« 働いて、戦って、売ってお金儲け♪ | トップページ | 第三章終了~第四章へ »

2002年1月22日 (火)

女神の像GET♪

さーて、またずいぶんと間があいてしまいました。実家の母がインフルエンザになってしまいお世話をしてきました。帰宅してこちらも落ちついたので、再開デース。


どこから記入したらいいんだ…忘れてしまってるぞ…
えーっと、ボンモール城のリック王子からエンドール城のモニカ姫に手紙を渡すようにたのまれたんだっけね。まずその前にボンモール城の地下に入ると見張りが二人いました。ちょっとでも飛び出しちゃうと気づかれてしまい、外に出されてしまいます。
慎重に目を盗んで、投獄されている囚人と話をします。そこには、レイクバナにいた、腰の悪いトムじいさんの息子がいました!何か盗もうとして投獄されていたようですね。トルネコに「キメラのつばさ」をくれとずうずうしくも頼んできました。でもあげないと、話が進まないので仕方なくあげたら、あんにゃろ~、すっ飛んでいってしまったぞ。故郷に帰っていったらしい…。その後、トルネコもレイクバナに戻ると息子が帰って来たというのに、トムじいさんは未だに教会へ押していってくれと頼んでくるのね。こら!故郷に戻ったなら親孝行せんかいっ!!

息子のところへ行くと、檻に入っている犬を貸してくれると言っています。ああ、狐狩りが得意な犬だそうで、例のボンモールの北の村という狐のいたずらの村に連れて行って、狐を退治できるのね。早速犬のトーマスを連れて行くと、泊まって行きなさいと言った村長の所へ一目散に行ってしまいます。犬を追っていくと、村長さんは狐の姿に戻り二度と悪さはしないから許してくれと言い出しました。

素直じゃない私は、「ダメ」のほうにしてみたけど、やっぱり話が進まないのでしかたね~、許してやったぞ。するとお礼に「はがねのつるぎ」を置いていきました。早速防具屋に売っていいお金になりました。狐にだまされていた村が元に戻るとドン・ガアデという橋を直すために、ボンモールの王様に呼ばれていた男が出てきて正気に戻ったのか、大慌てで王様の元へ走っていきました。
トルネコもその後を追っていくと、すっかり橋は直っていました。さて、ここでやっとリック王子の手紙をモニカに渡しに行くことになります。早速行ってみるとやっぱり、ラブレターだったのね。しかし、リックの父はモニカの国・エンドールをのっとろうと考えている様子。それをエンドールの王様に伝えるようにと言う内容でした。その話を聞いたエンドールの王はトルネコに、ボンモールの王様宛の手紙を託しました。ああ、ややこしい…。また、てくてく行くと、手紙には両家の息子と娘同士が愛し合っているようだから、結婚させてやりたいという内容でした。
すると最初からエンドールをのっとろうと思っていたボンモール王は、エンドールの姫と結婚すれば、息子のリックはいずれエンドールの王様になると考えて納得した様子。これで攻め込む必要はなくなったようですね。
なんだかあまりにも話が出来すぎていてピンとこないね~…さーて、長くなったぞ。その後、エンドールの王様は、トルネコに、エンドール城下町で自分の店を持つ許可を与えました。そのためには、エンドール城下町にいるじいさんの店を35000Gで購入しなければなりません。さあ、これからが貯蓄の旅ですぞ。
今はまだ半分しかない!攻略HPを見てみたら、銀の女神の像がある洞窟(?)があるようで、適当に歩き回っていたらそれらしきところを発見しました。水路があるので、ボタンを押して水位を下げたりして、なんとか銀の女神像をゲット。それを城下町に住む骨董好きのおっさんに25000Gで買ってもらいました。
これで50000G以上になりましたね。ハイ、長々と書きました。
疲れました~。もう今日はやる気ないぞ~~~…
やっぱり、日記は貯めない事ですな。反省反省……


今現在トルネコ:レベル11

« 働いて、戦って、売ってお金儲け♪ | トップページ | 第三章終了~第四章へ »

ドラゴンクエスト4 導かれし者たち」カテゴリの記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ