老犬介護

2016年9月27日 (火)

チコの命日(5回め)~ぶーたれてます

チコの5回目の命日です。

先週、雨の中、パパと次男と3人でチコマルの眠る合祀墓地へとお参りに行きました。

チコ…マル…お母ちゃんは今でもあなたたちのことを愛しく思ってます。そして、最近は、たまらなく懐かしく感じています。

なんでだろうね…この頃、ちょっとマリンとの生活に疲れちゃったのかもしれないね。

あなたたちの、ちょいと叱られてもちっともへこたれなくて、少し時間がたてば尻尾をプリプリで、何事もなかったかのようにいてくれた姿が、お母ちゃんの励みにもなったし、家族の笑いのタネにもなってました。

今のマリンとの生活は…ちょっと難しいのよねぇ…。とっても神経質で繊細で敏感で、お母ちゃんが毎日マリンが怖がらずに、嫌がらずに、気落ちしないで生活してくれるかと気をつかい、だけどそれがあんまり効果もなく…ますます変な感じになっちゃってね。

パパと急接近して仲良くなってきたのを、微笑ましく思いつつも、その分お母ちゃんからマリンが離れて行ってるような気がして、何とも言えないもやもやを毎日感じてます。

そんな気持ちを察しているんだろうと思うんだろうけど、マリンはお母ちゃんからご飯をもらおうとしなくなっちゃったんだよね。晩御飯はほとんどパパから。朝はお母ちゃんがダメなら次男から食べるんだけど、お母ちゃんが朝ごはんを食べるのが最後の日だと、マリンは朝ごはん抜きになっちゃうんだよね。食べずに逃げる…その後嫌~な空気が流れ、お昼もお母ちゃんしかいないと食べず、そして晩御飯はパパか次男からお母ちゃんが見てない所でもらうという…

食後の歯磨きガムだけはしっかりとお母ちゃんの所にもらいに来るんだよね。お母ちゃんは食後のガム係になっちゃったのかな…

ご飯の時間になると、ソワソワとお母ちゃんの座る場所から離れたところに行き、目を合わさなくなる。

何とも切ない、気落ちする時間が毎日あるんだよね。

お母ちゃんはどうしたらいいのか、もう、分からないわ。

ご飯の時以外は、そばにくっついてるし、後もついてくる、声かけしなくても夜布団に入れば、一緒の布団でぴったりくっついて寝てるし。

マリンはいったい何を考えているんだろうね?

こんなにワンコとの生活するのに気をつかって、神経すり減らす生活、ワンコとの生活ってもっと楽しいはずだったけど、それはマリンとは望めない事なんだろうか。ワンコはもういいかな…なんて思いがよぎっちゃうくらい、お母ちゃんは落ち込んでます。そんな凹んだ気持ちでいるから、余計にマリンには嫌な感じが伝わって、だめなんだろうけど、考えない事なんて出来るわけないし、本当に困り果ててます。

チコとマルの事はよく叱ったね。スリッパでお尻ペチンしたこともあった。それでもあなた達はすぐに復活して、お母ちゃん~…と、寄ってきてくれた。

マリンはね…お母ちゃんがさっきペチンしてしまったから、おびえた顔して向こうの部屋からじとーっと見てるよ。自己嫌悪と後悔と、分かってもらえないマリンに対しての腹立ちで、なんだか放心、ぼやーん…crying

この暗いトンネルはどうしたら抜け出せるんだろうかね。

チコマルが亡き後は、チコマルが居たころに戻りたいと思ったことはありませんでした。また別れる日が来るのが嫌だから。だけど、今は、あのころに戻りたいなぁ…と、チョット思ってます。

チコ、ごめんなー、ぶーたれたお母ちゃんで。

チコとはちょっと仲良しになりきれなかったお母ちゃんだったけど、やっぱりチコの事は大好きだったよ。今でもチコの耳の感触、爪の硬さ、後頭部のかおり、ほっぺがぷにっとしてた感触、思い出せるよ。

2016927

そっちではマルと仲良くやってるかな。こんなお母ちゃんでもよかったら、待っていてね。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

チコの命日(4回目)~新しいソファ

今回はパパも参加のお墓詣り、初めてだね!

マルの火葬には出られたけれど、チコの火葬には出張のため出られなかったパパでした。今回パパがご隠居様になって初めての命日、ちょうど長男も帰ってきてて、家族四人でお墓詣りが出来ました。

チコ、マル…よかったね~。

お母ちゃんが合祀墓地で『今日はパパも一緒だよ!』と声をかけながら、ワンコチーズをお供えしたの見ててくれたかな?雨がざんざんぶりだったけれど、お詣りしようとしたらほとんど気にならない程度になったよ…もしかして何かしてくれたかな?

雨がいっぱいだったこの夏…ちょっと合祀墓地周りの工事がはいってたのかな。

そして、久しぶりに見かけた墓守さん(猫)!元気だったんだね!

前回見かけたのは2013年のマルのお墓詣りのとき…記事はこちらです。

小橋の下のパイプの上…リラックスできそうにないけど、雨宿りしていました。呼ぶとね、何度でもお返事してくれるんですよ。年末にはマルのお墓詣りに来るから、その時も元気な姿を見せてね。

チコちゃん、チコのお世話を精一杯したせいか、最近ワンコ用の介護用品が充実してきたのが目につくようになったよ。チコの頃と比べたら、ずいぶん便利な品が増えたみたい。お母ちゃんの手作りのベッドとか、寝心地はどうだったかなぁ…。

その頃に利用していたブレスエアーのネットのお店で、老犬介護でブレスエアーを床ずれ防止で利用してたブロガーさんたちの特集があり、その中にチコの様子も紹介されています。

こちらです→オーナー様必見!爽快潔なうちのわんこたち
ネットのお店はこちらです→爽快潔リビング

マルには何も介護という事が出来なかったけれど、その分チコには精いっぱい思いを込めた介護をしてきました。いつの日かまた会えたら、チコはどんな姿なんだろう?若いころのはつらつとした姿なのか、ちょいとしょぼついた、優しい老犬の顔のチコなのか…楽しみにしているからね。マルと一緒に、虹の橋で待っていてね。

何年たっても、大好きだよ、チコ!マル!

------------------clover

さて、前回の日記で触れた新しいダイニング用のソファなんですが、今日届きました♪

どどーん(笑)。

お値段以上、ニトリ…ですが、どうかなぁ…耐久性。一応座面のクッション下にはSバネが入ってます。上に乗せているクッションはウレタンなのでお母ちゃんが座ってりゃ、へたるのは早いでしょう(笑)。

カバーは外して洗えるようですが、最初に配送の手続きをしているときに、サービスカウンターのお姉さんが、布の製品にはこちらをお勧めします…と、繊維用保護材のスプレー(テキスタイルプロテクターW)を差し出されました。気の弱い私は断れず…その場で1895円追加でしたわん…

だけどね、ソファが届いたら使う前にたっぷりスプレーして乾いてから使ってくださいって…無理でしょ!届いたらすぐお昼御飯なのですぐに使いましたさ!スプレーなんてする暇ありません。

最初から通販で(ベルメゾン)伸び縮みするフィットカバーを買ってあったので、そちらをかけました。その方が汚れ防止になると思って…

ダサいわ…色はベージュにしたんだけど、なんだかなー…グリーンにしておけばよかったかしら…

まあ仕方ないですね。お嬢は気に入ったのかな…

笑っちゃうのが、ニトリから間もなく自宅に到着すると電話があったので、今まで使っていた椅子2脚を庭に出しておいたんです。そしたら、自分のいつも乗っていた椅子が庭に出されて不満だったのか、マリンは窓ガラスをカリカリしながら、椅子の方を見て鼻を鳴らしだしたんです。私の椅子がー!…って感じだったのでしょうか。あまりにも必死だったので動画を撮ろうと準備していたらニトリさんが来ちゃって…撮れなかったー。

椅子を庭に出すときは、マリンを抱いて話をして、椅子さんバイバイ…とはしたんですよ~。まるで人間の幼子に教えるようにね。

座り心地はいいのですが、やっぱり回転しないので色んな動きに戸惑います。あと、しっかり座るとお母ちゃんはかかとが浮きます。そのうち足置きでも探すかな~。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

チコ婆やの命日(3回目)

チコちゃん、もうあの日から3年もたってしまったんだね。

あのころのお母ちゃんは、本当に良く頑張ったと思うよ。チコも良く頑張ったよね。

今思うとね、食べなくなっちゃったチコに、シリンジでご飯を飲み込ませたり、スポイトで高栄養ミルクを飲ませたり…あれは、本当に良い事だったのかなぁ…と、思うことがあります。何事も、自然に…自然に任せればよかったのか…。いろいろとしてあげてたことは、かえってチコにとって苦しい事を長引かせることになっていたのかと…最近考えることがあります。

いつの日か、マリンにも同じような介護の時がやってくるかもしれない。

その時、お母ちゃんはどうしたらいいんだろうか…。

寝床の工夫や、痛みや怪我に備えてのバスマット利用はきっとやると思うんだけど、食事に関してはとても難しかったマリンが、いつの日か介護の時を迎えたら、本当に壮絶なことになりそうな気がします。

その時に、チコのように無理にでも口にご飯を入れるべきなのか、自然に任せるべきなのか…今考えても仕方がない事なんだけどねthink

チコちゃん、妹分のマリンの事を見守っていてね。

マルちゃんも、頼むね。

マリンは来月でうちの子3周年記念だね。

とてもお利口さんで、お母ちゃんのお話を首をかしげて、よーく聞いて、理解しようとする子です。いつでもお母ちゃんを目で追い、何をしているのか気にかけている子です。そんなマリンとの毎日が、長く長く続きますようにと、チコ婆やと、マル嬢に頼みます。

2匹で仲良くいつの日か会える日を待っていてね。

大好きだよ、チコ婆や!

マルも大好きだよ!

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (2)

2013年9月27日 (金)

チコの命日&お嬢の異常行動

あれから2年か~…良く面倒見てたよなぁ…って、今でもつくづく思います。お墓詣り…全然行かれてない、ごめんよ、チコ、マル…

もう少し涼しくなったら、電動自転車のバッテリーを満タンにしてお墓詣りに行くからね!その代り、毎日祭壇のチコマルに話かけてます。マリンの手術の時もお願いしていきました。

チコちゃん、この前マリンの散歩の時に柴犬を撫でさせてもらったんだよ。チコは雑種だったけど、柴ちゃんの後頭部や背中あたりの手触りがチコにそっくりで、すごーく懐かしく感じたよ。今でも、寝たきりのチコの前足を握った感触は手に残ってるよ。爪の硬さとか、長さとか、しっぽの毛が硬めだったなとか、耳の周りの毛が凄く軟らかかったとか。

チコ婆ちゃんになって、たくさん抱っこで来て、たくさんチューが出来て、たくさん一緒に寝られたことがお母ちゃんは嬉しかったよ。

またいつの日か、会えた時はたくさん抱っこするからね。マルと一緒に、マリンを見守りながら待っててください。いつの日か、チコとマルに会えるのを楽しみにしているから。

チコ婆やのこの目を閉じた穏やかな顔が大好きだったよ。

------------------

術後のマリンですが、異常行動連発で困ってますsweat02

置いて行かれたショックがあまりにも大きかったようで、帰宅後からずっと、私を小走りで追いかけ、常に足元にいる状態です。とにかく追いかけまくられてます。

座れば飛びついてきて、肩までよじ登り、肩に顔を乗せて動きません。トイレも一緒に入るのが当たり前、閉めちゃおうという前に入られてます。夜中にトイレに起きても、即追いかけてきて膝の上…。ご飯食べてても、何としてでも膝に乗ろうとするので乗れないようにしても、延々と腕を引っ掻き、乗ったら最後…首にしがみついてきます。

先生にも話したんですが、『マリンはね~、もともとそいういうキャラだし(笑)』ですって~。確かにそうですが…でも帰宅後はちょっと異常かも…

お尻も痛いというよりも痒みがあるようで、舐めちゃって赤くなってます。夜は痒いらしく、まともに寝られ無いようで、何度も起き上がり座って、クルクル回ったり…

昨日はいたたまれなくなり、私が顔の痒みに使っているラナケインを塗ってあげました。そしたらしばらく大人しくなって寝てくれました。

先生にも伝えたら、すぐに調べてくれて、ラナケインならいいよとの事でした。本当は、フィラリアとフロントラインを頂きに行って、ついでにかゆみ止めをもらおうと思ったんですが…、在庫が無かったようで…それでラナケインの話をしたのでした。

このお嬢の異常行動はいつまで続くかなぁ…。抜糸して(10/4)スッキリしたら落ち着くのかしら…

PC中もこんな状態。下から頭をぐいぐい押しつけてきますよ。

パジャマズボンで失礼(笑)

パパのお仕事のお手伝いで入力中も太ももやお腹をボリボリボリボリ…

頑として乗せなかったら、床に伏せていじけてました。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (2)

2012年9月27日 (木)

チコの一周忌

あの日から一年が経ちました。

今思うと、何でも適当でのらりくらりとやってきた私が、あそこまで徹底的に何かを(老犬介護)を悔いが無いくらいにやり遂げられたのが、今となっては不思議なくらいです。誰も私の代りがいないとか、私にしか思いつかない、気が付かない事ばかりなんだと分かってたし…。

体調を崩し、自信も失くし誰の役にも立てないんだと落ち込み切っていた頃に、チコ婆やはお母ちゃんを奮起させ、たくさんの仕事をくれて、たくさん突き動かしてくれました。

そして、チコ亡きあとにも、ちゃんとマリンと言う後輩ワンコをお母ちゃんにプレゼントしてくれました。これは誰にどう思われようと、私にはマリンがチコとマルがお母ちゃんに与えてくれたワンコだと思っています。うまく説明できないくらいの、色んな何かを感じてマリンを見つけて迎えました。とっても、とっても扱いの難しいワンコだけれど、それはそれで、またお母ちゃんがくたーっとならないように、プチプチとお仕事を与えてくれているのでしょう。

マル…そしてチコが亡くなってから、いつでも手放さなかったチコとマルの首輪…。寝るときは必ず枕元に置き、時には握ったまま寝ていました。この何ヶ月はそれをやめました。無くても大丈夫と言うわけでは無いのですが、もし、地震などが起きて逃げるときに無くしたくないと思い、今はマリン用の避難用品を入れたバッグの中に入れています。一か所にまとめれば探すのも楽だろうし…

マリンのおかげで、今のお母ちゃんは笑えるようになったし、お散歩として外にも出られるようになりました。チコの一周忌にはマリンの存在の大きさがどれだけなのかが外せません。チコの面倒を看きったからこそ、悔いが無いくらいに面倒を看させてくれたからこそ、すんなりと新しい出会いに気持ちが向いたんだと思います。チコは徐々に、2年をかけてお母ちゃんにマリンとの出会いを準備してくれていたんだと思います。

ありがとう、チコ。マルもありがとう。

もう、目も見えて身体も思いっきり動かせているね。毎日マルと他の仲間たちと女子会かな?リンゴも梨もおやつも食べ放題だね。お母ちゃんに何事もなければ、お母ちゃんがそっちに行く前にマリンがチコマルを頼ってそちらに行くからね。やさしくむかえてやってね。お母ちゃんとまた会う日まで、楽しく過ごすんだよ!

またね、チコ…、マル…大好きだよ!

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (6)

2012年9月24日 (月)

チコちゃん、お待たせ!

間もなくやってくるチコ婆やの一周忌(9月27日)。一度もお墓詣りをしてあげられてなかったので、この日までにどうしてもお墓詣りに行きたかった…。うちには車が無いので、いつも両親宅の車を借りてましたが、父も目が心配になり車を引退しました。長男はひとり立ちしたし、免許を取った次男は大の運転嫌い…まあ、車が無いからペーパーにならざるを得ないのですが…。

とにかくお墓詣りしたくても足が無い。タクシーじゃちょっと…。

27日は大事な用事が入ったので行かれません、本当は明日25日に行く予定だったのですが、雨の予報を知り、急きょ今日に変更。何とか長距離でも走行できるかなと思えるくらいの気温になってきたので、思い切って行ってきました。片道35分くらいだったかな。後半はほとんど緩やかな上り坂なので、電動自転車だから行かれるような感じでした。

午後でしたが、思っていた以上に人がいっぱい。お供えのお花もどこに挿したらいいのか困るくらいいっぱい。お供えはデビフの缶詰と、ワンコ牛乳を。本当はリンゴと梨を持って行きたかったんだけど、生ものはカラスにやられるそうで、お掃除の方が大変との事…。自宅でお供えすることにしましょうか…

ずっとお線香の辺りを片付けている女性がいましたので、挨拶したんだけど無視…別にいいけど、なんだか嫌な感じなのでゆっくりと、心ゆくまでお参りできなくてちょっとがっかり…。その代り、出口あたりでたくさん小声で『また来るからね』『一緒に(チコとマル)仲良くしててね』『マリンを守ってね』と言ってきました。これくらいの時間で来られるなら、年内にもう一回来てあげようかな。目がウルウルだったので、帰り道の坂道では風が目に沁みました…

もっと近くで撮りたかったんだけどね…今回はダメでした。誰もいない時に来たいわ…

お母ちゃんがお昼に急に思い立って出かけちゃったもんだから、マリンには心の準備が出来てませんでした。ちょっとは言い聞かせたんだけど…『え?なに?なんのこと?』のようで、首をキュッキュッと左右にかしげてました。

ちょいと納得のいかないお留守番だったようで(ジジババ宅でね)、帰宅後はご機嫌ナナメ。お散歩に行ってもイマイチ…晩御飯は思いっきりプイされました。大好きな梨で釣ってもダメ。ま、明日の朝には食べるでしょう。夜もお母ちゃんが布団に行けば、もそもそともぐりこんでくるでしょう。

今日は足がヨタヨタだ~。早く寝ようっと。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (2)

2011年12月30日 (金)

マルの命日&チコの納骨

マルの二回目の命日です。あれから二年…二年後にマリンというマルの妹分を迎えているとは考えてもいませんでした。マルとは顔も性格も全然違うけれど、触った感触、後頭部の香り、お耳の匂い…夜のお布団の中で抱き寄せたときの感じがマルを思い出させてくれます。チコ亡き後に、一時はワンコとの生活を諦めなくちゃならないかもしれない時期がありましたが、チコが亡くなって数日後にママ友の愛犬の鈴ちゃん(シー・ズー)を預かり、夜には顔が疲れるほどの笑顔がいっぱいの半日を過ごして、私にはワンコがいないとダメなんだと思い知りました。パパの許しが出て、チコの49日を待たずにマリンの里親になりましたが、あの時日数にこだわってマリンをあきらめなくて本当に良かったと思います。何か引き寄せられるものが感じられる不思議な期間でした。口ではうまく説明できないけれど…確かにチコとマルに導かれていたような気がしました。

この日にチコの納骨をしようと決めていました。マルの命日にチコを連れて行き、1月5日の早朝に合祀墓地に散骨できるようにしようと考えていました。

最後に一目会いたくて、ふたを開けてお骨を撫でておきました。ちゃんと頭部が一番上にしてあったので、たくさん頭と口元を撫でてあげました。

チコの骨壺の模様は【すずらん】です。私が選びました。すずらんの花言葉のいくつかの中に【幸福の再来】と言うものがあると知ったのは、マリンがうちに来ると決まった後でした。いくつか選べる骨壺の柄の中から、迷わずにすずらんを選びました。直感というものなのでしょうか…本当にマリンと言う幸福がやってきました。

チコちゃん…来月にはマルと一緒のお墓に行かれるんだね。お兄ちゃんが(長男)来年2月にはひとり暮らしを始めるよ。それまでにはお墓詣りに来るからね。マルと一緒にこれからの家族を見守ってね。よろしく頼むよ。

マルちゃん…二年たっても愛しさは全く変わらないよ。これからもずっと変わらないよ。これからもずっとずっと愛し続けるからね。そして、妹分のマリンを見守ってあげてね。お願いね…

今年は元旦に義父の急逝と言う幕開けでした。相変わらず私は周りに心配と迷惑をかけっぱなしの一年となってしまいました。未だに自分のすること、これからしなければならない事の不安が拭い去れずに今に至っています。来年は少しでも前を向けるといいのですが…

チコに対する懸命の介護、そして見送り…そしてマリンとの出会い。とても目まぐるしく、心の中の動きが激しい一年でした。来年は長男がひとり立ちします。心配は計り知れません。子離れできないと思われるでしょうが、最近は口げんかが増えたとは言え、会話の多い親子でもあるので密着した22年が終わるかと思うと、その先の生活に気持ちの切り替えがうまく出来るかどうかと言う不安があります。もう22歳ですから、何とかなるでしょうが…

明日の大晦日はマリンと二人きりです。息子たちはバイト、パパはすぐ前の実家に泊りです。マリンと【笑ってはいけない】を見て、少しでも笑って2011年を送りたいと思います。

今年、こんなブログにコメントを寄せてくださったり、メールなどで励ましやアドバイスを下さった皆様、ありがとうございました。

そして、老犬介護仲間である皆様、皆さんの愛犬が少しでも長くご家族と優しい時間を過ごせますように願っています。

また来年…どうぞよろしくお願いいたします。

来年もマリンがジジ&ババと仲良く過ごせますように。

※ほんの一粒のおやつのために【待て】でジィジと見つめ合う毎日です。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (4)

2011年11月26日 (土)

頑張ってる…かな?(動画あり)

あれから、マリンは頑張ってご飯を食べるようになってきているようです。

カリカリフードは封印し、セミモイストタイプのフードを朝と夕に出すようにし、その時に食べなくても黙ってそのまま置いておきます。大体は、お散歩をした後に食べるように促すと食べるようになってきました。最初は私の手のひらからじゃないとダメですが…、勢いがつけば器から食べてくれます。

まだ困った部分は、食べる場所かなぁ…それと私が留守の時に息子がご飯を促しても食べない事も…。場所はベッドの上とか、普段私が食事をする時の隣の椅子の上とか…。ベッドだと伏せてる状態で食べてたり、いちいち器からフードを出してこぼしてみたのを食べてみたり…

まあ良いよ!今はそれでも良いよ!あんなに食べてくれなかったのが、ちゃんと食べるようになってくれたんだもんね。グダグダ言わないよ…今はね(笑)。そのうち、ゆっくり直していきましょうね、マリン。

動画が溜まってきたので一気にアップします。

★お散歩のあと、お昼前にやっとご飯を食べてくれました

★私の父がお座りしかできなかったマリンに教育中(笑)

★長男と約40分ほどのお買いものから帰った時の半狂乱なお出迎え。どうやら留守番の間中はずっと鳴きっぱなしみたいです(留守中に我が家の前を愛犬の鈴ちゃんと散歩で通るママ友の証言)。ちょいと教育したほうがいいかも…(汗)
danger散らかるお部屋は見なかったことに…(;^_^A ア

★チコ婆やの晩年のロープ遊び姿です。遊ぶというよりも、噛んで放さないだけなんですが、チコにとっては唯一の気分転換だったのかもね…




にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

チコの四十九日(動画あり)

早いもので、チコの四十九日を迎えました。

マリンがうちに来てから、あと三日で1か月です。本当に目まぐるしく、いろんなことや、いろんな思いがあった期間でした。

私の気持ちの中だけの事なのかもしれないけれど、マリンはきっとチコとマルが導いてくれた運命のワンコだと思っています。チコ亡きあとにこんなに早くうちに迎えるとは思ってもいなかったし…。今はずっと前から居たような感覚で毎日過ごせているし…使っているものはチコマルが居たころの毛布だったりするし、マルのお下がりの服も多いです。

だから、毎日チコ、マルには感謝感謝です。毎日布団に置くチコマルの首輪…マリンを守ってくれているようなお守りのような感じです。

チコは無事にホトケ様になるための修業を終えたのかしら。今晩、ちゃんとお空に昇って行かれるでしょうか。マルはちゃんと迎え入れてくれるでしょうか。

マルの時と同じように、日付の変わるころには骨壺を抱きしめて送り出してあげようと思います。

マリンが来てくれて、本当に毎日が嬉しく楽しいです。困った部分もあるけれど(ご飯関係)、いずれ落ち着くでしょうし…。チコとマルが居たころと同じように、頼り切った眼差しをまっすぐ向けられると、本当に愛しくてたまりません~。

長男は帰宅後に、抱っこをせがむマリンを抱いたまましばらく降ろさず、夕飯を食べるときは隣にいるマリンを眺めながら食べています。食後はまったりと抱きしめちゃって、優しい手つきで撫でまわしています。

次男が帰宅して自転車を置く音がすると、すぐに玄関まで迎えに行きます。玄関を開けると、チコマルが居たころのようにマリンが出迎えてくれて抱っこをせがむ…嬉しい帰宅が続き、愛しさ倍増でしょう。

パパには…少しだけ慣れてきたかな。先日はパパが帰宅後に、すぐに前にある義両親宅へと泊りに行くので(義母が一人になるので)洗面所で歯磨きをしていたら、マリンの方からパパの足元へ行きパパを見上げていました。私がパパに『そういう時にひと撫でするといいんじゃないのかな』と話すと、しゃがんで撫でてくれていました。私の前じゃ気恥ずかしさがあるのでしょう…優しい撫で方ではありませんが…ちょっとずつ距離は縮まりそうな感じです。

ジジババにもかなり慣れてきました。お散歩のときは寄るのが当たり前になってきたので、すんなり家にも入っていきます。

チコの四十九日なのにマリンの事ばっかりだね、チコ(笑)。でも、チコとマルがいなければ、マリンには会えなかったよ。マリンがそばに居ると、不思議とチコマルを感じます。口じゃうまく説明できないのだけど、いつでもどんな時でもマリンの事が頭にあるように、同時にチコマルの事も頭の中にあるからかなぁ…

今日を境にチコはこの家から旅立ち、お母ちゃんたちとは新しい関係になるんだね。チコはマルと同じようにお母ちゃんたちを見守ってくれる立場となり、お母ちゃんたちはチコ達に見守ってもらう立場になる。私たちの新しい関係をこれから築いていくんだね。よろしく頼むね、チコ。マルも引き続きよろしくね。

可愛いチコとマル。愛しいチコとマル。あなた達との毎日は宝物です。ずっと大切に心にしまい、ずっと愛して生きていくよ。また会ったときは、たくさん抱き合って再会を喜びあいましょう。

チコの生前最後の動画です。パパと次男が夕飯中でテレビを見ながら雑談している声が入ってます。首が反っちゃってるので顔は向こう向きで映っていません。チコの前足の感触、爪の硬さ、肉球の間からはみ出た毛の感触まで覚えています。幸せな老犬介護生活だったよ。チコの介護仲間だった皆さん、お元気かしら…みなさん、穏やかにママさんと過ごせていますように…





にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (2)

2011年10月27日 (木)

チコの初月命日~ちょい困ったちゃん

チコが亡くなって、一か月がたち初めての月命日を迎えました。

この一か月はものすごく目まぐるしく、慌ただしく、気持ちの整理とか踏ん切りとか新たなることへの挑戦とか、なんだかわけのわからないくらいの日々でした。

まだ一か月前の事だというのに、もう新しいワンコが家にいて、しかもすっかり馴染んでしまっていて、まるでずっと前からこんな生活だったような気もするような…

言葉とかじゃ言い尽くせない、すごい一か月だったと思います。

チコ…今チコはどこにいるのかな。49日まではこの家の中なんでしょう?だったらお母ちゃんの様子はわかっているよね。マリンが来てから、お母ちゃんは急に笑えるようになった。チコマルが居たときと同じように、独り言や即興の歌が生活の中に戻ってきた。お母ちゃんのあとをついてきては見上げるワンコに対して、『なぁに?お母ちゃんはね、ご飯つくってるのよ~』『何かご用事?』『あなたはどこのおぴめ様(お姫様)?』とペラペラ喋ってる様子を見ているよね。

これがチコとマルの知っているお母ちゃんなんだよ。いつものお母ちゃんなんだよ。もう二度とこんな生活が戻らないと思っていたけれど、何とか取り戻せたよ。なんだか良くわからないのだけれど、チコには『ありがとう』しか言葉が見つかりません。周りから『どうして?』と聞かれたとしても、うまく答えることができないけれど、マリンがうちに来たのは、チコとマルが導いてくれたとしか思えないんだよね。だから、チコとマルの写真を目にすると、『ありがとうね』って思うんだよね。

マリンがうちの子になって、本当に毎日が嬉しいよ。だけど、やっぱりチコとマルには会いたい。マリンはマリンなんだよ。チコとマルの代りにはなれないんだよね。チコはチコ、マルはマル、マリンはマリンなんだよ。

チコ、ありがとう。何度でも思えるよ。マルもありがとう。これから先、あなたたちの写真に語りかける言葉は『ありがとう』しか見つからないかもしれない。それくらい、感謝しています。

-------------------

さて、マリンお嬢ですが…やっぱり食事に関しては困ったチャンが続いています。というか、ご飯を喜びません。『ご飯だよ~』と、食器を鳴らしたり見せたり、フードを見せたりするのですが、チラ見するだけでお気に入りのソファや椅子から降りても来ません。

ナチュラルチョイスよりアーテミスの方が好みらしく、アーテミスにほんの少し風味づけでレトルトのを混ぜてあげています。出来上がったご飯を鼻先に持っていくと、やっと立ち上がるんですが、ご飯のところまでは呼ばないと来ません。

もう少し落ち着いたらほかのを覚えようね。

この時に何粒かフードを下にパラパラ落とします。

朝・昼に残すタイプかな。夜になると完食することが多いです。だからあまりうちではおやつをほとんどあげません。ジジ宅で細くて柔らかいシニア用のささみのおやつを、ほんの少しだけもらう程度です。

今朝はほとんど食べず…そのうち口の中にフードを入れたままソファに上がり、ソファの上の毛布にバラバラっと出して散らかしました(うちに来てから二度目)。今回も思いっきり大きい声で『ダメでしょ!』と叱りました。びっくりしてじっと目をそらさずに見上げ、そのうち反省したような態度でしょぼくれ…。汚れた口の周りを拭いて、あとはすぐに食器を片づけ、お母ちゃんは知らんぷりし続けます。いけないことを教えなくちゃならないからね…ちょっとつらいけれど、これができるのはお母ちゃんだけだから…。

寒いのと叱られたことでプルプル震えながら、毛布に包まってソファからこっちを凝視しているのが良くわかるけれど…お母ちゃんはそこんところ厳しいからね、マリン!

その後、ババちゃんが様子を見に来て、マリンが叱られたことを知り、思いっきり撫でまわし『贅沢こいちゃいけないのよ~、わかった?』と慰めてました。

毎日、今日はちゃんと食べてくれるかと言う気持でご飯をやってます。夜はほとんど完食なのでどこか悪い病気がとかは考えていませんが、近々狂犬病の接種をする時に先生に診てもらいましょうね、マリン。『贅沢病』…かなぁ~?

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧