« 鳩さんいらっしゃい&雷怖い…(動画あり) | トップページ | 濁点を付けられない言葉… »

2017年7月28日 (金)

パパが入院…もう、退院

えーっと、パパが入院していまして、今日退院できました。
ちょうど一週間前だったのですが、ばたりと倒れたとかの重篤な感じじゃなかったんですが、明らかに様子がおかしいというので救急車となりました。結局搬送先でいろいろ調べて、原因は分かったのですが、その病院にはない科にかかることになったので、救命救急士さんが3名付き添いで(全員女性)別の病院へと転院になりました。テキパキとした動きに感心、感謝です。幸いにも、翌日にはどこが悪かったのかわからないくらいに回復し、リハビリも順調にこなせまして…ちょうど一週間で退院を迎えました。今後は月一くらいの通院が何度かありそうですが、しばらくは運転は×となり、帰宅後に即運転したかったパパはがっくり。ま、仕方ないですね。しばらくは私の電動自転車を使ってお出かけするしかないでしょう。

なんだか、この一週間、特に救急車で運ばれた時は、最初は気が張ってましたが、頭の中は今後どうなるかとか、いろんなことを知らされてないことへの困惑、混乱でごちゃごちゃ…考えがまとまりませんでした。普段話はしていますが、家族として知っておくべきことの色々が教えてもらえてなかったりが多すぎて…。それにパパ自身も自分の身体への過信も大いにあり、あれこれ反省してもらうことがいっぱい…特にお薬手帳とか携帯すべき手帳を作ってないとか…今後はもう私が厳しく監視してお薬手帳も、ほかの手帳も必ず携帯させるようにしなくては…はぁ…。

あとは、長年続いていた夜別居。自宅すぐ前に義両親宅がありますが、何かしらの理由をつけて夜になると独り暮らしのように行ってしまい、自由気ままな生活でした。それもあれこれの不摂生につながってたんでしょう…。今後は長男の部屋が空いているので、そこをパパ部屋に変更です。長男が帰ってきたときはパパと寝てもらいましょうか。パパの自宅はここなんだよsign03良かったよ…この春に長男の部屋や納戸のあれこれを断捨離しておいて…なんか、突き動かされるもんがあったんだよね。このままじゃダメみたいな、何かちゃんと使える部屋にしなくちゃいけないみたいな。本当にあの時に身体がクタクタになるほど集中して、片付けておいて良かったと思いました。

しばらくは畑も草刈もほどほどにしてもらいます。身体は疲れているはずなのに脳が疲れを認識してないんじゃないのかと、次男はずいぶんと気にしていました。身体を動かす仕事はいい、汗をかく仕事は気持ちがいい…そう言う割には晩御飯時には口もきけないのかと感じるほどの疲れた顔してるし、目を閉じればすぐに座ったまま寝ちゃうし、この異常な暑さの中では絶対に『無理してない』とは言い切れない感じがありましたね…

次男も自分のバイト先を調整してパパについて一緒に仕事をする方向で考えてくれるようです。これで次男は高尾山の仕事、自分のネットショップの仕事、パパのバイト…3つ掛け持ちか?でも、次男が普段家にいる生活で本当に助かりました。パニックもちの私には本当にきつい一週間でした。心臓がドキドキ状態が長く続いてて疲れました。次男のおかげで何とかやれましたわ…

やっと、何も気にせず寝られます。朝起きてこなかったらとか、向こうに起こしに行ったらダメでしたとか…。冬なんかエアコン暖房、こたつのままケーブルテレビつけっぱなしで寝てることが何度もありました。もう、そんな事で心配したりイライラすることが無くなります。上の部屋にいるんだと思うと安心ですよ。

長男も今は超激務なのですぐには帰れませんでしたが、何とか有給を取って帰ってきました。改めて、軽く済んで良かったと思います。私も次男も色々分らず混乱しそうでしたが、今後はなんでもわかるようにしなくてはねと、私らの生活の仕方や、家族の在り方にも考えを改めなくちゃいけないと思い知りました。

ジジババにもいろいろお世話になりましたわ。パパのお迎えをしてくれた方にも感謝です。

さて、一週間ぶりの対面のお嬢さん。

2017728

↑↑お留守番先のジジババ宅で再会でした。普段から尻尾フリフリのないマリンなので、そんなに大きなジェスチャーは無いのですが、明らかに喜んでる様子が見られましたよ。立ち上がってパパを何度もつついてました。パパが救急車に乗るときは、本当に急だったので説明も何もなく、ジジババ宅に預けられ、わけが分からなかったでしょうね。夜遅くにお母ちゃんが帰ったので、ご飯の世話も全部次男がやっててくれました。その後はやっぱり家の中の異常事態を察してて、ちょっといまいち様子がおかしかったです。ご飯イヤイヤも少しあったけど、次男からなら何とか食べてくれてました。

↑↑長男が来たときは熱烈チューよ。そのあとはさっぱりしたものですが、やっぱり帰ってきたときは違いますね。車の音がして、お兄ちゃんが来たよと言えば、すぐに玄関まで走っていってお迎えしたもんね。家族のことがちゃんとわかるマリンです。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

|

« 鳩さんいらっしゃい&雷怖い…(動画あり) | トップページ | 濁点を付けられない言葉… »

愛犬ネタ2017年」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
パパさん、ほんとうによかった、後遺症が残るほどのレベルじゃなかったようで、ほんとうによかった。
しばらくは運転も出来ないとのことですが、しっかり休んでくださいsweat01

馬鹿みたいに暑い日が続いていたし、疲れ溜まっちゃってたんでしょうかね。
そして次男くんもいてくれて良かったsweat01ともちんさんも疲れが出ないよう、
昼寝でもなんでもして体休めてくださいねconfident

実家の父も畑仕事が好きで、暑くないよ喉乾いてないよ、なんていって畑に出ていますけどpout
暑く感じなくても28度超えたらエアコンつけることと、
喉がかわいてなくても水を飲むことを言ってあります。ほんとにもう...自分に甘くいて欲しいですっ

投稿: ぽむ | 2017年8月15日 (火) 09時34分

★ぽむさんへ

こんにちは!
ご心配いただきありがとうございます。本当に軽く済んで良かったです…。運転が出来ないのはかなりショックのようですけど、まさかの事故につながらないよう、お医者さんの許可が出るまで我慢ですね。

やっぱり温暖化のせいかな、暑さがおかしいですよね。畑って本当に酷だと思うんですよ、夏は特に。それでもたわわに生ってる野菜を採らないわけにはいかないし…。ちょっと張り切ってたくさん植えてしまったのもあったので、今後は身体のためにも、もしも私らが代わりにやるときのためにも、畑は縮小してもらいたいです~。

年を取ると、疲れや暑さを感じにくくなるんだとか…俺はまだまだとは言いますけど、無理がきかない年齢になってると思い知ってくれるといいんですけどね…

お父様も本当に気を付けてくださいね。喉が渇かなくても予め水分を取っておくのってすごく大切なんだそうです。予防ですね…。ぽむさんも気を付けてくださいね!
ありがとうございますhappy01

投稿: ともちん | 2017年8月15日 (火) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩さんいらっしゃい&雷怖い…(動画あり) | トップページ | 濁点を付けられない言葉… »