チロルとマルコ2021年

2021年2月27日 (土)

トリミング・その後のご飯・四代目・ゲロッパ受け止め(動画あり)

最近出かけようとラパンを見ると、黄色い…💦

フロントガラスは粉だらけ…スギ花粉がやってきました。私は幸いなことに花粉症ではありませんが、我が家の男たち(パパ、長男、次男)はバッチリ花粉症です。特に長男は鼻が詰まりすぎてご飯の味がわからなくなるとか。お嫁ちゃんは張り切って長男の好きそうなおかずを作ってくれているけれど、そういう時に限って鼻が詰まり切ってて味がわからないという…大変だねぇ。

次男はこの数年、少し軽くなっているような…?パパは鼻づまり、鼻たれ、目のかゆみにやられているようです。最近は犬猫にも症状がでるそうですね。我が家のワンにゃんは今のところ大丈夫みたいです。

さて、月一のピカピカDay。トリミングでした。

↑↑毎度ポージングがしっかりできているお嬢さん😁前足クイッ🎵

↑↑そして毎度おなじみの、お店でのキメ顔から一転の脱力顔🤣

↑↑帰宅後のお疲れ寝…大きめのおリボンが可愛いです🎀

↑↑ええ、そうですよ、食べませんでした。K9ナチュラルが救世主になるかと思いましたが、やっぱりマリンにはたくさん食べるというのが負担なのか、気分が悪いのか、気分が乗らないのか、内容が気に入らないのか…もうよく分かりません。一緒に暮らして10年でも分かりません。この子はそういう子…なのでしょうね。

絶食にさえならなければ、一日にほんの少しでもお腹におやつじゃなくて、【ご飯】が入ってくれればと言う思いでいますが、また絶食日が始まりました。もう1日半は普通に絶食です。水のみ。でも、たまに猫のちょい残しのカリカリをつまんでいることがあるかもです。次男が何度か目にしているようです。注意すればやめるそうですが、悪いことをしているという感じは全くないそうです。

猫たちはカリカリを出して、がっついて食べるのはほんの数粒。あとは、次のご飯の時間までの間に少しずつ食べきるという感じ。実はにゃんズは一日4回食になっています。いちいち量ってはいません。4種類(白身魚、サーモン、チキン、毛玉配慮のフード)をローテーションであげています。おやつはチュールは上げたことが一度だけありますが、チロルはチュールがキライです。マルコは喜ぶけれど、なんとなくクセになったら怖いなと言う思いがあり、その後は買った分はご飯に混ぜて消費してしまいました。なので、おやつは小袋に入ったカリカリ系のを私らが食べるお昼と晩御飯の時にあげています。

猫たちにご飯やおやつをあげている時のマリンの顔…何となく面白く無さげに見えますが…。マリンはマリンのご飯、猫のご飯はあげません。猫に良くても犬には良くないものが入っているとか。猫のご飯の方が味が濃いとか、美味しそうなにおいがするとか…。ワンコには魅力的なようですが…間違っても猫のご飯を上げることはしません。

↑↑この日はちょっと食べているような感じだったのですが、いなくなったらほとんど減ってない。最近はジジババ宅に連れて行き、置いて帰り、食べさせてもらうこともあります。バアバの優しいなだめと、スプーンで口元に運ばれるのが食べる気になるのか…食べる確率が高めです。食べたらもう、それ以降は【ご飯】は絶対に食べません。老犬介護…マリン編はどうなるんだろうかね…。

20212266

↑↑ようやくチロルも添い寝専門看護師デビューかな。ちょっと頭痛がある日に、布団を敷いて横になっていたら、チロルが布団に入ってくれました。前足ちょこんと乗せてくるのが萌えポイント。マルコは足元から潜り込んだり、折り畳みベッドの下に潜り込んで遊んでました。本家本元の看護師さん・マリン婦長は2階でパパと次男の部屋を行ったり来たりでした。

↑↑マルコがよく吐きますの…🤧長毛のチロルを舐めるからかな。毛玉対策としてシロップみたいなものを舐めさせたりしますが、吐くときは吐きます。畳や繊維のカーペットが無くなったので掃除はしやすいです。いざ、ケプケプと吐く前触れの様子が出たときは、素早くゲロッパ受け止めようの100均のトレーのようなものを置いてありますが、100%間に合いません。

特に、私と次男にはわかっても、パパの耳には猫の吐く前触れのあの音は無音なのでしょうかね。聞こえないふりでもなさそうで、本当に聞こえてない模様。私や次男が【あー!あー!】とドタバタしてても何のこっちゃ。視線はTVにくぎ付けです。とにかくテレビ大好き。テレビを見ていると話しかけても、家電が鳴っても聞こえません。電話に一番近い席にいて知らんぷりなのできつく言ったことがあるんだけど、鳴ってると気が付かなかった…マジか😖

【本日の動画】

<妄想劇場猫パンチ編>

 

<令和3年1月のワンにゃん>

 

<地元にこの春オープン!>

 

いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

その後のご飯・三代目?・窓に張り紙・胃カメラ

 1月23日から導入してみたK9ナチュラルですが、今のところ絶食日が無くなっています。

朝食べたら、お昼は歯磨きガムなどをあげて、晩に2回目のご飯を出します。

朝食べなかったら昼にも出し、昼に食べたら食べないだろうけれど、一応晩にも出します。

朝も昼も食べなかったら、夜食べるのを期待してちょっと多めに出してみます。

いつもそんな感じでやっていますが、最初の2日は味が珍しかったのか、興味が出たのかしっかり一日分を食べてくれました。

だけど、『これはご飯じゃないよ、おやつだよ』と言う感じでフリーズドライ状態で、手のひらから上げることを頻繁にしていたら、『これはおやつじゃない…ご飯だな💢』…と、勘づかれまして…それ以来は食べる量は減りました。だけど、一日に1食でも食べてはくれています。

ほんの少しでも、お腹に入ってくれる日が続いています。メインフードとしてK9ナチュラルですが、チキンやサーモン、ビーフ、ラムなどいろんなタイプを購入してあり、その時々で変えて、カリカリを追加してみたり、たくさん残っている半生粒フードも、缶詰も、レトルトもあるので追加したりしてあげています。ひき肉を炒めるときもあるし、ゆでた豚肉を乗せてあげたりもあります。

とにかくお腹に入れてほしい、ひもじい思いで夜寝てほしくない…今のところ続いています😊

↑↑最近夜更かしはしていないのですが、朝の寝起きが悪いのなんのって。次男のお弁当で起きるのが4時半~5時半の間。20分くらいで終えて、そのまま布団に戻りますが、そこからの二度寝が起きられない💧

猫たちもそろそろ出たがるし、マリンも「起きないの?」とチラ見するくらいになって、やっと起きる感じです。夜中に何度もホットフラッシュがあり、そのたびにガバっと起き上がり、頭から流れそうになる汗を拭き、しばらく布団から出て起きてる事があるのが原因かな。婦人系の話になってしまいますが…いよいよ上がる?去年の7月以来女子の日が来ていません。ちょうどそのころに、かかりつけの婦人科の院長も、そろそろ自然に閉経できるようにしようと薬を変えてくれました。それを飲んでて、まだ排卵があるなら【来る】、でも排卵が起きてないなら【来ない】そうです。7月以来ぷっつりです。その引き換えのようにホットフラッシュはひどくなりました。なるようになれという感じではありますが…

↑↑パパに愛されてるマリン(笑)。パパがこんなになるとはね~😊

↑↑最近ニャンずたちと一緒の写真が撮れないのよねー。かろうじて撮れた写真(笑)

↑↑先日、ちょっと調子よくなくて、早々に布団を出して横になってました。マルコが…腕枕で寝てくれた!マリンはパパと次男のいる2階へいってしまってます。チロルはキャットタワー内のボックスの中、マルコはお母ちゃんの腕の中。1時間ほど一緒に寝てくれました。

初代添い寝専門看護師はマル、二代目現役はマリン、そしてマルコは三代目になるかもね!

↑↑100均で見つけた、猫が入りそうな入れ物。絶対これが用途で売り出しているわけじゃないだろうけど…

↑↑猫なら入らずにいられないようで…

↑↑先日の豆まきの時に、チロルが外に出そうになったことがあるのに、パパは用事があると庭側から声をかけてきて、この窓を開けさせようとします。網戸も開けるし。そのたびにニャンずが窓際に来るので絶対に開けられません。何度もパパに【ダメー!開けられない!】と言うのですが、何度も何度も言いたくないし、向こうも私の声がだんだん大きくなるのでムッとする。だったらもう言わなくてもわかってくれよと、張り紙作戦にしました。通りから見えるところじゃないし、これくらい良いでしょう。

↑↑換気で窓を開けたいときもあります。そんなときにはこれ以上開けないように養生テープでガードします。4重くらいにしてあるので、べりッとは切れません。よく見ると雨戸がしっかり閉まってません…この後、雨戸も開かないように養生テープでとめました。

↑↑テープの内側はべとべとしないように、貼り合わせています。閉めたときにテープ同士がくっつかないようにです。

とにかく小さな命を危険にさらさないためにやっています。

-----------------------------

去年は毎年やっている市の特定検診を受けていなくて、締め切りの1月末までに予約と思ったら、2月になってしまいました。コロナの事があり、締め切りを延長していたようで、ギリギリセーフで受けられました。

子宮がん、子宮体がん、卵巣がんはかかりつけの婦人科で去年済ませてあります。今回は八王子市特定健診、肺がん検診、大腸がん検診、乳がん検診(触診、マンモ、エコー)、胃がん検診です。胃がん検診は毎年じゃなくて、今回は3年ぶりくらい?

胃カメラは3度目ですが、慣れませんねー。2回経口でしたが、今回は鼻からやりました。口からやると【オェ~~💦】が何度もあるので、鼻の方が楽だと聞いてました。確かにオエェ~💦は無かったんだけど、鼻がもげるかと思うくらい、穴に入れて少し進んだあたりで痛みます。まるで後ろから鼻の穴に指を突っ込まれて上にギューっと引っ張られるような感じ。思わず【鼻が取れるー!】と声が出てしまいました。鼻からだと話はできます。先生も看護師さんも笑っちゃって【大丈夫、鼻取れないから!】と💧

そこを過ぎて、食道を通るあたりまでがキツイ…そこは口からも同じだわ。

鼻には穴から2種類の、結構な量の麻酔薬が流し込まれます。喉の方に流れるので飲み込んでくださいと言われます。

もうね、横になりながら目から涙、カメラが入ってないほうの鼻からは水が、そして涎はだらだらとみんな流れっぱなし。看護師さんはずっと背中をさすってくれてますが、そこじゃないんだよなーってところを撫でてくれてるのよ😢

終わったときに咳込み、よだれも一緒。大量のティッシュを口元に置いてくれるので、口に当てながら大量のよだれと鼻水を拭きとりましたわ。はぁ~、もうしたくないー😢

いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

鬼は外で肝が凍り付いた

イヤー、怖かったわ…

124年ぶりで2月2日が節分だと気が付いたのがその日のお昼。大急ぎで豆と恵方巻を買いに出かけました。

そして、晩御飯のあとに豆をまこうと思って、次男がマルコが和室にいるのを確認して格子戸を閉めた。その後、チロルはこたつの中にいるとわかり、じゃあ気を付けながらね…と、居間の窓を開けて豆をまこうとしたら…

突然チロルがこたつの中から、開けた窓際のミニキャットタワーに瞬間移動し、あわやそのまま庭に出そうになった!

こんなに驚いたのはほかに何だったかな…それくらい驚き、慌てた。

とっさにチロルの首根っこをグワシと掴み抱き上げて胸に抱いた。首根っこは掴んだまま。驚きと痛さもあったのか、チロルは珍しく威嚇の鳴き声を上げていた。私の心臓は100メートル全速後のようにバックバク😫😅😰🥶😱

おっとり猫だねなんて思ってたチロルだけど、やっぱり猫だわ。

生まれて1ヵ月未満でも、元は外猫だ。食べ物に困ってたとしても、外の解放感は覚えているかもしれない。

本当に、いつまでたっても心臓のバクバクが止まらず、夜寝るときに猫用こたつで爆睡するチロルを長い時間撫で続けてしまった。

おそらく、外に出たら簡単には捕まらないでしょう。家の中でも呼んだってそばには来ません。自分の名前はわかってるみたいだけど、なんですかとちょっと離れた位置まで顔を見せに来る程度。手を伸ばして呼んでも、おいでと言ってもそばには来ません。マルコなんか自分の名前を覚えてないかもしれない。呼ばれてもほぼ無反応。

もし出てしまったら、後悔の念と心配で気がおかしくなってしまうだろうな。

猫専門の探偵さん雇うかもしれない。捕獲器を動物病院の先生に借りて設置するかもしれない。いつまでも、いつまでも諦めないと思う。帰ってくるまで、出入りできるように窓を開けっぱなしにするかもしれない。

二度と野良に戻さないために、今後はさらに気を張って脱走を阻止しなくては…一晩経ってもあの恐ろしさが蘇ります。

そして、もしもの時のために、すぐにチラシを印刷できるように作っておきました。まだ少し修正するかも。

使う日が来ないことを願いつつ…

↑↑くりぬき方法がイマイチよくわからず…

202123b

↑↑使う日が来ませんように…

↑↑マリンもビビるくらいの大声で騒いだ夜でした…あぁ…本当に気を付けよう…

 

いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

その後のご飯・半ケツ座り・ぽかぽかニャンず

 2年近くなりますが、マリンのご飯の状況を〇△×などで、食べたか食べなかったかの記録を付けています。
ささーっと書いているので、殴り書きで見づらいですが、自分が把握できればいいかなと言う感じです。

↑↑2020年12月の記録。×がいっぱい。

20211292

↑↑今年2021年1月の記録。23日からちょっと変わってきた…

↑↑K9ナチュラルのフードを取り入れてから、絶食日が無くなったのです。

↑↑すんなり食べないこともあります。どちらかと言うと、ぬるま湯でふやかさず、フリーズドライだけで出した方が食べる確率が高いかな…。

だけど、それでもイヤイヤ、プイの事もあります。

でも、朝食べなくても、夜には食べることが出てきて、K9ナチュラルになってからは絶食しなくなりました。

↑↑少しでもご飯がお腹に入ってほしい。毎日、ほんの少しでもご飯をお腹に入れてほしい。ひもじい思いをして、夜眠ってほしくない…

Amazonで買った分がもう無くなりそうなので、急いで追加を注文しました。少しでも、食べる楽しみが出てくれるといいな。

最初の2日は、マリンにとってフリーズドライ状態のK9ナチュラルは【おやつ】と思っていたようです。だけど、毎回出てくるものだから【これはご飯】という認識になってきたようです。でも、食べてくれるのでいい感じです。期待大です。

-----------------------------

↑↑かなり久しぶりに見られたジジババ宅でのストーブ前の【半ケツ座り】。

↑↑何で笑っちゃうんだろうねー。可愛いからだYO!

↑↑マルコもお日様の当たる窓際でぽかぽか寝。

↑↑ゴイサギが義両親宅の池の鯉を狙って、毎年飛んできます。大きいのでびっくり!だけど、パパが池の上に網を張ったので、もう捕られません。

↑↑こたつはハイタイプのダイニングこたつ。ダイニングこたつは上のヒーターのみだとあまり温かくありません。なので、足元にもホットカーペットを。人が使ってないときはこたつの電源は消しますが、下のホットカーペットだけはニャンずのために付けっぱなしです。フローリングにした和室のホットカーペットも付けっぱなしです。電気代、かかりますね。でも、身体が冷え切って泌尿器系がダメにならないようにしてあげないと。

のんびりと、外を眺めたり、お昼寝をしている様子を見ると、改めて猫を迎えたんだなーと、ほんわかします。

いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

誕生日・トリミング・ワガママお嬢・いたずらニャンず(動画あり)

今年一番最初のお誕生日。長男のお嫁ちゃん。長男共に日々忙しくお仕事していますが、生粋のゲーマー(笑)

コロナのおかげで、実家のご両親や兄姉たちとも全然会えていません。今はLINEがあるので、日々連絡はできているようだけど、やっぱり会いたいだろうなぁ…。少しでも寂しくないようにさせてあげたい。パパは苺大好きな彼女のために、ケーキ屋さんに「苺だらけのケーキ」を注文していました。そして、お母ちゃんはごちそうを作るのがイマイチなので、木曽路で注文した「すき焼き重弁当」を。ジジババにも届けました。とろけるお肉でおいちかったです(⌒∇⌒)

↑↑笑顔バッチリいいお顔のお嫁ちゃん。娘のいない我が家に新鮮な笑顔と笑い声が響きます。

↑↑さて、今年初のトリミング。今年もよろしくお願いいたします。

↑↑今回はあんまり脱力顔は無かったね。白内障の進行を少しでも遅くしようと、毎日数回目薬を使っているので、どうしても目の回りが汚れてしまいます。いつもトリミング後のピカピカのお顔に感激してしまいます。

↑↑なんと、二日ぶりのごはんですよ。その間口にしたのは、ジジババ宅でほんのちょーっとの数粒のおやつと水のみ。体重は3.7キロになってしまいました。それでも元気…なんだかな…複雑です…

20211235

↑↑近所のスーパーでパパがマリンを抱いて待ってます。毛布に包んで…。可愛いですねーと声をかけてもらえるのが、何気に嬉しいパパ。私が出ていくとキラキラの目で見る様子をみて、話しかけた人は皆「やっぱりお母さんがいいのねー」と笑うそうです。

↑↑そうなのよ、お母ちゃんの事が大好きなのはよくわかります。私をいつも見て、気にして…だけど、世話する、面倒を見る、環境を整える、食事の事を考えてあれこれやるのは全てお母ちゃん。パパと次男は愛でるだけですから…目薬して、サプリメントお口に突っ込むし、ご飯を食べなきゃちょっと怖いお顔するし…マリンにとっては怖い存在でもある私です。

以前は精神的ないろんなことを心配して、何とかマリンが何を考えているのか知りたくて、アニマルコミュニケーションなどを受けました。最後にお願いしたのは動物対話士の伊東はなんさん。ここまでやってきて、ようやくわかったのは『食べたい気分にならないと食べない。』『お腹が空かないと食べない』…そういう子なんだという事。ちょっとした場の空気を感じで食べるのがイヤという事もありですが、やっぱり極限まで空腹にならないと食べない。まる二日絶食してもお腹が空かないのかと言ったら違うとは思うんだけどね…マリン自身が食べたいと感じなければやっぱり食べようとはしません。だけどおやつがお腹に入るというのはムカつきポイントなんだけどね…

体重が減ってしまっている点が一番私としては辛いところです。だけど元気なの…不思議な子です。生涯続くんでしょうね…

-----------------------------

昨年和室リフォームが終わり、短い時間なら猫たちだけでお留守番が出来るようになった…はずなんですよ。だけどね、帰ってくると凄いことになってるんです。

↑↑やばい…そんな表情?

↑↑押し入れに立てかけている(自立します)折り畳みベッドが倒れてます。倒れても、ムアツ布団も一緒にずれて動くのでもろに下敷きになることは無いのですが、やっぱり危ないです。猫たちが怪我しないように早急に考えなくちゃなりませんでした。

↑↑またもやホームセンターで調達してきました。

↑↑これでどうだ!

↑↑甘え下手な我が家のニャンず。スリスリはありますが、抱っこをせがむことはありません。

↑↑抱っこをせがまないのは愛情不足なのかなと…感じちゃうんですが…性格かなぁ…

↑↑夜11時過ぎにはケージに入れてしまいます。マルコがいつまでも鳴きますが、諦めてチロルと猫こたつに入って寝ちゃいます。目の前のお布団にお母ちゃんが見えるので、落ち着いて夜鳴きもなく寝てくれます。

 

【本日の動画】

<ワンにゃんのためにしたこと>

<猫だけのお留守番は…>

 

 

いつでも里親募集

 にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

新年&猫用こたつ見直し

コロナ、コロナの年が明けるなーと、思っていたら、東京都で過去最大数の感染者とかになり驚きの新年となりました。

その後も過去最高を更新し続ける毎日。本当に世界は大丈夫なのでしょうか…

我が家的には、特に大きな心配事もなく年が明けましたが…

↑↑新年の夜には長男夫婦が来てくれました。

長男は来月には転職となります。本来行くべきだった分野へ…頑張ってもらうしかないですね。

↑↑新年早々に耳毛ボンバーのお嬢さん。


↑↑パパがお昼に横になっていると、マルコがお気に入りの長い猫じゃらしを咥えて持ってきたので、相手にしているパパ。珍しい姿です…横になってますが(笑)

このあと、マルコに何度も手にスリスリされて嬉しそうにしていましたよ。

20211915

↑↑緊急事態宣言の前にジョイフルへ。その前に星乃珈琲へ寄りました。

この頃のマリンは、今まで以上に頑なにご飯拒否が続きます。一昨年の末に動物対話士の伊東はなんさんをお迎えして、家族でセッションしていただいた時の話が納得行く内容でした。それ以降は、マリンはお腹が空き切って極限にならないと食べない子だと、納得し、無理に勧めることはやめました。だけど、年と共に芽生える頑固さがあり、わがままもずいぶん酷いようで。気に入らないと食べないことも出てきました。お母ちゃんも、ああそうですか…ご飯食べないならおやつも要りませんね、あげませんよ…の方向でやっています。食べないで弱る様子は全くないです。酷い時は2日間で器に3分の1程度のご飯で終わることも何度もあります。その間、おやつはありません。

病的で食べないのとまったく様子が違うので。そのせいもあり、お母ちゃんは今では『大好きだけど、怖い存在』と言う感じでしょうかね。くっつくのは夜寝るときのみ。酷い時は朝方まで布団に来ないこともあります。もう、好きにしなさいという感じ。ただ、最近は夜中が寒いので、お互いにムカムカしている時でも呼んで、布団に押し込みますがね…はぁ…😔

-----------------------------

↑↑コンビネーションサークル内に作った手作り猫こたつですが、ちょっと見直しました。あまりにも目玉クリップだけで留めた毛布(正確にはひざ掛け)が見っともないし、ちょっとずれてきたりしていたので。市販の本物の猫用こたつの布団のみ購入して、アレンジしちゃおうかと。


↑↑出入りするための入り口を。切込みを入れてミシンで端をほつれ止め縫いしました。


↑↑見すぼらしいひざ掛けを外したらこんな感じです。


↑↑裏側もこんな感じ。コンセントは各スイッチがあるタイプにしてあります。朝起きたら切って、夜寝る2時間くらい前にスイッチを入れるようにしています。


↑↑今回見落としていた点は、メタルラックで作ったこたつ枠だと布団が短い事。何とかこのままメタルラックで使いたかったので、苦肉の策で布団に切り込みを入れてポールを出すようにしました。洋裁道具のほつれ止めの液体をたっぷりしみ込ませました。


↑↑今までは下にもヒーターを敷いていましたが、猫たちの体温で温まるマットがあるので、下に敷いていたヒーターを向かって右側に立てかけて側面を温めるようにしました。


↑↑どうしても布団の四隅がヒラヒラしちゃうのです。こういう時に目玉クリップ登場で、あちこちで上手くヒラヒラしないように留めました。


↑↑夜寝るとき、チロルはすぐに食べたら猫こたつに入って寝ちゃうのですが、マルコがなかなかあきらめず、電気を消すまでこうしてじとーっとこちらを見ています。


↑↑布団を出すと、すぐに潜り込むので、多分一緒に寝られる子だと思います。だけどね、マリン姉さまがいる限りはそれは無理なの。あと、やっぱり夜中の地震などの事が心配。もし、マルコ一匹だったら一緒に寝ちゃうかもだけど、姉妹のチロルと一緒だから何とかなるかなと思って、心を鬼にして夜はケージにしています。


↑↑この日はすんなり布団に上がってきたお嬢さん。お母ちゃんがクリームを塗ってる間は震えながら待ってます。

臆病で、神経質で、わがままで、甘えん坊で、でも素直じゃないワンコ…それがマリンです。それでもうちのお姫様よ。まだまだ長生きしてもらうわよ。今年も元気でね。

 いつでも里親募集

 にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

50代で免許取得記録 50代の初心者ドライバー 50代初心者マーク卒業後の運転 Information&お知らせ いぬのきもち うちで好評のおかず お弁当2004年度(中3・中1) お弁当2005年度(高1・中2) お弁当2006年度(高2・中3) お弁当2007年度(高3・高1) お弁当2008年度(大1・高2) お弁当2009年度(大2・高3) お弁当箱レポ お弁当(番外編) アルくん チロルとマルコ2019年 チロルとマルコ2020年 チロルとマルコ2021年 テレビの取材話 トイレの工夫 トリミング ハンドメイド バトン パテラ(膝蓋骨脱臼) ペット マリンGIF画像 マリンの歯 マリンの白内障 マリンの食の悩み ワンコの誕生日 両親宅の巨猫・ゴンタ 両親宅・野良猫 保護犬トライアル 動画あり記事 半ケツ座り 大瀧詠一 家庭菜園 小分け冷凍のおかず 山下達郎 愛犬ネタ2002年 愛犬ネタ2003年 愛犬ネタ2005年 愛犬ネタ2006年 愛犬ネタ2007年 愛犬ネタ2008年 愛犬ネタ2009年 愛犬ネタ2010年 愛犬ネタ2011年 愛犬ネタ2012年 愛犬ネタ2013年 愛犬ネタ2014年 愛犬ネタ2015年 愛犬ネタ2016年 愛犬ネタ2017年 愛犬ネタ2018年 愛犬ネタ2019年 愛犬ネタ2020年 愛犬ネタ2021年 我が家に猫が来た 我が家のお弁当について 携帯から 日記・コラム・つぶやき 犬のごはん 猫との暮らしの工夫 社会人の息子のお弁当 簡単レシピ 老犬介護 観賞日記 野良の子猫保護 鈴ちゃん・風太君 雑談