« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

やっと寒い朝♪

ようやく寒い寒いと布団に入る季節になってきました。今年はなかなか寒くならなかったわね。昨日やっと電気式毛布を足元に敷きました。布団に入った時に足元が温かいとほっとしますね。でも、ホットフラッシュありのおばちゃんなので、夜中に汗びっしょりで目が覚めて、頭やおでこ、首や胸をゴシゴシ拭くこともよくありますのよ。

朝ごはん中のお嬢様。何だか頭に花がにょっきり生えてるように映ってしまった(笑)。立派なシクラメンは両親から、ゴンタの枕花のお礼に頂きました。そろそろポインセチアかシクラメンが欲しいなと思っていた頃なので嬉しいわ~。

そして、ようやくストーブをスイッチオンしましたよ。うちはちょっとやそっとではつけません。室温が10℃以下になってやっと朝だけつけるようです。設定温度も18℃くらいでOKなんです。あまり暖かくなると、顔がボーっとしてくるし、何となく空気が悪くなって息苦しいような感じがするのです。安心してください、ちゃんと空気の入れかえはしてますよsign03

日中も12℃くらいになれば点けますよ。マリンが耳毛をなびかせ、プリケツをこっちに向けてたたずむ姿はお母ちゃんの萌ポイントです。何で見るのよ…と言いたげな目でこちらを見ると、さらに萌ポイント増大ですsign03たまらんわ~heart04

我が家のワンコの冬の恒例、腹巻も始まりましたよ。チコはあまりつけなかったけど、被毛がシングルコートのマルとマリンは、トリミングでツルピカになってしまうお腹が寒々しく見えるのです。マリンからは赤ちゃん用品のお店に行って、出来るだけ綿が多く入っている製品を探して身に着けてあげてます。私も冬用のあったか肌着は綿混じゃないと痒くなったり、蒸れた感じがしてダメなんです。ベルメゾンの綿混のホットコットはお母ちゃんのお気に入りです♪

最近、毎日会えるようになったパパに、玄関でのお出迎えがほとんどなくなったマリン(笑)

パパはそれにちょっと不満です。でもそれは居てくれるのが当たり前で、必ず帰ってくる家族とマリンが理解した証だと思うんですよ。だって次男にもお出迎えは滅多にしませんから。

あ…お母ちゃんは別だよね、マリンhappy01

お母ちゃんが帰ってくる時、ちょいと庭先に出て戻った時、ごみ出しで戻った時…毎度100%お出迎えありですよ、愛ですからheart04

パパにお手手をモミモミされてご満悦のお嬢さま。こんな顔されちゃうと、思わずほっぺをピンク加工したくなりますよ。

最近海外ドラマの録画がたまってしまい、そろそろDVDレコーダーのHDDの容量がヤバくなってきました。未だにうちはブルーレイを持っていません。特にヤバいのはデジタルの方の容量。ケーブルテレビのスーパードラマTVの録画はアナログの容量に録画されるのですが、こちらもなー。観てないのに編集してDVDにダビングしてあるクリミナルマインドがいっぱい…

で、今年はジャック・バウアーでおなじみの『24 -TWENTY FOUR 』の続編『リブ・アナザー・デイ』がWOWOWで放映されたのですが、二か国語放送だったのねぃ~。私はどうしても吹き替えの声だと楽しめず、俳優ご本人の声をじっくり聴き、字幕も逃さず読みたい、セリフもきっちり聞きたい…映画やドラマを見るときは、テレビの前でどっしりと構えて観るタイプ。だから、24 -TWENTY FOUR みたいなハラハラドキドキのドラマだと、一本観終えると結構疲れます(笑)

それがー、それがー!やっとつい最近WOWOWで字幕で放映したので連日深夜の録画をして、ようやく観られたわ。

はい…とっても疲れました…3日間で12話全部クリアしました。特に土曜の夜はまさに24祭り!6本観たどー!深夜2時半までかかった!

内容は伏せますが、あの人たちをどうしてここまで不幸のどん底に設定するかな~とか、もう少し光の見える設定にしてあげればいいのに…とか、ジャックの今後の運命やら、クロエのあのお化粧は何だったんだろう…とかとかとか!布団に入った後も頭の中で24祭りがおさまらずなかなか寝付けなかったわい。

どうも私はゲームといいドラマといい、ハマるとどっぷりと気が済むまでと言う悪い面があります。来年は50才なんだから、その辺はもう少し落ち着かねば(笑)

早いところHDDの24 -TWENTY FOUR は、DVDにダビングして棚の奥にしまい、簡単に出して観られないようにせねば…老後の楽しみにしましょう。

さて、今日で11月が終わり。明日から師走…

早いねぇ…

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (2)

2015年11月24日 (火)

仲間とのお別れが分かるワンコ

今日の午前10時に、両親宅の猫のゴンタ(推定17歳・♂)は荼毘に付されました。

両親が抱いてチコとマルの眠る高尾霊園にて、自分たちにとっての最後の愛猫となるゴンタを送るため、今までのたくさんの猫たちとの別れの中で初めての個別立会い火葬を選び、自宅に初めてお骨を抱いて帰ってきました。

チコとマルの時もそうでしたが、とても丁寧に対応してくださり、お骨もきれいに並べてくれて、爪や歯や、しっぽの先っぽの小さなお骨全部を見つけて形にして下さり、両親共に感激していました。

あとは、気が済むまでゴンタを自宅に置いて、その後の事はゆっくり考えるんでしょう。

両親にとっては犬や猫がいなかった時がほとんどなかった位、結婚生活イコール犬猫と一緒という生活だったので、どんなにか寂しいかと思いますが、これからはマリンを可愛い孫娘として過ごしてほしいと思います。

マリンですが、マリンにとっては数少ない仲間、友達と言う存在のゴンタでした。外猫はどうしてもダメで、本当にびっくりするほどの拒絶反応なのに、ゴンタには心をゆるし、ゴンタも自分が過酷な生活から保護されたという経験からか、どっしりとマリンを受け止め、しつこくてイラッとしたときのみ猫パンチで叱り、あとは何をされても受け止めてくれる、心もふところも広い男猫でした。元保護猫・元保護犬という関係からなのか、マリンも同じにおいのする仲間、友達として慕ったのではないかなと思います。

ゴンタが動物病院から帰ってきて、箱に入れてあげようと私と両親とで色々している時から、ゴンタはもう生きていないと感じたマリンの様子は仲間を失った動揺と言うか、何で動いてくれないのかという不思議な思いが行動に表れて、見ている方もぐっとくるものがありました。

板の氷や、保冷剤を使い涼しい内玄関に寝てもらったゴンタを気にして、何度も覗き込んだり、箱をボリボリして開けてとせがんだり。きゅんきゅん鳴くことも何度もありました。明らかにいつものゴンタと違うと分かっているようでした。

父が火葬に連れて行く前に、ゴンタを毛布にくるんで抱こうとすると…

大変でした。ゴンタの顔を覗き込み、においを嗅いで確認していました。お別れしているのかな…それとも、どこに行くんだと思っているのかな。

お骨が戻ってきた後に、鈴ちゃんも会いに来てくれました。画像はジィジがお骨を持っているところを2匹で見上げているところです。

鈴ちゃんママは、火葬に出る前にもゴンタに会いに来てくれたんです。鈴ちゃんにとってゴンタはお留守番先のちょいとでっかいおっさん猫でした。鈴ちゃんがお留守番に来ても、どどーんと構えて迎え『おう、来たのか、まぁゆっくりしていくんだな』とでも言うかのような、ゆったりとした態度でした。だけど、鈴ちゃん用のベッドを鈴ちゃんママが持ってきたときは、我先に入って寝るという、おちゃらけた事をして笑わせてもらったこともあったっけ(その時の記事はこちらです)

そして、ゴンタは忘れな草の骨壺に入って戻ってきました。大きいお花はパパがお花屋さんに頼んでくれたものです。小さい方のお花は動物病院の先生からいただきました。

2015年(平成27年)11月15日(日曜日)の、ゴンタの生前最後の写真です。マリンがおなかの皮の上あたりで座っちゃってるので、ちょいとご機嫌の悪い顔をしていました。

たくさん美味しいものを食べられ、甘えられた幸せなニャン生だったでしょう。両親に引き取ってもらえる運命だったんですね。そして、マリンに巡り合って慕われる運命だったのでしょう。

改めて、ありがとう、ゴンタ。安らかにね。

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

ゴンタが永眠~ゴンタのニャン生

私の両親宅の巨猫・ゴンタ。

今日、午後6時前位に永眠いたしました。推定ですが17歳でした。

数日前から多尿多飲、多食が目立つようになり、血液検査の結果糖尿病が発覚。土曜日に入院して血糖値を測り、インスリンの量を決めるというところまで決まっていたのですが、その前に急に元気が無くなり、急きょ木曜日の夕方から入院していました。

糖尿のことよりも、肝臓の数値が悪く、肝リピドーシス(脂肪肝)が直接の死因になったようです。この間、ずっと入院中は点滴で、両親が会いに行ってもだるそうにしていて、後追いなどは全然しなかったそうです。

今日も午前に面会に行きましたが、だるそうで目を閉じたままだったそうです。

夕方、マリンの散歩から帰ってきて玄関を開けようとしたら、動物病院の先生がすぐ後ろに!先生はすぐご近所の息子さんなんです。用事があり、一時帰宅していたようです。私と少し話し、肝臓が悪くてなかなか食べられない事、何とか食べられるようになって家に帰してあげたいとおっしゃってました。その数十分後…ゴンタの心臓が停止していると連絡が入ったそうです。先生も無念の様子だったそう…色々と手を尽くしてくださったようでした。

ゴンタは2004年に両親が東京都大田区大森の鋳物屋の町工場をたたんで、私の住む八王子市に引っ越してくる数年前に、両親宅に居ついた野良猫でした。

当時、公園でいじめられていたとか…。そして、顔に膿がたまり穴が開きそうだったり、しっぽがちぎれそうな状態の傷だらけになり、両親宅の玄関の外階段にあった下駄箱に逃げ込み居ついてしまったそうです。見かねた母が近所の動物病院に連れて行き、一週間治療してもらったそうです。

身寄りもないし、引き取ってくれるあてもない…渋々(?)ゴンタの飼い主となった両親でした。私が生まれたころからずっと犬がいて、小学生に上がったころからは猫が常に家の中にいました。

  • チャッピー(外食の帰り道で茂みに居た猫に声をかけてしまい、そのままついてきてしまった)
  • ミーコ(たしか野良だったような…美猫でした)
  • チビ(ミーコの子供の黒猫)
  • あちゃこ(私がお嫁に行く直前に居ついた猫)
  • チビ2号(私は会ったことが無い黒猫、若くして事故で亡くなりました)

…そして、ゴンタ。自宅の工場で汗水たらし働く両親と過ごし、腰痛がひどくなり、工場の仕事も出来なくなり、そして土地を売り、八王子へ来た両親と共に引っ越してきたゴンタ。

中古でしたが、我が家から歩いて50歩の新居の両親宅になっても、全く動じず、戸惑うこともなく過ごしていました。

チコマルにはどうだったかなぁ…マルはヤキモチ焼きなので、両親宅に連れて行ったときに、私がゴンタに手を出すと吠えて怒ってましたが、ゴンタの『シャー! (小娘、黙れや!)』で、マルはビビって手も出せない感じでしたね。

私や兄は、犬猫が好きでたまらないので、ついしつこくちょっかいを出すんですが、それが気に入らないゴンタは、私と兄には結構冷たい態度だった(笑)

両親が一緒の時は大丈夫だったけれど、両親が長い時間留守にしているときに、ゴンタの様子を見に家の中に入ると、部屋のどこかから『ンゴォォ~~(なんだお前は~)、ンゴアァァ~~(勝手に入ってくるんじゃねーぞ)、シャーーーー!(出てけやー!)』と、恐ろしい声で唸りまくられ、しまいにはどこからか飛び出してきて、私の足に飛びつき、それはそれは痛く恐ろしい思いをさせてくれた番犬ならぬ、番猫でもありましたわ。ゴンタの様子を見に行く時は、怖かったので息子を連れだって行くことも(笑)。息子には唸らないゴンタだった…

マリンが来たのは4年前の2011年。猫嫌いのマリンが最初にどんな態度をゴンタにとっていたのか、実はあんまり覚えてない私。でも、ゴンタは威嚇もせず、どどーんと迎えていたような気がします。

とにかく、マリンはゴンタの上を、まるで野原に転がる岩かと思っているかのように、乗るわ歩くわ渡るわ…何でそんなことするんだろうと不思議に感じます。でも、ゴンタはいつでも『ナーゴ(何だよ~)』と、どっしりとしたもんで、ゴンタにとっての小娘には怒りもせず猫パンチもせずでした。

たま~に、虫の居所の悪い時や、マリンがしつこくゴンタに遊びをせがむような態度をすると、猫パンチをお見舞いすることがありましたが、本当に数えるくらいだったね。

最後の数日はちょっと辛かったね。でも、長患いせず、ある意味両親にお金も、長い間の心労をもかけない、恩返しのような最期だった感じがします。

いつでも、どっしりと構えて凛々しい男猫・ゴンタ。

色々とありがとう、両親と、よかったらマリンも見守っておくれ。

よかったら、いつの日か私とも虹の橋のたもとで挨拶させてね。

さようならは言わないよ。

またね、ゴンタ!

チコ、マル…お迎え頼むね。

超猫嫌いのマリンが唯一心を許した男猫・ゴンタよ、安らかに…

マリン、癒しの担当が増えましたよ。バトンタッチだよ!

| | コメント (2)

2015年11月18日 (水)

どんだけ好きなんだ…

ジョイフル本田!瑞穂店!

(先週の事ですが)前回も、今回も、突然思いつき、お昼を食べた後に急いで支度して出発です。

途中でノロノロ運転があったりで…ちょいと酔いかけたのですが、約1時間で到着。順調なら19キロの道のりを約45~50分ほとで到着します。

その間、マリンはお母ちゃんの膝のクッションの上でひたすら座ってるだけ。伏せたり、横になんかなりません。胴輪に繋げたリードは、お母ちゃんのシートベルトにしっかり結んでいます。

だけど、パパの運転はそんなに安全運転ではない時があるので…曲がる時なんかにマリンが危なくないよう、しっかり支えることが幾度かあるのでお母ちゃんは気が抜けません。

『運転しない人には分からない』とよく言われますが、イラつく他の車があったり、何かの拍子にビューン!とされると、隣で座ってる方はおなかがキューっとなって怖いし、今イラついてるんだなと感じるし…。本人は私やマリンが酔わないように、これ以上安全運転は無いというくらいの運転をしているようなことを言っていますが、決してそうではないと感じるこの頃…

だから、昼から急に思い立ってお出かけして、晩御飯の時間に間に合うように帰らなくちゃとか、帰宅後に忙しない思いをするようだと、お母ちゃんもマリンも疲れるし、安全運転上よろしくないと思うので、もう午後からのジョイフルは行かないと話しました。

マリン連れは楽しいけど、お世話をするのは私。おしっこやら、マリンの体調やらを気にするのは私。それに休日のジョイフルはやっぱり混んでて、私のパニックも心配です。

今すごくやってみたかったのがあり…『大人のぬり絵』なんです。ジョイフル本田瑞穂店の2階にその売り場があるので行ってみたけれど、混んでるのよ。日曜日だからお子ちゃまもいっぱい。いきなりマリンに手を出す子もいるし、人にカートをぶつけないように考えながら進まなきゃならないし。

先日は大型犬がカートに乗っていて、気づくのに遅れたんです。気が付いた時はマリンの顔の高さに大型犬の顔があり…大型犬の歯がむき出て…危ないと思いマリンの顔の前に手を出してかばおうとしたんだけど、思いっきり吠えられ、びっくりしたマリンがカートの中からお母ちゃんめがけて飛びついてくることがありました。

混んでるとこういうのも避けられないしね…やっぱり平日の方がいいわ。

それでもやっぱり楽しいジョイフル本田瑞穂店!パパがカード会員になった時にもらったお買物券を使って『インド文様とペイズリーのぬり絵ブック 』を買ってさっそく始めて見ました。一気には無理だけど、チョイチョイやってると楽しいです。

↓↓↓インド文様とペイズリーのぬり絵ブック↓↓↓

もっと空いていれば色々探せたんだけどなー。フクロウが描いてあるのを探したかったんだわ。

ぬり絵ブックを選ぶ時も大変だった…次々人が来るし、特にお会計が長蛇の列。汗はダラダラ出てくるし、心臓もバクバクしてくる。マリンは大騒ぎのお子ちゃまを怖がり、今にもお母ちゃんに助けを求めるかのような眼差しを向けてました。

今は抗うつ剤を断薬しています(約2カ月)。離脱症状で頭の中にキンキン、ガシャンと金属音が響いて、夜に寝入りそうな時にびっくりして目が覚めることが時々あります。いつまで続くかなぁ…日常生活のあれこれは落ち着いてますが、いざという時はまだこんなパニックのような事が出るんですね。だからこそ、自ら混雑した所へ行かなくて済むように気を付けなければいけません。マリンを守ってあげるためにもね。

※最近のゴンタ様

御年約15~16歳くらい。

体重は7.8キロ。こんだけおデブさんなので最近ちょいと色々体調面で出てきましたが、落ち着いていて元気にしています。

マリンに踏んづけられようが、道のようにおなかの上を歩かれようが、動じない男…それがゴンタ(笑)

先日はジイジにおやつをもらおうとしたマリンが、前足を寝ているゴンタの上に乗せて踏み潰してましたが『ナーゴ』と、ひと声出しただけであとは怒りもせずそのまんま。

さすが、動じない男だ、ゴンタ!
マリンが唯一心を許す猫!cat


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

寒いときは無理かも?

またもや行ってきました、ジョイフル本田瑞穂店。

お昼を終えた後に出かけることになり、お母ちゃんと先に車に乗ったマリン。

ぶーぶー、ぶひぶひと、パパが来ないのを不満な様子です。

パパは野良仕事していたので着がえてくるんだよ(笑)

声をかけてもお母ちゃんの方を見もしないのよねー。
パパが来たらすぐにご機嫌はなおっちゃった不思議ちゃんでした。

お店でお買い物を済ませたら、帰る前にペット同伴エリアのフードコートで一休みしました。雨はしのげる場所ですが、外みたいなものですからねぇ…真冬はここでお食事は無理じゃないかしら。人は良いけど、マリンは…。その辺がちょいと残念。

店内のペット用カートじゃお尻が冷たくて可哀想。他にも同じように毛布や、ベッドを敷いてあげている飼い主さんがいました。

フードコートでは毛布を掛けてあげました。

帰りは薄暗い時間になってしまいました。車の中ではひたすらシャキーンと座っているマリン。時々頭が下がり、目がショボッと…。最後は無理やり横にさせて、トントンしてあげたら、ようやくネンネしてくれましたよ。

あとは、お出かけ先でオチッコできたらいいんだけどなぁ…。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

お気に入り毛布&トリミング

先日、高尾に開店したスーパーバリューで可愛いひざ掛けを見つけました。

マリンのベッドで使うのにちょうどいい大きさだったし、お安かったので買って帰ったら、もう自分の物だと分かるんでしょうかね。袋から出してるそばから欲しがり、乗っかりたがり…ベッドに入れてあげたらすぐにホリホリ、ホリホリ…そしてネンネ。気に入ったようです。

晩御飯のあとは、何時までもベタベタしてるくせに、その日はすぐに自分のベッドに行きネンネ。『気に入ったんだね』と、次男と笑いながらもう一度見直すと…

↑↑↑次の瞬間にはもうヘソ天に変わってた!

パパも思わず二度見するほどの早業でした(笑)

一昨日はパパとマリンと一緒にホーマックへ。たくさんの動物の置物にびっくりしちゃって、思わずカート内で立ち上がっちゃいました。ニオイを嗅いで本物じゃないと分かったみたいです。

そして、今日はトリミングの日。

いつも朝一なので開店前の9時45分頃にはお店に入るのですが、今日はちょっと早くついてしまった…。お姉さんは二階の控室にいたみたいで、店内で他のワンちゃんの担当のお兄さんに抱っこされてキーキー奇声を上げているマリンの声を聞いて、急いで降りてきてくれました。すみません~sweat02

ええ、素晴らしい奇声でしたよ、はぁ…bearing

お昼ご飯を食べる気満々のお顔(マリンは3回食です)。

アンケートのポイントがたまったので、久しぶりに市販の首輪を買ってみました。

また来月のトリミング、頑張るんだよ~!

※母ですが、その後咳がいつまでも引かないし、熱も出たまま。前回の診察で肺のレントゲンを撮って肺炎が無い事は確認していたのですが、今回も肺のレントゲンを撮ったら肺炎になってましたbearing

それに合った薬に変えてもらって半日ほどしたらだいぶ落ち着き、昨日は3日ぶりにまともに寝られたようです。たかが風邪と思っていると危ないですね。これからの季節、また何度も同じことにならないようにしなくては。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

BGMはアオ~ン!

11月か…もう年賀状が発売になるんですね。今年はパパがご隠居様となり、どうだろう…出す枚数減るかなぁ?

私の母がひどい風邪をひきました。初めは軽い喉痛、その後痛みは増し、咳…腰にすべり症を発しているので咳き込むと腰に響きひどく痛みます。パパと病院に連れて行き、溶連菌を疑い検査をしましたが無し。やはり風邪だったらしくお薬で済んでますが、点滴を受けている間に私は美容院へ行ったのですが、店長さんの話だと、どうやらその手の変な風邪が流行っているそうなんです。私はなぜか左の鼻だけジュルジュル出ます。今のところ喉痛は無し、気を付けないといけないですね。

今日は次男が休みだったのでマリンは次男とお留守番でした。美容院に行く時に、一度次男に電話を入れたのですが、電話の相手がお母ちゃんだと分かったらしいマリンは、電話の向こうで遠吠えのような、何とも哀愁漂う『アオォ~ン』の繰り返し。困ったチャンです。

お昼はお弁当でした。

自分のご飯を食べたマリンは(マリンは3回食です)、お母ちゃんの隣でオッピロゲ~寝。明日はお母ちゃんとゆっくりお散歩に行こうねheart01shine

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »