« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月24日 (水)

ビルカバンバ~忘れてたのよソウルチャージ(T-T)

やっぱりね、ビルカバンバに到着すると入り口では男衆がばたばたと倒れています。みんなレディの腕の一振りで命を落としたんでしょう。
中に入るとこれまた色で分けられたワープを使い、上下する床を動かすボタンを操作しながら進む事になります。面倒くさいですねぇ…ここにはジェラりんたちもいないから辛いですよ。しかし、主人公の一人なのにシャナイアはどうしてこんなに使えないキャラクターなんだろうと、嫌気がさしていたんですね。気分転換にネット友さまの日記を読んで見ると「ソウルチャージ」の文字が……

( °◇ °)あぜん…………忘れてた………ソウルチャージの存在を!!!
宿題中の次男坊の前で素っ頓狂な声を発すると、次男坊も「嘘!知らなかったの??…お母さんは溜め込んでいるのが好きなんだと思ってたんだよ」ですと。ちげーよ!知らなかったんだよー!!…というか、バトル後に何が手に入ったかと言うのを何かのアイテム集めでモンスターを倒してない限り、殆ど気にして見ることがない私なので、バトル後に「soul」というのがいちいち溜まっていると全く気がついてませんでした。メニュー画面でキャラクターのこともシャナイアの所は殆ど見てなかったし。よく出てくる【彫像】もなんのこっちゃ、そのうちそれを使って何かをするのか…程度にしか考えてなかったし……
たまりに溜まったソウルチャージ、一気にサンダーバードがMAXまで育ってしまいましたさ!あとはまだまだだけど、これでザコバトルにシャナイアがバリバリでレギュラー入りですよ!もうね、ギャザリング使いまくりです。あんなに眠かったザコバトルが楽しい楽しい!いやー、本当に間抜けでしたわ…。

もうここではボスの所へ行かれるようにしてあるんですけど、まだまだお預けです。レベル上げが必要みたいなんです…マオの(T-T)

ニャラマウントで帆立コインがごっそり溜まってるので、キャット・モリタとやってみたんですがね…足元にもおよばねぇ!色々試して、防具を揃えても全然駄目。心眼や魔心眼をつけて見るも、ヘタレプレイヤーなので外れっぱなしでー。
。・゜゜・(*≧◎≦*)・゜゜・。ウギャー!!ちきちょーーーーー!!!
刺客に倒されると散々監督に文句を言われますぞ。そして払ったギャラはもちろん戻って来ません。だからここはリセットじゃー!!

まだまだ試練のレベル上げが続きます。


【キャラクターのレベル】
・ジョニー LEVEL32 / ・シャナイア LEVEL31
・ナタン LEVEL29 / ・フランク LEVEL29
・マオ LEVEL30 / ・ヒルダ LEVEL30
・リカルド LEVEL33

【プレイ時間】
37時間56分

【各スコア】

・ランク 70位 エリオプス級
・バトル回数 395回 万夫不当の豪傑
・リング成功 2055/2252回 91.3% 考えるな感じるんだ
・パーフェクト 712/2101回 33.9% 能ある鷹は爪を隠す
・コンボリング 97/100回 97.0% 週末は友達とコンボ
・総激破数 957体 鋼鉄の人造人間
・MAXヒット 32Hit タンカとメンチの嵐
・MAXダメージ 499 電話帳の角
・バトルボーナス 127個 ボーナス一括払い
・逃走回数 116回 助けを呼んで来る役
・暴走回数 7回 たまに変な事を言う
・気絶回数 45回 大地が好きなんです
・『鍵』使用 1回 鍵お試し期間

・歩行距離 379.03Mile ワシントン通過
・ライブラリ達成率 37.0% 地獄のレポート訓練
・総獲得賞金 161020ash モンタの滑り止め
・総支払額 141306Cash 財布を渡したら最後
・ショップリング 48/54回 88.9% 駄菓子でも関係なく
・総セーブ回数 246回 思い出という宝物
・宿泊回数 62回 カラオケを拠点に
・一括入力回数 0回 始めよう一括入力術
・総撮影枚数 312枚 嫌がられても撮る
・平均アフィニティ 15.7 仕事上の付き合い
・平均戦闘時間 149.754秒 迅速な判断が武器

マチュピチュ遺跡~モアナ村

マチュピチュの前にリングの魂・あやちゃんに会いに行きました、するとお父ちゃんが出てきたじゃないですか!毎晩毎晩ボーイフレンドの話を聞かされる男親の気持ちがお前にわかってたまるかーーーー…と大変な怒りようでした。いいキャラしてますね、前作同様に!怒りつつもくれるものはしっかりくれるので有難いです(笑)

そして、マチュピチュ遺跡を選ぶと、ものすごいお婆さんが占い中でした(婆ちゃんのパイパイは萎びた風船ですな)。マチュピチュの遺跡に不吉な予感だそうで。その予言を見ていたお婆さんの族の男衆が3つ目の遺跡に先回りしてキラーたちを待ち伏せすると言っています。死んでも構わないと言う強い意思のようです。彼らには何かがわかるんでしょうか。ロロマという可愛い女の子に、お婆がお客を連れてくるようにと話してました。ジョニー達の事ですね、きっと。

マチュピチュに入ると、まったくま~…こんな面倒くっさい仕掛けを良くぞ作ってくださいましたよ(T-T)。ここでもレベル上げが十分出来そうなくらいですねぇ。赤・青・緑・黄・紫ボタンを操作しながら扉を開けていく仕掛けになっています。ここで数日費やしましたよ、私…。このあたりから、把握しきって無くてもステラマジックをバイゲンにいじくってもらうようになりました。アークキュアやレイズアップあたりの使用MPが少なく済むようになったかな。どの魔法を強くしたらいいのやら、適当にいじくってる感じ、まだそんなに困ってるわけじゃないけど、何せお金が足りなくてねぇ…。

そうそう、ここのマチュピチュ遺跡のザコに帆立コインを落とすのがいるので、ここでも必然的にマオを使わなくちゃならないです。あとはまずでてきたザコの写真を撮りまくり、取れるニャンコインを徹底的に集めまくっておきました(だから数日もかかるのね…とろすぎ、私…)。気が済むまで集めたら、本格的に先に進むと言う感じでしょうか。ジワリジワリとナタンとヒルダのレベルが上がってきています。

ここのボスの前に、シャナイアが一人で突っ走って行ってしまいます。結局マチュピチュ遺跡の封印も解放されてしまいます。キラーたちが消えてしまい、シャナイア一人が倒れているのを見つけたジョニー達、窓からご登場の、これまたエグイ神様・ケルフェとバトルです。バトルメンバーはジョニー、リカルド、フランク、スリムヒルダで。確かこのケルフェには毒状態にされてしまい、更に重ね掛けされて猛毒になってしまい、一度リセットして装備し直して勝ちました(^_^;)

シャナイアはマオにも「なんであんな先走ったまねをするんだ」と言われてました。何としてでも早くレディの元に行きたいシャナイアです。
そこに、ロロマが走ってきて、ジョニー達にお婆の所へ行くようにお願いしてきます。すっぱりと断ったシャナイアだけど、マリスの事かも知れないとわかると素直に付いて行きました。

キラーたちはどうやら三つ目の封印の場所【ビルカバンバ】へ到着したようです。だけど封印ははるか下に降りなければならないようで、行き方に困ってました。キラーたちの背後にはさっきの族の男衆たちが忍び寄って……

場面は変わり、今度はロロマとお婆のいる【モアナ村】へとジョニー達が到着です。どうやらシャナイアたちとの仲間のようで、お婆さんはここの長老の【オカナガン】という名前だそうです。オカナガンはシャナイアたちにこの大地には3カ所の遺跡にマリスを封印した場所があると教えます。その3つの封印が解かれるとこの世界と異世界をつなぐ巨大な扉…門が現われるんだと。門が開かれた世界はあらゆる秩序を失い、迷走の末に果てるんだと。そして最後のヒルガバンバの遺跡が危ないこと、そこにモアナ村の男衆が向かっている事、もし彼らがその………ここでーー!!録画してたビデオ、見直している途中でニャラマウントのイベントを上乗せ録画しちゃてー、肝心な話が消えちまいました!チキジョー!!

うーん、うーん、確かね、確かねぇ…ヒルガバンバに向かった男衆たちが間に合わなかったときのために、ジョニー達に封印を守って欲しいような事を言っていたような気がするんですよ。もしかしたら、男衆たちが駄目だったら頼むだったかなぁ。「興味がありません」とあっさり冷たくシャナイアが断ったような覚えがあるんですけどね。彼女には封印そのものよりも、レディを倒すことに頭がいっぱいのような印象を受けたんですよ。オカナガンはがっくりしつつも「命を落とすような事だけはない様にしろ」と送りだしてくれたと思ったんだよな~、はぁ…

リオデジャネイロ

シャドウハーツお馴染みのイラスト解説がありました。レニのイラストに癒されました(笑)。いいおっさんになったのねぇ…。すっかりカポネのお世話になっているようですね。エリオット・ネス刑事がずっと追っていた連続殺人犯のキラーが手の届かないところへ言ってしまったと嘆いていたようですわ。情けねぇ刑事だこと…アンタッチャブルと大違いじゃないのさ。

情報収集のためカポネから飛行機を借りてリオデジャネイロに到着です。
ここでのジョニーの疑問は、チェチェン・イツァ後にシャナイアの元気が無くなった事、そして何故そのときに自分達は殺されなかったんだろうと言うことらしいです。

ではでは、ちょっと明るい雰囲気にほっとするリオデジャネイロに到着です。皆ばらばらになるので散策するんだけど、なんと?なんと?「漢寿司」という看板が見えるんですが???何があるんだろう、ここ?二作目の漢祭りと何か関係あるんでしょうか!まさかヨアヒム関係??カレー男が出てくるとか???今の時点では入れませんっ。ぬおー!!

ここではヒルダの週刊アーツ2号が手に入りました。福引も【魔心眼】をゲットです。

ゴミをあさって情報集めをしていたフランクが、キラーが南米の遺跡にて発見という新聞記事を見つけて来ました。傍らには謎の美女…とも。
嘘記事ばっかり書いているので有名らしい新聞社なので、そこに行って真相を確かめる事になりました。今回ばかりは本物の記事らしく、写真はマチュピチュだとわかりました。しかし、「ロズウェルにUFO墜落」「シカゴマフィアを裏で牛耳る巨大猫」まで過去の記事として出てたとは(爆)!

マチュピチュへ向かう前に、まだ何かやり残したような気がしてうろつくと、新聞社でリカルドのルーツアイテム関係のイベントがありました。あんど、またもやフランクの拾い物イベントが!今度は花火ですよ、花火!そこでこぼれた話では、フランクのお父さんは有名な花火エンジニアだとか。後を継がせたかった父、それを蹴ってまでなりたかった忍びの道…ここにて花火と忍びのコラボレーションが誕生ですよ(爆)。そばで見ているリカルド、もうちょっとリアクション無いかしら?でもあの立ち姿といい、衣装の色合いといい…ウルがそこにいるように見えてしまいました、いやん、そう言えばウルの話がどこにもでて来ないんですけど…?期待し過ぎちゃ駄目なのかなぁ…

チェチェン・イツァ

そしてチェチェン・イツァ。確か白い床を踏むと、光った床からどんどん光が伸びて行って、どこか遠くの扉が開くんだと思いました(^_^;)。とにかくザコがウザ過ぎで、レベル上げをしないととてもじゃないけどこの先までたどりつけそうに無かったです。お暇な時間にレベル上げ作戦が実行された場所でしたね(笑)。特に酷いのがナタンとヒルダでした。集中的に使ったけど、ナタンは成長自体が遅めでしょうか?ヒルダはグラマー時だとグランドスラムが使えるんだとここでやっと気がつきました(爆)。スリムだと魔法主体なのかー、ほぉー(気付くの遅すぎやん…)。声が何言ってるのがよく聞こえません~。攻撃時に「●▼■○△■※にゃー!」と言うんだけど…(笑)

奥には真っ赤なマリスがゴッテリ溜まっている場所がありました。キラー御一行様が登場です。もうねぇ、ギルバートが気持ち悪すぎです。あの笑い声、歩き方、顔、体形!まだロジャーの方が可愛いよ(^_^;)
そこの場所でレディは溜まってるマリスを開放しているのかしら?ギルバート曰く、アメリカにはあと二つマリスを封印した遺跡があってそれを全て解き放てば彼女は人間に戻れるんだと。
と、そこでキラーたちの後を追ってきたジョニーたち。レディの姿を見たとたんに今まで落ち着き払っていたシャナイアが豹変します。「あの女、やっと見つけたー!」と、それはそれはすごい勢いで。キラーに跳ね飛ばされようがやる気満々の様子。ナタンが「あの女は姫様の、そして我が部族の仇」だと。リカルドもギター鉄砲をかまえて「エドナの本当の仇ってことだな」と言っています。
レディのする事の邪魔をして、レディを殺そうとしている連中だとギルバートに教えられたキラーの目が赤く染まりました。

窓を開いて異界から圧倒的な力を持つ神々を呼びだせるのは、レディの力に触れた物だけが出来ることなんだとか。じゃあキラーも出来るんじゃんかよ~。
出て来たのはとっても不気味なお顔モンスターでした。お食事直後は止めた方がいいかも知れませんね。スナップのおかげで貴重な敵のHP削りの時間がもったいねーっすよ。主人公についてない特殊技なんだったら絶対にパスにしちゃうんだけどなぁ。
バトルメンバーはジョニー、シャナイア、フランク、リカルドでした。リカルドのルーツアイテムでかなり助けられましたね。勝利後はモンスターの大爆発のせいかジョニー達がばったり倒れこんでいます。ふらついて立ち上がってでもレディに向かおうとするシャナイア。力尽きて再び倒れこんだところへレディが近寄り…??チューしましたか??シャナイアはどうなるんでしょうか。

フランクとマオのサブイベント

こんなに間を開けてしまいました、ああ…覚えてるのかよ、私?
プチぎっくりはほぼ大丈夫な感じになって来ました。立ち座り時に「はっ、よっ!」と声かけと(笑)、しっかりテーブルなどに捕まって腰に負担をかけた体勢にならなければ大丈夫。特に洗面所で顔を洗うときは、絶対に腰だけで上半身を支えないようにしなくては。片腕をしっかり洗面台につけてやるようにしています。
ここらでサブイベント関係を…

【くのいちブリトニー~怪人ティンカーベル】
ここに来る前にラスヴェガスでくのいちのブリトニー第二弾。ゲルマン忍者探しですけど、ピンクのハートを発してる忍者は誰だったのかを見つけろと言うもの。ピンクのハートが妖しいわぁ~(笑)。5~6人入り混じって本人をあてるんだけど、何と一発でOKでした。またしてもミーの手柄が~!…と嘆く直後にまたもや黒服の忍者が現われてフランクの技が一つ増えたぞ~。一体どこから見守ってるんだよ(笑)

事務所に戻ると怪人ティンカーベルの手紙イベントがありました。前回は日記で触れて無かったかも(^_^;)。前回はどこかのサイトさんで答えだけ見つけて、とっとと開けてしまった悪い子プレイヤーでございました。今回は…なにぃ~!暗算だとぉ~~?暗算苦手じゃー!これをやっているときは確か深夜でした。暗闇の中ヘッドフォンをつけて、画面を見たらすぐに電卓!即コントローラー入力!これだけでどれくらいの時間を費やしたでしょうか。たかがたし引き算…されどたし引き算…頭の回転は年とともに思いっきり鈍ってるようですわ。電卓のおかげで何とかたし引き算はクリアです。そのあとは掛け算と割り算…もうお手上げっすよ。これは諦めて翌日息子らがいるときに、私がコントローラーを握って式を読みあげ、長男坊は電卓で計算して答えを叫ぶ係という連携プレーでやっとこさパノラマレンズゲットです。パノラマレンズ、こんないい物があったのかよー!その後に出てくる怪人ティンカーベルらしい人?…もろじゃないのさ、レニ!きゃはは!

【ニャラマウント撮影所:サモニャン】
うーん、イマイチ知らない映画のパロディのようで、面白さのツボがわかりませぬ。サモハンキンポーとかいう名前の俳優だと思うんだけど。やればやるほど笑えなくなるマオのイベントでしょうか。ニャーカス監督までは爆笑で、ニャーミネーターでもういいよと言う感じでしょうか(^_^;)。とりあえずここでは勝利です。次は帆立コインがいるようです。

2005年8月16日 (火)

ただ今ストップ中です(T-T)

いやはや、プチぎっくりをやってしまいまして、深夜プレイができなくなってます(^_^;)長時間の座りが駄目なので、じっくりまったりやりたい私なのでただ今ストップ中です。

今の所進んだのはマチュピチュが終わった直後ですね。話しの展開が速いような気がするんですよ、なんだか、あれよあれよとここまで来てしまったみたいな。それで一番困ってるのがザコ敵が強すぎです(T-T)。こりゃレベル上げもしなくちゃいかんかなぁ…

うろ覚えですが、リカルドとジョニーがレベル26だったかな。後は23~25の辺りです。ちっとも育ってないのがナタンとヒルダ。ナタンは思っていたよりも使えない…(^_^;)

メインではいつでもリカルドとジョニー(スナップのため)。いつもそばに置いておきたいのはフランクだけど(爆)、時々マオのにゃんコイン集めで入れ替えてます。んで、バトルで存在を忘れられがちなのがシャナイアかも~~。リカルドが役に立っているので、シャナイアを入れてなくても大丈夫な感じになってるのですわ。駄目よね、これじゃ、わはは~(汗)

ステラマジックもイマイチだし、装備もちっともいいのを使って無いし。リカルドに歩数計と倍数カウンターをつけてるんで、はやく10000歩に達成して、ちゃんとしたいい装備にしてあげたいわ~。

また後日改めてプレイ日記としてアップしたいと思います<(_ _*)>

2005年8月 5日 (金)

ラスヴェガスにてリカルド合流

あぎゃー。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。
こんな結果が待ち受けていようとは…
うーん、ちょっと自分の良いように想像しまくりでした。かなりがっくり&良い方に考えるのを反省気味です。

エドナは帰らぬ人となってしまったんですね。はぁ…。もしかしたらこれからも、シカゴに帰ればエドナとリカルドの甘い会話が見られるのかなと思ってたんだけど。まあね、レディにあんな事をされてしまえば普通の人生が送れるなんて考えるほうが甘かったですわ。最後に一目リカルドに会いたかったと…。自分が魔物に侵されていく前にリカルドに殺めてほしかったのね…。悲しいけど、ほんの少しでも正気な気持ちでリカルドに会えて、最後は抱かれて終われたのが微々たる幸いでしょうか。これがどこかで野たれてしまうような結果じゃあまりにも可哀相すぎるー!!

リカルドの悲しい顔が焼きついてしまいました。綺麗なグリーンの瞳が脳内をぐりぐり刺激中です。前回のルチアと同じような感じのサポートタイプのキャラですが、物理攻撃もそれなりに強いし見た目もバッチリだし…ルチアよりもはるかに使い勝手がよさそう…手放せないお方になるかもですっ(鼻息荒くボーボー)!

カポネもマグナマスにお返しをしました。今回はマフィアなせいかピストルを使った人間同士の生々しい殺戮が表現されているのがちょっと苦しいかな。その瞬間は景色を使っていたりして多少の気は使ってるようですけど、やっぱり人間同士の命の奪い合いは胸が締め付けられるものがありますなぁ…。

ぐちぐちと綴りましたが、ストーリーはいよいよ架橋にというところなのでしょうか。レディとキラーが現われた場所、何か石造りのような建物があるところです。ここでも一切口を聞かない彼女にうなだれるキラー。そこへギルバートが登場です。ギルバートはキラーに「おまえも彼女が人間じゃないとうすうす気がついているはずだ」と言います。自分の事は「彼女の存在に関する謎を解き明かす者」と紹介していました。そして自分は彼女を人間に戻す方法を知っていると…。

ここからリカルドのエドナの仇打ちの旅が始まると言うことなのね。悲しい形での合流となりました。これでチェチェン・イツァに行かれるようになりました。

【キャラクターのレベル】
・ジョニー LEVEL19 / ・シャナイア LEVEL19
・ナタン LEVEL17 / ・フランク LEVEL18
・マオ LEVEL18 / ・ヒルダ LEVEL17
・リカルド LEVEL18

【各スコア】

・ランク 88位 チョンチョン級
・バトル回数 173回 歴戦の勇士
・リング成功 814/878回 92.7% 考えるな感じるんだ
・パーフェクト 366/855回 42.8% リング生活の分岐点
・コンボリング 41/42回 97.6% 人間パイプライン
・総激破数 400体 五人組戦隊の一員
・MAXヒット 16Hit ブイブイいわしたる
・MAXダメージ 499 電話帳の角
・バトルボーナス 54個 ザギンでシースー
・逃走回数 54回 捨て台詞が似合う
・暴走回数 4回 たまに変な事を言う
・気絶回数 16回 土の温もりを感じて
・『鍵』使用 1回 鍵お試し期間
・歩行距離 179.41Mile チェスター通過
・ライブラリ達成率 26.0% 普通の模範的大学生
・総獲得賞金 53337Cash 諭吉の一人相撲
・総支払額 46316Cash 先は気にしない主義
・ショップリング 28/29回 96.6% 自動販売機にですら
・総セーブ回数 124回 思い出という宝物
・宿泊回数 28回 数々の友人宅を梯子
・一括入力回数 0回 始めよう一括入力術
・総撮影枚数 21枚 頼まれたら撮る
・平均アフィニティ 8.0 ただの知り合い
・平均戦闘時間 131.909秒 迅速な判断が武器

坊ちゃまーーーー!~レニー・マイ・ラヴ

イヤー、面白かった~!初めて攻略サイトさんを探してみたら思ってたよりも少ないんですね。だけどその中に面白い情報を1つ見つけまして(笑)。実験してみました。

その情報はまだジョニーがシャナイアと出合ってない頃に一人で戦闘不能になると……です(笑)。はい、タイトルの通りでござんすよ!

「はっ!!!!」と振り返るレニがSH2のボス戦だったときのゴットハンドの爪で、「坊ちゃまーーーーーーー!」と、絶叫しながら一発で敵を一気に倒してくれちゃってゲームオーバーになりません。イヤー、面白かったこれは!愛ですよ、愛。本物のレニー・マイ・ラヴでした。
( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!

寄り道の旅~ニャーミネーター

結局より道の方を選んでみました。
まずはUMA探しです。新しい情報がでたので沈没船内をさがしまわりますが、何箇所にもお肉マークが出てきます。そのたびにグレープフルーツを選ぶんだけど、「ここじゃなかった」で終わっちゃうのよ。確か4箇所くらいはお肉マークが出て来ました。だけどちゃんとした場所では仕掛けを置く前に他の所と少しだけナタンの言うセリフがちがうのね。そっかー…グランドキャニオンでは一発目でUMAが捕まったので、一箇所だけで済むもんだと勘違いしてたんだわ。その後ちゃんと二匹目を捕まえられました、メデタシメデタシ…。

それから次がロズウェルでの密書イベント。このくのいちは生意気ですわ~(笑)。しっかりフランクが目の前にいても「このやろう、オヤジ」発言ですよ。途中で「あ゛…」と気がついてますけどね(爆)。自分の仕事の密書をフランクに押し付けて、それでお宝を見つけたフランクから奪い去っていく図々しさ(笑)。だけど、頭領はちゃんと見ててくれていたのか(どこでだよー)、ちゃんと部下らしき人が現われてフランクに巻き物を渡してくれ、こちらもメデタク新しい技を覚えました。難しい漢字の技なんだけど、見たところ畳反し・床反しと言う感じでしょうか。ダメージはかなり美味しいですね(笑)。フランク、なかなか使えます(笑)
そうそう、グランドキャニオンに行った時は、ジェラりんからサボテンの形の刀を買ってしまってた私。うーん、拾えたんだ~…。グランドキャニオンに戻ってしっかりサボテンをGETしておきました。あとでもう一本は売っちゃおう♪

そして、ニャラマウント撮影所。にゃんコインがたまったので早速映画の撮影です。なんだかねぇー、笑えちゃうんだけどちょっと引いてしまいましたわ、私。ニャーミネーターですよ~。ダダダンダダーン!…とお馴染みのメロディー。金髪をおっ立たせたニャーミネーターとバトルです。これで映画が1本撮れたと言う事なのでしょうか。うーん、正直まだ続くのかよって感じかなぁ。面白いけどもういいって(笑)。こんな気持ちになるのは、多分マオがあんまり見た目に可愛くないからかなぁ(^_^;)。可愛いと思ってる方はごめんなちゃい。私的には前作のブランカの方が好みでしたわ。濃いのもフランクでお腹いっぱいかなぁ。本当はバトルであんまり使いたくないんだけど、にゃんコインのために一生懸命ザコで使ってます~。

2005年8月 4日 (木)

チェチェン・イツァ~沈没船

なんだかリカルドがいつまでたっても仲間にならない…。さくさくとこんなに進んじゃってもいいんでしょうか。他の細かい事(UMAとか密書とかスナップカードとか)はほとんど手をつけずに来てるんですが、あとでやっても間に合うんでしょうか…びくびく。

ガーランド事務所によるとジョニーがあまりにもバラエティに富んだ仲間を連れてくるのでレニも少々呆れ気味でした(笑)。舟の手配をしてもらうため皆が休む間、レニの手料理ですっかりおデブちゃんに戻ったヒルダが本棚を眺めてました。そこにはレニの昔の知り合いが創刊した雑誌に注目しているようでした。誰だろう…昔の知り合いって(わくわく)。この雑誌【週刊アーツ】を集めると新しい技を覚えるようで、さっそく創刊号をもらったら【グランドスラム】を覚えてくれました。おおー、グランドスラムー!思わずグラン・ガマの奇声が頭をよぎりました(笑)。また集め物だよ~。

その後、リングの欠片がいくつか集まったのでリングの魂に持って行くと、なんと彼女の名前は「あやちゃん」!前作のリングの魂の娘か??いやー、きっと後半でだんだん弾けてくるんでしょう~。楽しみだわ(笑)

場面が変わって賑やかな海賊の場面。皆つかまってました。そこに出てきたのは小さな女の子【アン】、しかも船長ですよ。お宝を取りに来たと勘違いしてました。拷問イベントがあるようで、誰を選ぶか…うーん、うーん、一番真面目そうなナタン、もしかしたら新たな発見があるかも知れないかと思ったんだけどなぁ…ごく普通の方でした。( ̄。 ̄;) ちぇっ…

この海賊達はある沈没船を守っているようですが、見張りが間抜けなので簡単に沈没船へと突入出来ちゃいます。この沈没船の奥には海の精霊がいる様子。沈没船内をうろついて祭壇へ行かれるようにしますが…どーして?どーして沈没船の中にバイクが??なんでジェラりんとバイゲンがいるんでしょう(爆)。突っ込む事自体がいけませんね、はい(笑)。有難くお買い物させてもらいました(笑)
そしてこの沈没船でもフランクの武器拾いイベントがありました。今度はカジキマグロですよ、わはは!

アンたちが亡霊に襲われそうになるのを助けるイベントで、ジョニー達がここで守られている力を借りたいだけだと解り、盗賊と言う誤解が解けます。

そして奥の祭壇で、とっても心配そうな顔のナタンとジョニー。ここでもシャナイア一人でのバトルです。ぬおー!ここで初のゲームオーバーですよ!2度目で勝てました。今度の海の精霊は【ラシレーン】。すごく美人サンデース(笑)。今度はお尻に刺青が入りました。
ここでアンが出てきて話してくれた事…覚え書きしておきます。

・アンのおじいちゃんが若かったとき、無茶をしてこの島に流れ着き、そのとき助けてくれた人たちがこの祭壇をとても大事に守っていた。
・その人たちはある日何かの事情で旅に出なくてはなくなり、いずれ自分達の子孫がこの地を訪れるまで祭壇を守って欲しいと頼まれた。
・おじいちゃん亡き後はアンが守っていた…

その子孫がアナタなのですねとシャナイアを見上げるアンに、優しく頷くシャナイア。子供にすごく優しいのね~。実際にその子孫なのかどうか…、アンに『今まで祭壇を守ってくれて有難う』と言ってあげてました。

さて、これからどうしようかしら。リカルドはいつ仲間になるんだろう。チェチェン・イツァまでカポネの部下ボリエロがマオを追って来ました。カポネがシカゴから出て行ってしまいラスヴェガスへと行ってしまったと。マクマナスファミリーとかエドナとか口走ってたようです。一人で行こうとするマオにジョニーもエドナのことが気になるから一緒に行くと言っています。このまんま行ったほうがいいのだろうけど、拾い忘れの物がありそうな気がするのよねぇ。もうちょっと細かくやってみるか、まずはリカルドを仲間にするのを優先するか…うーーーん、楽しい悩みです(笑)

ロズウェル~ヒルダとの出会い

ロズウェルへ舞台が移ると、実験室のようなところに閉じ込められている、えらく口の悪い桃色コウモリとロジャーの姿が!!出たぁ~~~~~!!何か見てるとこの二人で漫才ができそうな感じです。しかしヒルダ…ロジャーの血は美味しいのかよ…(笑)

どうやら二人が乗った飛空艇がロズウェルの街に墜落して、宇宙人と勘違いされて研究所に連れ去られたんだとか…。んで、んで!街をうろつこうとすると、何だか聞き覚えのある曲が…何これは???なんでヨアヒムの拾い物の曲なの???

なんとー!全く使われなくなったバス停をフランクが引っこ抜いて、そこに柄を差し込んで武器にして持って行ってしまいました(爆)(爆)(爆)
セリフが笑えて~~!!もう、載せちゃおう!

『このバス停は、雨の日も風の日も…、そして今この瞬間も待ち続けているのデース。決して来る事のないバスを…
No!!何たる悲劇!!あまりの悲しさに全米が泣いてイマース!
(ジョニーの突っ込み:全米でフランク一人しか泣いてないと思うよ…)
バス停サン、もう泣くのはおよしナサーイ、ユーのブロークンハートはミーが癒してあげマース。』
もう誰がこんなの考えたのよー!駄目だ、ヨアヒムに続いてフランクはすっかり私のツボキャラです。日常の中でも「イケマセーン」てな感じで話し始めている母…来年よんじゅうです(恥)。

上手く研究所に忍びこみ、ヒルダとロジャーと合流しますが、ヒルダが…ぷよぷよというよりも、パンパンに膨れ上がってます。そばには血を吸われて干からび寸前の(?)ロジャーが倒れてました(爆)。言葉遣いがとっても丁寧なのね、コウモリの時と全然違うわ。ここで毎度お馴染みの、ロジャーの名前をつけるイベント…、どうせ出来ないに決まっているとわかっていつつも、ついついこのお手手が~~。この母のやる事はわかりきっている息子達の期待に応えなくてはなりません。「う●こロジャー」……できるわけないですよね、ハイ。この母、とってもそっち系の下ネタが大好きです(爆)。これは子供の頃からなので、来年よんじゅうだとしてもそう簡単に直せる物ではありません。たしかドラクエⅦのどこかで名前を変えられるイベントがあって、やっぱりそっち系の名前をつけたら神父様に激怒されて二度と名前を変えられないようにしてやると言われたような記憶があります(治療不可)。ちがったかな、大金を取られたかな、忘れましたが…(^_^;)

お馬鹿話はほどほどにして(笑)

ジョニー達と合流した事で、ロジャーとヒルダは脱走した宇宙人ということで研究員に警戒されるんだけど、この時も笑えたわ~。ヒルダがおデブちゃんで、少女マンガバリバリのきらきらお目目で見上げると研究員は『はっ!純真で、つぶらで…な、なんて美しい瞳なんだ!こんな瞳の子が嘘なんてつくわけない!』と…うま~く丸め込まれちゃいます。その様子、息子らも笑うしかないって感じ、私もしばしお茶をずずりながら楽しんじゃいました~。

んで、ここでもジェラりんとバイゲンのお世話になりました。もうわかんねーから、思い切ってここでバイゲンにちょっとお仕事してもらいました。なんだー、何もないのね!男性キャラの絶叫はありませんでした、( ̄。 ̄;) ちぇっ…
でも何がどうよくなったのか…さっぱり…。はまるところにステラをはめてるだけだし…いくらヘルプを見てもよくわからん…、まあいいか!(←あとで泣くぞー…)。

そう言えばフランクの弟子らしき【くのいち】が出て来ました。自分の仕事をフランクに押し付けてましたわ。【密書】を押し付けて消えて行きました(笑)。『ヨーロッパから逃げてきた科学者が、この建物に危険なものを隠したとか…』。密書に隠し場所が書いてあるんですと。

コイツは物理攻撃が効きませんでした。たしかヒルダのソーンウィップがすごく効いたような記憶があります。物理攻撃が効かないおかげでMP使いまくり、辛かったわ~。そうそう、ボス戦の前におデブちゃんヒルダが正体を現します。それなりにスリムで猫目の女の子、口は相当悪いです(爆)。何度か目にしていたムービーで、ジョニーに抱きつくところはここだったのね。あれは抱きついてるんじゃなくておデブちゃんヒルダがお腹がすきすぎて、ジョニーの血を頂くシーンだったのでした。しかし『飲んだら痩せる』のか…私もジョニーの血が欲しい~~~!

バトル終了後、ギルバートの居場所がチェチェン・イツァ(メキシコにある古代遺跡)にいるとわかります。舟をレニに用意してもらうためニューヨークに戻ります。ヒルダはそのまま仲間になります。ロジャーは飛空艇を修理するのでひとまずお別れです。ロジャーが出てるとウルたちのその後…何か聞けないかと期待してしまうんですねぇ…甘いかな。皆と別れた後、ロジャーが「あの少年…」と呟いてましたぞ。

アルカトラズ刑務所~カポネ救出

アカン…やってもうた…進み過ぎちゃったよ(^_^;)
えーっと、えーーーっと、カポネを救出だ。そうそう、マオが仲間になってうろつきました。牢屋がたくさんの中に、バイクごと牢屋に入れられているジェラりんとバイゲンー!なんでバイクごとなのよ(爆)!本当にこの二人の奇怪な出没には笑わせてもらってます~。しかし未だにステラマジックが解らず、いじるのも怖くて何もしてません~(T-T)
監獄プレイ、二人で楽しんでね(爆)

んで、散々あちこちで囚人の伝言のお使いをして屋上らしきところに出られました、するとそこには…見た目は美しいままのエドナだけど、やってる事は魔物そのもの…彼女はもう人ではないのかしら、もしかしたらこのまま戻らない…?
でっかい窓を開き気持ち悪い奴とのボス戦に突入です。心の準備も何も無かったのよ~。でもゲームオーバーに(気絶は二回)はならず何とか突破です。しかしそこにはエドナの姿はなく…どこ行っちゃったのよ…。カポネもがっくり…。私の勝手な予想では、このあとリカルドがでてきて仲間になるんじゃないかと思ってたんだけど…違ったのね(T-T)

その後シカゴにて…。カポネは自分の命を狙ったのとエドナの件はマクマナスファミリーの仕業かもしれないと睨んでます。マオはギルバートを追い続けると…。そこで次はギルバートが出入りしていたロズウェルという街へ行く事になりそう…なんだけど、マオの提案で寄り道をする事になりました。ちょっと急いでるのに迷惑そうなジョニー(笑)。半ば強引に寄り道決行となりました。

んで、たどり着いたところが…これもねー、くだらないんだけどもう笑うしかない所(爆)。猫しかスタッフがいない【ニャラマウント撮影所】です。何とマオはここのスポンサー件女優とな!ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーっはっは!話してる相手は【ニャーカス監督】ヘアスタイルと髭がもろにあのお方!誰がこんなのを考えるのよ~!ぎゃはぎゃは(←笑いすぎ)。メモを取るノートは笑っちゃって手に力が入らなくてミミズが這ってますわ~。ここでも【にゃんコイン】とやらを集めてこれから撮影するために必要な俳優に払うギャラを作らなくちゃならないんだとか。ああ、やっぱり細かい集め物が増えてきたよ…攻略サイト探そうかなぁ…。しかしマオはやっぱりただものじゃない!今までカポネのお金を横流ししてたらしいですわ。時々入る真人間・ジョニーの突っ込みが何だか虚しいです(爆)。猫が映画を撮ってても何の不思議のない世界なんだ~。

2005年8月 1日 (月)

アルカトラズ刑務所・迷子中


我が家のジョニー(次男坊)と愛犬マルです。
しかしドギツイ色使いですねー。他の物と洗うのが怖くてこれ一枚だけのために洗濯機を回しましたよ。不経済なTシャツだ事…(笑)
これをパジャマにしたら布団のシーツが赤く染まりそうですね(笑)

さて、アルカトラズ刑務所へと入り、カポネ救出へ向かう事になりました。しかしまー、息子らも言ってましたがなんでカポネの部屋は本があったりして超豪華なんだよ(笑)。さすが大物マフィアだ…特別室なのかぃ。ジョニー達が刑務所職員達に見つかってバトルになりますが、魔物じゃないので難しくなく倒せます。
ようやくカポネの部屋へ到着するも、刑務所内では事件が発生した様子。その隙にカポネを連れて出て行く事になるんですが、エリオット・ネスさん…そんな簡単に容疑者を見放してもいいんですかー??映画、アンタッチャブルのケビン・コスナーとは大違いの冴えないエリオットですわ…。

刑務所内の騒動とは、リカルドと恋仲のエドナ・カポネがやってきたからだったのね。兄を探し回り、マリスビームを使いまくり、ついでに【窓】までガンガン開きまくっちゃってるもんだから、ここから先の刑務所内は魔物がぞろぞろ登場です。

カポネを守りながらの逃走になるので、今度は姐御のマオが仲間に入ります。ここで4人バトルなので一人抜ける事になるからチーム編成になっちゃうのね。

続きを読む "アルカトラズ刑務所・迷子中" »

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ