« ギョレメの谷 | トップページ | 死者の回廊~イーダルフラーム浮上~ニコルの正体 »

2004年10月16日 (土)

鏡の城~ヨウィスの死

ウルとカレンが仰向けになり二人で手をつないでいます。んぎゃー!(嫉妬)
でもカレンが立候補しなければヨウィスとこうしていたと言う訳か(爆)。この部分さ~、選べたらいいのに。だったら間違いなくヨアヒム→ゼペット→女性陣を選ぶんだけどな。セリフの変化が見たかったりして(^^)。そしてヨウィスの導きの呪文で二人はウルの心の中へ…。二人きりのザコバトルの連続なので心配だったけど、鏡の城の途中で鏡の向こうにヨウィスが表れるところがあり、声をかければHPとMPが全快するので大丈夫!アモンにも負ける気がしませんでした。案の定、何の苦労もなくアモンに快勝です。すると更に奥にいかれる場所があるようで…。びっくりです、アルバート・サイモン枢機卿がとってものどかで美しい青空の広がる所のベンチで座っているじゃないですか!ここはウルの心の中にあるふるさとなんだそうです。どうも日本らしくて「葛城の風の森」ですって。二人でしみじみ語り合うんですね。自分にはラスプーチンを倒せない気がすると弱気を見せるウル…。自分が切り開いていく未来はいい未来なのか…悩んでるんですね。「君だから倒せるんだよ」とアルバート。「立場と責任を持つ者は、その責任も負わねばならない。目の前で起こる惨劇がみえているのなら、戦って食い止めるべきだ」と…。
ウルはアルバートの成し遂げられなかった事を継ぐ事になるんですね。頑張れ、ウル~!
その後、ウルとカレンが夕日を見つめながら語ってます。ぬぉ~~。(嫉妬)
なかなか目を覚まさないヨウィスの意識が戻るのを待っている様子。自分さえ来なければここに住む人たちは平和なままでいられたのに…と。ヨウィスの命を縮めてしまったのは自分なのかと悩んでます。カレンの「どこに暮らす誰でも、今よりほんの少しでいいから幸せになりたいんだ。多くを望まず、あたたかい毛布とパンがあって、笑ったり怒ったりしながら毎日を過ごしていきたい。それで十分だと思ってるのに…」にしんみりしちゃいました。
ヨウィスが目を覚まし、彼の元へいくのですが、ヨウィスの命の灯火はあとわずか…。もう、ここから先は涙涙でした。次男坊も目にいっぱい涙をためてましたね。暗く重たい内容のストーリを楽しいキャラたちで中和してくれてるゲーム…楽しくて仕方がなかったんだけど、こんなに泣かせるシーンがあるとは…。全てのセリフを抜粋しちゃいたいくらいです。ウルがヨウィスに必ずラスプーチンを倒して戻ってくるから生きて待っててくれと言い残して泣きながら走っていってしまいます(ToT)。ヨウィスのそばに残ったカレンに「不思議な縁だ…私と友の業をあの若者は1人で背負ってくれた。これで、生きてきた目的を果たせた。友にも(アルバート)胸を張って会える。ありがとうと伝えてくれ…」。ああ…もうダメっすよ。しばらく泣けてしまいました…。

« ギョレメの谷 | トップページ | 死者の回廊~イーダルフラーム浮上~ニコルの正体 »

シャドウハーツ2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ギョレメの谷 | トップページ | 死者の回廊~イーダルフラーム浮上~ニコルの正体 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ