裏にあるイグアスの滝で行われるそうで。早速行ってみよ~♪

イグアスの滝方面へ行こうとすると通せんぼされていたんですけど、今度はちゃんと通してくれました。そのときに【忍者ふろしき】をくれました。これを使って試験ですか…

滝に行くと、やぐらがあちこちにあり、そこにはキャディさん(ばあちゃん)がいます。彼女に声を掛けて、次のやぐらまで○○尺飛べと教えてもらい、ゲージを上手く押して成功すれば「Nice MOMONGA!」の声と共にモモンガの術で飛んでいくと言うもの。途中で【秘伝乃書】を入手して、最後に頭領のいるところまでモモンガの術で辿りつくと言うもの。途中の5番~7番あたりでは、キャディさんの言う通りじゃないとび方があるようで、そこで上手くできるとリングの欠片などの重要アイテムが取れたりします。…しっかり攻略情報見てやりましたよ(^_^;)。でないといつまでも足止めくらいそうだからさー(^_^;)。
で、いよいよ頭領から上忍試験の合格を貰えるのかと思ったらーー!このオヤジ裏切り者ー!何故忍者の里に上忍が頭領の一人だけしかいないのかと…それは上忍の座を奪われることを恐れた頭領がゴールに辿り着いた者を、ばっさばさと切り捨てていたかららしいでっせ!なんとまー…もちろんフランクも「拙者の刀のさびになれ」と。しかし…その刀ってさ……おでんじゃんよー!ヾ(T∇T)ノ彡★ギャハハバンバン!!しかも、そこでおでんの刀を見たナタンの分析が笑えました。

【あの鋭利な蒟蒻で人肌を切り、ねり物に蓄えられた煮汁の熱により、内側から体を焼く…、なるほど、よく考えられた武器だ。】

ナタンがー、ナタンがー!何だか前よりも好きになったかも♪

ここで、変態忍者二人の一騎打ちとなります…が、何回ゲームオーバーになったかな、( ̄- ̄メ)チッ、( ̄- ̄メ)チッ、( ̄- ̄メ)チッ!!!
ストックゲージを減らせないのでやりづらいったらありゃしねーっすよ。だけどリングカスタムで【無気力】を付けたら…途中でばっちり効いてくれました!幾らこっちがガツンガツンやっても向こうはストックゲージがたまらないからね~、ここからガンガン行きましたよ。久しぶりに出た勝利の「けっ、ざまーみろ!」のお下品な母の言葉…。気分よくお布団に入れました~♪

あ、そうそう、ちゃんと【ももんがの昇段試験】もクリアしましただ!

2005年10月19日 (水)

切なかった人形の館

シャドウハーツお馴染みの人形の館へ行ってみました。アル・カポネがリカルドに教えてくれた、亡くなった人の魂を一晩だけ人形に宿してくれるという人形師がいるんだと…。絶対切ないよなぁ…これって。あんまり行きたくなかったんだけど、漢寿司はまだ勝てそうに無いし、フランクやマオ系はコテコテに濃そうでまだ心の準備が出来て無いし(笑)。

可愛い人形が出てくるんだけど、話しの内容や集めるパーツなどはどろどろしたキモさを漂わせておりました(^_^;)。そんでもってゴッキーモンスターが出るじゃん。忘れてた…リアルゴッキーとのバトルは実生活で十分じゃよ。でもコイツ、ボコボコ殴ってもあんまりダメージなしですか…。魔法だったら結構いけたかと思いますが、とにかくキモイです~(^_^;)。
パーツ集めをしてボス戦ですが、リカルド、ジョニー、フランク、マオでいってみたけどゲームオーバーになっちまいました(T-T)。あとちょっとのところでコンボが上手くできなかったしな~、くっちょー。おまけにマオがSP切れ、直後にアーウェイカー君もSP切れ…リカルドとフランクは気絶中…。なるべくしてなったゲームオーバー…。最後一人残ったマオは暴走しながらも「何もしなかった」でしたよ。ちっとは気を利かせてくれー!

次に挑戦したのはリカルド、ジョニー、シャナイア、マオで。SP切れはタタンカのハウリングで補って、リカルドの補助魔法を切らさないように使いました。しかしアーウェイカーSP少なすぎ…。最後はマオでと思ったけど、ここはリカルドのイベントなので意識してリカルドで終えられるように調整しました(^^)

そして、人形にエドナが宿りリカルドとの会話が始まりました。気を利かせてジョニーとシャナイアが出て行くんだけど、マオが残ってて~(笑)。しっかり二人に連れて行かれました(笑)。
エドナはほんのひとときでも命を与えてくれたレディを命の恩人と言ってました。でも俺は許せないとリカルド…、そしてエドナの命を終えさせた自分自身も許せないと。でもエドナはリカルドは自分の願いを叶えてくれたんだと伝えました。そしてリカルドに隠してある贈り物があるんだそうで、カポネの部屋に隠してあるそうな。それがルーツアイテムになるんでしょう。

夜明けまで時間があるからもっと一緒にいて欲しいとねだるリカルド…エドナはリカルドに、初めてであったときに弾いてくれた曲をリクエストします。ここ…何でCGにしてくれないかなぁ…声も出してくれないかなぁ…。十分ほろりとくるんだけど、もうちょっと丁寧にして欲しい場面でしたね。

カポネの部屋で見つけた物は、エドナが作曲した楽譜でした。まだ書きかけのものだけど、必ず自分が完成させるとカポネに誓います。
習得したものはHP、MP、SPが回復するものなんだけど、1つだけMP消費が700を超えてるのがあるんです。なんだろこれ?今の状態じゃ使えないですよ~。うーん、使ってみたいぞ。
さて、次はフランク系でいって見ましょうか。

なかなかまとまった時間が取れないのと、結石が疼いてるのもあってプレイも日記も怠り気味です(泣)。もうちっとサクサク進めたいこの頃、時間がたくさんほすぃ~~~。

2005年10月 9日 (日)

ギアナ高地クリア

まずはUMAをクリアしたいので、最後の「伝説のUMA」を探しにギアナ高地へ。ここは~…はぁ…苦労しましたわ。攻略情報なしでやろうなんて無謀な事をしたばっかりに、一番最初に仕掛けるべきものですらさっぱり…。おまけにザコが強いです。へとへとですよ~。
1時間やっても仕掛けは自力じゃ無理っす。攻略情報を見たものの、文章だけじゃどうも把握できず、色々さがして画像マップつきのを見つけてやっとクリアです。辛かったぁ~(^_^;)

メンバーはリカルド、ジョニー、シャナイア、ナタンで。コイツはザコのときと同じくリンク異常を繰り出してきやがりまっせー!それまではシャナイアじゃなくてヒルダを使っていたので懐中時計を装備させ直するの忘れて途中でリセットです。

情報どおりにリングにスロウをつけたので、こちらがアークゲイルをかけると、殆ど向こうの順番がこなかったです。一度だけキュアを使われてHP700も回復されましたけど、こちらの順番が多く回ってきたのでさほど苦労しなかったです。一応物理と特殊攻撃防御と攻撃数を強くするのはかけておいたので、それも苦労しなかった要因でしょうか(^^)

さーて、UMAはコンプリートしました。この次は何をしようかなぁ~。
あ、そうそう!時々出てくる会話のシーン、ジョニーがじーーーっとシャナイアの顔を見つめてましたっけ…好きなのね…少年…(萌えんよ~…)。

2005年10月 7日 (金)

サブイベントがいっぱい~♪

場所は事務所に。いつ門に突入しても良い様な雰囲気になってます。メンバーとの会話もそんな感じです。印象に残るのがリカルドの言葉。
「愛する者…愛すべき者の命を奪う。その覚悟はお前にあるのか?いや、覚悟なんてかっこいいものじゃないな。オレはエドナをこの手にかけた。だからもう後戻りは出来ない。それだけの話しだ…」(┯_┯)うるる…。そうよね、お姉ちゃんだもんよ。だけどなぁ…あんまりジョニーは苦悶している感じに見えないのは私だけでしょうか。なんかね、軽い感じに見えるのよ。今までのシャドウハーツよりも苦しみや悩み抜く姿が見られないからそう感じるのかしら…

ここにはシャナイアがいませんでした。ナタンが彼女はブルックリンにいると教えてくれます。「今お前に必要なのは、我らの百の言葉よりも、姫様の一つの言葉ではないか?」と。
早速ブルックリンへ行くと、シャナイアと二人きりの会話になります。グレースはどんなお姉さんだったのかと尋ねられ、とても優しい、いつも弟を守ってくれる人だったよと…。そんな人が世界を破滅させようとすると思うのかと言われて、ジョニーの気持ちは固まりつつあるようでした。ここでシャナイアは以前レディからマリスの口づけをうけたことを打ち明けます。そのため自分はいつ狂ってしまうかわからない。だから焦っていたと告白します。そこで、ジョニーはリカルドの兄ちゃんみたいに、シャナイアがおかしくなってしまったら必ず止めて見せると。そして、この事が無事に終わったら…俺と一緒に探偵の仕事をしないかと…

んまー、少年頑張って告白しちゃってますよー。うぅーーーーーん、…萌えない(^_^;)
駄目だ、この二人じゃー!イマイチなんだよなぁ。シャナイアにはゾンタかナタンが向いているかと…(^_^;)。ちょっと大人の女性と背伸びをしている少年にしか見えなくてさー…萌えんっ、萌えんっ!ここでぼやいてもしょーがないですが…(^_^;)

事務所に戻るとロジャーから飛空艇が直ったと連絡がありましたぞ。ロズウェルに行くと、大きな発射台ができあがってました。そこで、ちょっと行って見たくてさ~(^_^;)。行っちまいましたよ、後でもどりゃー良いやと思って(^_^;)

派手にぶっ放されて飛んでいった門の中。奥に人影が見えます。進むとキラーが!会話があって戦闘になってしまいましたけど、すぐに止めておきました。でも、でもっ!ちょっとこの時のキラー…初めてええ男に見えてしまいました(笑)。ちょっとばかし萌え~♪これはまた後で正式に来た時に綴りましょうか。そうそう、ここで始めてジョニーがめでたくバトルで覚醒しまちたー!(〃д〃)きゃ~♪良い男よぉ~~!やっぱり男性のバトルはこうでなくちゃ~♪リカルドの兄ちゃんも十分よろしくても、もう一人くらい美味しいのがいないとさ~。ますますバトルが楽しくなりそうです♪

さて、気を取り直して元に戻し、サブイベントがいっぱい登場しました。

・UMA情報はものすごいものが現われたようで、ナヴォチさん大興奮してました。

・漢寿司…やっぱり…あんな感じなのねっ(爆)!漢寿司の前で銀色コウモリが口にわさびをぶち込まれて瀕死状態になってました。あがりをもらいに中に入るんだけど、ここはいったいどこよ?…そんな会場でした(笑)。これまたねー、濃厚な夏木マ●さんかと思うような不気味な奴たちが、頭にかっぱ巻きを乗せてくねくね、ゆらゆら…キモイぞー!でも珈哩漢たちみたいに生ケツじゃないからまだマシかなぁ…ぐっぷぅ~(-_-;)
河童巻きは何とかなったけど、次の鉄火巻きだっけ、ここでゲームオーバー(┯_┯)うるる。実に美味そうな寿司の画面で悔しさ倍増ー!ちきちょー!必ずクリアしてやる!

・ナタンの最強武器を入手しました。意外な事に、ナタンは子供の頃ゾンタの部族の中で育ってたとか…。そこで昔の悲しい事件で引けなかった引き金…今ならその銃が使えると。これでもう少しナタンが使えるキャラになるかなぁ…

・ジョニーの防具、リバティ・ゴーストをGETです。レニ特製のですよ!ここではしっかりティンカーベルがレニだと気がついていたジョニーの話が笑えました。そして、レニの話が泣けます。10年前にレニが砂漠で行き倒れになっていたところに、通りがかりのジョニーが一杯の水をくれたんだそうです。その時のジョニーの笑顔を見て、生涯ジョニーに仕えようと決心したんだそうな。そんないきさつだったのねぇ~…しんみり。だから「レニー・マイ・ラヴ」があるのが頷けますよ。「はっ(゚0゚)!!坊ちゃま?坊ちゃまーーーーーーー!!!」の掛け声と共にでる荒技、ジョニーを愛するがゆえの技なのね~。ますますレニの高感度がアップです!

・マオの最強武器も入手です。冷たいよ、マオさん…(笑)。忘れちゃ駄目だよマオさん(笑)

・リカルドのサブイベント、人形の館が登場です。なんだか切ないイベントになりそう…
・フランクのイベントも始まるようです。ブリトニーがぶちぶち言いながら言伝に来てました(笑)。忍者の里に行くようです。

・そして毎度お馴染みのイベント…ロジャーの頼み物。ったくよー、何で無くすかなー。リカルドの突っ込みが笑えました。

さて、やっとやっと綴り終わった…書き上げるのに3日かかりました(-_-;)。三連休ですが、プレイできるかなぁ…。義両親宅でちょっとした片づけ作業があるし、次男坊の剣道の試合もあるし、でも今晩は絶対にやるぞー!どれからやろうかな~♪

ジョニーとグレースの辛い過去

ロズウェルのロジャーに会いに行くとレニを見てびっくりでした。昔は敵同士だったと、誘拐されたんだと、ウルたちと敵同士だった頃の話をし始めました。だけどウル情報は一切なし(泣)。「坊ちゃまの前で昔の話は止めてください」と慌ててましたよ(笑)

ロジャーはジョニーから夢の中で地下室で父とマーロウとロジャーが一緒にいた事を聞かれていました。「欠落した記憶が戻ってきているのか…」と話す覚悟を決めたようです。そこで出た話は…

・ジョニーは本当は今21歳だということ。レニによると13歳からの5年間を殆ど病院で過ごしていたと。実生活に何かと不便が出るだろうと、父親から決して他言はするなと言われていた。
・3年前に父とマーロウが行っていたのはエミグレの儀式だった
・つまり、ジョニーとグレースは8年前に一度死んでいる。
・マーロウの正体は黒魔術師で、父グラハムに入れ知恵をした。
・5年もの長い時間をかけてグラハムとマーロウは研究と実験を繰り返した。
・その間子供達の死を周囲には隠し続けていた。
・ロジャーが封印していたエミグレ文書を盗み出し、儀式を決行してしまった。

でもなんで二人は成功したんでしょう。申し訳ないけど、ここから先は自分のため、忘れないようにセリフもろだしで綴らせてもらいますね。忘れやすいので…(∩_∩)ゞ

「あの屋敷にはマリスが大量に満たされていたから。マリスとは人の悪意が結晶化した本来なら忌むべき存在。しかしエミグレの儀式においては、マリスは死者の肉体を形作る重要な要因。かつての術者たちは、死者に蘇って欲しいと願う気持ち…つまり青い光の力のみに頼っていた。その結果、蘇った死者は肉体を伴わず最悪の場合は怪物と化して、儀式を施した術者を食い殺した…。マリスを貯めるためグラハムとマーロウは、実験のために大量の動物や人間の遺体まで屋敷内に集めていた。そこから発したマリスに加え、先の大戦により、世界中のマリスの濃度が高まっていたのも成功の一因ではないか。それらのマリスの力によってジョニーは生き返ったのだ…」

だけどグラハムはどうして死んでしまったのか。グレースは何故レディになってしまったのかは、ロジャーの魔術でガーランド邸地下室で再現される事になりました。

これを見たジョニー。辛かったろうな…これは綴らなくてもしっかり頭にこびりつきましたから、細かく綴りません。青い光ウィルがエミグレの秘術でどう利用されるのかもわかりました。ただ言えるのは、ジョニーはお姉ちゃんによってまともな人間として再生できたんだと言うこと。悲しいことだけど…レディはなるべくしてなってしまったと言う感じでしょうか。弟を助けたい一心で…

だけどレディを放っておくわけには行かないわけで…。記憶などは一切受け継がれていないマリスの塊のレディは、体こそお姉ちゃんでも中身は完全な別人。だけど弟に割り切れと言うのは無理な話で…。「俺のせいでレディになってしまった」と泣くジョニーに仲間は皆どう声を掛けていいのか…。だけどシャナイアは強かった~。一瞬慰めようと手を出そうとするも、すぐに考え直して「だったらどうだと言うの?レディを倒すのを止める?」と。
そんな問いかけに「でも、別にレディを放っておいたって…もう門は開かないんだろう?」とジョニー。あ~~~、可哀想…すごくその気持ちが伝わっちゃってウルってしまいました。だけどそれは違うとロジャー。

話が続くように門の中のお三方に画面が移りました。ジョニーがレディの弟だと知ったキラー。レディを通じて宙空に漂うマリスが少しずつ集まり、門に吸い込まれて行っています。回りくどい説明はおいておいて(笑)、レディがいる限り、門はいつか開くということらしいですわ。

ロジャーたちのいる地下室でも、同じようにレディがいる限り…の話しになっていました。レディがいなくなれば門も消えると…

飛空艇の修理が終われば、ロジャーが門へ送ってくれるんだと。いよいよラストダンジョンが登場ですね!

スカイフィッシュ終了~ガーランド邸へ

すっかりコントローラが握れない日々となってしまいました(-_-;)。時間がまとまらないとプレイできないこの性格、嫌じゃー!スカイフィッシュを倒したのはいつの事だったか…ああ、記憶が薄れています。録画もして無かったし(泣)

たしかキャラはリカルド、ナタン、シャナイア、マオだったかしら。ひたすらコンボで「→」で繋がるようにしたような気がします。気を取り直してやってみて5回以上はコンボの失敗や、ボタン押しの失敗でだめだった覚えがあります。そしてめでたく倒せたとき、スカイフィッシュの残りHPとこちらのナタンの攻撃ダメージ数がぴったり状態で終了したのが印象的でした。これには息子達もいい加減にこの場を脱して欲しい一心でへばりついて観賞していたので、そんな勝利には大興奮で喜んでましたっけ(笑)。

グランドキャニオンへ行ってナタンの攻撃を強くして、やっとガーランド邸へ突入です。
中は仕掛けをときながら進んでいくのですが、そんなに難しくないです(←攻略情報見てたんで…あはは)。レニが参戦するのかと思ったんだけど、途中で別行動だと抜けちゃいました。うーん、残念。そして地下室への階段が現われました。そこには毎度お馴染みというかんじのボスがいましたよ。好きねー、こういうグロいの。でっかい顔、上には赤ちゃんが乗ってるしよー、キモイですわ。
リカルド、ジョニー、シャナイア、マオで昇天していただきました。ラストはマオのネコタッチで鯛コイン5枚になりましたぞ。どうもいつもマオで終わるのがつまらん!もっとカッコよく終えたいよ~(^_^;)

奴を倒した後、そこには一枚の写真が落ちていました。レニが「お懐かしい写真ですね」と呟く写真、父に抱かれているジョニーと姉のグレースが映っていました。それを見たジョニーは「レディは姉さん?」と…。やっぱり、そっくりだったわ~(-_-;)

その後事務所で話をすると、レニは事故後にグレースの遺体が見つかってないと言ってました。レニは二人が地下室でどうなっていたかを本当に知らないという感じです。がっくりうなだれるジョニー。皆慰めようがない感じでした。そしてロジャーに会いに行こうと。

場所は変わって、門の中でレディとギルバートが。ウユニ塩湖でのことで門が開かないわけだけど、諦めることも無さそうだと、ギルバートが喜んでます。瀕死状態でうろついているキラーを自分の元に呼び出すレディ。手をかざすとキラーが正気に戻りました。今度はチューじゃないのね~。今までギルバートにだまされていたとキラーが怒ってました。
長くなるので続きます…。

2005年10月 3日 (月)

FinalFantasyⅦ-ACプチ感想文その2

今日は部屋の中がとても静かでした。しーんと静まりかえってました。なんでかというと、アドベントチルドレンをお返ししたから(笑)。お借りして一度プチ感想をアップしたんですが、その後からまた見始めて、それからはダー様のいない時間は殆どDVDをエンドレスで繰り返してました。そして家事をしながら所々のステキ場面でテレビを凝視、コリコリに固まりながら見入ってしまうこと数十回?もう…ステキすぎ、すごすぎ、面白すぎ、格好良すぎ、素晴らしすぎ…ああ、語りつくせません。

一番好きなのが、メンバーが一人ずつ出て来るところから、そしてクラウドを高い所へあげて行くところ、見れば見るほどウルってしまう自分。お返しする最後の観賞のときは、バレットがあげ始めるところから秒刻みでどんな動きになっているのか見てしまいました。腕をつかんでもらうとき、足を持ち上げてもらうとき、クラウドもメンバーもちゃんと気持ちを確かめあうように眼を合わせてるんですよね。これにはマイッタ!

ところどころのアクションの数々も、いちいち私が語らなくとも、どれだけすんばらしいか感動した皆さんにはお分かりだろうと。

正直言うと、アドベントチルドレンは軽く考えてました、私。確かにプレーはしたけれど、ものすごく萌えるキャラがいたわけじゃ無いし、ストーリーもなんとなーく理解していたけど、難解だった部分は別にわからなくても、もう良いかなと。今となっちゃ心底から見て良かったし、プレーしておいて良かったです。そして、ゲーマーで良かったと思いました。

いつか必ず、必ず買います!臨時収入があればの話しだけど…(^_^;)

さーて、やっとシャドウハーツに戻れそうです。今度こそあの続きを見るぞー!

そうそう、楽しみにしていた年末の「ゼルダの伝説 黄昏の姫」は来年の3月以降に延期になったとか…。じゃあ年末の楽しみはキングダムハーツ2かと思ったら、なんとバテンカイトス2が年末に出るそうじゃないですか!!あちこちで調べてムラムラ来ています。うぉー!やる事がいっぱいだー!

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ