野良の子猫保護

2019年5月29日 (水)

保護9日~体重測定・初洗い・食欲モリモリ

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月20日(月)

一週間ぶりの動物病院。体重を量ってもらいましたが、思っていたよりも増えていなかった…マルコが!

チロルは400g→500g

マルコは300g→350g

マルコが50gしか増えてない!あんなに食べてるのに。でも先生はお腹の張りを確認して『大丈夫でしょう、とにかく500gは超えられるように頑張って食べさせて』とのこと。今まで以上に食べさせないと!

行きは良かったんだけど、帰りにドライブボックス内でうんちをしてしまった…車の振動で散々踏みつけられ、背中にも頭にも…これはもう、いちいちウェットティッシュで拭いてるレベルじゃないです。帰宅後、抱きかかえて洗面台でお湯のシャワーで洗い流しました。さすがにシャンプーはできなかったけど、お湯のみで。よく拭きケージに戻すと…

2019520

↑↑2匹とも必死にグルグル文句言いながら舐め回してました(^^;

その後、人間とマリンのご飯の前にチロマルのご飯。もう2時間ほどあげる時間を過ぎちゃってるからね、ご飯要求の鳴き声は叫び声でしたよ。

↑↑マルコが今のチロルくらいの大きさになるのか…いつも小さい子の印象があるので大きくなる想像がつかない…

しかし、あんなに食べてて50gしか増えないとは…。今回はチロルのウンチを持っていきました。今のところ虫や卵は『見えない』そうですが、体重がついてきて1ヶ月以上になれば駆虫するとのことです。とにかく、超えろ500gですよ。

↑↑夕方近くの給餌中。マルコにご飯をあげているときにチロルをパパに託します。顔がねー…おじいちゃんよ、嬉しそうな顔しちゃって(笑)

-----------------------

…と、ここまで野良子猫保護記録をつけましたが、これ以上はもう記憶があいまいなのと、トイレを完全にクリアできたので、これからは通常ブログに戻そうと思います。

先週末と昨日は私と次男の誕生日があり。車で15分程度の所に引っ越してきた長男夫婦が晩御飯に来てくれて一緒にお祝いしてくれました。今までは晩御飯のあとにケーキを食べて軽いお祝い程度だったのに、今回は私の誕生日にパパが八王子駅ビルで美味しいお弁当と、中華のお惣菜、誕生日ケーキを買ってきてくれて、今までで一番豪華な誕生日となりました。ちょっと勝手がわからずケーキもお惣菜も買いすぎて大変だったけど(笑)

後日、母の日と誕生日の記事をアップします。

昨日の次男の誕生日は少し控えめにして、宅配ピザを頼み、パパがBaselのケーキを買ってきてくれました。今回は量もちょうどよくできました。実家で子猫から育てたことのあるお嫁ちゃんは慣れたもので、チロルとマルコの爪切りをしてくれました。私も慣れなくちゃね。長男夫婦が帰った後、次男とちょっとやってみようか…となり、ご飯を量る計量器にチロマルを乗せてみたら…

チロルが500g→680gくらい

マルコが350g→520gくらい

…マルコが!マルコが500gを越えてました!!でも、まだまだ片手のひらに乗るサイズだし、小さいし…これ、大きくなってるのかなと心配していたんだけど、ちゃんと増えてた!ホッとしました…

2日くらい前からは、ご飯の合間に少しだけドライフードをふやかさないままお皿に入れてケージに出してみてます。2匹とコリコリ噛んでちゃんと食べられています。たくさんウェットフードを準備してあるので、それもちゃんと消費しつつ、上手い具合にドライフードに切り替えができるようになって、ウンチもしっかり形のあるブツになれたらもっといいんじゃないかなと思います。

今後はワクチン、駆虫を経て、先生には『野良子猫ちゃん』というカルテではなく、『チロル』『マルコ』のカルテを作っていただき、正式な飼い猫として診ていただこうと思います。

2日前にマリンの警備部屋の和室に1時間ほどサークルを置いてチロル、マルコ、マリン、お母ちゃんが入り、3匹の様子をうかがいました。まあ、想定内の感じでしたが、またそれは別の機会に綴ります。

5月12日から突然始まった猫との暮らし。今後はマリン、チロル、マルコの健康を気を付け、マリンの気持ちも気づかい、チロルとマルコの誤飲や事故などにも気を付け、何とか3段猫ケージが置けるように和室を何とかしなくちゃなりません。まだまだ落ち着きませんが、何とか真夏までには少し落ち着けるように、お母ちゃん頑張ります。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

保護8日目~トイレ完璧・夜は熟睡

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月19日(日)

うーん…日にちが経つとだんだん何があったか忘れてしまってます。というか、トイレが完璧になったおかげで、大騒ぎが少なくなって、徐々にこんな生活が当たり前になってきてしまって、あまり印象に残らなくなってるのかも。画像も一日にこの3枚しか撮ってませんでした。

次男がいる日なので安心して買い物に出かけられます。ジジババ宅にはもうチロマルは預けられないので、寝ている隙にマリンをジジババ宅に預けて買い物に出ることが多いのですが、やっぱり色々心配です。次男には時々1階に降りて様子を見てねと言ってあるので安心です。

今日はケイヨーデイツーをうろつくと、100均ワイヤーネットよりも丈夫そうなネットを見つけました。ムラムラと湧く上下運動が出来る位のケージ作り…いくつか材料を買って帰りました。

2019519

いつでも2匹でくっ付いて寝ています。姉妹で引き取って本当に良かったなと感じます。

↑↑マリンがご飯をプイすることが増えています。パパがご飯の器を持って、マリンの行くところへついて行き、しつこく食べるように促すと、諦めて食べることもあります。だけど、頑として食べない時もあります。そんなときは,少しだけキャットフードを乗せてあげます。香りで食べる気になるようで…本当に少しだけです。

↑↑食べたら、大好きなグリニーズをもらい、そのあとは歯磨き。そして、お母ちゃんに散々甘えて、隣でへそ天で寝る…。お腹をこれでもかと撫でまわしながら、私も晩御飯を食べます。

明日は動物病院へ行き体重を量ってもらいます。どれくらい増えているかな?

| | コメント (0)

保護7日目~お買い物・トイレが劇的に…

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月18日(土)

トイレがほぼ完ぺきな感じになってきました。困っていることは、ウンチがまだゆるい事。そして、埋めない事(笑)

むき出しのまま動き回っちゃうので、こちらが気が付かない時にされた後は惨状になります…トイレの上で2匹で取っ組み合いしてることがあるから…

しているのを発見したら、すぐにスコップを持って、見える位置のウンチに砂をかけて、出し終えたときにふらつかないよう、すっとどくように促して、素早く全体に砂をかけて速やかにすくう…。早く硬いウンチになって欲しいわ…でも、よくここまで覚えたよ、よかったよかった。

 

ご飯の時、マリンが凝視しているのは、子猫ではなく子猫用ご飯…。先生曰く、『猫のご飯は味が濃くて香りが強い』そうです。その香りにやられているらしいマリンは、気になって仕方がありません。スプーンについた汁や、空になった器などは舐めさせてあげます。

この日は高尾のスーパーバリューへ行き、子猫用フードの買い足しや、子猫用おもちゃを買って来ました。

↑↑ほんの40㎝くらい横に広げました。あと、ベッドも置きました。ベッドはちゃんと寝るところと分かるらしく、置いたらすぐに入って寝てました。少しだけ遊ぶスペースが出来た感じになりました。

↑↑こんなに良く遊ぶとは思ってなかったです。

↑↑人間とマリンの晩御飯後は、猫たちの大運動会状態。お互いにお尻を振って狙い合って、飛びついて取っ組み合いをしています。

20195185

↑↑一度もマルコを抱いたことが無いので促しました。こうしてみると改めて小ささにドキドキします。ちゃんと育つかしら…何としてでも体重500グラム以上にしなくては!

| | コメント (0)

保護6日目~朝方のトイレ・初めてのお留守番・

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月17日(金)

朝4時頃まで2匹は大人しく寝てくれていました。

でも、そろそろご飯にしないと色々後が大変になるので、起こして給餌します。右手は給餌、左手はそばに置いたダンボールの中に猫トイレを置いて…。右手はマルコが食べてて、お皿に乗りあがらないよう気づかって、左手はチロルを猫トイレに乗せて、すぐにおしっこを始めたのでし終わったらすぐにスコップですくい(右手はちゃんと給餌してます)、ちょっと隅にどけておく。器用だな、私(笑)

次はチロルに食べさせ、また左手はマルコをトイレ上に乗せおしっこ、うんちをしたので塊をすくう。

別の時は、2匹をトイレに乗せたままにしていたら、2匹で向き合いおでことおでこをくっつけたまま、同時にブリブリ…なかなか見られない面白光景…こういう時にスマホは手元にないという…面白ショット撮りのがしたわ~。

食後はまたお膝に乗せて、2匹をトントンしたり、揺らしたりして寝かしつけ、そのままケージに戻し、サーっと片付けてマリンの待つ布団に戻りました。数日前には考えられない静かで、ジタバタすることのない給餌タイムでした。

今日はパパの車をディーラーに渡す用事があり、パパの車の後ろを私がラパンで追いかけてディーラーへ行き、帰りはパパを乗せて帰ってくるという事があります。マリンはラパンの助手席に乗せますが、チロルとマルコはどうしよう…。ジジババ宅に預けても、預けられるような箱が無いし、もうジャンプして100均ダイソーのワイヤーネットで作ったケージをよじ登るようになってきたので、預けるのはやめようとなりました。おそらく眠っている間に帰って来られると思うのですが、万が一起きて暴れて、ケージをよじ登ってしまったら大変なので、別のワイヤーネットで天井を塞ぎました。ずれないように洗濯ばさみをたくさん使って止めました。そのうち、ケージを拡張したほうが良いかもしれません。最終的には2匹が成猫になって使える位の3段ケージを考えていますが、成猫になるまでは何とか100均のワイヤーネットを駆使して高さのある物を作ってみようかなと…。この土日は次男がいるので、大きいダイソーやセリアあたりをめぐって、あれこれ考えてみようと思います。

それよりも、早くトイレを完ぺきになってもらわんと、2匹で一緒に寝られるベッドも入れられず(^^;。スーパーバリューに子猫2匹にちょうどいい大きさのがあるんだけど、うんこまみれになったら大変…

今はマリンのペットヒーターをトイレシートで包み、そのうえで寝ている感じ。タオルとぬいぐるみを一緒に置いてありますが、やっぱりベッドが良いよねぇ…。梅雨寒の時期があるでしょうから、ベッドを置いて、2匹でぬくぬくで寝かせてやりたいですね。

20195174

↑↑1階に降りてくれば必ず覗き込んでちょっかいだしてます。

↑↑とにかく自分から触ることをまずしません。でも、何度かトイレの処理をしてもらったりしてます。家族全員がそれをできないことにはね、飼うという事はそーゆーこと!

| | コメント (0)

保護5日目~トイレ成功?・性格・困った癖

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月16日(木)

夜中2時すぎ、そーっとチロルとマルコを見ないでトイレへ。出てきて見ると、猫トイレに黒っぽい影が…電気を付けたらびっくり!チロルがおしっこしてた!自分でした!なんて賢いの!

前夜に老犬介護仲間のお友達が、『猫はかしこいから、基本ケージの中で生活させて、おしっことかうんことかしたら猫砂の上に拭いたティッシュを置いてにおいを付けてあげると良いよ』と教えてくれました。よし、やってみようと思い、寝る前にウンチのついたウェットティッシュを猫砂の上に置いてたんです。効果絶大!本当にびっくり!だけど、感激してご飯の支度をして部屋に戻ったら、トイレの外でうんちしてました💦ま、赤ちゃんだから、まだまだ!これからだ!マルコはトイレの外のシートにおしっことウンチをしちゃってました。まあ、いいよ、いいよ。

朝、7時台にまったりしている2匹。むっくりとチロルが起きたので、トイレに誘導したらおしっこ成功!その後、マルコも乗せてみました。すると鼻先にウンチのついたウェットティッシュが…。ふんふんとにおいを嗅いだら、すぐに前足で猫砂を引っかき、おしっこ!マルコも大成功ー!朝から悶絶喜びの母。

2019516b

その後、9時台にご飯をあげて、いつもマリンがお外警備をしている和室にケージを移して、居間を掃除してました。その後、ケージの上からおもちゃをぶら下げることをやっていたら、チロルがじーっとトイレの上に…。思わずスマホで撮影…おしっこか?うんちか?

……ウンコ出ましたーーー!♪ (お品が無くてごめんなさいよ)

背後からマルコが凝視してました、あなたも次は頼むわよー!その後、2匹はじゃれ合ったり、ケージ内に入れてあげた小さいボールで遊んだり、ケージを半分くらいよじ登ったり、抱っこアピールをしてきたり。マリンはいつもの自分の場所からチラリ、チラリと気にしてみてました。早く3匹で戯れる日がくるといいね。そのうち寝始めたので、チロルとマルコが来てから、やっと初めてのお散歩に出られたマリンです。たくさんアイコンタクトしてきて、途中でおやつとお水をおねだりして、新米お姉さんマリン、愛しさ倍増です💕

今日は長男夫婦が、ここから車で15分くらいの場所に来週引っ越してくるので、アパートの鍵の引き渡日です。午後にチロルとマルコを見に来ます。ちょっと、こんな状態ではお掃除もままならず…『部屋の中がカオス状態なのは見ないでね~』と伝えたら、お嫁ちゃんは『はい、大丈夫です!チロルちゃんとマルコちゃんだけを見ます!』って、気を遣わせてしまう新米義母です。

夕方近くに来た長男夫婦。特にお嫁ちゃんは大の猫好き。本人曰く【猫は大好物です】だとか(笑)。もう、とろけるような表情がずっと続いています。メロメロ~(笑)。来週になればいつでも会いに来られる距離です。マリンにもすごく気を使って接してくれていました。

保護して5日目で、何となく2匹の性格が分かってきました。来た当初はチロルは好奇心旺盛、物おじしないタイプに思いました。マルコは怖がりで大人しい…全然逆でしたわ。

チロルはおっとりしてて、控えめに甘えるタイプ。甘えるときは顔をピッタリ寄せて、サイレントニャー(口を開けるけれど声が出てない…甘え、眠い時、要求時など)を何度もしてくれます。ものに執着するところがあるかも…今すごく困っている事があり、それはマルコの股間を吸っちゃうこと…すごい音を立てて吸ってます。こんなところ吸われ続けて、炎症なんか起こされたら大変ですよ。だけど、寝ている状態でも、起きている状態でも、マルコに頭突きをしながらひっくり返し、股間を探して吸い付く…ものすごくしつこいです。守ってもあきらめません。吸い付かれてるマルコも、たいして嫌がらず…あんたそれじゃ困るんだよー💦何かぬいぐるみとかタオルとかで代用してくれないかしら…困った困った…

マルコは活発でお転婆、おもちゃにも飛び掛かり、チロルにも襲い掛かります。100均ダイソーで作ったケージをよじ登り、もうすぐ乗り越えような勢い。そろそろ天井を作るか、猫返しでもつけるしかないかも。ご飯も食べ方が上手ですが(あまり散らかさない)、勢いが凄くてお皿に乗りあがるのです。前足がべちゃべちゃになるので、何とか阻止してるんですが…まあ、いずれ落ち着くと思いますがね。

長男夫婦が来る直前に、猫トイレをのぞいたらうんちがしてありました。どちらがしたのかわかりませんが、成功していたようです。

でも、夜になったらケージの隅にウンチが…チロルでした。おしっこに関してはほぼ成功してますが、ウンチに関してはまだちょっとかな~。

今もケージ方面から『ちゅちゅちゅちゅ…』と、何かに吸い付く音が…マルコの股間が狙われてました。これはちょっと、マジで困るなー。

最後の給餌は夜10時頃。勢いよく食べ、トイレもしてくれ、食後は見上げて抱っこをせがまれます。2匹を膝に乗せると、振り返って顔を見上げたり、サイレントニャーをしてくれたり、顔を寄せるとくっつけてきて、チロルは頬を舐めてくれます。今しか無い子猫時代、マリンに気づかいしつつ、たくさん触って、声掛けして、信頼関係を築かないといけません。そのうち膝の上で大人しく抱かれ、ウトウト。こっちもウトウトし始めると、マリンが覗きに来て我に返ります。おやすみー、また深夜だねー、お利口さんで粗相しないでいてねー。

 

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

保護4日目~おしっこ成功・モリモリご飯・命名・甘えん坊

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月15日(水)

夜中3時の給餌では靴下黒ちゃんが起きてて、ぼーっとケージの隅で座り込んでました。さっそくご飯をあげようと持ち上げたら…うんこ~💦お尻汚れ凄いのなんのって。そのうちキジ白ちゃんもブリブリ…。まあ、今回は動き回らなかったので被害は最小で済みました。ご飯はモリモリ食べ(吸い込む感じ)、終わるとコテンと寝ちゃう感じであっさり終わりました。

今日はパパは苗を買いに出かけるので、私は自力で買い物に行かねばなりません。ジジババ宅に猫たちとマリンを預けました。高尾のスーパーバリューへ。やっといろんな種類の子猫用フードを見ることが出来ます。ドラッグストアだと数が少ないからね~。高尾のスーパーバリューへ行くと、おじさんの店員に声をかけられました。

『(かごの中を見て)あー、たくさん買っていただいてありがとうございます!どこよりもお安く提供しておりますよ!たくさん買っていってくださいね!子猫がいるんですか?』と…。少し経緯を話すと、『こちらのお客さで、家の周りにたくさん猫を捨てられて、今27匹ですって。先日はカート2台分のお買い物をして行かれましたよ。年金がみんな猫に出ちゃうそうです』…それもすごいわぁ…

カゴいっぱいにカルカンの子猫用のウェットフード。数種類あって、16個で800円とか。とにかくポンポンとカゴに入れます。他の種類もいくつか…そして、家で用意しているタッパーの即席トイレを止めて、子猫でも入りやすそうなトイレを探します。アイリスオーヤマのがよさげで購入。枠を外すと、子猫でも上がれる感じです。あと、私が腰をかがめてする作業が多く、マジで腰をギクッとやる可能性が出てきたので、負担を軽くするために腰掛ける程度の高さの椅子…というか、ステップ台を買い、給餌する時に楽になるようにしました。

あれこれ買って帰宅。猫たちは大人しく、ずっと寝ていたようです。良かった…

帰ってきたパパとマリンと一緒にお昼ごはんを食べながら、『寝てると静かだよねー。本当に子猫が2匹いるのかねー』と言うくらい、静か…。天使の寝顔ですよ(笑)

そうこうしているうちに、1つ考えが浮かびました。ご飯をあげているそばにダンボールを置き、その中に猫トイレを置く。一匹に食べさせている間に、もう一匹はなるべく猫トイレに乗せておくようにする。右手は食べてる猫を世話し、左手はトイレに誘導作戦。我ながら器用なやり方してるなと思いました。トイレから降りたら、またトイレに乗せる、何度も何度も繰り返しやりました。そのうちダンボールの隅っこにやってきて手によじ登ろうとしてきます。それでもトイレへ誘導、誘導…。そんなことをしているうちに、2匹が食べ終わりました。2匹を猫トイレに乗せて、ちょっとしたことをして戻ると…猫砂に2つ塊が出来てます!おしっこいけたー!

どっちがしたのか分からないです…どっちだー!だけど、猫トイレの外側のトイレシートにもおしっこのあとがあります。うーん、でも今回は自ら猫がトイレ行ってしたわけではないからなぁ…でも、トイレでしてみた感触はお勉強になったと思います。ここでパパがいたので、トイレの処理を教えました。今使っているのは緑色の粒で出来たおから系の物です。トイレに流せるようですが、万が一詰まったら大変なので、我が家は燃えるごみとして処理する予定です。マリンのおしっこシートを入れる【ウンチの臭わない袋】に入れて捨てるようにしましょうか。今後大人になるにつれ、採尿が簡単にできるタイプのシステムトイレにして行こうかなと思っています。

さて、夕飯中に名前の話になりました。いつまでも黒ちゃん、ちび子、猫たち、大きい方、ちっこい方…なんていうわけにもいきません。飼う気になったんだから、名前を何とかしなくては。実はパパには考えがあって、昔から大好きなドクタースランプあられちゃんの『あられ』『がっちゃん』が良いと…。『あられ』は良いとしても、『がっちゃん』はどうよ。それに私はこの漫画に思い入れが無いので、全くピーンと来ません。出来たらチコとマルの名前に近いものはと考えていました。すると次男が、『チコとマルの生まれ変わりと考えて、チコの『ち』と、マルの『ま』を使ったらどうか。チロルとかマルコとか…』。ちょいと目頭があったかくなりましたよ、そんな事考えてくれてたんだ。それを聞いたパパはもうあきらめたよう(笑)

これにて、我が家のニャンコ系家族の一員となり、黒っぽい大きい方が【チロル】、小さい子が【マルコ】に決定しました。今後は名前で綴るようにいたします。

夜寝る前最後の給餌タイム。同じように何度もトイレに誘導しながら、右手はもう一匹に食べさせているという…。この時間帯のトイレは、ウンチ寸前でトイレに乗せられず失敗しました(チロル)。おしっこもシートにしちゃってました。どちらがしたが不明…

だけど、食後にダンボールの中でじっと見上げて抱っこをしてもらえるのを待っているチロル、大きい声で鳴いて、何とか手によじ登ろうとアピール力大のマルコ、たまらん可愛さです。抱き上げて顔を近づけると、顔を寄せて来るし、じーーーっと見つめてくれて、口だけ開いて声が出ないという【サイレントニャー】をしてくれたり。『美味しかった?』『いっぱい食べたね』『チロル!』『マルコ!』と、何度も声掛けするとたくさん返事をしてくれました。かなり甘えん坊かもしれません。これも、お世話係の特権ね…パパがこんなこと出来る日が来るでしょうか…いつも覗き込んでるだけのパパ。子猫時代の最高の触れ合いを逃すのはもったいないです。

その間、マリンは私の布団の上でこちらを見つつ、ウトウトしていました。あんまりニャーニャー鳴いていると様子を見に来ますが、何事もないと分かると行っちゃいます。私も、次男も、何度もマリンの側に行って抱き寄せて、マリンがとっても大切だと伝えて、疎外感を感じないように努めてます。

たっぷりと寝る前にチロルとマルコと触れ合って、床に就きました。

↑↑これじゃ何の楽しみもない生活だよなー…うんち汚れでも洗えるボールを入れておきました。

20195155a

↑↑このキリンのぬいぐるみのお腹あたりに寄りかかって寝てることが多いです。まだうんち汚れのためベッドが置けません。下にはマリンのペットヒーターをおしっこシートで包んで置いています。スイッチはもちろん入れてあります。

 

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

現在のチロルとマルコ&マリン

保護記録がなかなか進みません。怒涛の日々を過ごしています。

現在保護から10日以上たちました、現在の様子ですが…

【チロル】5月20日の時点で400グラムから500グラム。100グラム増えました。

【マルコ】5月20日の時点で300グラムから350グラムになりました。50グラムしか増えてませんでしたが、とっても元気です。

先生は500グラムを超えないと、ワクチンも検査も投薬も出来ないので、とにかく体重を増やしてとのこと。

2匹とも、よく食べ・よく出し・よく寝て・よく暴れて遊んでいます。ケージの前を通るときに目が合うと、顔いっぱいの口を開けて抱っこをせがみます…と言うか、ご飯を要求しているのかもしれませんが(笑)

うんち、うんち、うんち…(連発してすみません)本当に、私の頭の中はこれがいっぱいでした。猫というのはトイレのしつけが犬と比べてとても楽だとよく聞きますし、いろんなブログでも読みました。ところが、我が家の迎えたばかりの2匹はうんちまみれ、100均で作ったケージ内はどこかしらにうんちが…。お母ちゃんはマジでうんちノイローゼ気味でした。ところが、ちょっとご飯をあげるときに工夫してみたり(追々保護記録で)、老犬介護仲間からちょっとしたコツを聞いて実行したら一発で成功したり。あ、いい感じになってきたかもしれないと思い始めたら約2日で【トイレは完璧】と言ってもいいくらいになったのです。

朝起きてとか、夕方ふと猫トイレを見るとむき出しのウンチがあって…それはそれは、心の底から嬉しい…感激でした。それぞれ2匹が、夢中で遊んでいるときに、そそくさとトイレに向かっていく姿を見て、まだ手のひらに乗る程度の小さい子なのに、猫の賢さに脱帽という感じです。

トイレ卒業はしましたが、まだ油断が出来ません。食べているもののせいか(まだどろどろの子猫用パウチ)うんちがゆるめです。そして、2匹とも砂で埋めません(笑)。埋めるのを待ってると、そのうちそのうんちの上を歩きだしたり、じゃれ合いが始まったりで大変なことになります。よく見かけるのが、チロルがうんち中にマルコが下から顔を突っ込んで覗こうとするのですよ…これをやられちゃたまりません!だから、トイレはまだ監視が必要かなと思います。

今は何もかもが面白い時期なのでしょう。ありとあらゆるものを噛みまくります。特に100均ワイヤーネットで作ったケージに使っている結束バンドの部分が好きで、よくかじっています。あと、猫トイレの枠。まだ小さいので大きめの枠が上にかぶさっているのですが、それがあると乗り越えてトイレに入れないかなと思い外していました。大きめの枠を外した猫トイレの枠をかじります。昨日から大きめの枠は戻してあり、乗り越えて入れるようになったので噛まなくなりましたが…。

今は何でも噛む、かじる行為があるので下手なものは置けません。誤飲の事故だけは起きないよう気を付けないといけません。

昨日は、使っていたケージが狭く感じてしまい、上下運動できるくらいのケージを作って一日が終わりました。途中でこれじゃだめだと、結束バンドを切って解体するのが何回あったでしょうか。あと少しで完成するあたりで、いろんな悪戯をしでかしてくれます。やってほしくないことを、わざわざ、ねちねちと執拗にやってくれます。深夜1時までケージ作りしてて、頭もボーっとしてきて、眠さも疲れもピークの頃にやられてイラっとすると、すぐにマリンにバレます。どうしても手の届かないところで、チロルが執拗にせっかく作った部品を噛みちぎろうとするのを止めないので、孫の手を使ってチロルを押してやめさせたのですが、マリンがすっ飛んできてお母ちゃんの手を引っかきました。それからは、じーっとマリンの監視の元、大物ケージを作り上げました。

猫たちは楽しいかもしれませんが、私はもうヘトヘト…やっぱり市販の物にはかないませんよ。だけど、まだ3段のケージなんてとてもじゃないけれどまだ部屋に置ける状態じゃないし、今は生活できて遊べるような囲いの中で、我が家の空気を感じてもらって慣れてもらわないと…と、感じています。

マリンはまだ猫たちは囲いの中が中心なので、知らんぷりしているような感じですが、昨日マリンがまったりしているときにチロルを抱いてそばに寄りました。鼻を付けた後、チロルがマリンの前足のにおいを嗅ぎました。すると、マリンの鼻に皺がより、聞いたこともない小さい唸り声をあげ、『ガーッ!』と威嚇しました。これにはパパと次男も苦笑い…仕方ないよね、今まではマリンの天下だったのにね。でも、猫たちをかばい気に掛ける様子もあるマリンです。今年の冬にはマリンとチロルとマルコが一緒にベッドでまったりする様子が見られると良いなと思ってます。

いくつか画像を載せます。またしばらくは保護記録が続きます。

 

↑↑抱っこは好きみたい。大人しくなります。

↑↑顔を見上げて、ぷにぷにの肉球をほっぺにくっつけてくれたり、ほっぺを甘噛みしたり、なめてくれると苦労が報われます。

↑↑達郎さん…シアターライブ、今回も行かれそうにない…今日も7月のライブ、落選しました…

↑↑基本的にパパは見て楽しむだけ。

↑↑すいすいと登ります。天井必須ですよ!

201952410

↑↑見守っているようで、実は少し舐めさせてほしいマリンです(笑)

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

保護3日目~早くも一つクリア!・トイレの心配・マリンの変化

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月14日(火)

朝4時に激しい鳴き声で目が覚めました。マリンが早く行けとお母ちゃんの頭をボリボリしますよ。ケージの隅で上を見上げながら2匹並んで叫んでます。『ウンコ出ましたー!ご飯下さいー!』…でしょうかね。

2019514

もうね、うんこパーティー状態!あまりの惨状に思わず2階のパパを起こし助けを求めましたよ。私は猫尻を拭くから、パパはケージ内の汚れ物を全てごみ袋に入れてねと。いくつかぬいぐるみを入れてたのですが、ちょっと汚れました。パパは『ぬいぐるみはよく拭くから捨てないで大丈夫だと思う』なんて言ってますよ。せっかくくっ付いて寝てたのに取り上げたら可哀想なんですって(笑)

拭いても拭いても茶色いウェットティッシュ、すごい消費です。赤ちゃん用のウェットティッシュを大袋でまとめ買いしておいて良かったよ。ある程度片付き、パパはまた2階へ。私はそのまま給餌です。お腹が膨れ、すぐに眠った子猫たち。私もマリンとまた布団に入りました。

寝起きの悪い事よ…朝7時…目がうまく開きません。それを早く起きろとマリンが引っかきますの…

静かに寝てくれているすきに、半分寝ながら食べるパン、ヨーグルト。この日は午前中に婦人科を予約しているので何とか起きましたよ。ゴミ出しをしていたら動物病院の先生が小走りで出勤しようとしていて『どう~?』と声をかけられたので、『先生!うんこパーティーですよ!』と言ったら、先生は笑いながら『後で来てくださいー』と走っていかれました。婦人科は薬の関係でキャンセルはできないので、マリンと猫たちはジジババ宅へ。初めて子猫を預かるんでジジババはおどおどしてますよ。触れないようです(笑)。ドライブボックスに入って上手い具合に寝てくれていたようです。

婦人科が終わり、すぐに迎えに行き、そのまま動物病院へ。赤ちゃん猫のノミ駆除は皮脂腺に薬を浸透される方法だけど、赤ちゃんは皮脂腺が発達していないので全身にスプレーをして先生が全身にぬりぬりしてました。そのあと軽くドライヤーで乾かしておしまいです。一応ウンチのゆるい事を聞きましたが、下痢というよりもウンチが緩い、軟便という事。もらってあげている缶詰もウンチが緩くなる一員だとか。ちゃんと食べてくれるようになれば、市販のレトルトパウチのご飯でもいいとのことでした。そうすればウンチも少し落ち着くのかしら…

帰りにスーパーに寄り、車に戻ると異臭が…

『やっちまったよー、出ちまったよー』とパパの声。ドライブボックス内でうんちまみれ…オーマイガー!

帰宅後すぐにお尻を拭き、お腹が空き切ってる2匹に給餌です。最初は大きい方の靴下黒ちゃんにシリンジであげたら、吸い込むように飲み込むのです。口の横から全くこぼすことなく勢いよく食べました。試しにお皿に出してあげたら、なんと舐めて食べられました!これは一つ楽になる!次の小粒のキジ白ちゃんはまだシリンジじゃないとダメっぽい。でも、上手に飲み込めて、ほとんどこぼさずに食べられました。

お昼ご飯時…今度は何とマリンのウンチが緩い…とうとうマリンも参ったか…

夕方また先生の所へ。お注射ブチューでした。

夕飯前に猫たちへの給餌。今度はキジ白ちゃんもお皿からいけたー!ウェットフードに鼻まで押し付けて、半分吸ってる感じで食べてます。この子猫の必死に食べる様子が間近で見られるなんて、お世話係母の特権ですなー。うんち爆弾とか、うんこパーティーだとか品のない事ばかり言うお母ちゃんも、この時ばかりはとろけるような目で見ながら可愛いを連発ですよ。鼻の穴までフードに突っ込んで、ぢゅっ、ぢゅっ…と。まだ固形物はつぶさないと無理みたいですね。ご飯は初日にドラッグストアで買ってあったレトルトパウチと缶詰が使えました。

ご飯系では一つクリアですが、やっぱり難関はトイレ…いつ卒業できるかなぁ…。猫のトイレのしつけは簡単…と、どこでもそう読むし聞きます。うちだけ別?

こんなに犬好きなのに、読みに行くのは猫ブログばっかり、動画も猫系が多いです。くるねこ大和さんの漫画本も全冊揃えてます。あれだけ子猫の事に触れているのに、しっかり読んでいるのに(何度も繰り返し読みしてます)、いざ自分の事となるとそういうことが全部頭からすっぽ抜けるんですねぇ…。でも、授乳期でなくて助かったという感じがあります。2匹とも乳飲み子だったら絶対に断念かもしれません。それを何度も、何匹も同時にやり抜いて、里親に出してきたくるねこ大和のブログは(漫画本も)猫飼いじゃなくても面白いです。猫との暮らしって楽しいんだろうなぁ…とつくづく感じるところです。最初は2年位前から読みだしたので、愚連隊(くるさん宅の猫たち)の事が区別つかなかったり、話が良く分からなかったりしましたが、猫医者とのやり取りや、今までの世話した猫たちの昔話や、愚連隊がやってきた経緯とか、乙女な感じの旦那さんとの楽しいやり取りや…どんどん知りたくなって、数カ月かかって一番最初の記事から読み込みました。これからもバイブルブログ(本)として日拝します!

そうこうしているうちに、最初にドラッグストアで買ってきたフードが明日までにはなくなる感じ。パパに頼んで夕飯前に新たに子猫用のフードを買いに行ってもらいました。

↑↑なんと、夕方の給餌タイムにはキジ白ちゃんもお皿から食べられるようになりました。

↑↑息ができるのか心配になるくらい、フードに鼻を押し付けて吸って食べる感じ。

↑↑夜の給餌タイム、マリンがじとーっと見入ってました。スマホのカメラを向けた途端マリンがプイっと横を向いちゃいます。まるで撮影許可なんてしてないわよーって感じ(笑)

↑↑靴下黒ちゃんは、時々固形物があるとちゃんと噛んで食べる感じです。

↑↑2匹とも勢いが凄くて、勝手に食べさせたら前足がお皿に入っちゃうので少し押さえながら、そしてどれくらい食べられたかわかるように、一匹ずつ食べさせています。

↑↑ですって(笑)。実際マリンが覗き込んで、じっと見ているのはご飯そのものの方。少しだけ、空になった容器なんかを舐めさせてあげました。

↑↑どちらかに給餌していると、もう片方は隣に置いたダンボールの中で待機させておきます。早くほしくてピーピー鳴く声を聞いて、マリンが立ち上がって様子を見に行こうとしています。

明日は何とか一人でスーパーバリューへ行って、大量にフードを買っておこうと思いました。

夜の給餌前にはやっぱり軟便だらけ、お尻も後ろ足も茶色く染まってます。まだ生々しい臭さじゃないのが幸いですが…このウンチ祭り、早く終わりたい…まさか猫のウンチでこんなに悩むとは…はぁ…またきっと夜中もうんちパーティーだわ。一人孤独に深夜の給餌とお掃除です…あんまりひどけりゃ、またパパを起こそう。

↑↑ちびちゃんの方が元気ですよ。靴下黒ちゃんは控えめタイプかな。

保護4日に続きます。

| | コメント (2)

2019年5月20日 (月)

保護2日目~空気砲・病院へ・守護神マリン

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月13日(月)

朝4時過ぎにトイレに起き、ダンボールの中を覗き込むとぐっすり眠っている子猫2匹。マリンも一緒に覗き込んでました。

2019516

その後5時過ぎにゴソゴソ音がし始めたのでダンボールを覗き込むと…『ゲッ、ゲッ』という音が。よく見ると、眠ったら私の顔を忘れちゃったのか(笑)、靴下黒ちゃんが私に威嚇してました。顔をダンボールに入れようとしたらさらに大きな『ゲッ!』と共に空気砲が顔に飛んできてびっくり!毎日欠かさずに読みに行くブログ【くるねこ大和】の中の保護された猫が、いつだったかくるさんに向かって威嚇して【空気砲】を飛ばすという挿絵があったのですが、その時は面白く読んで笑ってたんだけど…実際に自分が浴びるという…猫の威嚇の空気砲…こんなちっこい子猫でなかなかの威力でしたよ。一瞬ひるんだ私です💦

その後は朝まで布団の中でマリンとウトウトしながら過ごし、朝食…。キジ白ちゃんがウンチをべっとりと…

抱き上げて拭いても拭いてもウンチ色…ちょいと草っぽい色、食べるものが他になかったのかな…。こうやって抱き上げて拭いたりすると、ニャーニャー鳴くんですが、そこでマリンが凄いんですよ。そばに来て飛びついて、怒る様な感じ。おそらく【やめてあげてー!】という感じなんだと思います。しゃがんでマリンに『いじめてないから大丈夫』と言っても、拭いてる私の腕を引っかいたり、じーっと懇願するような眼差しで見上げたり、何とも凄い守護神・マリンと化してしまったようです。

本当は内科の予約の日だったのですがキャンセルです。ご飯も食べられてない子猫を保護しちゃったので、早く病院へ連れて行ってあげないと。

ようやく9時過ぎに先生に診てもらえました。マリンもサプリメントとフィラリアとフロントラインをもらうので一緒に行きました。今回はちゃんとパパにも診察室に入ってもらいますよ。パパが抱えるドライブボックスを見て先生が『??』という表情なので『野良の子猫を保護しちゃって…』と私。『ホント?どれくらいの大きさ?(見た後)うわー…小さいな…授乳できる~?』という感じ。

生後1ヵ月未満のどちらも女の子で靴下黒ちゃんは400グラム、キジ白ちゃんは300グラム。姉妹でも大きさが違うから、おっぱいをちゃんと飲めてなかったのかなと。とにかく今はしっかり食べさせて体重を増やしてくださいと。まずは一週間頑張ってみてとのこと。生後1ヵ月すぎないと、いろんな検査が出来ないし、ワクチンも打てないからねと。その場でレトルトパウチ食を出してくれるけど食べず、高栄養の缶詰のヒルズ回復期ケアa/dををお湯で溶いて、シリンジで吸い込み、口の横から強制的に入れると、靴下黒ちゃんはチビチビでも食べてくれる。キジ白ちゃんはあまり上手に食べられず、口からあふれちゃってます。先生は『ちょっと心配、だけどとにかく食べさせてみて』とのこと。

私はこの小ささなので先生は『何日か預かる』と言っくれると勝手に思ってたんです。だけど、保護して連れてきて色んなやり方を問うてるのは自分なんですよ、先生は『あ、じゃあ飼うんだねー。』と解釈し、色々と食事の事を教えてくれ始めました。預かってもらおうなんて甘いんだわ、自分。飼う気で保護しに行って、たとえ思わぬところで2匹に増えちゃったとしても、パパは断りに行かなかったんだし、預かってもらおうなんて、それはお馬鹿で甘い考えってことなんですよね。ちょいと恥ずかしくなりました。

そのあとはマリンを見てもらい、いただくものを頂き病院を出ました。その足でダイソーに寄ってもらい、3000円分くらい材料を買い込み帰宅。すぐに段ボールハウスから見通しの良いワイヤーネットで広めのケージを作りました。昨日臨時で作った囲いはちょっと広めのワイヤーネットがあり、その隙間から出そうになってしまいました。脱出防止として、ワイヤーネットの内側に鉢底に使えるメッシュの大きいサイズのを使って結束バンドでとめて、隙間から出られない工夫をしておきました。

これでダンボールで見えない~…と、イライラするマリンはいつでも覗き込めるようになりました。マリンのペットヒーターをワイドサイズのおしっこシートで包んで汚れ防止に。午後から早速給餌を始めました。

先生と同じように作り、シリンジに入れて口の横から差し込んで、ほんの少しだけ押し出します。ちょっと押しすぎると口の横からぶわっと出ちゃうので気を付けないといけません。何度かやっているうちにコツをつかみ、靴下黒ちゃんは上手く食べられました。キジ白ちゃんは、本当に少し少しって感じでないと、入れた分半分以上は口から出ちゃいます、まるでコントの志村けんが口から水をダラーっと出すかのような姿。それでも、深夜には目に見えて飲み込むのが上手になり、ちゃんとお腹に入っているのが分かりました。

先生は何グラムあげるとかの正確なことは言いません。【鳴いたら】【もしくは4~6時間おき】にお腹が膨らむまで上げてとのことです。とても分かりやすかったわ。

そうそう、夕方にご飯をあげているときキジ白ちゃんから何かが…ポロっと。ノミー!!

あちこち跳ねてますよ!2匹はそばにあったティッシュで何とか掴んで思いっきり親指の爪でつぶしましたが、数匹は見逃した…ノミ駆除を頼むの忘れてた。すぐに先生に電話して『あー、ノミ、さっきやっとけばよかった』と(笑)。明日また行く様です。

夕方、パパに猫を保護した家の方から電話がありました。その2匹はどうしますかと。パパは『ちょっと考えます』と電話を切り、私に『どうするの』なんて言ってますよ。何言ってるんだよ!私は猫が欲しいと言った、強引にすぐに連れてくると行動を起こしたのはパパ、その後半ば強制的に2匹目を置いて行かれても返さなかったのはパパ(私は2匹は無理と言っていた)、でも姉妹であんなにくっ付いて眠ってる姿を見て返せるの?返したら保健所なんでしょ?…その後電話でパパは『その2匹は家で面倒見ます。でももしもう一匹見つかったとしてもうちは無理』と言ってました。これで我が家は犬1匹、猫2匹の動物園状態が決定となりました。改めて、母猫と白子猫はしっかり逃げ切って、もう捕まらずに生き延びて欲しいと思います。母猫には、しっかりと子供たちを大切にしますと誓いますよ。

さー、この日に何回ウンチ爆弾を落とされたでしょう。ケージ内には大きめのタッパーに猫砂は入れて置いてますが、ただの置物状態。そりゃそうだよなー、しつけどころの騒ぎじゃないですから、今は食べさせて体力付けて体重を増やしてあげないといけません。

次男が寝ようという頃にドヒャー状態のウンチ爆弾を投下されまして、二人で大騒ぎ。私は猫のお尻を何枚もウェットティッシュを消費しながら拭き、次男は片付け。お尻を拭かれて叫ぶ猫の声にマリンは興奮して怒るんですよ…お母ちゃんに…。私のエプロンやパジャマのすそを噛んで引っ張るのよ。いじめてるんじゃないんだよ~。

↑↑ケージを時々引っかいて、猫たちにこっち見なさいよー…みたいな?世話焼き姉様?

↑↑ドライブボックスに入れて、ジジババ宅へ行ってみました。マリン自ら中に入り込んでしまいました。でも、目は合わせないんだよねー。

その後、12時過ぎにようやくへとへとになって布団に入り、朝4時過ぎ…怒涛の保護3日目に続きます。

| | コメント (2)

2019年5月17日 (金)

保護初日~ニャンコが我が家に!

※色々あったことを自分が思い返せるように、事細かく綴っています。動物の排せつの部分も包み隠さず綴っております。うんちだ、うんこだと品の無い言葉遣いが多いですが、備忘録としてそのまま綴ります。その様なことが苦手な方はお気を付けください。

5月12日(日)

事の始まりは、パパが5月12日のお昼頃、『近所のお宅の使っていない物置の中で野良猫が3匹子供をうんじゃって、困ってるんだってさ。白と黒がいるらしい…』と言いだしたのですよ。『白か~、白い猫って結構憧れてたからなぁ。白ならいてもいいかな~』と、やんわりと願望を言っておいたのですよ。

前から猫のブログばかり見てるし、両親宅のゴンタが亡くなり、マリンが心を通わせられる仲間がいなくなってしまい、いつかマリンと気の合う仲間がこの家の中にいたらいいなと思っていました。犬ではなくて、猫で…。でも、大人の猫は断固拒否なのはわかっているので(ゴンタは本当に特別でした)、もしうちの庭先に子猫が現れたらいいなー…なんてずっと思ってました。

そしたらこの話…。でも、そのあと立ち消えになっちゃうのかな、猫が逃げちゃったらそれでおしまいだろうね…なんて感じでいたのですが、晩御飯の時に『猫ってどうなったの?』と聞いたのですよ。そしたら、晩御飯の後にパパが近所の方に電話しちゃって、『今から受け取りに行くから』って…

はぁ?

こんな突然???

『だって、相手は困ってるし、受け取らないと保健所とか言ってるんだよ?今しかないだろ?いいんだな?行くからな?』

…と、こんな感じで始まったのが夜8時過ぎでした。

猫との暮らしの願望はあったよ、だけどある日突然ってありか?

あとはもう、ただただオロオロと、何を用意したらいいのかと家の中を歩き回りながら『箱だ箱!無い!!えー、どうしよう!』と両親宅に電話して、電話の向こうの母は呆れた感じで『箱は無い』とのこと。あとは、チコの老犬介護で散々使ったダイソーのワイヤーネットを結束バンドで結んで、とりあえずの囲いを作ろうとなりバタバタ…ドカドカ…

そのうち電話が鳴り『白い猫は母猫と逃げちゃっていないけど、白黒のがいるけど、これでいいよな?』と…母猫から無理やり白猫を引き離すわけにもいかないし、残されたその子で良いよ言うことになり夜8時半ごろにパパが連れて帰ってきました。

玄関のインターホン越しに、大事そうに抱きかかえている姿を見て、その小ささに驚愕…

※足先が靴下みたいに白い猫の種類を【靴下】と言うようです。

廊下で待機してもらい、マリンを呼んで会わせました。

20195123

驚くほど落ち着いて迎えたマリン。相手は子猫、静かににおいを嗅いで吠えもせず、唸りも、威嚇もせず、大人しく対面しました。

すぐに大急ぎで作ったサークルの中へ入れてあげます。

あとはもう、猫用品が何一つない我が家なので猫砂と子猫用のフードを買うために出かけなきゃなりません。お風呂から出てきて突然の事によく状況がつかめてない次男。マリンのお出かけ用のドライブボックスに入れられた子猫を預けられ(ネットの蓋が付いています)、マリンがちょっかい出さないよう見ててくれと言われ、なんだか呆れ顔というか、ちょいむくれ顔というか…

大急ぎで夫婦で24時間開いているドラッグストアへ向かい、猫砂と子猫用フードを買い、使えそうなダンボールをもらって帰ってきたんだけど…うちに到着する直前に次男から驚きのメールが入ります。

次男『もう一匹連れて来ちゃったんだけど』

母『は?』

次男『持ってきちゃったんだよ…』

※キジトラ猫の中でもお腹や足が白い猫は【キジ白】と言うそうです。

帰宅して子猫がいるはずのドライブボックスを覗き込むと、もう少し白っぽい色をしたキジ白猫が最初に来た靴下黒ちゃんに顔をうずめてました。『もう一匹見つかったよ、こっちも可愛いだろー』と押し付けられちゃったと…💦

一応抱き上げてお顔を見ましたが小粒ちゃんで、後脚とお尻周りがウンコまみれ…生々しい臭さではないものの、ちょっと臭う…

こんなことってあるんだ…

まさかの、びっくりの、驚きの、信じられない数時間でした。

ドラッグストアからもらってきた大きな箱に2匹を入れて、途方に暮れました。マリンは必死に立ち上がって覗き込もうとします。とりあえずご飯を出したけど匂いは嗅ぐけど食べようとせず。でも、靴下黒ちゃんはちょっと好奇心旺盛なのか顔をあげてこちらを見るし、声をかければ鳴くし、フードをつまんで口元に寄せれば舐めます。でも食べられないみたい。舐めるだけ…子猫用牛乳は指先につけて寄せると舐めてました。あとから来たキジ白ちゃんは何をしても今一つって感じでした。

↑↑コーフン気味ではぁはぁ…のマリン。

ネコ用トイレはどうしていいかわからず。うちにある大きめのタッパーに買ってきた猫砂を入れて置きました。

時間はもう深夜になろうという頃。ご飯は食べないし、これ以上何もできることはありません。

ただ見つめるだけ、マリンはひたすら立ち上がって見たり、のぞき込んで見たり、ちょっと吠えちゃってたけど威嚇という感じではありません。興味津々というのかしら、不思議な態度です。私が子猫を抱き上げると、必死に『私にも見せて、触らせて、におい嗅がせて』という態度なのですよ。明らかに敵意むき出し感はありません。やっぱり子育て経験のあるマリンは母性本能があって、子猫に興味がわいたのかなと…勝手に考えてみました。

あとはもうすることが無いと分かると、パパも次男も二階へ…一階に残されたお母ちゃんとマリンと子猫2匹…ちゃんと育てられるのか?まさかの展開だったのに、二匹目も登場でさらにまさかが重なり、我が家はどうなるのか?何はともあれ、明日は動物病院へ行かない事には何もわかりません。興奮冷めないマリンと布団に入りますが、居間のダンボール内の猫たちの動く音がすると私もマリンもすぐに目が覚めてしまいます。そのうち、マリンに使っていたペットヒーターの上で2匹でくっ付いて寝ている姿を見て、ホッとして眠りについた初日でした。

逃げた母猫と白子猫…どこかで生き延びていますように…

| | コメント (2)