« マスターするまでお着替え禁止 | トップページ | やっと成長できました »

2003年4月 1日 (火)

苦しくても楽しいビーカネル♪(ビーカネル砂漠)

さてさて、やっとやっと、噂のアリ地獄、楽しくて出られないという、ビーカネル砂漠にやってきました。思っていた以上に簡単な発掘作業なのですね!まだストーリLv1なので、見つかるお宝もたいしたこと無いのか、今ひとつピーんとくるお宝に出会えてないのですが、アルベド語辞書が、ときどきぽろりと拾えます。よく見つかるのは200ギルと何とかコインとかいうの。なんだろう、…スフィアブレイクとかいうのに使うものかしら?うぬぬ~、スフィアブレイク…この手のミニゲームは嫌い~。やらなくてもいいのかしら?できれば避けて通りたいミニゲーム…。立ち寄ってみたナギ平原でも、いつくかのミニゲームにげんなり…。どうしてもやらなくちゃならないのかしら…。だとしたら、息子たちに任せようっと…。今は特にミニゲームには触れずに行くとします…。

ビーカネルでの発掘、やはりこういう単純な繰り返し作業ほど、私の心をこちょこちょするものなのですよ~ん。今のところ、発掘50数回で上級者になりましたです、はい!あとで、ジョゼ寺院で、発掘の賃金がアップできることを知り、結構悔しかった~。クイズの答えも、どうしたらいいもんか分からずに、適当に答えて、50ギルアップの、150ギルとなりました。もしかしたら、ちゃんとしらべてれば、もっともっともらえたのかもしれない…。

ガガゼト山でキマリにも会ってきました。グアド族に恨みを抱くロンゾたちに困っている様子でしたね。ここではいくつも選択肢が出てきて、あせりました…。なにか重要なことに発展するのかしら…。一応、セーブを取っておいて、手始めはおふざけモードで選択してみたりしました(笑)  もっちろん、子供たちの受け狙いですよ。「ふーん」とかいかにも興味なさそうな答えを選択すると、ロンゾたちから冷たい視線を感じます。やっぱり心が痛むので(爆)、ちゃんとこれで良いんじゃないかという選択をしてみて、進みました。あとは、なーんにもないガガゼト山でございました。宝箱もなし、ただレベルが上がっただけ(笑)

マカラーニャの森では、オオアカヤのイベントがありました。これは、どうでしょうか、人の情けに任せたほうを選びましたが…これでいいのかしら。うん、多分いいんじゃないかしら。情報は特に見てなかったのですが、助けてやると、飛空艇にいて、どうも彼の借金の肩代わりをするような感じです。いっぱいオオアカヤから買ってやれば、借金返済に繋がるみたいなので、ビーカネルとかでギルを拾ったり、モンスターから「ギルをぬすむ」でごっそり頂いた分をアイテムを買ってやって、すぐとなりにあるハイペロ族のマスターに売って、また隣のオオアカヤで買って…の、繰り返しをしています。今は特にポーションが必要ないし…。ほとんど白魔導師の「祈る」で回復できるし、近くのセーブスフィアで回復もできるしね。

« マスターするまでお着替え禁止 | トップページ | やっと成長できました »

ファイナル・ファンタジー10-2」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ