観賞日記

2023年12月31日 (日)

12月後半色々~14回目の命日~さよなら2023年

あぁ…年内にもっと更新しなきゃと思いつつ、ずるずると…大みそかになってしまいました😢

↑↑日ごろから音楽系のライブに行きますが、このタイプは珍しい私。パパがとってる新聞の読者は割引というチラシがあり、コロッケさんと美川憲一さんの…面白そうだなーって。

面白かったですよ、コロッケさんは顏芸炸裂、美川さんは衣装が凄かった。皇室の方のドレスのデザイナーさんが手がけたという黄色の衣装がひらひら綺麗で凄かった。前方の座席の方たちには香りも届くようですよ。

ただ、残念なのが3階席。顏芸が見えないー。次の機会があったらもっといい席で観たいな。

↑↑こんなに大きなツリーを見る機会はあんまりないですからね。ワクワクします。

↑↑北島三郎さんからのお花。前から噂になってますが、八王子の高い高いビルというか、下は商業施設、このホール(昨年2022年の達郎さんライブのツアー初日はこのホール!)。上階はマンションのようで、北島さんはこのマンションにいらっしゃるとか。

コロッケさんと美川さんは、コンサートが終わったらご挨拶に行かなくちゃと仰ってました🤭

↑↑さて、クリスマスにはマリンお嬢にはお洋服のプレゼント。

↑↑チロルとマルコはテント型ベッドを。見た目で私が気に入ってしまった。

↑↑久しぶりにジョイフルへ。最近は年に2回くらいしか行かなくなっちゃった。この辺にホームセンターも多くなり、あまり珍しくなくなっちゃったからなぁ。

マリンも15歳を迎えて、おしっこを我慢するのも心配になってきたし…あまり無理もさせられないのもあります。

↑↑いつもはおしっこを必ず1回はしてくれたんだけどな。この日は3回トライしたけどしませんでした💦

↑↑お昼はフードコート(ペット可の部分)で。マリンは私が持ってきたおやつをガン見。

すぐ隣は3匹のワンちゃん。大人しくしてましたが、その隣に大型犬が来たらお互いに吠えまくって大騒ぎになってしまってびっくりしちゃったんだけど、耳が遠いマリンは全然気が付かず…おやつをガン見でした。全く聞こえないわけではなさそうだけど、すごーく遠いようです。

↑↑で、ジョイフルの帰りはここに来ないと!私のパワースポットです。年に2回くらいは来たい。来られないと、ソワソワするのよ。今回はお花がいっぱいでした。今年10年ですね…大滝さん…毎日聴いてますよ🥰

↑↑さてさて、こちらは1000ピースのパズルです。酷暑が終わり、やっと地獄の暑さの2階の納戸の整理に手が付けられました。そこで見つけた古いパズル。

↑↑仕分けされてるピースを見て、ジワジワ寄ってくるマルコ💦ヤメテー、来ないでー💦

↑↑年内にはと思ってたけど、ぐるっと一周の枠部分だけ出来たら止まってます。新年にできるかなぁ…

↑↑マルコと自撮りツーショット♪

マルコは毎晩寝る前に、身柄を確保されて私とワンにゃんが寝る元和室に入れられて、格子戸を閉じるのですが、そろそろマルコを捕まえなくちゃという雰囲気が伝わるのか、その前に必ず逃げますの。

ほぼ毎晩、こたつの中をのぞくと外側に逃げ、追うと隣の増築部屋に逃げ、捕まらんのよ…困ったちゃんです。

↑↑甘ったれ、甘い声のチロル嬢。気が付くといつの間にかそばにいる感じの子。

------------------

今日はマルの14回目の命日。あの日からもう14年か…

年末なのでこの時期はいつもお参りが多くてゆっくりできないのですが、今回は早めに行ったのでゆっくりできました。

毎月月命日にお参りに来ているという老夫婦とおしゃべりしました。

おじいさんは、「家族だもんね~」と仰ってました。そう、家族だよ…。

マルちゃん、チコちゃん、そして両親宅のゴンタ。妹分のマリンの長寿を見守っててね。頼みますよ。

↑↑来年、うちのアパートの1階が空けばそちらに独り暮らしを始める予定の次男。すぐ近所なので、よそのアパートに行かれるよりは安心ですが、いつ空くかわからない。そのうち痺れを切らして別のアパート行くと言い出すかもわからない💦

なんとなく、今回のお参りは長く手を合わせてたように見えたな…

2023123115

↑↑ほかのお参りの方がいたのであまり写真が撮れず正面のが撮れなかった。

今年は、高齢になった(父92歳、母86歳)に変化が見られ、母は特に特有のものが出てしまいました。今は脳神経外科に通い、お薬を飲ませていますが、治るわけはなく、進行が緩やかになるという感じですが、特に変化は感じません。相変わらずの調子ですが、よいとすれば自分が納得して飲んでいる分、不安感は少し減ってる感じ?

でも時には、酷く落ち込むことがあったりすると(大体は父の一言が良くなかったり、言われたくないことを言われてへそを曲げてという感じ)持病の神経性胃炎が始まり、そこから数日間は食事もとれず、痛い痛いとなり、気も落ち込み…こちらも大変です。私が脳神経外科に代理受診をして、頓服のようなお薬を気落ちの激しい時に飲ませられるようにいただいてきたり、私が一人で動くことが増えました。

ご飯のおかずもわけることが増えました。ちゃんと食べてるのは父ばかり…母は偏食なので困ってます。両親にもよく言うのですが、ありがたいとか助かるとか言われ、迷惑ばかりかけてすまないともいわれますが、迷惑とは思ってないと。だけど、迷惑だと思うのは「いうことを聞いてくれないこと」だよと。老いては子に従えと自分たちで言うくせに、いざという時に言うことを聞いてくれない。これが何よりも一番困るし迷惑と伝えてます。

親子ですからね…ケンカにもなります(母と)。一番我慢してるのは父なんでしょうね。父が一番の理解者であり、母のなだめ役です。

良くなることはないでしょう…来年はもっといろんなことがあるでしょう。私にもいろんな覚悟と、忍耐と、大らかな気持ちを持つことが必要になるでしょう。さっき言ったよ、だから前にも言ったよ…この言葉が通用しなくなってる現状が日常に出ています。

来年はもっと頑張れ私…なのですよ。頑張るしかないのですね、はぁ…やるっきゃないね…バイバイ2023年!

| | | コメント (0)

2023年6月 8日 (木)

ドラゴンクエストコンサート~3回目の免許更新

57歳の誕生日ということで、お嫁ちゃんが提案してくれて、J:COMホール八王子でのドラゴンクエストコンサートに行ってきました。
提案してくれた時はすでにチケットが完売でしたが、キャンセル待ちに申し込んでくれていて、無事にチケットがゲットできました♪
八王子駅すぐそばのホール…ここは去年達郎さんがライブツアーの初日を飾ったホールでした。とってもステージが見やすいホールでした。ここで達郎さんを体験出来たらどんなに良かったかな~…なんて思っちゃった。
八王子市民でもこのホールは来たことがありませんでした。まだ新しいということもあるしね。
何度か一人で運転して八王子駅には来ているので、運転してこようかなと思ったのですが、時間はおそらく夕方に帰ることになるし、そんな時間に運転はしたことないし(いまだに夜の運転はしたこと無し)、勝手が違うだろうということでパパが気を使って送迎してくれました。
皆に感謝だね。

202364

↑↑この指揮者さんテレビで何度か見かけたことがありますなー。東京都交響楽団さん…東京交響楽団さんとは違うのですね?【都】が付く方の楽団なのですね。ドラゴンクエストのオーケストラ演奏ではおなじみの楽団なのだそうです。

↑↑キャンセル待ちで19列とはなかなかいいんでないの?

↑↑お花がありましたのでパチリ。係の方は、お花を撮影される方はこちらからお並びください…と。やっぱりこういうのは見ておきたいですね。

↑↑完売の張り紙が。親子連れ、いかにもゲーマーな感じの人、いかにも管弦楽器をやっていそうな感じの人…色んなお客さんがいましたね。

↑↑おお、いい感じの席ですよ!

↑↑前の通路が広い席で、とても座りやすい席でした♪

↑↑チケットの半券を切ったら、すぐにパンフレットですと渡されました。個別でのパンフレット販売はなかったようですね。

↑↑アンコールの曲名は終演後に張り出されていました。
まだすぎやまこういちさんがご存命の頃、ドラゴンクエストのコンサートに行ってみたいなと思っていました。そのころは心身ともにボロボロの状態でして、電車に乗っていくというのが難しく、気力もわかず、YouTubeで演奏を見て、CDで交響組曲を購入して聞くという状態でした。そのころには八王子にコンサートホールもなかったしね。別の場所であったかもしれないけれど、その当時の私に行くのはどうしてもできませんでした。
今回は行き慣れた八王子駅そばだし、誕生日に近いといういいタイミングでお嫁ちゃんはこのコンサートを見つけてくれました。
連日のようにゼルダのプレイで夜更かし続き、前夜も深夜2時までやっていたので、寝起きが悪かった🤣
もしかしたら…大人しい曲では寝てしまう可能性が…💦
だけど、そんなの全くなくて、プロのオーケストラ生演奏にくぎ付けでしたよ。交響組曲はよーーーく聴いているので、どれも知っているものばかり。生で見ると、あ…この音だったのか~、こんな感じでやっているのか~…的な、感動とか驚きが大きくて、眠さなんかまったくなくて、本当に楽しめましたね。
特に戦闘の曲では、ちょっと出番があまりなくて気になってしまった打楽器の方がさあ行くぞという感じで身構えだして、盛り上がりで響くティンパニー、大太鼓、シンバル…鳥肌たちましたわ。
ソロパートも美しく、力強く、すべてが合わさった音色のすばらしさ、オーケストラのコンサートって、聴くだけじゃなく見る楽しみも大きいのだと初めて気が付きました。指揮者さんの動きもそう。それぞれ個性があるけれど、素晴らしかったですよ。
あと、とりあえず演目が終わり、あとはアンコールがどうなるかなというあたり、指揮者さんは何度も出たり入ったりするのね🤣
引っ込んだら、すぐに出ていらして、またすぐに引っ込んだら、またすぐに出てくるという。ちょっと面白かった(笑)。これがオーケストラのコンサートのいつものことなのかしら?
今回はドラゴンクエストⅤだったので、私が大好きなあの曲はやらないと思っていたのですが、アンコールの一発目できたよ!
もうもう、聴けると思ってなかったから、何度もすぎやまこういちさんが自ら指揮をしている、この同じ東京都交響楽団での演奏をYouTubeで見ていたから…感激で、身震いして、涙腺が崩壊してしまいました。
あぁ…ご存命の頃にやっぱり行ってみたかった。
どれもこれも素晴らしかった。演奏、指揮、素晴らしい曲を残してくださった、すぎやまこういちさん。ありがとうございました。長男夫婦もあんがとー🥰

帰りはCDやDVD、楽譜が販売されていたので、CDを購入してきました。
しばらくは、ゼルダをプレイしつつ、日常に聞く音楽はドラゴンクエストとなりそうです!

----------演目----------

すぎやまこういち

交響組曲「ドラゴンクエストⅤ」天空の花嫁

---第1部---

・序曲のマーチ

・王宮のトランペット

・街角のメロディ~地平の彼方へ~カジノ都市~街は生きている~街角のメロディ

・淋しい村~はめつの予感~さびれた村

・愛の旋律

・空飛ぶ絨毯~大海原へ

---第2部---

・洞窟に魔物の影が~死の塔~暗黒の世界~洞窟に魔物の影が

・哀愁物語

・戦火を交えて~不死身の敵に挑む

・高貴なるレクイエム~聖(ひじり)

・大魔王

・天空城

・結婚ワルツ

---アンコール---

・この道わが旅(ドラゴンクエストⅡ『悪霊の神々』より)

・そして伝説へ(ドラゴンクエストⅢ『そして伝説へ…』より)

・序曲Ⅳ(ドラゴンクエストⅥ『過ぎ去りし時を求めて』より)
……………………………
2017年12月15日に奇跡の一発合格となった運転免許(オートマ限定)ですが、この度3回目の免許更新となりました。
遠くに行かない、高速乗らない、乗ったことのない夜は運転をしない、いやだと思う道は行かない…など、ビビりなドライバーですが、何とか事故らず、こすらずに乗れています。一度だけ、去年…道に迷い、新しい道でナビが働かず、迷い迷ってのろのろ運転で、行き止まりをどっちに曲がろうかと左折したら、白バイさんとこんにちは😱
道に迷われてましたか?…と、わかってはもらえていましたが、もろに一時停止を超えていたので✖でした~。
一時間の講習がありました。

↑↑次は5年後です。次は、ゴールドだといいんだけどなー。

| | | コメント (0)

2023年4月28日 (金)

(超長文)エリック・クラプトン LIVE AT 武道館2023

私のブログのモットーとして自分史、覚書ということもあるので、超長文となっております。

すったもんだありましたが(←もうあまり触れないようにしなくては😅)、クラプトンLOVEのパパの誕生日に次男と一緒に購入したエリック・クラプトンの武道館ライブに行くことができました。いやー、なんだろう…素晴らしかったとしか言いようがない位、まだ余韻に浸りきってます。毎日毎日クラプトンを流して、御年78歳のクラプトン…もう最後かな…とMCでぼやいていたようですが(お客さんの反応は、そんなこと言わないでーみたいな)、ぜひぜひぜひぜひ…また来てほしい…お疲れかもしれませんが💦とても78歳のおじいちゃまには見えませんでした。渋くて、かっこよくて、セクシーなイケジジー様でした。何でもっと前から聞いてなかったんだろうと思ったよ。今になってこんなに好きになるとは!
なんと、海外ミュージシャンで日本武道館公演を100回もしたのがクラプトンさんで、4月21日がその100回記念日だったそうです。私らが行った日は102回目の公演となったのですよ。どんだけ日本好きですか、クラプトンさん!
どうも原宿のとあるとんかつ屋さんのとんかつが大好きだそうで、来日のたびに食べに行くんだとか。あと、洋服も裏原宿あたりで買いまくりだそうですよ。巷ではクラプトンさんはライブをしに来日してるんじゃなくて、とんかつを食べたり、買い物をしたり、格闘技を見るために来日して、そのついでにライブをしていくんだという話なんだそうですが🤣ほんまかいな🤣
まあ、そう言われるほどライブ以外でもお忍びで来日して、あちこちに出没してらっしゃるそうですよ。うーん、素敵💓
私はあまりたくさんクラプトンさんの曲は知らず、有名な曲しか知りません。ただ、クラプトンさんの人生が壮絶だということは知っています。幼少期のこと、女性関係云々、薬物&アルコール依存のこと、克服したころに幼い愛息の死…誰もがまたクラプトンさんは過ちを繰り返すのではと心配していたけれど、引きこもっている間自分はギターを弾くしかなかったと、愛息に捧げる有名なあの曲(Tears in Heaven)を引提げて復活。何ともさみし気な表情であの歌を歌う姿が私の一番のクラプトンさんの印象なのですよ。

色々と身体に悪いあれこれをしてきてしまったクラプトンさんですが、御年78歳でも身体を壊すことなく音楽活動を続けることができて、今年音楽活動60周年のようですね。100回公演記念&60周年記念、凄いですがクラプトンさん自身はあまり重大なこととはとらえていないのか、単なる人生の通過点、いつものことという意識なのでしょうか。ライブでは割とあっさりだそうですね。

21日が100回記念の日で、アンコールの前に100本のバラの花束と、記念楯が贈られるシーンがあったようです。万雷の拍手で大変盛り上がったようですが、だからと言ってクラプトンさんは特別に何かプラスして演奏することもなく、あっさりといつも通りに終えたとか🤣

しかも、クラプトンさんといえば超有名な曲が「レイラ」ですが、アコースティックでやるレイラではなく、エレキでバリバリのレイラをこの武道館では披露していたので皆喜んでいてその日もそうだと思っていたら、この日にセットリストを変えてしまったようで、この記念の日に「レイラ」をやらずに「コカイン(これも合唱ありで人気曲)」に変更してしまったようです。

でもこの記念の日だから、きっとやってくれるとみんな思い、アンコールが終わって帰るクラプトンさんにもう一度のアンコールの手拍子とともに「レイラ!レイラ!」のコールがあったようですが、パッと電気がついて完全終了と分かり皆さんがっかりだったとか。中には半泣きの男性が「なんでやってくれないのー!クラプトンのバ●ーー!」と叫んでいたとか💦

クラプトンさんにとっては日本人がそこまでレイラに思い入れがあるとは思っていないのか、自分流のスタイルは変えないお方なのですね。結局その21日以降の22日と私らの行った最終日の24日はそのままのセットリストで、レイラなしの内容でした。

↑↑来たよ、来たよー♪電車パニックの女房のために2度も駐車場の確認に前もって来ていたパパです。覚書として記しますが、日本武道館真ん前の駐車場は開くのは17時です。実際には少し早めの16時半過ぎには開けたようですが、長蛇の列ができており、あれじゃ入れずに終わる人が多いのではないかな。うちもそこに入れようかと思ってましたが、開く時間を考えると行動が色々と制限が出てきそうなので、早く開く別の駐車場を選びました。

それは科学技術館の駐車場です。武道館までは歩きますがほんの5分程度です。平地の駐車場ですが、14時過ぎに入っても余裕でした。管理の人はいなくて機械でチケットを入れて支払うタイプ。最大でも2000円です。そして終了時間は22時です。この駐車場のことでは後程愚痴ります。

20234242

↑↑久しぶりの武道館。来るとわくわくしますなー。小学生の頃は母に連れられてピンクレディーのコンサート、中学から高校ではレインボー、ホワイトスネイク、AC/DC、クイーンは西武球場に行きました。その後は結婚後に子供たちが小さいころにディズニーのアイスショー(もしかしたら違う場所かも💦)。次男が中学生のころに警察署の剣道で大型バスに乗って数回来ていますね。それ以来かな…

まずは秋葉原のヨドバシカメラに寄ってぶらついてからお昼を食べて(パスタ)、それから武道館に戻り14時過ぎくらいに科学館の駐車場にとめました。

↑↑パパは車の中で一休み、私はグッズ売り場が16時に開くので、それまで武道館近くをぶらついて、CAFE33というのを見つけたので入って、久しぶりにソフトクリームなんぞをいただいちゃいました。店内は広く、テラス席もあり、ちょっとしたサンドイッチやピザなど、食事もできるようですね。まだ混雑してませんでした。店内ではライブのアーティストに合わせているのか、ずっとクラプトンさんの曲が流れてましたよ。その後パパも合流しましたが、私は15時20分くらいでグッズ販売の列に並ぶため出たんですが…そこからたっぷり1時間ちょい立ちっぱなしでしたね。暑い日じゃなく、雨じゃなくて本当によかったよ。ウォークマン持ってくればよかったな💦3列に並んで、人人人💦ちょいと気分が悪くなりました。16時少し前から動き始めて、アナウンスでデニムジャケットのMサイズが売り切れましたとか、ほかの何番の商品が売り切れましたとのアナウンスが聞こえると、えー😱という悲鳴が聞こえてました。

私はパンフレットと、トートーバッグ、次男のお土産にピックのセットを購入して、やっとぎゅうぎゅうのところから脱出できました。

↑↑さて、いよいよ18時に開場となりました。ちょ…、この席…遠いわー😭😭😖😖2階となってますが、感覚としては4階ですな。そして最後尾。はるか向こうに見えるアリーナ席と同じお値段という…。

最後尾の私らの後ろには立ち見のお客さんがずらーっと。その中の中年の女性と話しましたが、立ち見で19000円…たった1000円の違いって、なんじゃそりゃ。もう少し見え方によっての金額設定できないの?昔はそんなことなかったよな。もっといろんな席の金額があったよ。今は達郎さんだって全席同じ金額ですからね。でも、このだだっ広い武道館で金額設定が2つだけって…こりゃ文句もでるわなー。

↑↑ステージはすごくシンプルでした。照明での演出とか、プロジェクトマッピングとかの演出もなく、ごくごくシンプルで演奏者たちだけが見える状態でした。

↑↑YouTubeで色々ライブ映像を見てきましたが、クラプトンさんはいつもオレンジ色のカーペットを足元に敷いているようで、今回も同じものと思われるものが敷いてありました。

↑↑実は席の確認をする前に、まずは腹ごしらえに何か売店で買ってしまおうと…。開場入りしてからすぐにスタッフさんに売店を訪ねて、(1階だったかな)南口のところにあると聞けたので、すぐに行きました。まだお客さんはほとんどいなくて、選びたい放題。だけど、🍙がいいなと思ってたんだけどなかったわ。仕方なくカレーパンと焼きそばを購入。ほかにあったのは肉まん数種類と揚げ物系だったかな。この焼きそばが底が深くて結構なボリュームでした。味はなかなか美味しかったですよ。カレーパンは食べきれなかったので持ち帰りました(もちろん、焼きそばの容器も持ち帰り!)

↑↑そして、ペンライトというのかコンサートライトというのかわかりませんが、ライトを持ってきました。ライブに行った人の情報を読んでいて、Wonderful Tonightでは客席でスマホのライト(懐中電灯として使うライト)を光らせてゆらゆらする人が多数いてとてもきれいだったと…。こりゃーやるっきゃないっしょ!スマホライトのついでに、こんなライトも使ってみたいなと100均で購入してありました。

↑↑で、Wonderful Tonightより先に演奏したTears in Heavenですでにスマホライトがあちこちでゆらゆらしていたのでバッグからペンライトを出してボキッと折って(折ると光る構造)、スマホとライトを一緒にもって私もゆらゆら始めました。そしたら後ろの立ち見のご婦人が「わー、それいいアイデア!素敵ー!」とおっしゃるので、2本持ってきたのでどうぞと1本差し上げちゃいました。

そしてWonderful Tonightでも無事にゆらゆらできて、やりたかったミッションはコンプリート🥰🎉

ライブはセットリスト通りに無事に終わりました。知ってる曲、知らない曲、どれも楽しめました。

クラプトンさんはもちろんなのですが、バンドのソロ演奏などもすごかった!スクリーンに映し出されるキーボードのクリス・ステイントンさんの手元の凄い事ったら!聞き入り、見入り…感動ですよ。オルガンのポール・キャラックさん、音色を変える様子が良くわかり楽しめます。ギターのドイル・ブラムホール IIさん、おなじみのベースのネイザン・イーストさん!ドラムのソニー・エモリーさんはなんとEarth, Wind & Fireのメンバーだった人!コーラスの女性もケイティ・キッスーンさん、シャロン・ホワイトさんでおなじみの方たちでした。声出しのライブもOKになったので、ライブ特有のお客さんの歓声や口笛がすごく楽しかったし、ライブという体験は私には本当に必要だなと感じるいい日となりました。パパも終始ジーっと見入ってましたが、まさか寝てるのか、まさか楽しんでないのか…。どうも、何度もこみ上げるものがあって泣きそうになってたらしい。やっぱりね、知り合ったころからずっとクラプトンだ、ストーンズだと言い続けてきた人ですからね、たとえ78歳のおじいちゃまになっちゃったクラプトンでも参戦できてよかったと思ったようです。よかったな、キャンセルしなくて!

来年来るのか、再来年なのか…わかりませんが、まだできそうならぜひまた来てほしい…クラプトンさん、ありがとうございました。お元気でまだ頑張ってほしい!

公演最後は恒例なのかな、ベースのネイザンさんがマイクに向かって「ミナサマ、オツカレサマデシタ!」と🤣

そして自分のスマホをお客さんに向けて動画を撮ってる様子。YouTubeで見た過去の日本でのライブでもラストにネイザンさんが「オツカレサマデシタ」と言ってましたよ。ムードメーカなのかな、いい感じの方です。

……………………………

で、まず楽しいはずのライブですが残念なこともありました。散々アナウンスで撮影、録音はダメと言っているのに、周りは盗撮魔だらけでした。特にバラードのTears In HeavenやWonderful Tonightあたりでは、あちこちいっぱい💢

パパの隣のカップルも隠し撮りではなくて堂々とやってます。正義ポリスができるわけでもなし…注意して「ほかの人だってたくさんやってるのに、自分たちだけ言うのか」となったら、どうしようもないですよ。そこで揉めたって周りが気分台無しになるし、中にはその様子をSNSで拡散される恐れもあります。ムカムカしながらもスタッフを探すもののはるか下のほうにこっち向きで立ってますが、せっかくのライブのこの貴重な時間をそんなことに割くのもどうかと…

アナウンスだけじゃ全く効果はないですよ。どーすりゃいいのよ、この問題。YouTubeやTwitter、Instagramでも盗撮動画や静止画がバンバン上がってますからね💢

その盗撮動画に「出してくれてありがとう」ですからね。ライブ中、お客さん側を監視してるスタッフって何を見てるの?もろに盗撮してるのわかるはずなのに。あまりにも多すぎて放置してるとしか思えないわ。

せめてもの気持ちで、動画撮影しているカップルに聞こえるような声でパパに「やだねー、ダメだって言われてるのに盗撮してるのいっぱいいるよねー。皆でやればいい感じなのかねー」と言いました。間違いなくパパの隣の女性の動画には私の嫌味な声が入ってるでしょうね。

一瞬その人はスマホを下げましたが、ほかの人たちがずっと撮ってるので、その後もまた撮影を始めて堂々としてましたよ。はぁ…いやだいやだ。モヤモヤも残るライブでしたね。

そして、駐車場の件ですが、出口は一つ。広めの駐車場ですよ。皆我先に出口に向かうわけですよ。私らは普通に一番最後尾になるように車を動かしましたが数十分経っても全く列が動かないわけよ。その私らの前のところに横から割り込もうとした車がいて、パパは入れなかった。するとそのおっさんは車から降りてきてノックしてきて、早く動かせだの、何やら文句をつけてきた。捨て台詞のように何か言ってたし。

その後私は車を降り、出口付近がどうなっているのかを確認しに行った。ほかにも女性が何人か降りて見に来ていて、皆で出口付近の割り込み合戦のせいで車が進まなくなっていることを確認しました。

私は車に戻る前、うちの車に割り込もうとしたそのおっさんのところに行ったわ。おっさんは私と目は合わせず、そっぽを向いたままだけど、話は聞く気があったらしく後部座席の窓を開けたので言ってやったわ。
「私たちは最後尾に付けようとしてるのに割り込もうとしたのはそちら!私たちに文句言うなら先頭付近の様子を見たらどうですか!文句言うならその人達に言ってください!」

おっさんは終始目は合わせませんでしたが、小さくうなずきましたよ。その後は何も言われませんでした。いや、私よく言えたな😅

結局駐車場を出られたのは終了時間の22時数分前でした。実に50分近く駐車場から出られなかったってこと。ライブの後ってきっと毎度こんな感じなのでは?そういう時こそ誘導員を付けるとかさ…何か方法ないんでしょうかね。私らの後にもまだ10台以上は車が残ってました。皆諦めて最後でいいやというかんじだったのかしら。まさか22時終了で出口の機械が動かなくなるとかないよね?最後出るまで終わらないよね…ちょっと気になりました。皆帰れたかな…。

長くなりましたが、自分の覚書としての記事なのでこのまま続けて長文失礼します。

……………………………………

では、ライブで購入したものは…。私は公式グッズ売り場に長時間並びましたが、ライブのスポンサーの黒澤楽器店さんの小さなテントの店舗も出ていたようで、パパはしれっとこちらでTシャツとパーカーを購入してましたよ。Tシャツはクラプトンの名前入りですが、パーカーはギターの名前のMartinですよ。それでもデザインと色が良かったんですって。

↑↑次男にはピックのセット(缶入り)。「使わないけど、もらっとくよ、ありがとう」って(次男)…使わないけどってのが余計だけどな💢

↑↑で、こちらですが…クラプトンさんとは全く関係ない品なんですよ。

↑↑お店でこれから音楽がガンガン流れていたのです。見た目でちょっと気になったんですよね。スピーカーなのかなと…

↑↑なんと、ギター用のアンプだそうです。お店の方はスマホを繋げればスピーカーとして使えるんですよと。

おお、ならば私のパソコンに繋げればスピーカーとして使えるのではと。するとパパが来月私の誕生日だから、買ってやると。有効に使えよと言いながらその場で即決して購入したのですよ。8000円でした(アマゾンでは同じものが6600円🤣)。

店員さん大喜びで梱包始めてました。そして渡されるときに改めてその店員さんに(さっき聞いた人とは別の人)、これってパソコンでも使えますよねと聞いたら、「いいえ、パソコンでは使えません」と!😱😱😱買っちゃったよ、どーーーーーすんのこれーーーーー!!!

↑↑後で調べたら、AUX INの穴があるのでモノラルになりますが、パソコン側のイヤホンの穴と繋げればスピーカーとして使えるのがわかりホッとしたのよ。

なんとこれ、電池は入ってましたが、ACアダプターは付属しておらず…アマゾンで1460円出して買う始末。うーん…

↑↑パソコンデスクの上に防振ゴムを敷いた上に置き、聞いてみたんですけどね…THE アンプ!って感じの音ですな😱😱

アンプ側のボリュームとかは全く関係なく、つまみをゼロにしてもパソコン側と繋げたら、パソコン側の音量で決まるらしく、あくまでもパソコンと繋げて音を出す役割になります。

パソコン側のイコライザーを使っても音質はあんまり…😱😱

ライブ音源などのような曲だったら何とか聞けなくもないけれど、オーケストラとか(ドラクエの交響組曲とか)、バラードとかだと、なかなか厳しい音質…聞いててちょっとイライラ感が…

誕生日にはMarshallやBOSEあたりのコンパクトなスピーカーが欲しいなと思い、ライブ前に寄ったヨドバシカメラで実物を見て大きさを確認して、どれにしようかなと妄想を膨らませていたのに…まさかこんなギター用のアンプになってしまうとは…

この音を聞いてパパも「なんだこれ、変な音!(あくまでもスピーカーとして曲の再生音がね)」と言ってました。

MarshallとBOSEの夢ははかなく消えたわーーーーーん😭😢😭😢

以上、超長文、覚書として綴りました。

こんなの最後まで読む人いるんかいな。

| | | コメント (0)

2022年10月14日 (金)

山下達郎PERFORMANCE 2022 ライブレポート

※この記事は4年間ライブに行かれなかった私の、超・長文達郎さん愛だだ洩れの内容となっております。自分史であるこのブログは自分が見返して思い出すための場所となっております。

◆人生初の達郎さんライブ初参戦の記事はこちら

◆人生2度目ライブで達郎さんと目が合って歌っていただけた悶絶級の奇跡の記事はこちら

さて、遂に実現となった私にとって4年ぶりの3度目の生達郎さんを拝める日。神奈川県民ホールへ参戦してきました。

昨日の今日なので、両肩の痛み(万歳拍手手拍子で)と共に余韻に浸りまくってます。

LIVE内容は詳細には触れられませんが、ところどころプチネタバレはありかも。でも、本当は自分史としてどんなことがあったのかを綴る内容です。

↑↑とっても久しぶりに長時間のお留守番です。マリンは徒歩50歩の私の両親宅に預けます。夕方18時には帰宅する次男が迎えに行きます。

まあ、この子はね、私から半強制給仕じゃないとご飯を食べないので想定内ですがね…本当に両親宅では何にも食べずに、ひたすら窓の外をじーーっと見ていただけのようでした💦もう14歳…超頑固なこの子のスタイルです。朝はがっつりと食べさせたので大丈夫でしょう。

↑↑チロルとマルコも長いお留守番。この子たちは自宅にいてもらいます。ホットカーペット付けてても5時間で切れちゃうからねぇ。次男が帰宅したら即再スイッチ入れてもらいますよ。

↑↑マルコ…こたつは消していくから。ホットカーペットも5時間で切れるから、温かい毛布にでも潜り込んでてニャ。

出発は10時半ごろ。Googleマップで見るとここから県民ホールまでは順調なら40キロ先で2時間10分となってます。途中で何かあっちゃいけないと、超心配性のパパなので早め早めに出発しました。

まあまあ順調ではありましたが、車がまだ納車して半月足らずでナビに慣れてないパパ。慣れないも何も、ナビをよく見ないし。私に見ろと!とんでもない方向に行かれちゃたまったもんじゃありません。私も必死にこっちの方向だと指差して指示。何とかヨタヨタと予約していた、県民ホールすぐ近くのビルの一角の駐車場にたどり着きました。

この駐車場、パパが先月2回下見に来て予約していった駐車場です。

いやー、台所のリフォーム前後ね、ちょいと喧嘩が多くてですね、達郎さんが絶対にしないという揚げ足取りの口汚い喧嘩が我が夫婦のスタイルです。私も最近は嫌気がしてしまい、口で喧嘩すると余計な事を言いがちなので、注意したり文句はメールでするようにしています。その方が「わかった」という返事がでるので。いつだったかの喧嘩では俺がいないと達郎のLIVEにも行かれない癖にみたいなね。ああ、そうですか、じゃあ電車で行くよと(電車パニックありなので行けないくせにね)。俺は行かねーからな、ひとりで行け…!

そんな喧嘩もありました。じゃあ、キャンセルするんだな?可哀想に、達郎さん席が一つ空いちゃうねと反論する私(キャンセルする気なんかサラサラありませんよ)。どーせ、揚げ足取りの醜い言い争いですからね、キャンセルしたらまたあとでおバカな喧嘩に発展するのは目に見えてますから。

で、そーゆーことを言っていた本人は、9月になったら県民ホールの下見に行ってきまーす…と。しかも2回も。どんだけ行く気満々なんだよ。

まあ、そのおかげで無事にこの日を迎えられたんですけどね。

↑↑13時過ぎに近くのビルの地下レストランにて。「何頼んでも良いよ」というので、一番高いやつを(笑)

↑↑その後県民ホールを覗いてきました。どんだけ行く気満々なんだか、先に進むパパ。あーた、俺は行かねーと言ったの覚えてる?

↑↑うぉー!本当に今日なんだよね!これで今日は夢じゃないんだと確信!だけど、まだ時間は2時すぎ。チケットの本人確認は5時から。あと3時間をどうやって潰すのか。

↑↑すぐ前のビルのドトールにて。そうよ、トイレ近くなるし、こんな栄養取らなくたって…といいつつも、お店に入るのに座ってるだけじゃね💧

でも、いつまでもここにはいられません。3時過ぎにはもう行ってしまおうと、県民ホール内へ。しばらく座っていたらグッズ販売の列が始まりましたが、雨降る中、外に並ばされていました。

そして、私らも本人確認を待つ人がいるあたりで並びだしたら、スタッフが屋内では行列されられないので、外に並んでもらいますと、やはり雨降る中を外に誘導され、雨よけも何もないところで並ぶことに。私らは鍵付きの傘立てに置いてしまったので傘はなし。パパは、前に並ぶ女性が傘を差しだしてくれて頭は濡れずに済みました。私は撥水加工の手提げを持っていたのでそれを頭に乗せて。でも服はびしょ濡れになりました。でもさ、本人確認始まれば普通に屋内に行列になって進むでしょ?これ、台風で暴風雨だったらどうなの?外にいたスタッフは合羽も着ないでびしょ濡れのままでしたよ。コロナのせいでこういうおかしなルールになっているんでしょうね。

みんなでびしょ濡れになりながら、私らの前にいた筋金入りの還暦だという達郎さんファンの男性。何度もライブ参戦してらっしゃいます。そして、キャンセル待ちに当選して急遽静岡から車をすっ飛ばしてきた女性(初参戦)、職場のお仲間らしいお二人の女性(地元の方で初参戦)と仲良くなり、おしゃべりに花が咲きました。何回目ですかとか、どこの席だとか、当選するまでの苦労話とか色々。たくさん参戦してる男性は昔のLIVEの話を色々としてくれました。

ようやく本人確認!カバンの中もチェックされました。5時半開場までまた人だまりの中を待ち続けますよ。

その間に写真を撮りたくて…探したらあったわ!

202210138

↑↑皆さんここでお写真撮りたいの。さっきおしゃべりしていた女性二人がいたので撮影を頼みました。終わったら女性たちのを私がパチリ♪この写真撮るのもねぇ…前の晩にパパにメールで頼んでおきました。

『パパは写真嫌いだけど、夫婦で撮った写真が少ないし、滅多にないチャンスだから、その場で俺は嫌だと言わないでね』と、半脅し🤣

メールの返信はなく、朝起きたときに『写真の件は分かった、いいよ』との事でした♪

さあ、無事に滅多に取れない夫婦写真を達郎さんを挟んで撮れたあとは、いよいよです!

----多少のネタバレはありますが…----

達郎さんが選んだオールディーズが開演前にかかっている会場内へ。隣・前後の方々の様子をチラ見しながら、声をかけるタイミングを計ってクラッカーをお持ちですかと。パパのお隣の奥様は大量に持ってきていました(笑)。あとは皆さんお持ちじゃなく、タイミングも知らないようだったので教えながら配りました。前の女性はその時が近くなったら肩を叩いて教えてくださいと。

私の隣は若いお兄さん二人。舞台を見て楽器を見ながら一生懸命に自分のバンドの話をしている感じです。若いお兄さんに声を掛けられるなんて、なんという達郎マジック(笑)

思い切って声を掛けたら「いいんですか~。ありがとうございます!」と、使うその時までずっと手に握ってらっしゃいましたよ。

私がトイレに行っている間は、パパがあちこちに声をかけたらしい。

あーた、俺は行かないと言ったの覚えてるのか?(←しつこ)。どんだけクラッカー🎉やる気満々なの🤣

その頃に、私の前の列の斜め前の通路側の女性が車いすでいらっしゃいました。彼女にはなかなか声をかけられず…(後ほど記述)

さあ、遂に始まりますよ。あたしゃなんだか生き神様を拝むかのようにずっとマスクの前でお手々合わせちゃってましたわ。そして、遂に…向かって左側から登場した達郎さん。出しちゃいけない声を「ぎゃぁ!」と出しちまいました、すんませーん💦

オレンジ色のシャツの達郎さん…3年前に70回近く落選した落胆の時を思い出しました。4年前の奇跡の2回当選から一気に落ち込んだ3年前。だけど、それを埋めていただけるように、サンソンでハガキを読まれ、2度目のハガキでは『この方、超常連』と認めていただき、その後もちょろりとハガキを読まれ、良い気になって2度目のライブレポートのブログ記事を印刷して送ったり、両親、パパ、兄、長男、お嫁ちゃんのお誕生日の読み上げ、私ら夫婦の32回、33回の結婚記念日の読み上げをしていただけました。その間にはダメもとで送ったアトムのハガキにサインの返送を頂きました(住所書き・切手はもちろん私が)。

そんな奇跡の数々を頂き、私はこのダメだったライブに行かれなかった3年間を何とか生き延びました。大げさなと笑ってください。でもそれが、私にはどれだけ心の支えになったことか

最初のあの曲から数曲。ずっと目からダラダラと流れるものをぬぐいながらの私でした。この4年間の、あんな思い、こんな事、あんな事、この涙で洗い流しポイしました。

どんどん続く曲。そして、この数年カバー曲をやって一番大きな拍手をもらったというようなことをおっしゃって始まった、『君は天然色』。私にとって本当の神様になってしまったあの方の曲。瑞穂のジョイフル本田の帰り道に、お墓参りさせていただき、達郎さんの健康をお願いしちゃってます。涙腺が崩壊してしまいました。曲に合わせての手拍子があるので、涙をぬぐう暇はありまへん。マスクの縁がびちゃびちゃになりました。きっと、笑顔で達郎さんを見下ろしてらっしゃるでしょう。

きっと今後も大瀧さんの曲は何かしら達郎さんのLIVEでしていただけるのではと思います。

その後もメドレーでいろんな曲を聞かせてくれます。どれもこれも知ってる曲ばかり、知らん曲はありませんよ、あーた!どれ聞いたって嬉しいのよ。そこに元気で、ロック(69歳のロック)な達郎さんが、本物の実在する動く達郎さんがいるだけでどれだけ幸せを頂けるか。

待っててよかった、我慢してきてよかった、他にどう表現したらいいのか分かりません。

途中のお話も、楽しい事ばかりじゃなく、考えさせられることもあります。しみじみと語りつつも、プッと笑わせていただける話術。

そこに恒例らしい、ライブ中にトイレに立ち、戻ってきたお客さんへの愛あるイジリ🤣。今回は「一曲目から行った人は初めて見た」そうです🤣

4年前の時は、「おかえり、すっきりした?」「あなた、度胸ありますね」だったような。

あと、達郎さんがワクチン接種を打ちに行った時の、注射を打つ医者の話とか…これは絶対にライブの小ネタにすると思ったそうです🤣私としてはその要望にお応えになったのかがとっても気になるー!

そうそう、達郎さんは●●●と、●●●●と、●●●●●と同い年なんだそうです。そこから発せられた発言に大爆笑。達郎さんはすかさず『これ、Twitterに出しちゃダメだよ!!』って🤣

あれやこれや、昔のLIVEでのこぼれ話色々、あの時のLIVE中止の顛末とか。本当に落語家のような聞かせ上手、話し上手。そして歌えば鳥肌悶絶ものですよ。世の中、どこに達郎さん以外でそんな人がいるか?

で、例のクラッカー🎉の出番の曲。その前に2曲、立ったって良いだろうという曲が続いたのですが、だれも立たない…というか、19列目の私の席から見て立ってるのは10列目くらいの席の男女お二方のみ。私より後ろは立ってるのは確認できませんでした。私も立ちたかったけど、勇気が出なかった…🙁

次の曲でも立つかと思ったら、そのお二方のまま。あぁ、立ちたい…でも勇気が出ない…私の後ろの男性はあの曲になったら(Bで始まるあの曲)立つんだと言ってるのが聞こえましたが、立てなかったようですね…

でもその次に始まったクラッカー🎉の出番のあの曲、立つっきゃないでしょ!ええ、立ちましたよ!周りもボロボロ立ち始めましたよ。隣のパパも立ちました!クラッカーをあげた皆さん、こちらを見ながら笑顔でした。

そこで気になっていた前述の車いすで来られた方。立てないようですが(前の背もたれにつかまって少しは立てるようでした)、身体を揺らして楽しんでらっしゃいますが、手にはクラッカーをお持ちじゃなかったので、そこで肩をつついてクラッカーを差し出しましたら、びっくりしつつも、すごく嬉しそうにしてて、ちゃんとパンしてました。2番に入って鳴らすタイミング、前にいた女性は『ここだよね』という表情で振り返るので、みんな笑顔でパン🎉✨!パパもちゃんとやってました!達郎さんは『3年間よく我慢した!(ライブできなかった3年)』と。

いやぁーーん、達郎さん、私は4年よぉ~~~!😂🤣

あぁ、本当に今回当選して良かったわぁ~!

時々、年齢からくることもあってか『老人虐待ツアー』『老人虐待プロモーション(だったかな)』そんな言葉を発して笑いを誘ってらっしゃいましたが、私は確信してますよ。

この神奈川県民ホールにいるすべてのお客さん、スタッフの誰よりも、一番元気なのは山下達郎さん、あなたです!

だってねぇ、あーた!Ride On Timeでね、『あぁ、これからの数分間が問題なんだよ、老人だから…』みたいなことを言いながら、たくさんのお客さんの煽る拍手に送られて、わざとヨボヨボ歩きをしながら、腰をトントン叩きながら舞台の後ろのお立ち台に向かい、そこに立ったら『3階の一番後ろの席まで届ける!』と、マイクなしで生声で歌いだすんですよ。インスタで見ました、私。昨日、3階席の一番後ろだったお客さんの記事。『ちゃんと聞こえた』とありました。なーにが老人じゃー、なーにが…うわぁーーーん、達郎さん、私なんかよりも元気だぁー!ありがとーございますー!!

どんどん曲が進むけれど、終わりの時間が迫ってくると思うと、ふとさみしさを感じてしまいました。そんなところで達郎さんは、自分はどこも身体に悪いところが無いので元気なので、来年もツアーやります。身体が続く限りやりますみたいなことを仰いました。

また来年、本当に当たるだろうか…。ファンクラブに返り咲くことは出来たけれど、長年のファンクラブの方でも今年は落選した方が多かったようです。そんなプラチナチケットを、来年当選することが出来るでしょうか。一抹の不安はありますが、来年も達郎さんはツアーをやるという楽しみを元気に変えて、私も頑張らなくちゃ~!

いよいよバンドの皆さんがいなくなり、達郎さんおひとりに。そして、『かっこよく年を取りましょう!』

あぁ、この言葉が出たら…終わりなのね😢泣いても笑っても、これが最後なのですよ。

ラストのあの曲をアカペラで歌いだし…みんな総立ちなので、達郎さんが最後の挨拶をゆっくりゆっくりされる姿を、他の方の頭の隙間から見逃さないように見続け、最後両腕を抱きしめてギューッとする挨拶をした達郎さんをしっかり目に焼き付けて、夢のような待ち望んだ一日が終わってしまいました。

皆さん、どんどん我先にと出口に向かいます。クラッカー🎉を差し上げた方たちも挨拶してくださいます。

『どこかで会えるといいですね』『お元気でね』『じゃ、また!』そんな挨拶をしてお別れしました。

でも、どこかで読んだ話ですが、終演はまだなのだと。達郎さんが消えて、ライトがついても、会場には『THAT'S MY DESIRE』が流れています。それが終わるまでライブは終わりじゃないんだと。その曲が終わると同時にもう一度クラッカーを鳴らすんだと。それで本当のLIVEの終わりなんだよ…と。

そのために、ラスト用に私はちょっと特別なクラッカーを用意してありました。音だけのではなくて、紙テープが舞うタイプを。でも、紙テープは本体にくっついて離れないので回収できて綺麗に捨てられるものです。

周りの方はどんどん出口へ。どこにもそれをしようとしている人は見当たりません。本当にやるんだろうかと不安になりました。パパも私の話を聞きつつも『俺はいいや』と。うーん、どうしよう、どうしよう…そのうち曲が終わると、あちこちからクラッカー音が✨

私も残ったテープ付きのと、余ったクラッカーを数発鳴らして、ようやく終わりを納得して会場をでました。

『はぁ…、終わっちゃった』とつぶやいたら、近くを通った若いお兄さんと目が合い、『だねー(笑)』という感じになりました。

色々話せた方々、クラッカーを差し上げた方々、目配せで笑いあっちゃった方…こういうのを一期一会っていうのかなぁ。達郎さんは良くライブは一期一会という事を仰います。だけど、私はこれからもまだ達郎さんと(お会いするわけじゃないけれど)何度もライブで拝見したい。やっぱり、今後の自分の人生のLIVEは全て達郎さんに捧げようと、初めて行ったライブの時と同じ思いになりました。

※ちなみに、アンコール後の達郎さんは、オレンジのシャツからチェックのシャツに着替えて登場でした。

さて、外に出たら一気に現実に戻るのがちょいと悲しい所(笑)

会場近くのコンビニに飛び込み、ガラガラの商品棚から🍙とサンドイッチ、飲み物を購入。車に戻り、パパともぐもぐ食べ、慣れない道のりをまたナビを見て指差し指示しながら高速を突っ走って帰宅しました。

喧嘩ばっかりしてたけど、こうして達郎さんを挟んでなんだかんだと行動を共にするおかしな夫婦ですが…。また来年も、喧嘩しつつも一緒に行く相手はパパの名前を入力するのでしょうよ。私らも祖父祖母になりました。まだまだ頑張らにゃーなりません。

私らよりもうんと年上の達郎さんに、こんなにも元気と喜びを頂いちゃって、感謝してもし切れません。

達郎さん、本当にありがとうございました。ほんの人生の一瞬のような時間ではありますが、同じ空間で過ごせて、一緒の時代に産まれて、山下達郎という音の職人を知ることが出来て、それだけでも私の人生はバラ色ですよ。

これからも、長く長く続けてください。達郎さんの元気が、私の今後の楽しみです。

↑↑今回の戦利品。前もってパンフレットやポスターは購入済みです。

↑↑でもね、最近チロルが夜中に枕元に来て、ヘッドボードに置いてある照明や扇風機のリモコンを落とす悪戯をするのですよ。多分タツローくんもそんな運命になりそうな…。なので、壊れないように箱ごと置くことにします🤣

↑↑我が家で夫婦共演していただきますよ🤣

↑↑購入の方に『もれなく直筆サイン付き』という言葉に購入してしまいました。これでこのCDは3枚あることになるかな(笑)

↑↑ポーチはパパに取られた…ちゃんと使ってよね。私はすぐに家の鍵を取り付けました。

↑↑テレビの上の棚。じわじわと山下家が侵食中。青っぽい写真は、6月に放映されたテレビ東京【昼めし旅】で放映されたパパ・私・次男のテレビ画面の写真。ご当地プレート(八王子)の右となりは孫とお嫁ちゃんの写真です。

以上、長い長い達郎さん愛だだ洩れのLIVEレポートでございました。

こんなところ読む方いるんか?自己満足な記事ですが、ご覧になった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました。

| | | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING~大瀧さんいっぱい

ついにやってきました、達郎さん初のストリーミング配信。この日までに色々準備していました。いい音で聴きたい…パソコンにつなげる外部スピーカーを購入…失敗だったわ。音悪いったら、アンタ💢
よく見たら、パソコン画面の下の方にYAMAHAの文字がパソコンの方がよっぽどいい音だった。…Amazonでとっても評価の高かった横長の(3000円台の安物)スピーカーは大失敗でしたわ…

そして、大画面で見たい!最初は諦めてたのですが、先週のサンソンで達郎さんの読んだお便りに、有線で息子さんの力を借りて、パソコンからテレビの大画面で見られることを確認した話を聞き、そうか、それならできるのかと鼻息荒く近所の量販店へ…。デスクトップパソコンには基本的にHDMIの出力穴は無いそうで、USBの差し込みを使いHDMIに変換するアダプターを使うと聞きました。だけど、コロナのおかげでテレワーク化が進み、コード類が売れてしまって無いとか。注文してもいつ来るか分からないと。なら、頼みの綱はAmazonしかありません。翌日配達を確認して変換できるアダプターを注文。翌日(火曜日)届き、やってみたら…パソコンがそのアダプターのドライバーを認識してくれない!取説はすべて英語、わからん…。こうなったら…と、スマホの画面をHDMIの差し込みに入れてテレビにつなげて見られると読み、今度は急いでそれを買いに…。それは普通に買えたんだけど、まったく映らず…。何かがダメなのはわかるんだけど、もう早くしないとと気が焦るばかりでどうしようもない。

一晩考えて、水曜日に必死にあっちこっち調べて、パソコンが認識しなかったドライバーの最新版を探し当ててダウンロードしたら…できたのよー!!パソコン画面がしっかりテレビの大画面に映ってます!試しにYouTube映してもちゃんと映る!よくやったぞ、自分…と、わくわくしながら達郎さんライブのサイトの試聴テストページに飛んだら…映らんのよ💦

コピーガード系の何かがダメらしく、【ご使用の端末にHDCP非対応の装置が検出されました。HDCP非対応の装置を取り外し、リロードを行ってください】と表示されてました…。これであきらめがつきました、大人しく17インチのパソコン画面で見ることにしましたよ。あぁ…合計1万くらい無駄にしたかも…アハハ…💧よく調べず、勢いでこういうことするとアホ見ます。私の悪い癖。

↑↑最後の最後まで悪あがきしてましたが、結局パソコン画面での鑑賞。17インチならまだいいか…最近あまり大画面のパソコンを見ないような気がするんだけど…

あまりにも楽しみ過ぎちゃって、晩御飯前に具合悪くなっちゃって、ご飯がのどを通らず…鼓動がずっと早い。洗い物も手先がプルプルしちゃって困ったよ。2度だけ体験できた奇跡の生ライブIN2018年。しかも、数秒間だけ目が合ってプリティーウーマンを歌ってもらえたという経験をしちゃうとね、2019年のライブツアーに60回以上も落選してね、病的なくらいライブ行きたい病がうずうずしちゃうわけよ。

シアターライブの再上演もチロルとマルコの子猫育てで観るのが叶わなかった…今回のストリーミング配信は楽しみ以外の何物でもありませんでした。

↑↑あぁ…行ってみたかった、少人数の観客のライブハウス…こういう近さなんだ…憧れるわぁ…。

ちょっと画像がイマイチなのは回線のせいかしら…

まず最初のターナーの機関車の演奏で音の良さにびっくり、達郎さんの第一声の艶やかなことにさらにびっくり。このパソコンからこんな音が出るのかと!まあ、今までかけたこともない大音量で聴いてましたが…。しっかり、前日には試しに大音量にして、家の外に出て音漏れがないか確認してありました😀

↑↑なぜ、達郎さんがアンパンマンのマーチのワンフレーズを歌うのか分かりませんが、動きが可愛かった(笑)何気にドラムの小笠原さんがニヤッとしたような…

↑↑そうそう!行った時のライブで最後に挨拶する時にこんな感じの挨拶をしていた!思い出したー!わっ、私も達郎さんをハグしたい…スミマセン、アホ化してます、私。

↑↑これで終わりかと思っていたら、何やらアンコールの拍手が続いてて、なんと…80年代、達郎さん30代のお姿が!2曲!これってボーナス?予定時間を過ぎてもやってたんですよ。もう嬉しすぎてウルウルしてましたよ。

60代の現在の達郎さんと比べると子供のようなお姿。ちょっとあどけない表情が見て取れて胸キュンしたおばちゃんです。

↑↑時々映る達郎さんの手元にも胸キュンだわ。あー、何もかもがかっこよかった。私の人生、また生達郎さんを体験することが出来るだろうか…無理だろうな…コロナのせいだけど、達郎さんはライブのできないこのご時世、ご自分の貫いてきたことを覆して、配信と言う形で見せてくださった。本当に感謝感謝です。

当分収まりそうにないコロナ。今後しばらくこういう形のライブが増えるのでしょう。また違う形で達郎さんのお姿が拝めるでしょうか…もしもの時のために、光回線を強化しなくては。ラストのあたりで2回、映像が止まってしまいました。ぎゃー、うそだろーと叫びながらリロードしましたよ。

それと、部屋を真っ暗にして画面の真ん前で見てたんですけど、暗い中猫たちは大興奮しちゃって、ドタバタと大さわぎしてました。ときどき肩に飛び乗ってきたり、パソコン前に飛び乗ってきたり。パパと次男は邪魔にならないように2階ですごしてましたよ。途中次男はスマホの明かりでタンスを開けて下着を出してお風呂に入ってました(笑)。

私は生ライブではそれなりにノリますが、自宅で映像で見るライブは誰のライブでも、じーーーっと動かず凝視するんです。昨日のストリーミング配信もそう。コリコリに固まって画面を凝視し、見たかった、聞きたかった達郎さんを凝視し続けてたので、今日は首と肩と背中が筋肉痛~💦

本当にいいものが見られました。達郎さん、ありがとうございました。

20207307

↑↑先週、パパが久しぶりに秋葉原のタワーレコードに行ったので大瀧さんと達郎さんのCDを頼んでたのですが、大瀧さんのを余分に買ってきてくれて大収穫💕ありがたやー。
28日は大瀧さんのお誕生日でした。生きてたら72歳…はぁ…大瀧さん😢達郎さんを長生きしてまだまだ歌えるよう見守ってください。

| | | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

ギルバート・オサリバン Billboard Live東京 2018

私が大好きなミュージシャンのライブの一日を、自分の備忘録として事細かく、ライブ以外の事も綴っている長文になっています。

-----------------

セリーヌ・ディオン、山下達郎さん(2回)に続き、今年最後のビッグイベント、去年の4月以来2度目のギルバート・オサリバンのBillboard Live 東京でのライブです!達郎さんを2回経験してしまい、もうお腹いっぱい状態だったし、お留守番が長くなるマリンを考えるとギルバートはもういいかなと、思ってたんです。だけど、Billboardからご案内のはがきが届き、そのハガキを見つけたパパと次男から『行かないの?なんで?』と…。絶対に後悔するぞと言われ続け、やっぱり行きたいなぁ…。私ばかりこんな贅沢していいだろうかなんて思ったりしてね…『意味わからん』なんて言われちゃって

じゃあ、お言葉に超甘えて申し込ませてもらいましたよ!狙いは東京公演のラストライブの日、2部の会…もしかしたら、サイン会があるかもしれないという思いで申し込みましたが、あとで時間を見てびっくり…

開演が夜の9時半??

確か去年行った日は2部はもっと早かったかと思うんだけど…

ライブが終わったらたぶん23時近くでしょ、そんな後にサイン会なんて無いだろうなと勝手に思い込み、こんな遅い時間帯に申し込んでしまったことに大後悔…。送迎で待たせるパパがどんな時間を過ごすのかも考えたらさらに…キャンセル料取られても1部の方にしようかと考え込んでました。

でも、もしもの時を考えて(サイン会)、一度だけ経験させてもらえるならと思って決行しましたよ!

駐車場確保も考え、早めに出発。15時半にマリンをジジババ宅に預けました。17時頃には港区についたんだけど、セリーヌ、山下達郎さんで都心方面に行くと必ず見かけたのが…

↑↑公道の迷惑走行のマリカー

コスチュームまで着こんでの走行。外国人でした。今まで見かけたのも全て外国人。本人たちは楽しいだろうけれどね、危ないよね、これ。パパは見つけるたびにブーブー文句言ってますよ。

イルミネーションがあちこちにあって綺麗な六本木にワクワクしてきました。ミッドタウン六本木に到着して駐車場探し。警備員に聞いたら機械式駐車場を案内されました(P3)。ミッドタウンで2500円以上お買い物で1時間駐車無料、5000円以上で2時間無料、1万円以上で4時間の駐車が無料です。3万円以上だと12時間無料とか。その後は10分で100円となるそうです。

何とか駐車場に入れミッドタウン内へ。本当に場違いよね…見るもの何にもないし。かろうじてペット用品売り場があったのでマリン用のリモナイトのおやつを購入しました。あとはTSUTAYA書店をチラ見して晩御飯のためレストランへ。天ぷらなんかいいね…と店の前に行ったら17000円のコースがお勧めとか…。目が点ですよ…無理無理!その近くの鉄板焼きも最低でも15000円のコース。無理だ…

結局HARBSというスイーツのお店でパスタ(サラダ付き)とケーキを頂きました。それでもライブの開場の20時半までたっぷり時間があります。ベンチに座ってたらすぐ近くに整体マッサージを見つけ、時間つぶしのためにパパが申し込んでました。閉店は21時なので30分のコースを頼んでました。ようやく別れて私は4階のBillboardへ!

↑↑来たよ、来たよー!やっぱり去年がすごく良かったし、来なかったら後悔したね。WEB会員になっていて、チケットは発券されずにメールで知らせが来ていました。受付で名前を伝えたら『空いたお席がありますので、前の方の席にかえますね』…えっ?いいの?私はDXシートカウンター席のDH3番でしたが…

↑↑さらに二つほど前の列、2階席の最前列になりました。ラッキー♪

↑↑去年は一階のテーブル席でほかの人たちとの相席。前から4つ目のテーブルでした。今回は上から見下ろす感じ。食事が出来る開場なのでカウンター席とは言ってもカウンターの奥行きがかなりあります。背筋をシュッと伸ばさないとステージがちょっと見えにくいかな。去年も今回も食事は頼まず、アイスカプチーノを♪両隣はオジサマ…お酒とお食事を大いに楽しまれてました。

↑↑去年は4月で第一部だったので夜景という感じではなかった。今回はイルミネーションが見えて凄く綺麗でした。

↑↑ほぼ満席状態になり時間です…ステージが撮影できるのはここまで!

バックバンドのおじさまたち、コーラスのお二人が先に登場、客席端っこからギルバートの登場!前回は見上げる形だったけど、上から見下ろすのは色んな所が良く見えて新鮮です!

【コンバンハ!オゲンキデスカ!日本サイコー(だったかな?)!】

そんなご挨拶から始まりました。割と初期の頃の曲を多めに歌ってた感じ。もちろん有名な歌もたくさん。【Nothing Rhymed】は割と早いころに歌っちゃいます。私はこの歌が一番好きかな。新アルバムからも数曲、歌ってほしいなと思ってた曲もやってくれていました。

殆どの曲で口ずさめる~♪30年以上聞き続けて、今目の前でこうして現実として歌ってくれている。そんな時間に恵まれて本当に幸せを感じます。

やっぱり来て良かったよ!知ってる歌満載、たとえ知らない曲でも気持ちよく聞けます。ギルバート独特のメロディーライン、歌い方、キーボードの弾き方…弾くというよりもトントン叩く感じ。特に左手はそんな感じが特徴的、2度目のライブはじっくりと堪能できました。コーラスのお姉さんお二人はたぶん去年と一緒。きれいな方です。【GET DOWN】のコーラスの時の動きが可愛らしいのよね。何度もこちら方面を見上げるように歌うので目が合ったような気がしたので手を振ったらニッコリしてくれました。

ギルバートのおしゃべりは残念ながら良く分かりません

曲の紹介などで話をしてくれるんだけど、理解できなくて残念だわー。

去年も歌っていた【You Are You】。前回がどうだったのか記憶が定かじゃないんだけど、立ち上がってマイクスタンドを握って2~3階のサイドのお客さんへ向かって歌ってくれます。この歌も好きだー!【Why、Oh Why Oh Why】が最初気が付かなかったけれど、レゲェ調にアレンジされてて、サビの部分でこの歌だと気が付きました(笑)

アンコールでは去年は【Alone Again (Naturally)】と【Get Down】の二曲だけだったけれど、東京公演ラストの会だったせいか(?)【Matorimony】の3曲だった!バックのカーテンが開いて美しいイルミネーションをバックに大盛り上がり。

ラストの【Get Down】ではお馴染みのギルバートのお立ち台、Rolandのキーボードの上に立って歌うという…。でも見下ろして気が付いたけど、片足は椅子の上だったのね。そうよね、まるっきりRolandの上に立っちゃうと危険よね

御年71歳とは思えないパワフルな大盛り上がりのアンコール。まだまだ現役!声も衰えてないし!お客さんの年齢層がかなり高いですが、皆さんそれなりに喜んで盛り上がってました。私も最後の曲で立ち上がり、Get Downと合唱しましたよ。

約80分ほどの短いライブではありましたが、聞きたかった曲がたくさんで大満足でした。また次も絶対に来たい!セリーヌ・ディオン、山下達郎さん、ギルバート・オサリバンのライブは今後も人生捧げたいと思います!

そして、アナウンスで商品を購入のお客様にはサイン会に参加できるとアナウンスがありました。ライブが始まる前にチェックをしてあったのですが、パンフレットかと思った品は『楽譜』でした。良かった~、確認しておいて(笑)

他にはTシャツがあったかな。あとニューアルバムのLPレコードとCD。ニューアルバムはAmazonで購入してて聞きこんでるので持ってますが…ほかに買うものがない…。別の持ってない古いCDやベスト盤などがあったら買おうかと思ったんだけど無い…。仕方なく、買ったばかりのニューアルバムを再購入しました。

そして店員によく聞いて間違えて出口を出ないように戻り、バーカウンターの前でサイン会の列に並びました。20番目くらいだったかな。40~50人の列が出来上がっていました。

店員さんが一人一人にサインに書いてもらう自分の名前を聞いて、付箋紙にローマ字で書いて渡してくれます。サインしてもらいたい物と一緒にギルバートに渡すそうです。

23時20分過ぎくらいに始まったようで、列が動き出しました。もうすぐ…と言うところで見てみると写真撮影もしてくれるようです!

私の前の男性が、LPレコードとCDを購入したようですが、どうやら自宅から持ってきたであろうLPレコードをギルバートに差し出そうとしたら、店員に止められてました。(自宅から持ってきた物に)これにはサインはダメだと。その様子を見ていたギルバートは『どうしたの?』みたいな様子。理解したら『まあいいじゃないの、大丈夫だよ』みたいな感じで全てのものにサインしてあげていました。男性大喜びでした。

そしていよいよ私の番!ちょっと緊張してうまく話せないと思っていたので、自宅でGoogle翻訳を使ってメモを書いていました。

『I'm so happy to see you ! (お会いできて嬉しいです)』

『I'm your fan for over 30 years !(あなたの30年以上のファンです)』

『I'm looking forward to your song from now on !(これからもあなたの歌を楽しみにしています)』

本当に見せるだけのつもりで簡単なメモ書き。

『Hello !』と挨拶してすぐに握手してくれました。『I can't speak English』と言いながらメモを渡したら、そばにいたギルバート側の男性スタッフがCDにサインをしているギルバートに見えるようにメモを置いてくれました。私は【Tomochin】と入れてもらいました。『なんて読むの』みたいな感じだったので『ともちん』と言ったら『トモチン!OK!』と言ってくれました。

サインを終わったギルバートが何か言いながらメモを手に取って『メガネ、メガネ』という感じで胸ポケットから老眼鏡を出してかけて読んでくれました。なんて言われたか良く分からなかったけど、たぶん『嬉しいよ、ありがとう』みたいな感じで軽くハグ!その後『カモン!』と隣に呼んでくれて撮影となりました。Billboardのスタッフが2枚撮ってくれるのですが、最初に撮ろうとした瞬間にギルバートが『メガネを外すの忘れた!』みたいな感じで話して笑っちゃって…

↑↑スタッフが撮ってしまった失敗画像。私はキャー顔ですよ(笑)

老眼鏡のギルバートは本当におじいちゃんって感じ!

201811208

↑↑ギルバートが『もう一回頼むよ』みたいに言って、その後2枚撮影しました(3枚目は暗かった)。もう、満面の笑みの私。しっかり腰に手をまわしちゃった♪

その後、『またライブにおいで』みたいなことを言ってくれたので、『see you next time !』と言ったら『ドウモ!』ですって(笑)

読んでもらったメモを回収しようとしたら、ギルバートが『もらうよ』みたいなジェスチャーで握って放しませんでした。あれまー…もっときれいな紙に書いてくれば良かったよ!

ほんの数分の出来事でしたが嬉しかった~。もう一度きっちり握手してくれて、手を振って何か言ってくれて(←解れよな!)、バイバイと言い合って終了でした!

さて、何とか早く帰らないと!時間は午前零時ちょっと前だよ!急いでエスカレーターを降りて2階のベンチで待ってるパパの所へ!ただただ、座って待ってたんだとか…本当かな

9時にマッサージを終えた後ベンチで座ってただけだとか…本当かな

遅い時間までやっている珈琲店があるはずなんだけど、そこにもいかず『ボーっと』座ってただけとか…マジかよ…

スマホの電池が無くなるからYouTubeも見てないで、ボーっと過ごしてたそうです。当日券を買えるならギルバートのライブ行ったらどうかと言ってましたが『アローンアゲイン以外の曲を知らないからイヤだ』とか。

まあ、ブツブツ言っても仕方ないので、待っててもらってありがとうを言って急いで駐車場へ。どこに駐車場への入口があるのか、あちこちの出入り口が閉まっているので見つかりません。警備員に聞いてやっと精算機を見つけました。料金は1600円でした。

だけど、車をどう出すのか、誰もいないのでわかりません。よく見たら、精算機にある呼び出しボタンを押して係の人を呼ぶそうで。もう一度精算機に駐車券を入れなきゃなりません。10分間で100円かかるので、当然100円追加で支払いになりました。係の人が出てきたら、イライラしてたパパが『余計に100円かかった』なんて言ってました。やめてくれよ…よく読まなかったこっちが悪いんだからさ。係の人はただ頭を下げるだけ、すみませんねぇ…

あとはこれ以上ご機嫌わるさせないように…機嫌悪くて運転されたら怖いからね。

高速も集中工事あるので一車線規制があります。これは帰宅は2時頃になるだろうと思ってたんですが、思いのほかスムーズで、帰宅は1時ちょっと前でした。

自宅前に車が来ても、家の中はシーン…あれ?マリンが吠えない?

家に入ると、マリンは2階から降りてきました。よかった、次男と一緒に寝てくれてたんだとほっとしてました。

↑↑サイン入りCDの撮影をして、歯磨きをして、すぐに布団にはいりました。帰宅直後はそんなにくっ付いてこなかったマリンですが、布団に入ったらスイッチが入ったようで、顔中舐め回し、座ったまま横になっているお母ちゃんの胸に頭を押し付けて甘えてきました。たくさん我慢させちゃったね…。背中と頭をたくさん撫でて、横にさせて前足をニギニギして一緒に寝ました。

↑↑あんまり眠れなかった私。朝も早く目覚めてました。起きてきた次男に昨日の様子を聞いたのですが…

次男は10時には2階に行って寝ちゃったそうです。すると11時頃、1階から激しい遠吠えが聞こえて目が覚めたそうな。あまりにも酷い遠吠えなのでご近所に迷惑だと、慌てて抱きかかえて自室に連れて行って布団に入れたそうな。そのまま私らが帰ってくるまでマリンは寝ていたようです。

約一時間、ひとりぼっちで寂しく1階にいたようで、たまらず遠吠えしちゃったようです。

…ごめんね

↑↑朝ご飯をイヤイヤされました。しばらくしたら食べてくれたよ。

↑↑今日は買い物で留守番させることのないようにしてあったの。

↑↑今日一日はマリンに捧げる一日にしました。

↑↑ずーっと、こんな調子でした。たくさん話しかけて、触ってあげて、そばにいました。

こんな感じでライブな一日の記録となりました。

今年はどれも遅い時間になり、送迎のパパもさぞかし大変だったでしょうよ。どうやって時間をつぶそうとか、道のりはどう行ったらいいかとか、色々考えているようなので悪くなってしまい、『電車で行く様にする』と話すと、やっぱりパニックが心配だとなり、送迎になってしまいました。

何故パニック持ちなのにそんな大勢の来るライブに行かれるんだとなりますが、私にとっては行く先に楽しみと幸せがあるからとしか思えません。買い物しなくてもいい生活だったら、おそらくずっと家にいる引きこもり状態になる可能性があるのを、こうして引っ張り出してもらえるライブはとっても貴重です。

セリーヌ、達郎さん、ギルバート…それぞれ30年以上もファンでいられて、今でも元気で活動してくれてて、息子たちが大きくなりようやく私も出かけられる時間が出来て…こうして送迎付きですが気持ちよく行かせてもらえる環境であることには感謝しかありません。

次男も家にいてくれて、近所にいるジジババの助けもあってマリンを任せられます。皆に感謝感謝です。

来年は長男の結婚の事で色々と動きがあると思いますが、その時はまたマリンには頑張ってお留守番してもらうかな…

これで今年の私の超贅沢なライブ体験は終わりです。また来年行かれると良いなぁ~…達郎さん!

------------------------------

ギルバートのライブのセットリストが探しても見つからず…。もしかしたらこんな感じというのを見つけました。正確かはわかりませんが、覚書として記しておきます。もし正式なものが見つかった場合は訂正してアップしなおします。

1. January Git
2. Make My Day
3. What Can I Do
4. Nothing Rhymed
5. Where Did You Go To?
6. Dansette Dreams And 45's
7. No Matter How I Try
8. I don't Love But I Think I Like You
9. At The Very Mention Of Your Name
10. Oh Why Oh Why Oh Why
11. I'll Never Love Again
12. The Same The Whole World Over*
13. Can't Get You To Love Me
14. Ohh Wakka Do Wakka Day
15. Clair
16. You Are You
17. Hablando Del Rey De Roma
18. What's In A Kiss

(アンコール)
19. Alone Again (Naturally)
20. Matorimony
21. Get Down

------------------------------

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

お芝居観賞~腹巻開始

昨日はご縁があって、お芝居を見に行ってきました。パパと次男と3人で行きました。

20181117

会場はとても小さいところでしたが、その分俳優さんたちの熱気が伝わるくらいの近さでの観賞となりました。内容は全く知らずに行ったのですが、後半にかけてどうなるのかとハラハラする展開で引き込まれました。良いものを作ろう、見せたいという熱気が伝わる舞台だったと思います。またこんな機会があったら是非見に行ってみたいと思いました!

昨日はジジババ宅で午前から夕方まで長めのお留守番でした。マリンのかしこいところは、単純にジジババ宅にお喋りや、お散歩の帰りに寄るときは普通に玄関から入ろうとしますが、お留守番だと理解しているときは、掃き出し窓側から上がろうと、自ら行くところです(笑)。ちゃんと窓に向かって立ち上がって、まるでノックをするかのように前足をツンツンと、窓を引っかきます。健気な姿にちょっと心が痛みますが…

↑↑今日はずっとお母ちゃんと一緒だねー。時々野良黒猫が上がってウロウロする和室方面をずっと見て警戒していますよご飯をもらいたくて上がってくるので、庭方面を少し開けてあるんですが、マリンが居るときは閉めてます。もしバッタリと会ってしまったらどんな騒ぎになることやら…。おそらくマリンが突っかかって行って、強烈な猫パンチを食らいそうですが…。そうならないように、私も目を光らせてマリンが突進して行かないように気を付けてないとね。

↑↑大丈夫だよ、ちゃんと入れないようにしてあるから。お散歩中に野良猫を見つけるとキーキー声を出して騒ぐので猫との接触は要注意です。

先代犬のマルチーズのマル(♀)がお散歩中に白い野良ネコと鉢合わせした時に、猫の方からいきなり寄ってきてものすごい勢いで引っかかれまくって、マルを抱き上げて助けたことがありました。数日後にトリミングに行ったら、トリマーさんから『マルちゃんの全身が傷だらけです』って電話がかかってきて、猫の爪の威力のすごさにびっくりしたものです。マルも毛が伸びててモサモサだったので、傷だらけだとはこちらも気が付きませんでした。マリンにはそうならないようにしないとね

↑↑お嬢さん、今年も腹巻生活が始まりました。暖かいお昼時は外していることもありますが、夕方にはまた付けています。嫌がらずにちゃんと立ち上がって、首を通したら自ら前足をくぐらせて来るところが笑っちゃいます。

さて、来週はいよいよ今年のラストの大イベント。ギルバート・オサリバンのライブがあります!一昨日あたりから達郎さんを封印して、ギルバートを集中的に聞いています。徐々に気分も盛り上がってきましたよー。ちょっとマリンには申し訳ないんだけど…たぶん帰りは深夜…開演が夜の9時半!その間、パパはどこでどう過ごすんでしょうか…お店だってやってないだろうし、その辺も心が痛みます

そんなの面倒くせぇから、自分で電車で行けよ…と、言わないところに甘え切ってますが…。いざ電車で行こうかなと言えば、やっぱりパニックが心配になるらしくてこうして動いてくれます。ありがたいことですよ、本当に…

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

山下達郎PERFORMANCE2018(二度目)

本日の記事は、前回の達郎さんライブ記に引き続き、達郎愛だだ洩れで超長文、しかも興奮度MAX状態、本人にとっては悶絶するような奇跡の出来事があり、支離滅裂の内容となっておりますこと、ご了承くださいまし

--------------

行ってまいりました。今年ふたつ目の奇跡である山下達郎ライブの当選、しかも夫婦参戦という素晴らしさ。普段ノリの悪いパパがどこまで楽しんでくれるのか心配でしたが…そんな心配はどこへやら…でした。

次男は仕事で4時過ぎまで帰ってこないので、マリンはジジババ宅へ…。今日は午前様になる可能性が高いので、帰宅後すぐ寝られるよう折りたたみベッドはそのまま…。お母ちゃんがベッドを仕舞わない=いつもと違う状況…これを理解したお嬢はなんとも言えない視線を送ってきます。それでもいつも通りにあれこれやり、お散歩も済ませました…が、会場であるカルッツかわさきが新築の会場であり、カーナビにも反映されておらず、近場の駐車場や食事をするところも把握しきっていないので、とにかく早く出たいとのこと。マリンはお昼には預けられました

その前にパパがマリンと目が合ったそうですが『あんな目で見られて、とても見てられねぇ…』なんて言ってましたよ。

さ、その後はナビで最寄りの住所を設定すると1時間半ほどで到着ですが、道中何があるかわかりません。とにかく遅れたくない、現地で時間をつぶす方が良いというパパなのでお昼前に出発してしまいました。

しかし、あんなに口酸っぱく、【開場は5時半、たぶん本人確認は5時くらいから】と言ってあったのに、なぜか頭の中に【3時半】という文字があったようで…途中、あまりにも早く着きすぎるとわかり、結局パパのなじみのお店でお昼を食べようということになり神田に寄って昼食、それから会場近くへとやってきました。それでも3時だよ…。会場真裏のコインパーキングへ停めてから、ひたすら徒歩で時間が潰せるお店を探し回り、ちょっとした喫茶店を見つけ、サンドイッチとケーキ、飲み物で時間をつぶしましたよ。

5時前にお会計する時、店長の女性にパパが『今日はカルッツかわさきでコンサートなんですよ』なんて言ってました。当然そうなりゃ誰のですかと聞かれます。『山下達郎です!当たりにくくて大変なのにうちのが当選したんですよ!』と嬉しそうに

楽しみにしているんだか良く分からない態度ばかりだったけれど、そうでもないらしい(笑)

5時少し前に到着したら本人確認は長蛇の列。2列に並んでおしゃべりしていたら、前に並んでいたお兄さんが話しかけてきます。達郎グッズでご当地プレートという限定品を狙っているらしくて、それはどこで買えるんだろうと…なぜ私に聞くのかわかりませんが(笑)

だけどそこからおしゃべりが始まってしまい、『僕、昨日は東京ドームのポール・マッカートニーのライブに行ったんですけど、空席が多くて…。ポールも年だな…って感じであんまり元気なくて。去年はリンゴ・スターが来たから行ったんですけど、リンゴは凄く元気でした』って。その話にパパが乗っかってきて、二人で話す話す(笑)

お兄さんはローリング・ストーンズのライブにも行ったけど、キースはもう指があんまりよく動かなくてギターが聞こえなかったとか、一番元気なのはチャーリーだった』とか。お兄さん、ご当地プレート手に入ったかな~?

開場待ちの長蛇の列では私の後ろで2列に並ぶ女性と(筋金入りの達郎ファンらしくファンクラブ会員らしい)、たまたま隣で並んでただけの男性(何年も外れてやっと当選したらしい)のおしゃべりが聞こえ、男性は3階席、女性は2階席と聞こえたパパが『私たち1階なんですよ~。私は初めてなんですけどね、うちのが今年2回も当選したんですよ』と、割り込み…

『えー!すごいですね!』とおしゃべりが始まり、どこから来たとか、車で来たとか、一度ファンクラブやめて後悔しているとか…知らない者同士でも広がる微笑ましい達郎の輪

1階席だとか、今年2回も当選したとか、よく人様に言うな…どんだけ楽しみにしてたんだか(笑)。どうやら近所のワンコの散歩をしているおばさんにも『明日はうちのと山下達郎のコンサートに行くんですよ』とか話していたらしい…どんだけ~…

↑↑開場前にはライブ後半に新しく発売になったパンフレット第二弾と、金達郎飴をふたつ、ポスターを購入。パパはCD販売に並び、達郎さんが超お勧めするドゥーワップのCD3枚組とシュガーベイブのCDを購入していました。私には『サインなんて欲しいなんて思ったことない。たとえ(パパの大好きな)ローリングストーンズやエリック・クラプトンが目の前にいたとしても、サインもらおうと思わないし、握手してくれとも思わない。俺は音楽だけ聴ければいいんだ』と、超冷めた話をしていたんですが、買ったのはしっかり達郎さん直筆のサイン入りのCDでしたよ。おまけでサイン色紙までもらってました…どんだけ~

達郎さんが話していたシュガーベイブ時代の寺尾さんの事を偲んで何曲かやってくれてましたが、やっとCDをゲットできたのでじっくり聞いてみたいと思います!

↑↑カルッツかわさきは築1年ほどの新しいスポーツセンターとホールのようでした。本人確認を済ませ入ったところはバスケットボールのゴールがあったので体育館のようなところ。そこでグッズ販売、CD販売、そして会場までの時間を並ばせるという流れになっていて、徐々に人が多くなりギュウギュウ…こういう感じはちょっと私にはヤバイ…そんな中で上記のようにおしゃべりしていたんですが(笑)。とりあえず5時半には開場になり、ようやく中へ…

2018111

↑↑入口にありました!記念撮影~

ずんずんと客席を降りていき、本当に近い10列目の席を見つけてテンション上がりますわ。端っこから2番目と3番目でしたが、とにかく今までのライブ人生では一番の近さに鼻息荒くなります。トイレを済ませ、あとは待つだけ…クラッカーをパパに渡して鳴らすタイミングを教えときます。

開始は18時40分くらいだったかな。内容はですね、同じツアーでしたから、セットリストもおしゃべりもほとんど一緒でした。それでも楽しいおしゃべりに笑いが漏れます。

で、そこで起きた奇跡の出来事なんですが…

達郎さんが歌う海外のカバー曲。今年のツアーは超ナンパなあの曲(笑)。これを日本で歌わせたら俺が一番というくらい、中学生のころから歌いこんでいたらしい…。あの曲を歌い始めたら、達郎さんは私らの反対方向のあちらの舞台の隅に歩み寄り(舞台が少し客席方面に入り込んでます)、女性に向かってあのナンパ曲をねっとりと歌うんですよ。これは…もしかしたらこっちにも来る??期待が膨らむ私…何となく、腰をくねらせ気味にねっとりと歌いながらこっちに向かってくる達郎さん…来る…来る…来た、来た、来たーーー!!

……

……

……

ほんの数メートルまで近くに来て『●リティー●ーマン』と歌ってる達郎さん…

……

私を見て歌ってる!!!

じ~ッと、目を合わせて数秒間、お手々伸ばして歌ってる…

隣の女性かと思ったんですが、間違いなく私と目が合ってます。

いや~~ん、どうしよう! (ごめんなさい、おバカで…)

両手広げて達郎さんめがけて思いっきり伸ばして黄色い声をだしてしまった!(ごめんなさい、アホで…)

達郎さんの細いお目目でも、はっきり私と目が合ってるとわかるくらいの近さ。人生で達郎さんと目が合うという体験はもう二度とないと思われます、興奮は止まりません。

あと数秒続いたら吐血しちゃってたかも。 (ごめんなさい、ミーハーで…)

達郎さんが舞台の中央に戻る頃、隣のパパに『ぎゃー!目が合った!こっち見て歌ったー!』と大騒ぎの私。パパの隣の男性は両方の親指を立てて『良かったね』みたいにしてくれてました。私よりも前方の席は男性が多かったので、ナンパの歌に合わせて女性めがけて歌うには、目が合わせられるのは私あたりの場所が丁度良かったのでしょうか…。

達郎さん…こんなおばちゃんでごめんなさい。もっと若くてきれいなお姉さんじゃなくてごめんなさい…くっそー、美容院に行っておけば良かったなー(←アホ全開)。

たっ、達郎さんってこんなことするタイプなのかしら?あの曲だから?前回のNHKホールの時ってどんなだったっけ…そんな事してたっけ?あぁ…記憶が~!

達郎さん曰く、65歳の年金受給者になり後期高齢者となりましたが、数日前に定期検診にいったら前よりも数値がよくなってて、『元気高齢者です』とのこと。

こんな元気高齢者さんにナンパな曲をあの笑顔と声で歌われて、おばちゃんはハートを射抜かれましたわ(←もう治療不可)。

おかげで昨日からずーっと頭の中は達郎バージョンのあの歌が延々と流れてますよ。そのうちCDになることを切に願います!

…ということで、アホ話タイムは終わります。本当に興奮状態のおばちゃんの話でした、すんまそん…

で、パパですが…。ライブでクラッカーを鳴らすのが悩みの種だったようで…後半は皆立ち上がっちゃうよという話にも嫌そうな顔をしていました。

人それぞれの考えがあるだろうに、俺は強制されたくない…

そんなタイプです。だけど、達郎マジックでしたね。終始横からチラ見してましたが、指先も膝もリズムをとってたし、口元も歌ってました。拍手も明らかに喜んでる感じ。MCでは声を出して笑ってたし、クラッカーもタイミングよく鳴らし、ラストまでたちっぱなしで手拍子ちゃんとしてました。

終わっての感想は…

『上手いもん!しゃべりも良いし、コンサートだとアレンジされてて良いし、バックのミュージシャンも上手いし、CDよりライブの感じの方が好きだな』

…だそうです。これでもベタ褒めでございます。

結婚当初は洋楽しか聞かない人でしたが、達郎さんのクリスマス・イブで『日本人でこんなにきれいな声と曲があるなんて…』と驚き、それからは達郎ワールドに入って行きました。

散々聞いていたので、今回のライブもほとんど知っている曲ばかりで余計に楽しかったのでしょうね。

他のお客さんの年齢層もかなり高め、座ってしっとり聞くところ、のっていいところ、メリハリがはっきりしているところも良かったのでしょうか。

これで、来年からのチケットの応募は2人分確定ですね~。

素晴らしいとか、良かったとかの簡単な言葉では言い表せないライブ。極上という言葉しか思いつかないです。歌もおしゃべりも、カッティングも堪能致しました。本当に贅沢で極上なライブでした。

達郎さん、ありがとうございました。一生の思い出になりました~。

時間としては3時間20分くらいだったのかな。一人でずーっと歌い続け、しゃべり続け、魅了し続けてくれました。ステージの隅から隅まで丁寧にあいさつをして退場する姿を目に焼き付けて終わりました。

来年も絶対に行きたいー!応募するぞー!!

帰宅は23時半ごろ。次男は翌日も仕事だったので寝ちゃってました。いつも眠りが深いタイプなので、階下でマリンのお迎えのギャン吠えと、私の『マリン、ただいまー』という奇声には全く気が付かずに寝ていたそうです。

おそらく1時間半ひとりぼっちで一階に居たマリン…思う存分お母ちゃんの顔を舐めくり回して、捨てようとするクラッカーのにおいを嗅いだら、すぐにお布団に入って寝ちゃってました。お利口さんでお留守番を頑張ってくれました。

今回は、ポスターを購入したのでパネルを注文したところです。居間のどこかに大きな達郎ポスター…もう文句は無いでしょう、パパ!初めて行かれたライブの記念ポスター、早く貼りたいわ~

↑↑今朝は折り畳みベッドはたたんだよ。それでも疑い深くこちらを凝視しています。今日は少しだけスーパーでお買い物があり、30分ちょっと預けられたけれど、すぐにお迎えに行ったよ。

↑↑今日はいつもより長めのゆっくりとしたお散歩をしました。年内はあと2回、ちょっと長めのお留守番があるかな。お利口さんで頑張ってもらわないとね!

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | | コメント (4)

2018年8月26日 (日)

セリーヌ・ディオン東京公演放映♪

今日は抜歯後初めてのトリミングでした(お母ちゃんの運転で行きました)。

ま、それなりに大騒ぎしていましたが、トリマーさんに抜歯の話を伝えてサクッと引き渡し(笑)。お母ちゃんは外に出る前に、

あなたはお母ちゃんが帰っちゃえばケロッとしてるんでしょ~?

…と言っておきました(笑)。トリマーさん笑ってましたよ~、マリン図星ね~

2018826

…ふっふっふ(笑)。今日も綺麗にしていただきました♪今回は耳の毛は揃えるだけにしてもらって、また頑張ってお耳の毛を伸ばします♪

-----------------------

昨日、WOWOWで6月に行ってきたセリーヌ・ディオン東京ドーム公演を放映しました。残念ながら全曲ではなかったですねぇ…セリーヌが男性ダンサーと踊りながら歌うシーンはぜひ見たかったんだけどなぁ…。

To Love You Moreでバイオリン奏者がどんな方かずっと気になってたんです。

↑↑元祖の葉加瀬太郎さんはフッサフサ、その後のツアーのライブ映像でよく見かけたバイオリン奏者はブロンドのイケメン、そして今回は…ピッカピカの方でしたが…

↑↑セリーヌよりも小柄な、笑顔がステキなツルピカのおじ様でした

あの日の素晴らしい2時間弱をしっかりとした映像でまた見ることが出来た幸せ…。やっぱりセリーヌの歌声はぶれずに素晴らしいと、改めて思いました。英語が分からず、あの時はなんて話していたんだろうというのも分かって良かったー。亡くなったご主人の事も話してたのね…。P!nkが提供してくれた『リカバリング』という曲が、立ち直るきっかけになったんだとか。バックミュージシャンやコーラスの方たちの楽しそうな表情もよく見えました。やっぱりドラム以外のピアノ、ギターは変わってしまったのね…。

良い記念になったわ…いつの日かまた、来てください…

だーけーど…放映最後に流れた今上映中の映画『デッドプール2』のオープニングテーマのミュージックビデオなんだけど…あの方は誰??セリーヌかい??

セリーヌの顔の加工が激しすぎて一瞬誰だか分らんかったわぃ

セリーヌは50歳、それなりの皺もタルミもありますね。他の歌姫たちと違って、かなり老けて見える部分かもしれません。痩せているのもそう見える一因かも。でも、ハリウッドスターにありがちな過剰な整形をしている様子もなく(たまに皺がきれいに消えてるのは一時的に何かしているかも)、メスを入れてまでの事はない…と、信じたい(笑)

どこかで読んだけど、あんまり顔をいじると歌うときに支障が出るから、ツアーが無い時期にテレビに出るとか、撮影があるときには顔に何かすることがあるようだとか。

ま、ライブのパンフレットの画像なんかもお顔がツルツルだしね…。だけど、あのビデオは別人レベル…やりすぎじゃ。画像を加工したのかしら…

昨日放映された東京ドームでのセリーヌはナチュラルなセリーヌだと思うわ。正直なセリーヌでいつまでもいてほしいものです。

コパカバーナの歌で有名なバリー・マニロウ。大好きだったんだけど、最近久しぶりに今のお顔を見てあまりの整形のすごさに愕然としたこの頃です

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | | コメント (0)

2018年6月30日 (土)

山下達郎 PERFORMANCE 2018

※山下達郎さんへ愛が駄々洩れの長文となっております。マリンの話は下の方です。

セリーヌ・ディオンの感動からたった3日。またもや感動で感激の極上のライブを体験することが出来ました。

この数年、応募しても落選し続けていた山下達郎さんのライブにまさかの当選、しかもセリーヌの3日後(笑)。送迎するパパも大変よ。朝は早く起きて野菜の収穫、無人売り場に出しておき、午前中にもろもろの作業を終えて、お昼を食べたらすぐにシャワー浴びて…。まあ、運転が大好きというのと、昔の仕事仲間の所へ寄れるし、寄ってみたいお店に行くこともできるし(今回の渋谷はタワーレコードと東急ハンズ)それなりに楽しんでいるようです。こうしてパニック持ちでも大勢人のいるところへ行こうと気持ちにさせてくれるセリーヌや山下さんの力はとっても大きいですが、やっぱり縁の下の何とかのパパがいないと行かれんわ…。よくぞ気持ちよく送り迎えして、送り出してくれます。感謝しかありませんわ…たまにムカつくけど…

↑↑さて、以前から調べてわかっていたことがありまして。ライブで必ず歌う【Let's Dance Baby】ではお客さんが『心臓に 指鉄砲』というところでクラッカーを鳴らすというお約束(?)があるようで、ついに私もそれを使う日がやってきたというわけです。前日に母と買い物に行ったときにダイソーでクラッカーを購入しました。色んなサイズや種類(リボンが飛び出すもの、音だけのもの)があるんだけど、とりあえず一番小さいサイズで7本入りを購入。7本か…あと6回はライブに行かなくちゃーなんて笑っておりましたよ。

出発は3時、カーナビでは1時間後の到着となっていましたが…高速で事故渋滞があり…本当にハラハラしました、間に合わなかったらどうしよう。

何とか4時40分頃到着。すでに顔写真入りの身分証明書とチケットを照らし合わせる長蛇の列が出来上がってました。達郎さん、チケットの大量買い占め業者によるチケット転売にかなりご立腹のようで、チケットには購入者の名前がしっかり印刷されており、入場する時には顔写真入りの身分証明書と同じ名前でないと入場不可となります。その時に返金もないそうです。有効期限内のものでもないとダメだとか。同行者にも同じように顔写真入りの身分証明書が必要だそうです。これはもう仕方ありません、達郎さんがそうしなきゃダメというならば従うしかありませんよ。中には本当には入れない人もいたそうです。チケットサイトからはライブ数日前にメールが来て、入場の際の注意事項の確認をしっかりしてくださいとありました。

ま、私は去年末に超特急で取れた運転免許証が初めて身分証明書として役に立つときが来たというわけです。本人確認、しっかりされました。写真と顔を照らし合わせてしっかり見られます。帽子をかぶってた女性は帽子を取ってくださいとまで言われてましたよ。

20186293

↑↑やっとNHKホール館内へ。息子たちが小さいころに【おかあさんといっしょファミリーコンサート】に家族で来た時以来ですよ。

中に入ると達郎さんのライブの案内看板が…ついに来たよ、来たよー!

↑↑あらまぁ、曲を提供したことのあるらしきジャニーズからお花が何故今田耕司…?

↑↑ほうほう、加山雄三さんから。サザンも!ほー、こんなものも見られてちょっと楽しい。

さて、次はパンフレットが欲しいので物販方面へ…と、途中でCD売り場がありまして、そこに2000円以上購入すると先着順でサイン色紙なんて話が聞こえますよ!フラーっと身体がそちらへ傾きまして…すでに持っている【ビッグ・ウェイブ】をさっと掴んで購入。サイン色紙もゲットできましたー

でもこのCD、よく見たらリマスター版でボーナストラックがたくさん入ってたので買ってよかった!

↑↑パンフレット(3000円)と金太郎飴本店で作られている【金達郎飴】も購入(1000円)。パンフレットは達郎さんの直筆で50の質問に答えているページが楽しかった。

↑↑シンプルなサインなんだねー。

↑↑どれもビミョーに顔が変わってる。お味はソーダー味で美味しかったですよ♪

さて、会場に入ったらスマホは通信が遮断されるので何もできなくなります。客席からステージがどれくらいか写真を撮ろうかと思ってたんだけど、撮影は一切お断りとアナウンスがありましたので、席に座ったら大人しくパンフレットを読んで、ウォークマンで過ごしました。年齢層は高めですねー。男性が多いな。あと、私の前の席に来たおじさんがクラッカーを私と買ったものと同じような袋から2本出していたので思わず聞いてしまいました。『あの、初めてなんですけどクラッカーは2本使うんですか?』と…。おじさんはニヤッとしながら『景気づけですよ、2本でやりますよ!』とのこと。じゃあ、私も2本用意しておきました(笑)

今回のツアーは49公演中の4本目とのことです。これから観に行く方がこのブログを見てネタバレでがっかりされるかもしれない…でも自分の備忘録として記しておきたいので、セットリストのネタバレや、ちょっとしたネタバレは下の方に別に分けて記しますね。

まず、感想は…うまく言葉が見つかりません。でも確実に思ったのは、

今後の私のライブ人生は達郎さんに全て捧げよう!

…です。それくらいの気持ちになるほど素晴らしかった。でも、当たればの話ですがね…これからも応募し続けてチャンスをつかみたいと思います。

歌はまるで音源か!…と言うくらい完ぺきな歌いっぷり、声の張りがすごい。バッグバンドの演奏もすんばらしい!嬉しかったのはコーラスの中に三谷泰弘さんがいたこと。昔よく聞いてライブにも行っていたスターダストレビューのかつてのメンバー。そのころはキーボードとボーカルでした。ライブでもメンバーいちの笑顔とはっちゃけた動きで演奏しててとっても印象強かった。お元気で音楽を続けてらしたんですねー。

達郎さんのおしゃべりも楽しいのねぇ…ちょいと毒ありですが、そこに茶目っ気があって笑顔で聞いていられる。トイレから戻ってきただろうお客さんを愛あるいじりをしたり、客席からの野次にもしっかり突っ込み返す余裕。曲作りに対する姿勢や、昔のレコーディングの頃の苦労話なんかも。

特に楽しかったのが【Let's Dance Baby】でクラッカーを持って身構えてたら、前の方の集団の女性たちがフライングで全然違うところでパン!

達郎さん歌いながらそっちを指さして『お客さんまだ早いって!』

みんな大笑い。私は何とかタイミングよく出来たよー!

歌の後、こんなフライング初めてだみたいな話になり、もしかして一見さん?『今日一見さんはどれくらいいるのかな』と、手をあげる仕草をするので、私は元気いっぱい手をあげたんだけど、他はパラパラ…

『少ないじゃないか!じゃあ(クラッカー鳴らすタイミング)お家でちゃんと練習してこい!』となり、笑いがいっぱい。

そんな話を帰りにパパにしたら、『そんな言い方するのかよ、俺はイヤだなー』とのこと。実際のその場を見てれば愛ある達郎さんの突っ込みにパパも笑うはずだよ。

あとは、65歳の年金受給者となり人生を色々考えるようになったとか、身近な方たち(音楽仲間)の『死』で感じたことなど…

その亡くなった方たちへと、初めてのお客さん、常連さんたち、もしかしたら今日一回限りになるかもしれないお客さんたちへのそれぞれの優しい気づかいのあるライブだったと思います。

【希望という名の光】で、どうにも涙がダーダー流れてしまい、止まらなくなってしまった。途中で(もしかしたらアドリブ?)ちょっと原曲と違う歌詞を歌うところがあるんだけど、そのあたりが心に沁みてしまい、目も鼻水もダーダーよ。『誰が何と言おうがそんなことは気にするな』的な事だった。両隣のお客さんにジュルジュル鼻をすするのを聞こえないよう、タオルハンカチをしっかり当てて、静かに静かに鼻をすすりましたわ。

どうやら達郎さん、とっても健康体のようで、『生きている限り出来るだけ(ライブ)続けますよー。死ぬまでやりますよー』と何度もおっしゃってました。とある歌の中で、突然セットの後ろの方へ走っていき、何をするのかと思ったら、そこからマイクなしで生声で歌いだしました。3階席の後方まで聞こえたでしょうよ。すげーわ…どんだけの声量なんだよ。

バッグバンドやコーラスは何度かいなくなりますが、達郎さんはぶっ続けで歌い続けてました。アンコールの拍手以外はずっとステージにいてぶれない歌声で歌い続け、喋り続け…アンコールもこんなに歌ってくれるのかというくらいたくさん聞かせてくれました。

ラストの曲はステージに一人残り、アカペラで…場内の明かりがついても、ステージの隅から隅を行き来しお客さんにお礼を言い、たっぷりと挨拶をして退場されていきました。約3時間20分ほどの贅沢な極上の時間でした。

今回はライブ再開から10周年とのこと(バッグバンド、コーラスも10年ずっと一緒だとか)。それで今回のツアーでは『自分に10年よくやったなという意味で、自分の好きな曲や出来の良い曲を選びました。だからもしかしたら初めてのお客さんには前半はちょっととっつきにくい部分があるかもしれないけど』と…何をおっしゃる!私には生で聞きたかった曲ばかりで嬉しい選曲ばかりでしたよ!

今日来てくれている方たちの中には、とても辛い日々を過ごしている方がいるかもしれない。親の介護とか、自身の病気の事とか、他にもいろんなことで…私の音楽はそういうことを助けたりすることはできませんが、寄り添うことはできます。私の音楽が皆さんに寄り添うことが出来て、今日の日が皆さんのメモリーとして刻まれていくなら、こんなに嬉しいことはないし本望です。

こんな感じのトークもあり、ただただおばちゃんはダーダー(涙)。本当に当選して来られて良かったよ。また絶対に来たい、聞きたい、ずっとファンでいようと思いながら、ステージに一人残り挨拶をしている達郎さんにありがとうと言わせてもらいました。

終わった後、パパと上手く合流できて帰路につきました。

次男にもこれから帰ると電話したら、まず聞かれたのが『クラッカーはちゃんと鳴らせたの?』でした(笑)

高速に入る前にまたまた事故渋滞…タクシーと乗用車の衝突だったようで派手に壊れてる乗用車…。パパの運転は思い切りが良くて怖いのよ~。買っておいてくれたサンマルクカフェのサンドイッチを頬張りながら怖くて堪えるところが所々あり

まあでも本当に送迎有難かったです。本当にありがとうさん…。

さて、セリーヌに引き続きさらに長い留守番を強いられたお嬢さんのお迎えは熱烈でした。

↑↑満遍なく顔中を舐め回された後のこの笑顔。たまらんわー。

↑↑何とか零時前にはお布団へ。マリンを背中から手を添える感じで寝てたら、その手に前足をねじ込んでくるのよ…お母ちゃんは当分大人しいから、安心してね。

……もしかしたら11月あたり…ギルバート・オサリバンとか…ゲフンゲフン…

ここから下は、山下達郎 PERFORMANCE 2018 の6月29日NHKホールでのセットリストと、ちょっとした話を備忘録として載せさせていただきます。もし楽しみにしてて見たくない場合はお気を付けください。読んでくださった方は、長々とありがとうございました。

山下達郎 PERFORMANCE 2018(6/29 NHKホール) 

--------------------------------------

1.SPARKLE
2.新(ネオ)・東京ラプソディー
3.MUSIC BOOK
4.あしおと
5.WINDY LADY
6.DOWN TOWN
7.Solid Slider
8.REBORN
9.Oh,Pretty Woman
10.シャンプー
11.Blue Velvet
12.おやすみロージー~Angel Babyへのオマージュ~
13.Joy To The World~クリスマス・イブ
14.希望という名の光
15.ずっと一緒さ
16.今日はなんだか
17.Let's Dance Baby
18.ハイティーン・ブギ
19.アトムの子
20.LOVELAND,ISLAND

アンコール

21.ミライのテーマ
22.Ride On Time
23.恋のブギ・ウギ・トレイン
24.Your Eyes

個人的に生で聞きたかった曲は、【MAGIC TOUCH】【SOUTHBAUND #9】【GUESS I'M DUMB】あたりかな。舞台のセットはどこかの倉庫?コンテナがあり、倉庫があり、クレーンがあり。背景はビルと河かな…海かな…それが曲に合わせて夜景になったり…。達郎さんは倉庫の扉がパーッと開いて登場でした。クリスマス・イブのライティングがステキだった…。

【シャンプー】は凄く久しぶりだそうで、最近『ピアノが下手になったなー。』『シンセサイザーだと弾いた時の反応がなー(好きじゃないみたいな)』と。

ある歌の途中で、名前こそ出さないものの、あの大物の方が向こうに見えると言い、その方のヒット曲のさわり部分を何曲か口ずさんでくれてお客さん大喜び。私も喜びつつ涙ダーダー。

【Oh,Pretty Woman】はこの曲を日本人が歌ったら俺が一番だと。それとこの歌詞のナンパな内容を話し、後にヴァンヘイレンがカバーしたけど、デイヴ・リー・ロスにはピッタリでいい選曲だったんじゃないかと笑ってました。

【ハイティーン・ブギ】では歌う前に『前回やったら大うけだったから今回も!』と。

【LOVELAND,ISLAND】のラストでの拡声器は『数年ぶり~』だそうです。

今日のお客さんみんな優しいなー…最近のお客さんは皆優しくなった。昔は腕組みしててさ…怖かったんだよーって(笑)

| | | コメント (2)

その他のカテゴリー

50代で免許取得記録 50代の初心者ドライバー 50代初心者マーク卒業後の運転 Information&お知らせ いぬのきもち うちで好評のおかず お弁当2004年度(中3・中1) お弁当2005年度(高1・中2) お弁当2006年度(高2・中3) お弁当2007年度(高3・高1) お弁当2008年度(大1・高2) お弁当2009年度(大2・高3) お弁当箱レポ お弁当(番外編) アルくん チロルとマルコ2019年 チロルとマルコ2020年 チロルとマルコ2021年 チロルとマルコ2022年 チロルとマルコ2023年 チロルとマルコ2024年 テレビの取材話 トイレの工夫 トリミング ハンドメイド バトン パテラ(膝蓋骨脱臼) マリンGIF画像 マリンの歯 マリンの白内障 マリンの食の悩み リフォーム・断捨離 ワンコの誕生日・命日 両親宅の巨猫・ゴンタ 両親宅・野良猫 保護犬トライアル 動画あり記事 半ケツ座り 大瀧詠一 孫ちゃん 家庭菜園 小分け冷凍のおかず 山下達郎 愛犬ネタ2002年 愛犬ネタ2003年 愛犬ネタ2005年 愛犬ネタ2006年 愛犬ネタ2007年 愛犬ネタ2008年 愛犬ネタ2009年 愛犬ネタ2010年 愛犬ネタ2011年 愛犬ネタ2012年 愛犬ネタ2013年 愛犬ネタ2014年 愛犬ネタ2015年 愛犬ネタ2016年 愛犬ネタ2017年 愛犬ネタ2018年 愛犬ネタ2019年 愛犬ネタ2020年 愛犬ネタ2021年 愛犬ネタ2022年 愛犬ネタ2023年 愛犬ネタ2024年 我が家に猫が来た 我が家のお弁当について 携帯から 犬のごはん 猫との暮らしの工夫 社会人の息子のお弁当 簡単レシピ 老犬介護 観賞日記 野良の子猫保護 鈴ちゃん・風太君 雑談