« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月30日 (木)

≪大人リンク≫ゲルドの谷~オカマ大工4人を救え!(再プレイ)

エポナに乗りゲルドの谷へと向かいます。そこはガノンドロフの生まれ故郷のゲルドの砦があります。ゲルド族は100年に一度しか男子が生まれない部族で、生まれた男子はその族の王になるといわれているそうです。その砦に向かう橋は壊れていて、エポナに乗ったままにんじんを二度ほど使うと、一気に橋を飛び越えて渡れるようになります。
そこにいたのが子供のころカカリコ村にいた大工の棟梁。オカマっぽい息子たち4人が奥の砦に行ったまま帰ってこないと困り果てていました。砦に向かうと、ゲルド族に見つかり牢屋に閉じ込められます。でもロングフックショットを使えば簡単に外にでられるので、また見つからないように見張りのゲルド族たちを矢で気絶させて、あちこちの建物の中に入り、オカマ息子たちを見つければいいんです。一人ずつ別の牢屋に入れられているんですが、オカマちゃんたちは助けてくれと声をかけてきます。近くによって話をすると、必ず「あ、あぶない!」と、背後にゲルダの女戦士が出てくると言うパターンです。結構強いんですよこれが。油断できません~。相手が回転斬りを繰り出してくるときは身を屈めるので、素早く後退しないといけません。回転斬りをされると一度で牢屋に戻されるんで(T-T)。3人目の女戦士に4度ほど牢屋に送り込まれましたわ。女戦士たちを倒すと必ず牢屋の鍵を落として逃げるので、これでオカマ4人息子のイチロー、ジロー、サブロー、シローを棟梁の元へ逃がしてやれます。これで壊れたゲルドの谷の橋が修理できるって事ね。彼らは助けられたあと「ウフ」「カワイイボウヤ」と一言残してくれます(キモッ)。やっぱね、オカマキャラはシャドウハーツの方がお上手です(笑)。個性が際立ってるし、可愛らしさがありますもん。ゼルダシリーズのオカマちゃんはイマイチだなぁ。

4人目のオカマちゃんを逃がしたあと、あんたの腕は相当な物だとゲルドの女戦士に認められて会員証がもらえます。この後からは自由にで入りできるようになります。ここから先は砂漠へ行く事になるんですが、その前に【氷の矢】が手に入るゲルドの修練場に入ったほうがよさそうです。しかしここは攻略本にも詳しく書いてない~。どうやったっけかなぁ…。ちょっとじっくり考えてやらないといけないですね…。

≪大人リンク≫闇の神殿~妖精七回出動(再プレイ)

大人リンクに戻りカカリコ村へいくと、カカリコ村の井戸のあたりから火の手が上がっていました。そこにいたのはシーク君。彼が言うには「闇の魔物がカカリコ村の村長、インパによって封印されていたが、魔物が復活してしまった。以前よりも強くなってしまい地上へ出てしまった。インパは再び封印するために、闇の神殿へと向かった。インパは6賢者の一人なので魔物を倒し、インパを助けてくれ!」と…。そして闇の神殿への入り口へと飛べる「闇のノクターン」のメロディを教えてもらいました。

インパ…ゼルダ姫の乳母。とってもスポーティな(どう見ても女子レスリングのユニフォーム)乳母さん…。助けにいかねば!

さーて、この闇の神殿も辛いダンジョンです。まことのメガネ・ホバーブーツ・ヘビーブーツまでも使うところです。まずは少しの間空間を歩く事の出来るホバーブーツから取らなくちゃなりません。何度も同じ所をいったり来たりするのよねぇ…。やっぱりダンジョンマップとコンパスが手に入るまでは、かなりの間うろつきます。ホバーブーツは普通の道では滑る感じですね。手に入った後はいよいよ深部へと…。

大スタルチュラがいるわ、ギロチンがあるわ、まことのメガネがないと見えないフックショットの的や動いて乗れる台があるわ…なんとまぁ~、たっぷりの仕掛けがあるんでしょうか。イライラ度も深部に進むにつれてアップアップですよ。一番困ったのがあと少しでボス部屋の鍵が手に入るあたりで、3つか4つの出口のある部屋に入るのですが、そこはまことのメガネを使わないと壁が見え無いし、敵のフロアマスターも見えません。しかもこのフロアマスターは一度倒したと思ったら、ちっこいの3つに分裂してくれやがりまして、さらにそいつらをも倒さないと復活するんですね。このチビ、2匹は何とか倒せるんですが、3つ目を探している間に首を締め付けられて結局間に合わず、新たなフロアマスターが生まれると…むぎぃぃぃぃ~。息子らに言われて思いだしたんだけど、こいつは別に倒さなくても大丈夫だと…。そうだったっけ(^_^;)。でも一度は倒さないと小さな鍵が出てこないんだよね。後は何度か入るたびにまたでてくるので、そいつらはもう無視して進むしかないか…。

前回のプレイでもそうでしたが、あとはボス部屋へいくだけのあたりで「フロルの風」というワープ魔法を使いポインターを残しておきました。もう妖精も使い果たしてしまったので、ボス戦に備えて妖精を捕まえてこないといけないので一度外にでます。そしてまた闇の神殿に入ったら、フロルの風を使い、残したポインターの所まで一気にワープと言うわけ。これは便利だわ~。

さて、いよいよボス戦…
暗黒幽影獣ボンゴボンゴです。コイツは手しか見えません。どちらかの手を矢で射るとしびれるので、もう片方の手も矢で射ります。それからまことのメガネをかけると本体の目が見えるのでZ注目をして目を射ります。気絶したところへ素早く寄って、剣で攻撃です。こうして綴るのは簡単だけど、ちっとも簡単じゃねーっすよ!攻略本には手がドンドコドンドコとリズムを取るので、ホバーブーツを履いている方がダメージが少ないとありましたが、動きにくいったらありゃしません。もうホバーブーツは忘れて通常のブーツで十分です。このほうが動きやすい!あと、矢が上手く当たらないと、どんどん消費してしまいます。矢が手に当たれば、ポロリと矢の束が落ちて拾えるんだけど、拾う余裕がありません。だからもう矢も止めて、最終的にはロンクフックショットを使いました。これなら消費しないしね。届かないときがあるのが痛いですが…

このロングフックショットに落ち着くまで、妖精を6回使いました(笑)。空きビン3つに妖精を詰めて(この時点ではまだビッグポウを10匹倒してませんでしたから、空きビンは3つでした)、6匹使い果たして2度完全ゲームオーバーです。このときも深夜でした。息子らも悔しさでギリギリしている母に気づかい(笑)、小さな声で「おやすみ~」と(笑)。翌朝は日曜日でした。確か6/19だったかな~。朝風呂に入ってさっぱりしたら、ムラムラと闘争心が湧き上がりました。息子らも起きて来ました。ダー様はまだ夢の中です。でも、全然気を使わず大音量でボンゴボンゴへのリベンジ開始です!ロングフックショットで落ち着いて手を麻痺させて、本体もロングフックで気絶させて剣で攻撃。一度妖精を使いましたが、やっと勝利です。前夜から数えて妖精合計七匹、全く腕が落ちたもんですわ。またもや「ざまー!」と母親らしからぬ発言でセーブをして、気分爽快で朝ご飯を頂きましたわ。やれやれ…。

戦いのあと、インパが賢者の間に現われました。
「シーカー族は代々ハイラルの下僕として仕えて来た。しかし、7年前ガノンドロフの突然の襲来にハイラル城は間もなく陥落した。ガノンドロフの目的は、聖地への鍵ひとつ。王家の秘宝、時のオカリナだった。私の役目は、ゼルダ姫をガノンドロフの手が届かぬところへお連れする事。
間もなくゼルダ姫はお前の前に現われるだろう…。そして全てを語るだろう…」と…。

闇のメダルを手に入れました。まだまだ試練は続きます。お次はガノンドロフの生まれ故郷、ゲルダ族のいるゲルダの谷へと向かいます。

≪子供リンク≫井戸の底~まことのメガネGET!(再プレイ)

子供リンクの状態でカカリコ村の風車小屋のおじさんに嵐の歌を吹きます。すると井戸の水が引くので中に入れるようになります。
ここでは次の闇の神殿で役に立つ「まことのメガネ」を手に入れます…って、そうだ。その前にまことのメガネは魔力を使うので、魔法ゲージを二倍にするために、大妖精の泉へ行ってきました。この魔力を増やす妖精はデスマウンテン火口にいます。メガトンハンマーを使う場所でした。

んで、魔法を二倍にして早速井戸の底へいくんですが、何度も地下に落ちました。まことのメガネをかけると、見えない落とし穴や、入れる壁などが見つけられるんだけど、無い今はなすすべもなく落ちるしかないです(笑)。井戸の中はたいして広く無いし、イベントも少ないんだけど、やっぱりまともに進めないとなると長く感じますわ。

落ちた先ではあちこち道が別れてますが、草を刈ったりするとハートがたくさんでてくるので、体力の消耗時には便利かもしれません(^_^;)

多分10回以上は落ちたんじゃないかしら(笑)。それでも何とかまことのメガネはGETしました。GETした後は、ダンジョンマップとコンパスで示してくれるお宝箱(ルピー系多し)をまことのメガネを使いながら落ちないように進み、すべての宝箱を集めて終了です。お次はまたもや難関の闇の神殿です。はぁ~…

釣りやわらしべなど(再プレイ)

ええーと、いつプレイしたのかも忘れたくらい前です(笑)。ちょっとこの梅雨の時期に更年期の症状も出ちゃってるもんで、ヘたれてました。やっとプレイ日記に手がつけられそうです(^^)

えっと、えっと…どこだっけ。あ、はいはい、水の神殿の後からですね。あの後に子供リンクに戻り釣りを楽しみました。配達のイベントなどもやってみたのでまとめて綴っておきますね。

【子供リンクで釣り】
我が家の振動パック君、御昇天のようで、電池を取り変えても復活してくれませんでした。振動パック無しであちこち竿を投げて、30回くらいはやったんじゃないかしら。53センチの大物を釣り上げました(^^)。ここはランダムで雨降りになるそうですが、雨になった翌日だとすごく良く釣れるんだそうです。前回のプレイでは確か雨が降ったのを見た覚えがあるんですが、今回は一度も外にでないで一度の支払いの釣りで大物が釣れました。大人リンクではもうちょっと後の楽しみにしておこうと思います。

【ビッグポウ集め】
大人リンクでエポナに乗ってフィールドを滑走していると、時々ビッグポウが現われます。馬に乗ったまま弓で射って捕まえて、空き瓶にビッグポウを詰めて城下町にもって行くとクーポン券と言うのをくれます。これを10枚、つまりビッグポウを10匹捕まえるとあきビンが1つ手に入ると言うわけ。前回のプレイではこれがなかなか上手く出来なくて、全部で4つ手に入る空きビンですが、このイベントだけ取りのがしていました。今回は、やっと手に入れられました!!頑張ったぞ…次男坊(笑)。確か試験勉強の息抜きにやらせてやって、頼んだんだと思います。ビッグポウには矢を二回当てなくちゃいけないんだけど、Z注目すると消えてしまうので素早さが勝負です。一発は当たっても、二発めでは消えてしまう事が多く、相当苦労してました。かえって勉強のストレス発散にはならなかったかも(爆)。

【わらしべイベント:大人編「ダイゴロン刀」入手】
一番のポイントはエポナで走るルートをしっかり頭に入れておく事と、エポナが柵で引っかからないようにする事、そしてゾーラ川からフィールドに出るときに(処方箋をハイリア湖のみずうみ博士に渡すため)、あらかじめエポナを呼んでフィールドに向けた状態で待たせておく事…かな。ちょっとした向きで、エポナはすぐに立ち止まっちゃうので、時間の無駄です。
あとは目薬をもらったら、カカリコ村からまともなルートを走って行っても無駄です。前回のプレイでも使った方法、ワープ方で行くのが50秒以上残した状態でできます。

目薬をもらったら、カカリコ村方面に行かないで、エポナでコキリの森へ走ります。迷いの森へ入り、ゴロンシティに繋がるワープの入り口に。そしてダルニアの部屋の奥に入るとデスマウンテン火口口に繋がります。子供時代に植えた豆が葉に成長しているので、それに乗って上に登り降りる場所を間違えないようにして、そのまま山頂に出ます。するとダイゴロンがいるので目薬を渡します。あとは太陽の歌を何度か吹いて、3日ほど経たせればダイゴロン刀を受け取る事が出来ます(^^)

【わらしべイベント:子供編「まことの仮面」入手】
これはもっと、もっと前にやってました(^_^;)。特に苦労なく手に入る物かと。最後にまことの仮面を自由に使えるようになるんだけど、その仮面をつけたまま人々に話しかけると、心の本音が聞けるんです。たしか城下町でいつもラブラブでくっついて踊っている男女、彼女の心の中は「早く離れて欲しい」そんな感じだったかな(爆)。仮面をつけないで話しかけると、彼女は「んふふ~ん♪」と色っぽい声で笑って楽しそうなのにー。悪女だな、ありゃ(笑)

2005年6月24日 (金)

video game baton やってみた

えっと、体調思わしくないのにやる奴(笑)。気分転換にもなりそうだし。
なんだか面白そうなので、茉莉子さん から「よかったら」と教えていただいたのでやってみます(^^)

■PCに入ってるゲームファイルの容量■
PCゲームには全く手をつけていません

■今進行中のテレビゲーム■
5~6年前にプレイしたゼルダの伝説時のオカリナを再プレイ中です。腕がすっかり落ちてしまい、ボス戦で妖精使いまくりです。

■最後に買ったテレビゲーム■
たぶんドラゴンクエストⅧかな

■よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム■

その1.ゼルダの伝説時のオカリナ
これはもう、それまで私は息子たちと一緒にレースものにはまっていたのを、全部なぎ払ってくれた思い出のゲームです。RPGという言葉すらなんのこっちゃだった私が、ポケモンでちょびっとPRGにかじりましたが、これほどの自由性があり、幻想的、神秘的、上手くできたストーリー内容にノックアウトされました。これ以降はレースものとはお別れしました。私にとっての金字塔ゲームです。


その2.ポケットモンスター
やっぱりこれが最初だからはずせないかな。子供たちにゲームを買い与えるのに抵抗を感じつつも、他の子がプレイしているのをかじりついて覗き込んでいる姿に見かねてゲームボーイを買ってあげたんです。使い方が解らないだろうと、「最初はお母さんがやるから見ててごらん」と言ったはいいが、自分がどっぷりはまりこみました(爆)。子供たちも幼稚園から小学校に上がるころで、カタカナの覚えは断トツに良かったです。ここから私のゲームLIFEが始まったんですね。


その3.ファイナルファンタジーⅧ
Eyes On Meの歌声と共に、スコールとリノアが今にも抱き合いそうなシーンのCMを何度も目にしていましたが、そのころの印象は「美男美女が出てきて恋愛もののゲーム。難しいし自分好みじゃない」でした。それがたまたま学校の委員会活動をしているときに、一緒にいたママさんが実はゲーム好き(しかも筋金入り)と知り、彼女がぜひやってみたらと。気が進まなかったんだけど、ある日夏休みに入る直前、買い物から帰ったら玄関脇に紙袋が立てかけてありました。その中にはFFⅧとぶ厚い攻略本アルティマニアが!正直と惑いましたがせっかく貸して頂いたのでちょっとだけ…が、延々プレイになりました(笑)何と言っても私のハートをわしづかみだったのがエンディングの素晴らしさ。特にCGに変わった後からは言葉では語りつくせないほどの感動でしたね。若きし日の自分の姿を思いだしているラグナのシーンには、これを入力しているだけでも目がうるみます。こんな映像美を見てしまったら、もうポケモン系のピコピコゲームには戻れないとも悟ったゲームでした。そしてこのFFⅧから私のゲーム音楽好きが始まったのね。ボス戦の曲を聞くと、いつも雷神と風神とのバトルを思い出します。


その4.ディーディーコングレーシング
これはRPGに出会う前に家族ではまりました。何と言ってもでてくるキャラクターたちの可愛らしさがいいです。可愛いんだけど難易度の高いレースじゃないでしょうか。そのステージのボスを倒さないと次のステージが現われなくて、ゲーム初心者家族にはちっと難しかったので、当時長男が仲よくしていた子を家に招き、その子にクリアしてもらって新しいレースに行かれると言うばっちぃ手段を使っていました(笑)。音楽もいいし、映像も綺麗で可愛いし、我が家の大黒柱のダー様までが夢中になってしまった思い出のゲームです。


その5.シャドウハーツ
私の中では初代SHもSH2共に、時のオカリナに次ぐ銀字塔になるゲーム。ストーリーは重く暗いものですが、それなのになんでこんなに笑えて、泣けて、感動できるんだろう。主人公だけじゃなく、サブキャラたちの生き生きした姿、どうにも説明の仕様のないくらい楽しくやりこめたものです。ガラが悪いけどナイスガイのウルの一途な思いにも大感動。そしてゲームのサントラも大好き。特に2のエンディングで流れる月恋花は何回聞いても泣けてしまう。そして「よかったね、ウル」と思ってしまうのです。シャドウハーツFNWでほんの少しでもウルと蔵人くんのその後の情報がきけたらなぁと、楽しみにしています。

(5本は少ないなぁ。他にもレジェンド・オブ・ドラグーン、ドラクエⅧ、FFX、ゼルダの風のタクトあたり入れたかったよ)


■次にバトンを渡す5人■
うー、これはちょっとパスさせて頂きます<(_ _*)>
この手の事がお嫌な方もいらっしゃるかもしれませんので、この記事を読んでやって見ようと思う方がいらっしゃったらどぞう~。
自分としてはベスト5を選ぶのに迷うかと思ったんだけど、意外とすんなり選べました。やっぱり最初のころのゲームに触れだしたころの感動や驚きって、忘れられないし思いからはずせない物なんだと改めて思いました。

2005年6月10日 (金)

≪大人リンク≫水の神殿(再プレイ)

まず最初に言いたい事
「もう来たくない、水の神殿!」
…でしょうか。本当に腕がここまで落ちたかと言うくらいボス戦に苦労しました(T-T)
妖精5匹使いました。ああ、もう…これじゃラストまでたどり着けるのかしら。良く最初のプレイ時の私はクリア出来たよな…やぱりババ化現象なのでしょうか(^_^;)

水の神殿は、なんと言っても水位を上げたり下げたり、1階から3階までをヘビーブーツを履いて水底を歩いたり、脱いでは水面に上がったり…えらいダンジョンでっせ。
ε= (++ ) ヒ-ヒー。
攻略本を見てても迷子になります(私だけか?)。そのうち攻略本の地図さえ見たく無くなります。そして思うままに進みだして、同じ所を何十回も(^_^;)。いい加減に覚えなさいよ、道順を…。
そうそう、ダンジョンの最初で大人になったルト姫との再会があります。彼女、かなり妄想が激しいようで(爆)。
「わらわじゃ!そなたのフィアンセ…ゾーラのプリンセス、ルトじゃ!」と。厚い氷の下になってしまったゾーラ族を助けるために、水の神殿へと来たとか。

「そなたの妻となるわらわの頼みを聞いてくれ」と、水の神殿を攻略してくれとのお願いです。すごいなぁ、ここまで言い切れるとは(笑)。頼むだけ頼んでどこかへ行ってしまいす。自分は別のルートから行くと。

リンクはとぼとぼと何度も同じ場所をうろつき、ブロックを押し、スイッチをフックショットでいれてみたり、バクダンで壁をぶっ壊したり、フックショットでたくさんの足場を上って行ったり…たっぷりの仕掛けでやっと中ボスのダークリンクに到着です。最初は面白いようにメガトンハンマーでダメージを与えられるのですが、後半になると向こうも素早さを増してくるので難しかったなぁ。
中ボス・ダークリンクを倒した先も、たっぷりの大掛かりな仕掛けがあります。激流に流されないように気をつけながら小さな鍵をGETするんだけど5回流されて最初からやり直しになりました。水中を転がる大岩をよけるつもりが10回以上はつぶされたんじゃ…。リンク君、体中粉砕骨折かもしれません(T-T)。やっとの思いでボス部屋の鍵を取ったのに、最後の部屋に向かう直前は滑る通路を、3つのトラップをよけながら一気に駆け上がれと。せっかく満タンだったハートが、見る見るうちに半分近くになっちまいます。そのたびにまた扉から出て、つぼを割って妖精で回復したり。きっとこのダンジョンの設計者さんは、余程日常生活にストレスが溜まっていたと見受けられます(^_^;)。イヂワルすぎやん!

さてさて、大ボスの「水棲核細胞モーファ」ですが、深夜に久しぶりに超ご機嫌が悪くなるほど苦戦しました(^_^;)。水の中に潜む触手の中にある、赤っぽく丸い小さな核(コア)なんですが、コイツにダメージを与えるには、ロングフックショットをぶち込んで、こちらに引き寄せなくちゃなりません。下手に近づくと触手につかまり、派手に投げ飛ばされちゃいます。最初は妖精をビン3つに詰めていましたが、全くいい所なく、リンクが力尽きてしまって自動的に出てくる事3回。完全ゲームオーバーが一度ありました。もうねぇ、深夜の12時半ですよ。ダー様はあっちのお部屋で寝ていると言うのに、となりの居間では、息子らが血眼になってテレビを凝視、さらに血眼&額に青筋立てまくりの母がコントローラーを握って、何度も大きな舌うちと、時々コブシをテーブルに連打。何て有様でしょうか(^_^;)。結局その日は3つの妖精を使いきり、見っとも無くコントローラーをテーブルに半投げで終了。悔しさいっぱいで床につきました。

気を取りなおして再挑戦するのに4日かかりました(←悔しさ引きずりすぎ)。そして、昨日夕飯を食べ終わった後、ガッツリとコントローラーを握る母に息子らは尊敬の眼差し勉強もせず、お風呂にも入らず観戦体勢にに入りました(笑)。義父の畑で取れた新じゃがで作った肉じゃがパワーが効いたのか、今回は2度妖精のお世話になりましたが、やっとの思いで勝利できました。勝った瞬間にコントローラーをテーブルの上に叩き置き「ざまっ!へっへっへ!」とガッツポーズの母…息子らはどう思ってるんだろう(笑)。悪戦苦闘でした。はぁ…。

そしていつものように賢者の間。ルト姫のリンクに対する妄想は遂げる事が出来ないのね(笑)。彼女は水の賢者として水の神殿を守らねばなりません。ご褒美として永遠の愛を込めた水のメダルを受け取り、水の神殿から脱出です。ハイラル湖には水が戻ります。ハイラル湖にある石碑をチェックして、朝日が上るのに向かって矢を放つと【炎の矢】が手に入りました。

さて、どうしましょう。釣りでも楽しもうか、それともちゃっちゃと進んでしまおうかしら。進むとしたら子供リンクに戻り、カカリコ村の井戸へ入り、まことの眼鏡をGETするようです。ますます困難な旅になりそうです。

2005年6月 2日 (木)

≪大人リンク≫氷の洞窟(再プレイ)

おおーっと、ゼルダの日記は一ヶ月ぶりでございました。大変失礼致しました<(_ _*)>

頑張ってきました、氷の洞窟。お次の大嫌いな水の神殿で必要なヘビーブーツが手に入るところです。コチコチに凍ってしまってるキング・ゾーラ様を横目に、かつてジャブジャブ様が大口を開けていたゾーラの泉へと向かいます。今はジャブジャブ様はいなくて、大きな氷がいくつも浮いています。それに乗って氷の洞窟の入り口までジャンプしていくんですが、途中で出てくるオクタロック、ウザイですっ!コイツに当たると氷の上から滑り落ちるんです。はよ盾を構えて吐き出してくる岩をお返ししてやらねばなりません。
凍りも乗ったらグルグル回転するのもあるので、よく方向を見ないといけません。

で、やってきました氷の洞窟。ここではブタ君みたいな形の、氷の息を吐き出してくるブリザドをいうモンスターが出てきます。奴の息に当たると体が凍結してしまうので厄介です。氷の息の合間を見てそばに寄ろうとするとまず最初の数歩は滑る感じなので、下手すると次ぎに吐き出す息に当たってしまいます。そこで活躍するのがフックショット。奴の息が(臭いのかな…)届かないあたりでフックショットを構え、息が止まった途端にぶち込んでやりましょう。フックショットが縮むと奴の目の前に引き寄せられるので、そこでバッサバッサとマスターソードをお見舞いして差し上げましょう(笑)。ほっほっほ~。
あと厄介なのはアイスキース。コウモリですが、頭上から突いてくるのでやられるとやっぱり凍結しちゃうんです。コイツには怒りに満ちたゼット注目で矢を放ってやりましょう。
奥には青い炎があり、ビンに詰めることが出来ます。その炎を、あちこちにある赤色の氷にかけると溶けるんですね。解けた中にコンパスがあったりします。やはり赤く染まった氷の壁などもあるので、その先にお宝があると言うわけ。何度も使うので、いったり来たりが面倒です。
氷のブロックをあちこちに滑らせて移動させ、高い位置にある銀色のルピーをすべて取るなどで奥に進むと、ホワイトウルフォスがでてくる部屋に到着します。コイツ、簡単に倒せちゃいました(^_^;)。こんなにあっさりだったっけ?森の神殿の入り口にいた奴と変わらないかも。

奴を倒すと、やっとヘビーブーツ入手です。履くと水の底に沈んで歩けるようになります。するとここでシークが登場です。
「ゾーラたちは厚い氷の下。娘だけは助けたが、水の神殿へ行くと言い残して行ってしまった。この氷は邪悪な呪いによるもの。水の神殿の魔物こそ呪いの根源。それを絶たねば氷は溶けない。」と…新たなメロディ、【水のセレナーデ】を伝授してもらいました。これでいつでもハイラル湖に来られるようになりました。

ここで一度キング・ゾーラのもとへ行き、キング・ゾーラを凍結させている赤い氷を青い炎で溶かします。水の神殿で必要な【ゾーラの服】をくれますぞ。この服で深い所にもぐっても苦しくないと。ヘビーブーツとゾーラの服で水の神殿への準備は整いました。
ああ、ここも行きたくねーっす(lll ̄ω ̄;lll) ゲンナリ 。難しいのよね~。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ