« 私にとっての金字塔 | トップページ | やっぱりゼルダだべさ(タウラ島) »

2003年1月 3日 (金)

深夜ばっかり…(T▽T)

子供たちも見たがっていたので、最初の島「プロロ島」あたりまでは暇を見つけて子供たちが起きている時間にやってみましたが、それ以降はすっかり深夜の暗闇でのプレイとなってしまっています。子供たちもキューブがやりたいし、年末はお正月の料理なんかで忙しいしね~。

んで、プロロ島では剣の達人の赤シャチというおじいちゃんに、基本の剣さばきを教えてもらいます。コントローラーがニンテンドウ64とは微妙に違うのでちょっと迷うかな。以前のゼット注目ではなくて、場所は同じだけどL注目というのに変わっています。

新しい動作で楽しいのがしゃがむコマンドです。低い位置にあるルピーやアイテムをはいはいで取りにいけるのです。この、はいはいの格好…可愛い!真後ろから見る状態ですが、お尻のあたりから短い足が愛嬌があって好き~!


リンクの可愛い妹がさらわれるイベントや、育ててくれたおばあちゃんが、リンクを行かせたくなくて部屋に飾ってあった盾を隠していた話に('ーÅ*)ホロリときたり…。何もかも、CMで見た印象とぜんぜん違う、楽しい魅力に取り付かれてしまっています。

妹アリルをさらって行った鳥の住む魔獣島では、警備に見つからないように樽の中に隠れて進んだり、剣が無い状態で戦ったり…。だんだんこのゲームのシステムに慣れつつあるダンジョンでした。

そして今うろついているのは、タウラ島。牢屋に入れられているアリルを見つけたとたん、大きな魔獣に放り投げられてたどり着いた島です。ムジュラの仮面のときのような、キラービーという4人組の子供たちを見つけるイベントあり、カメラを使って隠し撮りをするイベントあり、まだ冒険しきっていませんが、あの妙なおっさんのチンクルを発見しました。でも、このチンクル。ゲームボーイアドバンスが無いと意味が無いみたい…。ケーブルでつなげて、チンクルからいろんなアドバイスをもらえたり、とっても重宝するらしいのです。無いものは仕方が無いですな~…。

ここまで早足で日記としてしまいましたが、しばらくはお正月で本家のほうにお客さんも来るし、ダーリン様が冬休みで家に居るし、子供たちを差し置いてまで昼間に堂々とゲームはできません。子供たちの冬休みが終わるまでは、本格的な内容にならないかもしれませんが、私にとっての金字塔のゼルダの伝説、隅々まで楽しもうと張り切っていまーす。

« 私にとっての金字塔 | トップページ | やっぱりゼルダだべさ(タウラ島) »

ゼルダの伝説~風のタクト」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ