« 2002年2月 | トップページ | 2002年4月 »

2002年3月

2002年3月28日 (木)

愛のGET!しかし…

なんとこの日を待ちわびた事でしょ~!今回はなかなかダーリン様は、キングダムハーツの名前を覚えてくれませんでした。さすがに、FFやドラクエのようなゲームの王道ならば、CMで見たり私や子供達の会話からもすぐに分かるのでしょうが…。欲しいっ、でもゲームに差し出す余分なお金はありません。おまけにドラクエⅣも全クリしていません。いつかきっと買ってくれるとは思っていたけれど、やっぱり印象に残らないゲーム名じゃ難しいだろうと…。

でもやっぱりダーリンは覚えてくれていた。発売前からジュースのCMでキングダムハーツの事が少しでも出ると子供たちが過敏に反応するので気が付いてくれていたようです。私が長男の卒業式前日に高熱で寝込んでいるとき、子供達とお買い物に行った先のコンビニで予約をしてくれていたのでした。それから一週間、子供達も何事もなかったかのような、僕達は何も知らないよ…の態度でいたんですね~。

そして、運命の日!!何となく諦め気味だったわたしは、子供達にパパが帰宅してもキングダムハーツのことは言わない、CMが流れてもいちいち反応するな~…なんて釘をさしていました。パパが帰宅して3人で何食わぬ顔でお出迎え。ヤッパリ手には何もないのを確認してもがっかり顔をしないでお帰りのブチュ~~~~~~をして、夕飯の温めに台所へ戻りました。

しばらくすると………、子供達が台所へ入ってきて、「お母さんごめんなさい、僕達本当は一週間も前から知ってたんだけど、黙ってたんだ~」と身をクネクネさせて差し出したものは!!………愛のキングダムハーツGETでございますっ。

予約だから特性カレンダーのおまけ付き♪あとはパパに愛のチュ~を連発してたんまりとお礼を致しました。子供達にもほっぺにタコの吸盤のように吸い付き、こちらにも感謝の気持ちを表しました(〃∇〃) !!(息子よ、拭うんじゃないっ)しかし、ドラゴンクエストⅣはまだ第5章の中盤あたり。春休みという事もあり、真昼間からなかなかゲームという訳にもいかず。深夜だと辛いものがあり、いまだに終われる様子がありません。う~~~~~ん。いつになったらKHは陽の目を見るのであろうか?パパ曰く「大丈夫だよ、キングダムハーツは逃げないよ」。そうです、でも………やりたいぃぃぃ~!!早くドラクエ終えたい!

心はこちらに飛んできてしまっていますが、子供の手前全クリしないことには出来ないのであります。悲しいけど、いまだに封印状態です。うっ…、待っててね。
愛しのキングダムハーツちゃん♪

2002年3月26日 (火)

勇者迷走中

いや~、色々まわって、色々やって、どこをどう書けばいいんだいっ。あら、このセリフは前回も………。でも、頭の中ぐちゃぐちゃです。まとめなくちゃ………。
え~~っと、ライアンを助けるという直前まではいってますね。で、それから船が手に入ったので、うろうろしてしまってます。魔法のかぎが手に入ったので、今まで宝箱があるのに入ることの出来なかった赤色の扉が開くようになったのです。赤い扉がどこにあったのかは覚えてないので、ルーラやキメラのつばさをつかって、ありとあらゆるところへ飛びます!飛びますっ!

しかし、第一章のあたりは行かれないのね~。なぜだ?これは船にのってうろついて、一生懸命どの辺かを探しましたよ。やっと見つけたバトランド城やイムルの村!
バトランド城ではびりびりしてしまう床を歩いて宝箱をゲットです!そんな調子でひたすらうろついていました。そのうち珍しい武器防具を売っているお店に到着。「りりょくの杖」というのが、多くのキャラが使えて、かなり威力も強いのでエンドール城の中でミステリドールというモンスターをバシバシ倒して、お金を貯めて買いまくって装備させましたよ~!しかし、しかし!!これは攻撃と共にMPを3も消費してしまうんじゃないかっ。なんてこと!!買わなけりゃよかった………

今それ以上の武器が見つかりません。うう~、しばらくの我慢なのね…(T.T)
えーっと、移民の街づくりもスタートしました。私はどうしようかしら。プレミアムバザーのために、商人集めでもするかな?それから、ライアンもレベルあげのために仲間にするため、しぶしぶキングレオ城へ。2かいゲームオーバーをむかえ、3度目でアリーナとトルネコだけが生き残った状態で勝利でした!!ライアンも仲間になり、これで全員そろいましたね~。

またまたうろついてみましたが、うーん、海関係のイベントを進めるのかしら。かわきの石というのを手に入れました。ローズ何とかという町では塔の上から女の人が外を見ていて、どこかの町では夜な夜な皆が同じ女の人の出てくる夢におびえているというのもありました。

うーん、うーん、どうまとめりゃいいんだい。
まあいいや、とにかく進めるしかないですね。今は進みたくて、うずうずしちゃってます。みんな寝たことだし…ぐっしっし、行きますかっ!!


勇者:レベル21  アリーナ:レベル20  ライアン:レベル17
クリフト:レベル19  トルネコ:レベル23  ミネア:レベル21
マーニャ:レベル23  ブライ:レベル20
<称号:寄り道ヒーロー>

2002年3月24日 (日)

あとはライアンだけかな?

うーん。色々ありすぎました。どこをどう書いたらいいのやら…
前回で、馬車を貸してくれなかったホフマンという人…。彼が人を信じる心を失ってしまったという洞窟でモンスターと対決して「信じる心を」とりもどし、ホフマンへ渡しました。その後、ホフマンは共に旅に出てくれて、馬車も貸してくれました。心強い仲間のおかげで勇者もどんどんレベルが上がりますぞ~!

アネイルの町へ行くと、数年前にモンスターに襲われたこの町をたった一人で守ってくれたリバストという戦士がいたらしく、彼が身につけていた鎧が教会に大切に祭られていました。でもこれはどうも何者かにすりかえられた偽物のようです。
町の人たちはそんなことも知らずに、はしゃいでいますが、夜の墓地にリバストの霊が出てきてどうか失われた鎧を見つけて欲しいと言い残して消えていきました。その後、コナンベリーの町へ。そこは港町だけど、最近は魔物の仕業で大灯台が魔物に占拠されて怪しい光を放つようになり、船を出しても沈没してしまうそうな。

造船所では怪しい光のために出せないでいる船と、建造中のトルネコの船がありました。トルネコが船を出せるようにするために1人で大灯台に向かったことを聞き、一行は大灯台へ向かいます。トルネコがいましたが、敵が強くて先に進めなくなってしまい私ら勇者達にモンスターを倒して、灯台にともす「聖なる種火」を取り戻して欲しいと訴えてきましたぞ。おいっ。トルネコくん、そんなことでいいのかい!断りの「いいえ」を選ぶと、結局話は進まないので、いやいや了解することに…。ここのモンスターは大量出現するので、やっかいです~。MPを消化しないですむ破邪のつるぎは道具としてつかって「ギラ」の効果を出せるので大活躍です。よかった~、トルネコの第三章でたくさん破邪のつるぎを買っておいて………。

何度もゲームオーバーをむかえ、とうとういまの勇者の状態は「全滅ヒーロー」なんて名前がついていたぞよ…(T.T)  しかしめげずに頑張り、やっとのことで大灯台のボスを倒して、「聖なる種火を」大灯台にともす事が出来ました。再びコナンベリーにもどり、いよいよここから船旅が出来るようになりました。早速船に乗って、ミントスの町へ到着です。ここでは、旅を共にしてくれて馬車を貸してくれていたホフマンがお別れです。彼の人生の大先生、商人の師匠であるヒルタン老人のもとで修行するというのです。町の真ん中で講義をしているヒルタン老人に「宝の地図」をもらえました。そしてこの町の宿屋には、なんとアリーナ一行が!クリフトが重い病にかかり、ブライが面倒を見ている様子。アリーナはどんな病気も治すという、ソレッタ村にあるパデキアの根っこを取りに行ったという事です。ブライからどうかパデギアの根っこをもってきて欲しいと頼まれてまたもや承諾しないと話は進まないので、OKとお返事。ここからはブライが仲間になりました。

さらに進みソレッタの国に到着しますが、干ばつのせいでパデキアは全滅したので南の洞窟に保管してあるというのでした。えっちら、おっちらと大行列は進みます………。南の洞窟にはアリーナが3人の男を引き連れて先に到着していましたが、仕掛け床のせいでなかなか宝箱にたどり着けません。しかし、なんとかパデキアの種を取ってきてソレッタの国へ戻り種をまきあっという間に育ったパデキアの根っこを頂いてミントスの村へ戻り病身のクリフトへ煎じて飲ませてやりました。そしてまたまたアリーナとクリフトが仲間になりました!皆で出発しようとすると詩人が寄ってきてライアンという男がキングレオ城に向かっていると教えてくれました。

マーニャとミネアの故郷へ戻ると、以前オーリンが身を潜めていた洞窟に魔法のかぎがある様子。再び洞窟へいきます。すると魔法の鍵を入手!はーっ、はーっ。ずらずらと書きましたが自分でもなんだか頭がこんがらがってきたようです………。あとはキングレオ城にライアンが捕らえられているような話がちらりと耳に入りました。しかし、魔法のかぎで何が開けられるのだろう………
いままで開けられなかったところをちょっとうろつきたくなってしました。ああ、落ち着いて前に進めない悪い性格………。ここで、ちょっくら寄り道させていただきますわ。おっほっほ。

勇者レベル:17 クリフト:レベル15 アリーナ:レベル15
マーニャ:レベル19 ミネア:レベル17 ブライ:レベル15

2002年3月20日 (水)

いよいよ仲間集めの旅へ

最愛の家族や友人を失った勇者は旅立ちのときを迎えたようですね~。さっそく焼け野原と化してしまった故郷を後にして出発しましたが、するとすぐに小さな家を発見。きこりの家のようですが、このおっさんすごく口が悪い…。態度も悪い…。でも優しい。
無料で一晩泊まらせてくれるんです。私はすぐに拾ったアイテムを装備したので何も言われませんでしたが、防具をちゃんと装備してない場合は、出て行くときに呼び止めて注意してくれるそうですね。しばらくその辺をうろついて、レベルを上げるのにはとてもいいです。宿代も取られないし………。でも、これをやっていると、どうしても眠気が始まってしまうので、早々に仲間を探しにでかけました。さらに下るとお城がありました。
ブカンカ城下町でした。城下町では「勇者が殺されてしまった」というウワサがたっていてがっくりと肩を落としている人も…。ここに生きておるぞよ(^-^)。
ブランカ城に行くと王様が「お前も勇者を目指しているのか?」ですって。ちゃいますって、私が勇者だってば…。勇者が死んだということで、自分が勇者になろうという人がたくさんいるようですねー。
勇者になる為には「地獄の帝王が蘇るのを阻止せよ。そのために、世界中を旅して帝王についての言い伝えを集めなければならない」………だそうです。

城の裏庭に女性がいて「昔北の山奥に天女が舞い降りて、きこりの若者と恋をして赤ちゃんが生まれた」というおとぎ話をしてくれました………ん?んん???これってもしかしてきこりの若者って、さっきの無愛想なおっさん?その赤ちゃんって、勇者?だよね?だよねっ???ほほう…あれは父だったのね…。
ま、それは置いておいて、うろうろして何度かゲームオーバーを迎えて(弱いから)エンドール城下町ヘ行ってみると、教会の前でミネアを発見!話し掛けると10ゴールドを払えば占ってくれるそうな。占ってみると彼が自分が探している勇者と気がつき一緒に合流する事に成功です。姉のマーニャを探しに地下のカジノへ行きさらに合流~♪やっとザコバトルでレベルが上げられます。
3人でうろついているとメタルスライムと遭遇しましたぞ!これで一気に経験値が入って勇者は一気にレベルが4段階も上がりました!!おお~!さらにうろついていると、小さな洞窟を発見しました。中に入るとミネアとマーニャが落とし穴に落ちていなくなってしまった!追いかけて発見するけど二人は逃げてしまう。追いつくとなんとモンスターだった…。勝ったはいいが、今度はモンスターに追われている二人を発見。モンスターはどうもこの洞窟のボスらしいですな。見事にゲームオーバーを迎えました。まだ弱いようで………。

そういえば、馬車を貸してくれる小屋を発見したけど、そこの息子がむかし友人に裏切られて以来人を信じないようで全然話が進みません。まだまだやることがありそうだし、レベルも上げねばならんので、またあとでじっくりやっていくことにしておきます。


勇者レベル9: マーニャ&ミネア共にレベル14

2002年3月19日 (火)

第五章 勇者登場!

やっと勇者の登場です。そういえば、日記にはかくのを忘れていましたが、第一章のはじめに一度勇者が出てきていました。名前はユージンとつけましたが(これは書いてあるね)、幼友達のシンシアがいることを忘れていました。勇者とシンシアは共に17才かな?シンシアが勇者の事をとても慕っている様子。いつまでもこのまま幸せに一緒にこの村にいようね…なんて、かわいい乙女心を素直に出せる少女のようですね。このっ。
第五章は、勇者(勇者の名前は各プレーヤが決めているようなので、ユージンではなく、日記では勇者としておきます。)にお母さんが父にお弁当を渡してくる用事を頼む所からはじまりました。用を済ませて、うろうろしていると、突然町の様子が急変してしまいます。どうやら魔物が、自分達をいつか滅ぼす存在になりつつある勇者が育っているこの村の事を嗅ぎつけたらしくて、襲ってきたらしいのです。

皆が団結して勇者を逃がして生き延びさせるために闘うようです。切羽詰った場面では父親が自分達は勇者の本当の親ではないことを告白。そして、地下深く隠れているとシンシアが入ってきて「あなたを絶対に死なせない」「今まで楽しかった…」と言い残して、術を使って勇者そっくりに変身して魔物のところへ向かいました。
静かになってしばらくすると、魔物の声が「勇者をしとめた」と言っていました。きっと幼友達のシンシアは勇者をかばって命を落としたのでしょうか………。うぉ~~~(ToT)(ToT)泣けますなぁ~~!地上に出ると、平和でのどかな村は一変していて、焼け爛れた家屋が………。もう誰もいませんでした………。

ああ、一体どんな展開になるのでしょうか。ちょっと泣けてしまう出発でした。すぐに近くにあるお城に向かいセーブをしてお夕飯の支度をはじめました。この続きは又今度です。今度はオネムにならない………と、思う!!

やっと…第四章終了~第五章へ

はぁ~…、何て長い道のりだったのかしら。この4章、つまらない訳ではないのだけど、やっぱりFFと違って、ドラクエのバトルは単調すぎちゃって、どうしても眠気が…。
前回のバルザックの件では、ネット姉様にバトルのヒントを聞いてさっそくリベンジに向かいました。しかしさらに3回もゲームオーバ…。見ている子供たちもつまらないようなため息を漏らしています(ToT)。そこで又ヒントを………
私「ルカニ」を全然使ってないっ。敵の防御率を下げる呪文です。これを覚えているのすっかり忘れていました( ̄∇ ̄;) ヘッヘッへ…
いつも回復にばかり気をとられていてね~。早速つかってみたら…!!「えっ!もう終わったのっ!!」と子供と顔を見合わせてしまいました。はいっ。なんて時間の無駄だったのでしょうか(ToT)。でもやっと終わりました、第4章。しかし、バルザックが倒れたあと、本物のキングレオがご登場!これには勝てないようになっていると、どこかの攻略サイトで見かけたのでもう、煮るなり炒めるなり、シェイクするなり、キングレオさまの好きなようにしていただきました( ̄∇ ̄)。その後、3人はキングレオ城の地下にある先に進む事の出来なかった牢獄で目が覚めました。
そこには、先代の王様が囚われていて(今の悪人キングレオの父ですね)、今のあなた達にはあいつを倒す力は無いから、この国を離れて力を蓄えてきなさいとアドバイスされました。
そこでエンドールへ向かう乗船券を手に入れて脱出すると………!!脱獄だーっと兵士に見つかってしまいます。そこで共に闘ってくれたオーリンが「逃げなさい(おお~、かっこいい)」と二人を逃がします。オーリンの事を気にしながらも「自分達を助けてくれるか細い光を探す」ため、二人はハバリアの町の船に乗り、エンドールへと旅立ちました………。やっと、やっと、や~~~~~~っと、第4章が終了です。


マーニャ、ミネア 共にレベル13

2002年3月10日 (日)

バルザック!覚悟せいっ!

なんて久しぶりの更新なんでしょうか…。なかなか睡魔との闘いに勝てませんでした…。何度スイッチを入れて、教会から出る前に眠りこけてしまっていたでしょうか。そうです、教会から出られないのです。神父様の「よくぞ戻られた!」と労いの言葉にはきっと催眠術がかかっているのではないでしょうか??本当に教会からでる前に果ててしまうのです。町や村に出る直前で、いつもマーニャとミネアと助っ人のオーリンはふわふわとしているだけなのです。たとえ外にでられたとしても、ほんの数回のザコバトルで睡魔の世界へ……。ちょっとFFⅩの最強モンスターのイベントに心を奪われてしまったのも更新を怠ってしまった原因です…はい…。

ま、このところ、ちょびっとやる気もでてきたし、今回久々に進めたので多分もう大丈夫でしょう!だって、だって…ドラクエ全クリしない事にはキングダムハーツ…手に入らないかもしれません…(すでに買って貰おうと企む悪妻)。前置きはこれくらいにして、反省の心で日記の更新です!!

えーっと、悪玉バルザック王の居場所を知るという、キングレオ城の肝っ玉の小さい嫌な奴・大臣をびっくりさせる為の火薬を手に入れるためにアッテムト鉱山へ向かいます。その鉱山からは有毒なガスが噴出しているようで、村の多くのものは死んでしまったり、倒れてしまっているような状態ですね。
夜にアッテムトの町に到着してセーブをしようと教会を訪れると昼間に苦しむ人々を介抱し続けてお疲れの神父様が「休ませてください…」と横たわってしまっています。日中になればちゃんとセーブを受けてくれます。何人かの人に、早くここから立ち去ったほうがいいと忠告されますが行かない事にはゲームが進みませんので強行突破っす!

ちょっと手ごわいモンスターが多くなってきましたが、「銀のタロット」というのを入手しましたぞ。これはミネアの占いの道具でバトルの時に道具としても使う事が出来るのです。全部で9種類のタロットがあるようで、運がよければ味方全員のHPが回復したり、敵を消し去ってくれたりしますが、運が悪けりゃ味方が息絶えてしまうようなカードもあります。どれがでてくるかはこちらでは操作できないのでちょっとどっきどっき♪ザコバトルでは結構いい結果が多かったです。

難なく鉱山の奥で「かやくつぼ」ゲットしていざ、キングレオ城へ!大臣の部屋の前で火薬を焚くと、その音に驚いた大臣が王へ知らせに行くので後をついていくと…、いました、悪玉バルザック。マーニャとミネアの父の命を奪ったバルザック!一時的とはいえこちらには同じくバルザックに深い傷を負わされた経験のある、父の愛弟子オーリンが参戦してくれています。ちょろくこっちの勝ちだろう…
と、思ったのが間違いでした( p_q)え~ん…
強いでやんの…バルザック!ギラをがんがん使ってくるので、どんどんHPが減ってしまう!ミネアに静寂の玉を持たせてあるのでそれを使ってギラを使えないようにするけど、でも強い強い!!
回復する間もなく戦闘不能~~!!こういうときにお馬鹿な私は銀のタロットを使ってしまい、一か八かの好いカードを引くのを期待していたけど、「引いてはいけないカード」なんぞ出しおって!!(T-T)
結局6回もゲームオーバーを迎える悲惨な状態になってしまいました。うむむむ……バルザックめ…。リベンジじゃっ。いつかきっとこの恨みをはらしてくれようぞ…”(*>ω<)o"きぃぃぃぃ~!


マーニャ、ミネア共にレベル12

« 2002年2月 | トップページ | 2002年4月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ