« マリン・パトロール | トップページ | うちの子7年♪ »

2018年10月14日 (日)

あんまり刺激しないように…反省(動画あり)

相変わらずジジババ宅にやってくる野良黒君。ちょっと反省なのですよ…

私らが騒ぎ過ぎたせいで、マリンがすっかり落ち着かなくなってしまい、【じいちゃん宅=野良猫】という事になってしまい、じいちゃん宅に向かう数十歩はぐいぐいとリードを引っ張り、首輪が喉に食い込み、咳き込むようになりました。家の中に入っても、私らがちょくちょく窓際に行って猫を見たり、マリンに『あっ、にゃーにゃー来た?』なんて言ってからかうものだから、余計に気にするようになってしまい、常に警戒モードで息が荒く…

↑↑先日はお母ちゃんが子宮がん検診(頸癌、体癌、卵巣がん3種類)の検診をした日はお腹が痛くてジジババ宅に行かないつもりでいたのですが、マリンは納得してくれず…『じいちゃんちに行く?』の一言をじーーーーっと待ち続けてお母ちゃんを凝視、凝視、凝視!

↑↑『今日はお母さんはポンポンが痛いから行かないよ』と言っても全く納得せず…。トイレについてくるし、家の中どこにでもついてくるし…根負けして夕飯前に連れて行ったときがありました。その時も猫は来ていてマリンは見つけてしまい、大騒ぎ…。帰宅後も興奮がさめず…晩御飯断固拒否でした。こんなに興奮しっぱなしになってしまったのは、お母ちゃんの責任と申し訳なく思いました。ごめんな~…sweat01

それからは、ジジババたちとも話して、マリンが行っているときは一切猫の話はせず、たとえ外にいたとしても窓際に行って見たりせず、マリンを刺激するのはやめようとなりました。それからはジジババ宅では、マリンが勝手に窓際に行って見たり(すりガラスみたいなので見えません)、居間の窓から外をのぞいたりしても、私らは何も反応せずにいます。そうなれば、少しだけ落ち着いているような感じかな。でも、帰るときは必ずドアから出たら、猫が外で待ってる場所を凝視してますがね(笑)。たとえ帰り際にいたとしても、私は反応しないでそのまま連れ帰るようにしています。

ジジババ宅にいた、どっしりとしたたたずまいの男らしい猫・ゴンタのようにはいかないようですね。ゴンタには時々ちょっかい出していても、ゴンタの晩年はマリンが自らゴンタのベッドに割り込んで寄り添ってました。もろに見た感じが野良猫となれば受け入れられないでしょうよ。

どうしても人には馴れそうにない感じの野良猫です。あくまでもご飯だけの関係なのかもしれません。頼って来られるジジババからしたら気になる存在だし、来る限りはご飯をあげるでしょう。極力マリンと接触が無いようにこっちが気を付けてあげるしかありません。神経質なお嬢様なので、またご飯拒否が始まったら大変なことになるからね。

----------------------

さて、昨日は両親を乗せて都立多磨霊園へ行ってきました。行きは私の運転、帰りはパパの運転でした。最近は近場の買い物ばかりで、久しぶりの長い運転で緊張しました。途中でトラックだらけになるところがあったり、車道を走る自転車も多くてヒヤヒヤ…

道のりは単純なので何とか行かれましたが、未だに前のめりに座って運転する癖が抜けないので疲れます。特に腕と手首がかたいんでしょうねcoldsweats01

↑↑またもやおばちゃん化した孫が来たか~と、笑ってるでしょうか。ジジババもお参りできてほっとしたようです。

↑↑帰りはパパの運転なんですが…初心者マークつけっぱなしでしたcatface

さすがにジジババが乗っているときは、まあまあのおとなしめの運転でしたね。

201810145

↑↑次男がお休みの日だったので置いて行かれたお嬢さん。帰宅してすぐに、今度は次男のお店の発送があったので郵便局まで乗せて行くのに、またお留守番とのことでジジババ宅に預けられました。帰宅後は、いっぱい抱っこして、いい子いい子してなだめておきましたよ。

-------------本日の動画

これはまだマリンに野良猫の姿を見せたりしていた時の様子です。落ち着かないお嬢の姿…改めて反省ですね。笑いごっちゃないわな~bearing

【あいつ、何なの!】

※ワンコの甲高い声が入っています。音量にご注意を。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

|

« マリン・パトロール | トップページ | うちの子7年♪ »

50代の初心者ドライバー」カテゴリの記事

両親宅の巨猫・ゴンタ」カテゴリの記事

動画あり記事」カテゴリの記事

愛犬ネタ2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリン・パトロール | トップページ | うちの子7年♪ »