« 有難う勇者!有難うドラクエ! | トップページ | 私はカメ »

2002年4月14日 (日)

流血の連打!

昨日、やっとの思いでドラクエⅣを終了しました!嬉しい嬉しい、キングダムハーツの始動です!!
**--**--**--**--**
まず最初の感想は…、なんて美しいオープニングなんでしょうね~。ソラ君が美少年ですっ。はいっ。鼻の穴が広がってしまいますっっ。おまけにリクくんも美男子…(年齢的にはまだ少年だけどね…)。いや~、いいですっ。そしてFFⅦのユフィそっくりのカイリという女の子が一緒にでてきました。

ソラは陽気だが正義感の人一倍強い14歳の少年。
リクは年の割りに大人びていて、自分が暮らす小さな世界に疑問を抱く15歳の少年。カイリは数年前にソラとリクの暮らす島にやってきた可憐な14歳の女の子。

なにやら意味深な、どうとも説明のつきようのない映像がしばらく続きます。BGMは宇多田ヒカルの歌が(う~ん?あんまり私は…)流れていました。そして…美しいステンドグラスのような白雪姫の広間に降り立ったソラ君。「剣(小さいミッキー印)」と「盾(ミッキー柄)」と「(ミッキー形の)杖?」が出てきて、それぞれを「求める力」と「差し出す力」を選ぶようです。う~ん?よくわからんのぉ~?でもミッキー形の杖じゃ、なんだかかわいすぎてしまうし、盾だけじゃなんだか見た目につまらないような気がしたので、やっぱりRPGは「剣!」(単なる独断と偏見です)だろうと言うことで、求める力は「剣」を選びました。差し出す力は「杖」を選びました。

剣は…攻め込む力・誰にも負けない勇敢な強さ・他人を傷つける破壊の刃
盾は…守りぬく力・仲間を助ける やさしき強さ・すべてを拒絶する 臆病な盾
杖は…ふしぎな力・目には見えない内なる強さ・魂さえ犠牲にする破滅の杖

次は「シンデレラ」の床へ落ちていきました。しかし、きれいねぇ~、本当に…。手にはさっき選んだ剣が握られていました。HPやMPのゲージが出てきて初めての戦闘になりました。影のようなハートレスという黒いモンスター。私の大好きなゼルダの伝説のように、敵を「ロックオン」して戦う方法です。

次はなんだろう、これは?ピンクのきれいな模様の床におちて、扉がでてきました。箱や樽が出てきたりしました。なんだかよくわからないうちに扉が開いてなんと、FFⅧのセルフィとFFⅩのワッカとティーダが子供の姿で登場します!各自選択肢があり、私が選んだのは

セルフィ…みなと仲良くすること
ワッカ…世界の姿を知りたい
ティーダ…他人と違うこと

…を選びました。これで何が変わるんだろうか?後々の旅に影響することは間違い
なさそうですね。そして、私の旅は………

「キミの旅は昼間に始まる。最後まで変わらぬペースで旅を続けられるだろう」

…とのことだそうです。う~~~ん?わからない、なんなのだろうか?

次はまたまた、美しい「眠れる森の美女」の床の上。再び戦闘になり、そしてセーブポイントが出現してきました。長い階段が出現してあがっていくと、でっかい影のモンスターが出現しました。なんだかよくわからない状態で、敵の拳にロックオンされるので、振り下ろしている間に剣で攻撃!これで倒したようでした。床に吸い込まれていくようになっていき、ボス戦は修了しました。

<ディスティニーアイランド>
砂浜でソラが目覚めて、そばにはカイリがいて、二人の会話にリクが割り込んで…。きれいな映像と声優さんの声入り…。はまりそうですね~!カイリにいかだを作る材料の調達を頼まれました。調達しているうちにワッカ、ティーダ、セルフィがいて、それぞれ戦闘ができるようです。あっさり、負けました~。でもあんまり悔しいので、ひたすらやりました。気がつけばコントローラのボタンを押す右手の親指の先から血がっ!!もともと、傷ついている部分だったのですが、ふさがった傷が開いてしまうくらいボタンを連打していたのですね~。

何度も繰り返しているうちに、3人に勝ちました。とりあえず、ここでセーブをしておきました。私も今日はちょっと眠い…。やっとやっとプレイできるのが嬉しくてしかたがないのですが、慌てずじっくりとやっていこうとおもいます。
あー、長い日記や…

**--**--*--**--**--**

<ディステニーアイランド>
ソラ:レベル4

« 有難う勇者!有難うドラクエ! | トップページ | 私はカメ »

KINGDOMHEARTS」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ