« やっぱりゼルダだべさ(タウラ島) | トップページ | 結局先へ先へ…(森の島) »

2003年1月12日 (日)

本格的なダンジョンへ突入(竜の島)

帆を手にいれたはいいけど、セットして使うのをすっかり忘れていました。ひたすら「すすむ」ボタンを押しているんだけど…あっちのほうに、行く先の島らしきものが見えるんだけど…ちんたらしていて進んどるのか~~~???止めればちゃんと波しぶきが止まるので、やっぱり進んでいたのか…こんな調子なのかよ…と、子供たちとぶつくさ言いながら10分ほど過ごしたでしょうか…。月刊のゲーム雑誌の付録のゼルダの解説本を引っ張り出してやっとわかりました…。帆がね…無きゃ風ですすまんだろが~~。帆を広げると一気にがーーーーっと進みました!ああ、お馬鹿でした…(恥)。

でも、帆が広がっても次の島へは結構長いのね~。やっとこさ、次の島「竜の島」へ到着です。

ここでは3つ手に入れなくてはならない神珠のうちの一つめ「ディンの神珠」を手に入れます。風のタクトの中でポストマンの役目を果たしている鳥のリト族のいる島です。このごろここの守り神の火竜ヴァルーの様子がおかしくて、翼をもてるようになるため、子供たちがヴァルーのうろこをもらいにいかれない状態になってしまっているらしい。ここの島に到着すると、バクダン花があり、あっちこっちの大岩を壊してダンジョンへと続く入り口へと進みました。
そしてついに風を操る歌を覚えましたぞ。三拍子と四拍子があるようで、風の向きを変えるための歌は3拍子。これが、なかなかコツをつかめずに苦戦しました。時のオカリナのようにきっかりとしたボタンじゃなくて、スティックなのできちんと方向を決めて動かさないと…。子供たちにくすくす笑われながらもやっとこさクリア~。

この風向きを使って、メドリという女の子をダンジョン方向へ飛ばしてあげるイベントがあったのです。彼女だけがヴァルーの言葉を理解できるようで、まだうまく飛べない彼女を抱えて、風向きを変えて高台にある入り口まで飛ばしてあげないといけないのですが、いつものように、手元にある付録の解説本を見ないでやっていたので、何度も何度も失敗。失敗するたびにメドリは壁に激突…。三度目くらいまでは健気に「大丈夫です」なんて言っていたのだけど、その後は激突するたびに目が回って、頭の周りにお星様…。ピヨってしまいながらも「私は大丈夫~」と…。ああ、ごめんよぉ~~。

結局後ろにあったちょっとした岩の上から飛ばせばよかったんですよ…(-_-;) これで一発でした。メドリちゃん、全身骨折してなかったかなぁ~…

おなじみの小さなかぎを入手したり、大きなブロックを動かしたり、釣り縄をわたり、マグマの海では水瓶を投げ入れて足場を作って、上へ移動したり…。わくわくしながらのダンジョン。大ボスは時のオカリナの初のボスのような目玉の大きいやつ。カギ爪ロープを駆使して天井を壊し、ボスの目玉の周りのカラをやぶり、弱点の目玉を剣で攻撃します。
ゼルダでのボス戦、FFなどのように一緒に戦ってくれる仲間がいないから、本当に手に汗握るという状態です。深呼吸をして、手の汗をぬぐってからいつも挑みます~。クリアすると、いつものようにハートの器が出てきて、ワープして元の場所に戻れるのでした。

ここの島でのイベントは彼女のハートを射止めたい男の子が、「金の羽根」を20個欲しがっているとか(後にハートのかけらがもらえることに…)、お小遣い稼ぎにうってつけの郵便の仕分けのアルバイトをしたり(これもハートのかけらが後にもらえそう)…。この郵便の仕分け…燃えましたよ。時間内に最初は15通以上、その次は25通以上うまく仕分けないと…。夕食後、パパもいる前でやってみたらなかなか上手くいかず、しつこく何十回も挑戦…。父子が固唾を飲んで見守っていましたわ~(爆)
ときどき、同じものが連続で出てくることがあるので、その時がチャンスです。うまく動かして26枚いった時は思わずガッツポーズでございました!!

ディンの神珠を入手したし、タウラ島の、幸せのペンダントを欲しがっていた先生に20個集めたので渡したいし、一度タウラ島へ戻ることにします。

« やっぱりゼルダだべさ(タウラ島) | トップページ | 結局先へ先へ…(森の島) »

ゼルダの伝説~風のタクト」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ