猫との暮らしの工夫

2019年7月24日 (水)

これでダメなら追加で

昨日はパパ、私、ジジババとで半日お出かけでした。お世話になったおじさんが亡くなり、お別れに行ってきました。前回の記事の翌日も、4人でおじさん宅へお顔を見に行ってきました。次男にワンニャンを託しました。

マリンは朝、昼食べず、夕飯は空腹に負けて食べました。昨日は朝昼食べ、夜は上に乗せたお肉だけ食べたようです。

今日はパパとジジババだけお出かけ。私は残りました。次男も何度も仕事を休ませるわけにはいきません。只今隣の和室ではチロマルが大暴れ中。マリンは居間の中の二つあるベッドを行ったり来たり。今日はあと2回、夕飯までの時間と、寝る前に開放タイムがあります。はぁ…大変よ、こりゃこりゃ…(その後、昼も夜も食べたわ、久しぶりねー)。

↑↑マリンは一日3回食です。それぞれ別のフードをあげているので、一回何グラムとか量りません。お母ちゃんの勘です。それでも体重は維持しているので、本当に私しか把握できないのよね…。

↑↑マリンの悩みの種、我が家のプチ怪獣(笑)

マリンの悩みなんぞこれっぽっちも、知ったこっちゃないプチ怪獣。食後にお皿を片付けるときに、なめ合っている2匹の間に顔を突っ込むのがお母ちゃんの楽しみ。まるで犬の様に顔を舐めてくれます。特にチロルは顎、口元、ほっぺ、鼻、おでこ、瞼まで…この瞼は痛いけど…快感です(笑)。

さて、日々チロマル対策をどうしようかと考えているのですが、やってみてもダメなことが色々でてきます。

↑↑野良猫侵入防止としての品ですが、100均でも売ってるんですよね。これはスーパーバリューで700円くらいだったかな。マリンのベッドの上などに置いてみましたが全く平気、屁の河童!ゆっくりですが歩いちゃうし、まったりしてました。今日の夜はトゲトゲ部分をかじってましたよ。ダメだこりゃ!

↑↑マルコはむしり魔です。毛布、タオルはことごとくむしっちゃう。だけど、なぜかこのハンモックの中の毛布だけはむしらない。何故だ…そして、自分で上手い具合にすっぽり毛布の下に入り込み、ぬくぬくでお昼寝します。

↑↑このハンモックあたりの扉から、ハンモック土台に置いてあるお水を取り替えたりします。ここからの脱走防止に大きめの洗濯ばさみと、髪留めクリップ。過去に一度、お水を取り替えている間に出られちゃいました。

↑↑トイレ掃除で開けるところ。ここにはナスカンを止めてあったのですが、ちょっと下が頭で押すとそれなりに隙間が大きくなるので…

↑↑ラバータイプのギアータイを追加しました。

20197248

↑↑ごはんステージは最初は4ヶ所止めてたのですが…

↑↑昨日、チロルが脱出寸前の姿を目撃してしまった…。頭で押せば隙間ができるのを学習しました。さらに2個追加で6ヶ所に。これならまず無理ですね。

トイレ掃除をした時に、ふとナスカンを止めるのを忘れたことがあり、その後朝ご飯を食べながらテレビを見ていたら足元がフワッと💦

2匹とも出ちゃってて慌てました。大きい声を出すと逃げるので、優しい声で名前を呼び、猫じゃらしで誘導し捕まえました。

今はどうしても和室しか開放できません。もっと大人の身体になって、落ち着きが出てくれないと無理です。それまではマリンにも不自由させてしまうと思います。マリンの心中いかばかりかと…思うのですが…

↑↑新しいチロマル用のおもちゃを、わざわざしまってある箱から探し出して、早朝から布団の上で遊びだしましたよ。お茶目なところはあるので、大丈夫かなぁ…?

いつでも里親募集 

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

見てくれより安全優先

日々成長、日々トラブル、日々悩み、日々落ち込み…マリンもお母ちゃんもちょいと心が不安定ですわん。

子猫時代は要らん…貴重な可愛い小さな時期はもういらん…すっ飛ばしていいから大人の猫になって欲しい。ドタンバタン大騒ぎが心臓に悪いこの頃…特に気になるのはマリン。音に敏感なので怯えてます。落ち着きません。

昨日はとうとう一日絶食でした。なだめすかしは効果なし、唯一頼れる次男もさすがに晩御飯まで拒否となると、かなり長い間なだめてましたが、食べたのは肉片1個。もういいよ、今日は何してもダメだから、もういいよ…と、私からストップしました。

夜はいつも通り寄り添って寝ています。背後から抱っこして、お腹やお尻をトントンしながら、音にびっくりしないでとか、慣れるようにしようねとか…心の中とか、言葉にも出してみましたが通じてないでしょうね。そのうちへそ天で寝てました。私もウトウト始まった午前1時過ぎに始まった深夜の100均ケージ内の大運動会。バラバラと散らばる猫砂の音。最近のウンチは硬めになってきたので、慌てて取らなくても何とかなるわ、朝取ろう…という余裕は出て来ました…が、もわ~っと鼻を突くウンコ臭でたまらず起きましたよ。真夜中のウンコ掘りしました。

結局寝付いたのは3時過ぎかなー。

完全なる空きっ腹のお嬢が、朝方空腹のための泡吐き(空腹過ぎて黄色い胃液の泡を吐きます)のために、枕元に受け止め用のトレーを置いて寝ました。トレーはスーパーのお肉のトレーです。いつもスーパーの回収に出すのです。

幸い今朝は吐くことなく、朝方にお母ちゃんの口元を舐めようと覆いかぶさってきてご機嫌な様子だったので、そのままレトルトのフードを山盛りにしてだしたら、すんなりと完食…うーん、マリンの気持ちがイマイチ良く分からない(^^;

↑↑100均4階建てケージ、気に入っているようです。ちゃんと4階部分を使ってくれてます。

↑↑年がら年中取っ組み合いをしていますが、やっぱり仲良し姉妹です。別に寝ててマルコが目覚めると、大きな声で鳴きながらチロルを探して、そばに行ってまた一緒に寝る感じです。

↑↑ごはんステージ便利になりました。市販のケージと違って、自分で色々手を加えられるのが手作りケージの良いところ。和室のケージはいつ活用できるんだか…

↑↑またちょっとアレンジしました。4階部分の敷物を破壊されそうになったので半分を100均のワイヤーカゴと座布団を。ごはんステージから勢いよく出るのを防ぐために落下防止としてツッパリ棒を渡しました。ごはんステージは、ご飯以外の時は爪とぎを置いてます。

この画像を撮っているときは和室で大暴れ中。マリンは自分のベッドに避難しています(笑)

↑↑4階のワイヤーカゴベッド、しっかり使ってくれています。夜中も使ってました。

↑↑この位置から撮ると逆光なんだよねぇ…

↑↑大きさの違いでは判断できないこの2匹。もしかしたら本当にマルコがお姉ちゃんかも。

さて、開放できる部屋は1階の和室のみ。マリンのお外警備部屋です。色々と、入られちゃ困るところがたくさんあるのよ…

色んなニャンコのブログや、動画を見ていると、なんとすっきりとしたお部屋なの…と、感心するばかり。うちじゃ無理だ…とにかくこの小ささで、あちこち入られたら捜索が大変、何とかしなくては…

↑↑すのこベッドからこの押し入れの天袋部分に登りそうなので、こんなことをしてみたんだけど、ワイヤーに足をかけてさらに登りそう。

20197159

↑↑これぞ苦肉の策?養生テープで透明ってないのねー。

↑↑見っともないとか言ってらんないのよね。入られちゃ大変なのよ。もう何回も飛び込まれて、パパも何度か懐中電灯を使って探して、奥から引っ張り出してました。

↑↑滅多に使わないものが入っている物置床の間。使いたいときは養生テープをはがして出すようですが、今はこれしか思いつかない…成猫になったころに元に戻そうかと…

↑↑これはやっておかないと。エアコンの風が直撃なんです。これから暑くなって、エアコンの風向きは私に向けられるので、そのままケージに直撃です。これで少し安心…

↑↑丸1日絶食だった前日の晩御飯。テーブル上で焼くお肉をガン見しているので、おすそ分けです。

↑↑食に対して貪欲になる姿が滅多にないお嬢さん。お肉と、お刺身は大好き。

↑↑こんなお顔を見せてくれて、大満足で終わったのに、翌日は丸1日絶食とはね…

あ、今日は結局3食完食しました。晩御飯はかなり渋ってましたが、次男の粘りに負けて食べてました。変なの…本当にマリンの頭の中が分からんわ…。

今日は午後から夕方にチロルとマルコを和室に開放したのですが、マリンが自ら同じ部屋に入りたがりました。ほとんど私にべったりくっ付いていましたが、よく耐えてました(笑)

散々尻尾をかじられたり、じゃれつかれてキレてましたけど。それでも出て行こうとせず、お母ちゃんの側にいました。お母ちゃんが横になってもくっ付いてて、そのうちエプロンの中に2匹が入り込んで遊びだしたりしました。エプロンから出ると、今度はマリンのすぐそばで取っ組み合いのじゃれつきが始まり、気になったマリンは何度か止めてました(笑)

そうだ、マリン、ビクビクしてないで、ダメなことはダメと教えてやりな!子育てしたころを思い出して、教育してあげて!逃げてばっかりじゃ馬鹿にされちゃうよ!

…と、思ったんですが、夜の開放タイムではそそくさと2階の次男の部屋に避難したお嬢でした。

 いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

ケージのグレードアップ~達郎さーん!

これ以上の物はできないと思っていたのですが、どうにもご飯をあげた後のいちゃいちゃタイムが(舐め合ってる2匹の間に頭をねじ込んで、一緒に顔をなめてもらう)やりづらいこの頃。頭を少し入れやすくしたいのと、2匹が大きくなってきてご飯を食べるスペースが狭くなっているので、場所の確保もしたかったので、もう少しだけ縦に広げました。

↑↑キャスター台入れて150㎝チョイ欠けるくらいの高さになりました。あちこち補強していますが、これが限界かな。

扉も4ヶ所開きます。4階はツッパリ棒でワイヤーネットを支えて、100均のクッションマットを合う大きさに切って、結束バンドで止めてます。さっそくバリバリ爪とぎされましたよ。

↑↑ドタンバタンで横にユラユラ揺れます。でも、補強のお陰で危険な感じではありません。

↑↑これくらいのご飯スペースならギュウギュウにならなくて大丈夫でしょう。いつもは奥にあるピングの座布団で2匹ギュウギュウ並んで食べてました。お母ちゃんが頭を余裕でねじ込めるようになった分、上がスカスカなのでもう一段の4階を作れました。

↑↑悪知恵というかね、手の届くところに置くのがいけないのよね。これなら突破できないでしょうよ。100均万歳だわ。

↑↑このウェットティッシュ、パパや次男が2匹のお尻を拭こうとするので、何度も注意しているんだけど頭に入らないようで…。ここまで書いておけばわかるでしょう…わかってくれ!気づいてくれ!

↑↑夕飯の野菜炒めを始めるので、チロルがトイレに入ったのでパパに委ねました。これでも5回したことあるか、無いかですよ。自分から気が付くという事が無い…と言うか、気づかないふりなのか…。ニャンとも清潔トイレはヒノキの香りがほんのりするチップが砂代わりです。ウンチしてすぐは臭いますが、普段は全く不快な臭いはありません。たぶん、ずっとメインで使えそうなトイレです。サブのトイレは和室にあり、最初にたくさん買ってしまった紙砂と、おからの粒砂。無くなるまで使いますが、固まるタイプのトイレはサブとしてずっと使う予定です。大きいトイレ買っちゃったしね~。

↑↑私の必需品、扇風機。知らなかったけど、チャイルドロックしてあれば何を押しても反応しないのかと思ったら、ピンポイントで運転スイッチ押すとOFFになるんですよ。ONにはできません。いい感じで風にあたりながら、チロルとマルコを見守ってたら、あのちっこい肉球でプチっと消されるんですよ。何回も何回も。

苦肉の策で、とりあえず台所にあった透明のものが椎茸の入っていたパックなので(笑)

↑↑以前はアイロン台が洗濯物を畳む台だったんだけど…。最近はトンネルが良い高さなので。

↑↑ジジババ宅でこれでもかというくらい大騒ぎして帰宅。ご飯を食べたらバタンキュー。マルコはどんなにいじくっても目が開きませんよ。

ゴロゴロを言う回数も増えました。お母ちゃんがケージに顔を突っ込むと、ゴロゴロ言いながらそばに来ます。だけど、それでも触れ合い不足ですね。未だにスリスリされてません。

↑↑不安定は続きます。猫たちを和室に開放すると、マリンは居間に逃げ…次男がいるときは2階の次男の部屋に逃げ…。平日で次男が居ないと仕方なく私と一緒に和室にいることもありますが、ガタガタ震えてたり、しっかり抱きしめてないと引っかいて催促してきたり。そのうち猫たちのケージに入り込もうとします。不憫なので猫ケージに入っちゃったら、もう居間にいた方が良いよと出してやります。猫たちの大暴れの音がするたびに、あっちのベッド、こっちのベッドと…何度も移動しています(居間には2つマリンのベッドがあります)。大きい音が攻撃的に感じるのか、本当に怖くて嫌みたいです。

↑↑そうだねー。チロルとマルコは最後のご飯を食べたら一度寝ちゃうので、そのすきに寝てしまおうと、23時頃に布団に入れることもあるのですが、大体夜中1時~2時頃から居間の100均ケージでドタバタ始まります。大体3時過ぎまで続くかなぁ…

201971212

↑↑マリンは夜中はへそ天でグ~すか寝てますよ。お昼のあの大きい音の怯えはいったい何なのと思うんだけど…

毎日はれ物に触るような扱いをうけ、先日は前日の朝以来食べず、翌日の夜に食べたという事も。丸一日半以上絶食…でもないか、ちょろっとおやつは入ってます。私は何か試されてるのかと、腹が立つこともありますよ。こんなに長い時間一緒にいて、マリンの考えていること、どうして欲しいと思っているかが分からない私は、犬を飼う資格も、猫を飼う資格もないんじゃないかと、一晩寝られなかったこともありましたよ。マリンにはあの音には慣れてくれと…頼むわ!お母ちゃん、胃に穴が開くぞー!

---------------------------

山下達郎さん、今年のツアーは色々大変なようです。とうとう、達郎さん自身が気管支炎とか。今日はキャンセル待ちが落選した知らせが来たのですが、それがまさに中止になってしまったという中野サンプラザのライブでした。振替公演も無理だとか、完全な中止だそうです。ラジオのサンソンも代理の方がお話になるとか。チケットが取れて大喜びしてらっしゃった方たちはさぞかしがっかりでしょう…。でも、お元気でこその達郎さん、ハズレただの、何だのとぶー垂れてる場合じゃないですね。心より回復を祈ってます。中止になってしまった方々も、残念ですが…ともに達郎さんの回復を祈りましょう!キーボードの難波さんもお大事に…。

いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

無駄なあがきでも防衛策色々

日々成長し、ますます活発さを増す我が家のプチ怪獣のチロルとマルコ。

解放している和室から出られないように、サークルに使っていた柵を縦に繋げて戸に挟んでいたのですが、足を引っかけられる部分があるので、マルコ(悪子)が軽々突破してしまいました。それを見ていたパパ、『おー!おおー!』と声をあげるので、台所にいたワタシは何事かと見に行くと、てっぺんにマルコが上がり切ってて、今にもこちらに飛び降りようとしているところでした。そんな声上げて笑って見てないでさ、何とかしに動いてくれないかなぁ。皆で目を配り、気を配り、私一人が何とかするのではなくて、皆で…そう口酸っぱく言ってますが、なかなか実行してくれません。先日も私が食事中(パパは食べ終わってた)、チロルがトイレの砂をかきだしたので、パパもそっちに目を向けて見ていたのに…そのまま視線はテレビに戻り、ニヤニヤしています。食事を中断してウンコ掘りをした私。嫌味を言うと『それ、俺に言ったの?』と、超鈍感発言。都合が悪くなりゃ、二階の部屋に逃げられるんだからね、いい気なもんですよ。

次男は可愛い2匹が里親に出されたらたまらんと思っているらしく、色々と気を使っているのが分かります。猫たちが食べ終わったお皿を片付けたり、自分が食事中だろうがトイレをかきだしたら、すぐに面倒を見に行く、土日に私が買い物に行っている間、和室に自ら開放してくれて様子を見てくれるようになってます。マリンに対しても、マリンがご飯をイヤイヤしたときは、次男がなだめれば食べることがあるので、根気よくなだめて食べさせてくれたり…

 

↑↑結局もう一つ柵を上に繋げようかと考えたのですが、重くなるし、戸に挟めない高さになってしまいます。スーパーバリューをうろついて見つけた塩ビシート。これを足をかけられる部分を覆うようにテープで貼り付けました。こりゃーいいわ。私がお風呂に入っている間、パパがテレビを見ながらチラチラ和室に目を向けていたそうですが、何度もマルコが登ろうと体当たりしていたけれど、つるりと滑って落ちてたそうな。ま、ひとっ跳びで上がれるようになればダメだろうけれど、もう少し先かな。少しの間は効果ありそうです。

↑↑なんか静かだな…と、居間から和室をのぞくと…。急いで外に出てスマホでパチリ(笑)

一見微笑ましいですがね…

↑↑その後、2匹でこのカーテンによじ登ったり、スパイダーキャットの様に横に移動したり始めたんですよ。一度楽しくなっちゃったら、止められても数分後には同じことをします。怖い顔してそばに行けば、サーっと散っていなくなりますが、私が消えれば即再開ですよ。

↑↑カーテンは守りたい…そのうち少しは外が見える位のガラスシートを貼って、外を見たがっているときはカーテンを開けてボロボロにされないようにしようかと…上手く貼れればの話ですがね…。道路からは丸見えの窓なので…外からの視線は遮りつつも、中からは少しだけ外が見えるもの…そんなガラスシート、あるかいな?

↑↑ちょうど良さそうなダンボールを置いたら、遊ぶ遊ぶ(笑)

↑↑2匹で漫画の様にびっくり箱みたいな遊びしてますよ。そんな音にマリンは怯えだします。ぶるぶる震えて、次男の部屋へ逃げてしまいます。遊びの音、追いかけっこの音、ふすまにぶつかる音…そんな音が聞こえるたびにおどおどしながらお母ちゃんを凝視し、2階へ逃げてしまいます。はぁ…(悩)。

2019797

↑↑和室で私とマリンは寝るのですが(パパと次男は二階)、和室には2段のケージを置きました。いずれはこれがメインのケージになります。2回ほど夜に2匹をここで寝かせました。初日はそんなに気にならなかったんだけど、2日目が…ドッタンバッタン運動会を始め、置いてある爪とぎをかじる音、猫砂でバラバラと遊ぶ音、ハンモックの紐の金具をかじる音…同じ部屋で頭のすぐ横でそんな音がするのが耐えられず、夜中なのにマリンは2階の次男の部屋に行っちゃいました。私もあまりにもうるさく、イライラしてしまい、結局2日目の夜中に猫たちは居間の100均3階マンションに戻されたのでした。隣の居間での大騒ぎがうるさくてほぼ毎晩寝不足だというのに、同じ部屋で寝ようというのが大間違いでした。

毎日夜中に大騒ぎしてて、トイレにお母ちゃんが起きてくるとシーーーーン…。布団に戻ると数秒後にドタン、バタン再開。夜中はその繰り返しです(頻尿なのでトイレ数回行きます)。まるで、修学旅行の夜中に寝ない学生と見回りの先生のようですよ。

当分和室のケージは用無しですよ…100均マンションも当分解体できそうにありません。猫たちは気に入ってるようですが、もう少ししたら狭く感じるだろうな…どーしましょう…

 

 いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

ワクチン接種~マリンのストレス(動画あり)

今日、無事にチロルとマルコの3種混合ワクチンが接種できました。チロルは1キロ超え、マルコは850g~900gくらいでした。心配していた猫白血病と猫エイズの血液検査は、どちらも陰性ということでした。ホッとしました…

今後はあと2回(合計3回、一ヶ月毎)追加でワクチン接種します。そして、犬だけではないと言われるようになってきたフィラリア予防を2匹にもします。ノミ、マダニ、フィラリアに聞くレボリューションという薬をもらいました。

2匹とも車の中でソワソワ、特にチロルは鳴きっぱなし。隙間から前足を精いっぱい伸ばして出して、お母ちゃんのズボンや腕を引っかきまくってました。

2019618

↑↑お会計を待つ間、ウトウト。でも帰りの車の中で大騒ぎでした。

↑↑先生のカメラでパシャパシャ。お母ちゃんが保定しております(笑)

↑↑そろそろ手作りケージばかりに入れておくわけにいかず…和室を何とかフリーにするため、練習…しかし、ほどなくこのサークルをマルコはすんなりと乗り越えるのでした…

↑↑タンスを一つ撤去し、カーペットもやっとこパパと取り替えました。あとはケージを待つ感じ。その前に、何とか和室をフリーにしてみました。居間に出られないよう、出入り口にどっかりとお母ちゃんが座り込んで見張ってます。電源タップはいじられないように工夫しました。

↑↑色々と盲点を突かれるのよね…まさかすのこベッドに入り込むとは…。中のバネを壊されたらたまりませんよ。すごく重宝しているベッドなので…。

↑↑ジジババ宅に猫と一緒に預けていると、たぶん腹いせでわざとだと思うんだけど、カーペットや座布団におしっこしちゃったマリンです。トイレシートは出してても、座布団で…。自分の周りで猫が飛び回り、自分とゴンタが寝ていたベッドに猫が入り込み、ゆっくりできず、ジジババの膝の上で避難している状態。本当にマリンの心境はいかばかりかと…

↑↑びよ~んと伸びる猫じゃらしに大興奮の2匹。メラメラとしたマリンが猫じゃらしを咥えて自分のベッドに上がってます。

↑↑そうね、そうね…いいよ、好きにして。いっぱい我慢してるんだよね…

↑↑ご飯も食べないことが良くあります。いやーな雰囲気になることも多いです。こんなストレスになるなら、猫は飼い続けられないのではないか、マリン第一に考えたら、猫は里親を探すべきなのではないかと真剣に考えこみました…私だけ

パパも次男も、まさか私の口からそんなことが出るとは思ってもいなかったでしょう。そうだよ、一番世話して、一番そばでマリンの様子を見てて、いつも突き刺さる様な視線を背中に感じながら猫の世話をしているんだもん…お二人さんはそこまでマリンの様子を真剣に見てないし、猫の世話がどれだけ大変かをほとんど理解してないもんね。これで、部屋を開放して、あっちでいたずらされて、こっちでどこかに隠れちゃって…今度はカーテンよじ登って、今度はあちこち爪とぎされたり、かじられたり、何かの裏側に入り込んじゃったり…そんな生活を考えたら、ちょっと途方に暮れてしまいました。廊下に出て、玄関を出てしまったらとか…もう、素人のアイデアで、100均だらけのガードなんて太刀打ちできることじゃありませんよ。本当にどうしたらいいんだろうか…

心底から考え込んで『里親を探した方が良いかもしれない』と、私の口から出たのですよ。

でも、やっぱり懐いてきているし、ここまで世話して手放すのも…その後のニャン生がどうなるのかも分からないのが辛いし、おそらくもう二度と会えなくなるだろうし…。

何とかマリンに許してもらえる日が来てほしい…。毎日、今日はマリンはどうだろう…と、顔色をうかがって生活しているようです。ご飯も今日はどれだけ食べたとか、朝も昼も食べなかったとか…。猫の世話、猫の様子を監視して遊ばせて、ある程度になったらケージに戻して人間のご飯の支度、マリンの様子もよく見たり、マリンのご飯の事を考えたり…私のストレスもそれなりです。

猫たちがゆったりと落ち着いて、マリンの側で大人しくいられるようになるまで、あとどれくらいあるだろうか。マリンはそれまで気持ちが持つだろうか…。

今日は少しだけ違いました。マリンのベッドに猫たちが乗っても、すぐに怒りませんでした。じろりとにらみつけて、鼻に皺をよせたりはしますが…よほどじゃない事では、ちょっと我慢している感じでした。結局『うざったいわー!』となると、ガーッ…と怒りますが。

↑↑見るとちょっと笑っちゃうのよ、ごめんよ、マリン…

↑↑マリンのベッドのタオルをガジガジするんだよね、嫌だよね、言っても、やめさせてもやめないんだよね。大変だよね…

うちに来なければこの子たちは死んじゃう運命だったんだよと、心の中で語り掛けてますが、通じるわけもなく…。

お母ちゃんもう少し頑張ってみるよ、だからマリンも、もうちょっと待ってあげてくれないかな…お願いだよ~。

-------------本日の動画

【突然の出会い】

あの日、5月12日の数時間の事を動画にしました。

 

【子猫パワーに圧倒される日々】

タイトルの通りです。少々長めの動画になりました(18分弱)

 

いつでも里親募集  

 にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

トリミング…他写真いっぱい更新

しばらくこんな更新が続きそうです。チロルとマルコが来てから明日で1ヵ月です。この1ヶ月、録画した海外ドラマ(ブラックリスト、ブラインドスポット)は全く見られず…ほかにも水曜日のダウンタウンも溜まってる…あぁ…見たい。でも、見たら絶対に寝ちゃう…。ハードディスクの容量が足りなくなる前に何とか見たいわぁ…

↑↑お母ちゃん作成の100均ケージの3階建てマンション(笑)。あっちの階、こっちの階へと飛び回り、転がりながら遊んでくれて、作った甲斐がありました。でも、いつまで使えるかねぇ…。

↑↑旧ケージの画像ですが、トイレは花王のニャンとも清潔トイレに変えました。今までのおからで出来た砂と、紙でできた砂は無くなるまでサブのトイレとして利用します。この花王のトイレに変えてから、劇的に散らばりが減りました。おしっこがすのこを通って下に落ちるタイプ。シートで受け止めます。尿検査が必要な時はシートを敷かずにおしっこが回収できます。いつかの病気のために、検査ができるタイプのこのトイレを選びました。粒は『小さめ』を選びました。2匹とも上手に使えてます。まだうんちが緩いので油断できませんが…

↑↑はいはい…そうなのねー。ニャンコに使ってると回収されますの。

↑↑はいはい、貸してね~(笑)

↑↑和室のタンスは撤去して庭に出しました。次はエアコンを新調します。工事が終わったら、カーペットも新しく敷き替えます。まだタンスが置いてあった所にはごみ袋が…金曜日には全部なくなる予定。そこに、新しいキャットケージを置く予定です。

↑↑ケイヨーデイツーで買ってきたこの爪とぎがお気に入り。乗って、飛び降りて、乗って、飛びついて、下から覗き、周りを走って追いかけっこ。すごい体力ですよ。

↑↑マリンと一緒にお母ちゃんもサークルの外から眺めてます。

↑↑時々、マリンも一緒にサークルの中に入ります。すると、マルコは背後からマリンのお尻をタッチ…タッチ。唸られてました。

↑↑マリンはある程度たったら外に出してあげます。その後お母ちゃんが残ってると、マルコはピッタリくっついて、ウトウト始めます。

↑↑そんなころ、このお二人さんは…写真を撮られるのを承知しながら、変顔決めてポーズをとるパパ。はいはい、撮りましたよー。ブログに載せますよー…満更でもなさそうなパパです(笑)

↑↑まだ一日に4~5回はご飯タイムです。お腹が空いたころに目が合うと、大騒ぎで催促されます。

↑↑レトルトにドライフードを混ぜで冷蔵庫でふやかしておきます。食べる前はレンジで冷たくない程度にしてあげます。

201961113

↑↑先週はマリンのトリミングがありました。

この美ショット…今までにない、落ち着いた良いお顔!お耳を短くするのはしばらく続けます。若々しい!

↑↑お疲れのようで…ラパンに乗ると脱力します…顔が(笑)

↑↑なぜそこまで乱れるのかしら…おやつをガン見してますの。

↑↑午後は、ジジババ宅にニャンコを預けて、カインズホームへパパと一緒に行きました。

↑↑日課になっている和室でのサークル内放牧。マリンをじっと見つめるマルコ。仲良くなれると良いけれど、まだまだ時間がかかりそうです。

↑↑まだご飯をくれる親切なおばちゃんなのかどうか、確認してみたくて、サークル内でじっと横になってみました。どんなことになるか、ワクワクしていると眠気が…そして、雨降りの頭痛でそのまま横になってました。

↑↑うぉー!乗った、寝た!お母ちゃんになれたでしょうか?

↑↑横向きになったら、マルコがお母ちゃんの顔のすぐそばで添い寝を始めてくれました。じっと顔を見て、サイレントニャーを見せてくれて、そのままくっ付いて寝てくれました。遠巻きに見ていたチロルは眠くなかったようだけど、ひとり遊びも飽きたようで、ジワリジワリと寄ってくるので抱き寄せたら、そのままくっ付いててくれました。もう、お母ちゃんと認めてくれたかなぁ…。

↑↑マルコ以上に遠慮なくマリンに手を出すチロル。よく高い位置からこうしてマリンの頭を狙います。

↑↑チロルの後頭部に、何度もマリンの歯が当たってます。ガーッ!…ってね(^^;

↑↑そしてこのお二人さん。お母ちゃんがお風呂から出たところをイチャイチャして見せてくれました。

はいはい、撮りましょうねー、載せましょうねー(笑)

3日ほど前にご飯用の量りで重さを量ったら…チロルが約900gチョイ、マルコが700gチョイ…でした。今週末くらいには先生の所へ行こうかな。

 いつでも里親募集

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

写真多めの簡単更新

5月31日に動物病院へ連れて行きました。

チロルが500gから700gに。

マルコが350gから550gに増えてました。

今回できたことは、駆虫でした。背中に液体を垂らすタイプのお薬を使ってやりました。

ワクチン接種には800gを目指そうとなりました。マルコが500gを超えていてホッとしました。

↑↑手のひらに乗せるとまだまだこんなに小さいです。大きくなろうね。

↑↑なんでこんなものを作ったかなぁ…。ホームセンターで売っている高めのネットを使ったのですが、ネットが大きいのですり抜けちゃいます。100均のネットを上から重ねて貼りまくって…重たいのが出来ました。

↑↑マリンの警備部屋の和室でチコマル時代からあったケージに使っていた部品を使ってサークルにして、中で3匹を放牧(笑)

マリンのお許しはまだ出ないようです。

2019654

↑↑マルコはマリンの後ろ足をつついたりしたんだけど、ガーッと頭を小突かれてました。チロルにはそばを歩くだけでガーガー言ってました。2匹ともシュン…。まだまだですね。

↑↑爪を立てられるのが嫌らしくて、なかなか抱こうとしません。チロマルもすぐに逃げの態勢…

↑↑この紙製の固まるタイプの。軽くていいんだけど、粉が舞うし、トイレの中で2匹が取っ組み合いなんかするもんだから、バラバラと散らばり部屋の中は白い粒があちこちに…掃除中は掃除機の音でケージ内で大暴れしてしまうので、箱の中に避難させてます。

↑↑6月に入ってから、急激にレトルトを食べる勢いがなくなり、量も少なくなりました。飽きたのか?成長過程なのか?日中にドライフードを出すことが増えて、そのせいもあるのか…。これ以上レトルト系は買わずに、ドライフードに移行出来たらと思います。

↑↑3号のケージで力を使い果たし、もう絶対に作らないと決めてたのに…

上下運動できる、横ではなく縦に大きいケージを市販ので探し回りましたが、色々条件が合わずに結局自分で作りました。それなりに強度はありませんが、ルミナスのキャスター付きの台に直接繋げて作りました。これで掃除のときに引きずらなくてよくなりました。扉も3ヶ所開くように工夫しました。3階まで上がって遊んだり、寝たりする姿を見て、作って良かったと思えました。でも、これが最後だな。トイレは花王のニャンとも清潔トイレのオープンタイプを使い始めました。劇的にトイレの粒の散らばりが減りました。でも、まだ時々トイレの中で大暴れして遊んでます。まだうんちがユルユルなので、すぐにうんちを見つけて回収しないと大変なことになりますよ。

↑↑和室の断捨離祭りに突入しました。タンスを撤去して、カーペットを変えて、古いエアコンも新しくしてもらいます。忙しくて相手に出来ないことが多くなり、ジジババ宅に預けることも出て来ました。まだこのサークルを飛び越えないから預けられるけれどね…

↑↑ジジババ宅は広くてすっきりしているのでサークルの外に出しても問題なくいられます。好きにさせて、大運動会をさせて、ご飯を食べてぐっすり眠ってるようです。

↑↑何とか和室を開放できるように、お母ちゃん頑張ってるよ。

↑↑マリンの心中はいかに…。すごーく、猫たちが気になるんだけど、ムカつく感じなのかな。

↑↑まだ甘えてくる感じがほとんどないです。最初の数日は顔を舐めてくれたり、見上げてほっぺをぺたぺた触ってくれたりしてたんだけど、最近はほかに気が行くらしく、抱かれてもすぐ降りたがり、ウロウロしたがるのですぐにケージに戻されてしまいます。ちょっとコミュニケーション不足です。

↑↑マリンの視線が背中に突き刺さってるんだね。そのおかげで、たくさん話しかけたり、声掛けしたりしずらく、黙ってお世話していることが多く、これが懐かれてない原因かも。もう少し頑張らないと…

山下達郎PERFORMANCE2019のチケットは、ことごとく落選しています。

もう、今年は無理かな…あきらめ気味です…

 いつでも里親募集

 にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

保護7日目~お買い物・トイレが劇的に…

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月18日(土)

トイレがほぼ完ぺきな感じになってきました。困っていることは、ウンチがまだゆるい事。そして、埋めない事(笑)

むき出しのまま動き回っちゃうので、こちらが気が付かない時にされた後は惨状になります…トイレの上で2匹で取っ組み合いしてることがあるから…

しているのを発見したら、すぐにスコップを持って、見える位置のウンチに砂をかけて、出し終えたときにふらつかないよう、すっとどくように促して、素早く全体に砂をかけて速やかにすくう…。早く硬いウンチになって欲しいわ…でも、よくここまで覚えたよ、よかったよかった。

 

ご飯の時、マリンが凝視しているのは、子猫ではなく子猫用ご飯…。先生曰く、『猫のご飯は味が濃くて香りが強い』そうです。その香りにやられているらしいマリンは、気になって仕方がありません。スプーンについた汁や、空になった器などは舐めさせてあげます。

この日は高尾のスーパーバリューへ行き、子猫用フードの買い足しや、子猫用おもちゃを買って来ました。

↑↑ほんの40㎝くらい横に広げました。あと、ベッドも置きました。ベッドはちゃんと寝るところと分かるらしく、置いたらすぐに入って寝てました。少しだけ遊ぶスペースが出来た感じになりました。

↑↑こんなに良く遊ぶとは思ってなかったです。

↑↑人間とマリンの晩御飯後は、猫たちの大運動会状態。お互いにお尻を振って狙い合って、飛びついて取っ組み合いをしています。

20195185

↑↑一度もマルコを抱いたことが無いので促しました。こうしてみると改めて小ささにドキドキします。ちゃんと育つかしら…何としてでも体重500グラム以上にしなくては!

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

現在のチロルとマルコ&マリン

保護記録がなかなか進みません。怒涛の日々を過ごしています。

現在保護から10日以上たちました、現在の様子ですが…

【チロル】5月20日の時点で400グラムから500グラム。100グラム増えました。

【マルコ】5月20日の時点で300グラムから350グラムになりました。50グラムしか増えてませんでしたが、とっても元気です。

先生は500グラムを超えないと、ワクチンも検査も投薬も出来ないので、とにかく体重を増やしてとのこと。

2匹とも、よく食べ・よく出し・よく寝て・よく暴れて遊んでいます。ケージの前を通るときに目が合うと、顔いっぱいの口を開けて抱っこをせがみます…と言うか、ご飯を要求しているのかもしれませんが(笑)

うんち、うんち、うんち…(連発してすみません)本当に、私の頭の中はこれがいっぱいでした。猫というのはトイレのしつけが犬と比べてとても楽だとよく聞きますし、いろんなブログでも読みました。ところが、我が家の迎えたばかりの2匹はうんちまみれ、100均で作ったケージ内はどこかしらにうんちが…。お母ちゃんはマジでうんちノイローゼ気味でした。ところが、ちょっとご飯をあげるときに工夫してみたり(追々保護記録で)、老犬介護仲間からちょっとしたコツを聞いて実行したら一発で成功したり。あ、いい感じになってきたかもしれないと思い始めたら約2日で【トイレは完璧】と言ってもいいくらいになったのです。

朝起きてとか、夕方ふと猫トイレを見るとむき出しのウンチがあって…それはそれは、心の底から嬉しい…感激でした。それぞれ2匹が、夢中で遊んでいるときに、そそくさとトイレに向かっていく姿を見て、まだ手のひらに乗る程度の小さい子なのに、猫の賢さに脱帽という感じです。

トイレ卒業はしましたが、まだ油断が出来ません。食べているもののせいか(まだどろどろの子猫用パウチ)うんちがゆるめです。そして、2匹とも砂で埋めません(笑)。埋めるのを待ってると、そのうちそのうんちの上を歩きだしたり、じゃれ合いが始まったりで大変なことになります。よく見かけるのが、チロルがうんち中にマルコが下から顔を突っ込んで覗こうとするのですよ…これをやられちゃたまりません!だから、トイレはまだ監視が必要かなと思います。

今は何もかもが面白い時期なのでしょう。ありとあらゆるものを噛みまくります。特に100均ワイヤーネットで作ったケージに使っている結束バンドの部分が好きで、よくかじっています。あと、猫トイレの枠。まだ小さいので大きめの枠が上にかぶさっているのですが、それがあると乗り越えてトイレに入れないかなと思い外していました。大きめの枠を外した猫トイレの枠をかじります。昨日から大きめの枠は戻してあり、乗り越えて入れるようになったので噛まなくなりましたが…。

今は何でも噛む、かじる行為があるので下手なものは置けません。誤飲の事故だけは起きないよう気を付けないといけません。

昨日は、使っていたケージが狭く感じてしまい、上下運動できるくらいのケージを作って一日が終わりました。途中でこれじゃだめだと、結束バンドを切って解体するのが何回あったでしょうか。あと少しで完成するあたりで、いろんな悪戯をしでかしてくれます。やってほしくないことを、わざわざ、ねちねちと執拗にやってくれます。深夜1時までケージ作りしてて、頭もボーっとしてきて、眠さも疲れもピークの頃にやられてイラっとすると、すぐにマリンにバレます。どうしても手の届かないところで、チロルが執拗にせっかく作った部品を噛みちぎろうとするのを止めないので、孫の手を使ってチロルを押してやめさせたのですが、マリンがすっ飛んできてお母ちゃんの手を引っかきました。それからは、じーっとマリンの監視の元、大物ケージを作り上げました。

猫たちは楽しいかもしれませんが、私はもうヘトヘト…やっぱり市販の物にはかないませんよ。だけど、まだ3段のケージなんてとてもじゃないけれどまだ部屋に置ける状態じゃないし、今は生活できて遊べるような囲いの中で、我が家の空気を感じてもらって慣れてもらわないと…と、感じています。

マリンはまだ猫たちは囲いの中が中心なので、知らんぷりしているような感じですが、昨日マリンがまったりしているときにチロルを抱いてそばに寄りました。鼻を付けた後、チロルがマリンの前足のにおいを嗅ぎました。すると、マリンの鼻に皺がより、聞いたこともない小さい唸り声をあげ、『ガーッ!』と威嚇しました。これにはパパと次男も苦笑い…仕方ないよね、今まではマリンの天下だったのにね。でも、猫たちをかばい気に掛ける様子もあるマリンです。今年の冬にはマリンとチロルとマルコが一緒にベッドでまったりする様子が見られると良いなと思ってます。

いくつか画像を載せます。またしばらくは保護記録が続きます。

 

↑↑抱っこは好きみたい。大人しくなります。

↑↑顔を見上げて、ぷにぷにの肉球をほっぺにくっつけてくれたり、ほっぺを甘噛みしたり、なめてくれると苦労が報われます。

↑↑達郎さん…シアターライブ、今回も行かれそうにない…今日も7月のライブ、落選しました…

↑↑基本的にパパは見て楽しむだけ。

↑↑すいすいと登ります。天井必須ですよ!

201952410

↑↑見守っているようで、実は少し舐めさせてほしいマリンです(笑)

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

保護2日目~空気砲・病院へ・守護神マリン

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月13日(月)

朝4時過ぎにトイレに起き、ダンボールの中を覗き込むとぐっすり眠っている子猫2匹。マリンも一緒に覗き込んでました。

2019516

その後5時過ぎにゴソゴソ音がし始めたのでダンボールを覗き込むと…『ゲッ、ゲッ』という音が。よく見ると、眠ったら私の顔を忘れちゃったのか(笑)、靴下黒ちゃんが私に威嚇してました。顔をダンボールに入れようとしたらさらに大きな『ゲッ!』と共に空気砲が顔に飛んできてびっくり!毎日欠かさずに読みに行くブログ【くるねこ大和】の中の保護された猫が、いつだったかくるさんに向かって威嚇して【空気砲】を飛ばすという挿絵があったのですが、その時は面白く読んで笑ってたんだけど…実際に自分が浴びるという…猫の威嚇の空気砲…こんなちっこい子猫でなかなかの威力でしたよ。一瞬ひるんだ私です💦

その後は朝まで布団の中でマリンとウトウトしながら過ごし、朝食…。キジ白ちゃんがウンチをべっとりと…

抱き上げて拭いても拭いてもウンチ色…ちょいと草っぽい色、食べるものが他になかったのかな…。こうやって抱き上げて拭いたりすると、ニャーニャー鳴くんですが、そこでマリンが凄いんですよ。そばに来て飛びついて、怒る様な感じ。おそらく【やめてあげてー!】という感じなんだと思います。しゃがんでマリンに『いじめてないから大丈夫』と言っても、拭いてる私の腕を引っかいたり、じーっと懇願するような眼差しで見上げたり、何とも凄い守護神・マリンと化してしまったようです。

本当は内科の予約の日だったのですがキャンセルです。ご飯も食べられてない子猫を保護しちゃったので、早く病院へ連れて行ってあげないと。

ようやく9時過ぎに先生に診てもらえました。マリンもサプリメントとフィラリアとフロントラインをもらうので一緒に行きました。今回はちゃんとパパにも診察室に入ってもらいますよ。パパが抱えるドライブボックスを見て先生が『??』という表情なので『野良の子猫を保護しちゃって…』と私。『ホント?どれくらいの大きさ?(見た後)うわー…小さいな…授乳できる~?』という感じ。

生後1ヵ月未満のどちらも女の子で靴下黒ちゃんは400グラム、キジ白ちゃんは300グラム。姉妹でも大きさが違うから、おっぱいをちゃんと飲めてなかったのかなと。とにかく今はしっかり食べさせて体重を増やしてくださいと。まずは一週間頑張ってみてとのこと。生後1ヵ月すぎないと、いろんな検査が出来ないし、ワクチンも打てないからねと。その場でレトルトパウチ食を出してくれるけど食べず、高栄養の缶詰のヒルズ回復期ケアa/dををお湯で溶いて、シリンジで吸い込み、口の横から強制的に入れると、靴下黒ちゃんはチビチビでも食べてくれる。キジ白ちゃんはあまり上手に食べられず、口からあふれちゃってます。先生は『ちょっと心配、だけどとにかく食べさせてみて』とのこと。

私はこの小ささなので先生は『何日か預かる』と言っくれると勝手に思ってたんです。だけど、保護して連れてきて色んなやり方を問うてるのは自分なんですよ、先生は『あ、じゃあ飼うんだねー。』と解釈し、色々と食事の事を教えてくれ始めました。預かってもらおうなんて甘いんだわ、自分。飼う気で保護しに行って、たとえ思わぬところで2匹に増えちゃったとしても、パパは断りに行かなかったんだし、預かってもらおうなんて、それはお馬鹿で甘い考えってことなんですよね。ちょいと恥ずかしくなりました。

そのあとはマリンを見てもらい、いただくものを頂き病院を出ました。その足でダイソーに寄ってもらい、3000円分くらい材料を買い込み帰宅。すぐに段ボールハウスから見通しの良いワイヤーネットで広めのケージを作りました。昨日臨時で作った囲いはちょっと広めのワイヤーネットがあり、その隙間から出そうになってしまいました。脱出防止として、ワイヤーネットの内側に鉢底に使えるメッシュの大きいサイズのを使って結束バンドでとめて、隙間から出られない工夫をしておきました。

これでダンボールで見えない~…と、イライラするマリンはいつでも覗き込めるようになりました。マリンのペットヒーターをワイドサイズのおしっこシートで包んで汚れ防止に。午後から早速給餌を始めました。

先生と同じように作り、シリンジに入れて口の横から差し込んで、ほんの少しだけ押し出します。ちょっと押しすぎると口の横からぶわっと出ちゃうので気を付けないといけません。何度かやっているうちにコツをつかみ、靴下黒ちゃんは上手く食べられました。キジ白ちゃんは、本当に少し少しって感じでないと、入れた分半分以上は口から出ちゃいます、まるでコントの志村けんが口から水をダラーっと出すかのような姿。それでも、深夜には目に見えて飲み込むのが上手になり、ちゃんとお腹に入っているのが分かりました。

先生は何グラムあげるとかの正確なことは言いません。【鳴いたら】【もしくは4~6時間おき】にお腹が膨らむまで上げてとのことです。とても分かりやすかったわ。

そうそう、夕方にご飯をあげているときキジ白ちゃんから何かが…ポロっと。ノミー!!

あちこち跳ねてますよ!2匹はそばにあったティッシュで何とか掴んで思いっきり親指の爪でつぶしましたが、数匹は見逃した…ノミ駆除を頼むの忘れてた。すぐに先生に電話して『あー、ノミ、さっきやっとけばよかった』と(笑)。明日また行く様です。

夕方、パパに猫を保護した家の方から電話がありました。その2匹はどうしますかと。パパは『ちょっと考えます』と電話を切り、私に『どうするの』なんて言ってますよ。何言ってるんだよ!私は猫が欲しいと言った、強引にすぐに連れてくると行動を起こしたのはパパ、その後半ば強制的に2匹目を置いて行かれても返さなかったのはパパ(私は2匹は無理と言っていた)、でも姉妹であんなにくっ付いて眠ってる姿を見て返せるの?返したら保健所なんでしょ?…その後電話でパパは『その2匹は家で面倒見ます。でももしもう一匹見つかったとしてもうちは無理』と言ってました。これで我が家は犬1匹、猫2匹の動物園状態が決定となりました。改めて、母猫と白子猫はしっかり逃げ切って、もう捕まらずに生き延びて欲しいと思います。母猫には、しっかりと子供たちを大切にしますと誓いますよ。

さー、この日に何回ウンチ爆弾を落とされたでしょう。ケージ内には大きめのタッパーに猫砂は入れて置いてますが、ただの置物状態。そりゃそうだよなー、しつけどころの騒ぎじゃないですから、今は食べさせて体力付けて体重を増やしてあげないといけません。

次男が寝ようという頃にドヒャー状態のウンチ爆弾を投下されまして、二人で大騒ぎ。私は猫のお尻を何枚もウェットティッシュを消費しながら拭き、次男は片付け。お尻を拭かれて叫ぶ猫の声にマリンは興奮して怒るんですよ…お母ちゃんに…。私のエプロンやパジャマのすそを噛んで引っ張るのよ。いじめてるんじゃないんだよ~。

↑↑ケージを時々引っかいて、猫たちにこっち見なさいよー…みたいな?世話焼き姉様?

↑↑ドライブボックスに入れて、ジジババ宅へ行ってみました。マリン自ら中に入り込んでしまいました。でも、目は合わせないんだよねー。

その後、12時過ぎにようやくへとへとになって布団に入り、朝4時過ぎ…怒涛の保護3日目に続きます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧