« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月23日 (水)

トリミング行ったよ

本当は先週トリミングだったのですが、あいにく雨でして…。自転車族のお母ちゃんはマリンを濡らすわけには行きません。予約ギリギリ時間まで待ちましたが、お迎えのころも100%雨だろうと考えてキャンセルとなりました。

今週は、やっぱりちょうど予約の時間が(夕方)雨のマーク。出かけるときは降ってなかったんだけど、行く途中でポチポチ…

到着した後に、帰りが雨かもしれないとトリマーさんに話したら、帰りの時点で大雨だったら、他の送迎のわんこ達と一緒にお送りしますと言ってもらえました。ただし、送り代300円プラス消費税です。

せっかくきれいにしてもらって、濡れて帰るわけには行きませんからお願いしました。

でも、タイミングよく雨が上がってくれて、無事にお母ちゃんの自転車で帰ってこられたマリンです。

夕方のトリミングだったので、帰宅後はすぐにご飯を頂きました。美味しかったね♪

ポンポン尻尾を撮りたくて、『あ、ニャーニャー!』と窓を指差しする鬼母ちゃんにつられて、どこどこ?…と、背伸びして窓方面を見るお嬢…。カーテンはすでにしまってます。

この後、『ふ~~ん!』と色っぽい声で叱られました。ごめりんこ。

最近、マリンの変な癖で、横たわっているときに後ろ足を上げて、ピクピクさせていることがあります。まるで、加藤茶の『チョットだけよ~』みたいに…

上がった後ろ足の肉球に、人差し指をグリグリ差し込んで喜ぶ変態母ちゃんなのでした。

今日もマリンに癒されてます。ありがとうね、マリン♪

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

可愛すぎちゃダメなんですって

ちょいと間が開いてしまいました。

お母ちゃんはなんとか元気にやっています。明日からお薬が増量になるので(パキシル12.5㎎→25㎎)、それがどう出るかちょいと心配ですが…

さて、今日も可愛い子がお外の警戒をしていますよ。

ニッセンのペット用品で購入したアッパッパーのような可愛いワンコ服。届いたら、画像で見たよりも蛍光色っぽさが強くてびっくりしちゃったんですが、お安さと可愛い形に惚れてしまいました。

本当にバルーンのようにふわふわしてて、可愛いです。

本当に…ついわが娘のように可愛い服を見るとねー。アンケートポイントがたまったりすると、お買い物ボタンにマウスが行ってしまいます(笑)

ところが、この可愛らしいお洋服を着た状態でお散歩に出るのはお母ちゃんだけなんです。可愛い服のままだと、夕方~夜のお散歩に行く次男は、『これはちょっと…』とマリンを裸ん坊にしてしまうのですよ。

デスメタルとかメタルバンドの真っ黒におどろおどろしい模様やイラストのTシャツを着た次男と、超メルヘンなお嬢のツーショットはあまりにも可笑しいのだとか(爆)

これには笑っちゃいますよ。誰も次男を見ちゃいないって。可愛いマリンに目が行くんだから、そんなの気にするなと…飼い主馬鹿全開で言う母です(恥)。

因みに…、胴輪関係も、お母ちゃんが使うのと、次男が使うものは別です。お母ちゃんは可愛い柄の胴輪などに合わせたリードを使いますが、次男は地味~~~な、茶色の胴輪。リードはチコマル時代から使っていた古い色あせたもの。これはこれで思い出がしみているリードなんだけどね(笑)。

ぱかーん…何やっても可愛いお嬢。

あ、はい。起こしちゃったのね。ごめりんこ。

先週末に、長男が里帰りしてきました。

●●兄ちゃん(長男)、▲▲兄ちゃん…と、名前でちゃんと息子たちを理解しているようです。普段、居ない時に『●●兄ちゃん(長男)帰ってきた!』と言うと、すぐに玄関方面へ行きます。ちゃんとわかってるのねー。

※長男の後ろにある2010年のカレンダーですが、チコとマルが載っているものなので、ずっと大切に下げたままです。

カメラを出すのが遅かったようでした。ウットリとした表情で長男にチューチューするマリンを撮り逃しました~。

さ、今週は恐怖のトリミングがあります。マリンは頑張れるでしょうか?

春のフィラリア検査ついでの血液検査では、どこにも異常なしの結果でほっとしました。

フロントラインは開始しました。6月初めからフィラリアのお薬をもらいましょうね。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

| | コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

鈴ちゃんのお預かり…その後の眠気

3月の末に、ママ友宅の愛犬・鈴ちゃん(♀シー・ズー)をジジババ宅にてお預かりしました。

鈴ちゃんはすっかり慣れた様子で、落ち着いて過ごしてくれました。ちょっと寂しそうな表情が見え隠れしてましたけどね。

マリンとのツーショットがなかなか撮れないので、ちょいとおやつで釣ってしまいました。ごめりんこ。

ジイジがゴンタが入っても良いように、お昼寝用の布団を敷いていました。電気毛布が弱く入っていて、ゴンタは入ったら出てきません。

意地悪おばちゃんは布団をめくり、鈴ちゃんとマリンにニオイを嗅がせたり、おっさん猫なのにピンクの可愛いプニプニの肉球を散々いじくり回したり、タプタプのお腹に顔をうずめたり…。迷惑そうな顔のゴンタです。この後はちゃんと布団を戻しておきました(笑)

以前、鈴ちゃんママと、鈴ちゃんがカットしたての頃は、お笑いの響のネタの『ミツコ』に似ていると爆笑したことがあります。バアバにどんな姿なのかをスマホで画像検索して見せてあげました。そして、鈴ちゃんとミツコのツーショット(笑)。ごめりんこ。

やっぱり、さみしいのでしょうね。

バアバの膝にマリンが乗っていたら、じわじわ~っと脇から、少しずつ、そーっと前足を膝に乗せてきて、時間をかけておばちゃんのお膝をゲットした鈴ちゃんです。

マリンの目の前で、鈴ちゃんにチューしたり、おでことおでこをくっつけてみたり、抱き寄せてトントンしたり…。

マリンはじっと見つつも、全く怒らず、焼きもちらしきものもなく…おかしいなぁ~(笑)

もしかして、先日自分も数時間鈴ちゃん宅でお世話してもらったので、そのお返しとか?

まさかねー、マリンにそんな大人な思いがあるとは思えな…ゲフン、ゲフン。

夕方前に鈴ちゃんママとパパがお迎えに来たら、超高速ブンブン尻尾で喜んでました。良かったね、鈴ちゃん。またおいで~(⌒-⌒)

--------------------------clover

前回の記事にある、不眠だという事で、少し眠りやすい抗うつ剤に変えてもらったら(レメロン)、それが私にとっては超強烈でした。物事が手につかないほど、日中も眠くてフラフラの状態になりました。

元のパキシルに戻したいと、3日後に先生の所に行ったら、せっかく出したものがもったいないから、半分に割れる錠剤なので、半錠でためしてみたら?…と。

でも、それでもダメだったら、パキシルに戻してもいいよと、パキシルも30日分出してもらえました。半錠にしてもダメな物はダメ。とにかく眠いです。

それ以上にきつかったのが、パキシルを断ってしまったせいで出たであろう、離脱症状が苦しかったです。レメロン半錠でも眠いのに、パキシルの離脱症状でふらつきや、耳鳴り(?)、ふわっと身体が浮くような浮揚感。料理中に、その状態になったりで、包丁を落とすのが一回、お皿を割るのが3回…。非常にヤバい状態でした。

ネットで調べると、耳鳴りのように感じていたのは、『シャリビン』というネット用語のようなもので、頭の中でシャンシャンという音がするとか、びりびりした感じがするとか…検索するとたくさん出てきました。

特に困ったのはそのシャンシャンと言う音が頭の中で鳴るのと、浮揚感、そして眠ると悪夢しか見なくなったこと。異常なまでの眠気でふわっと眠りについても、悪夢ですぐに目が覚める。また寝ると、また悪夢。その繰り返し。心の奥に引っかかっている、あの時こうしていれば…というような事を穿り返すかのような夢だったり、人に話したら異常者と思われるような嫌な夢ばかり。

もう、レメロンは一切やめて、パキシルを夕飯後に1錠というのに戻しました。もどして今日で3日。頭の中の音は止み、浮揚感もなくなりました。日中の眠気も軽くなりました。

今回、お世話になってお薬をもらっていたのは内科でした。内科でも抗うつ剤が出るんだと、軽い気持ちで約1年ほど処方してもらいました。それでよくわかったのは、抗うつ剤はやっぱり専門の所で処方されなくては、このようなおかしなことになりかねないという事。

心療内科は女医さんで、とても親身にはなってくれましたが、私にとって都合の悪い話を聞いてもらっているだけのような場所なのではと思い始めて、行きたくなくなっていました。

でも、やっぱり内科と心療内科の先生は違うと良くわかりました。心療内科の先生なら、今回のような処方の仕方はしないでしょう。また来週から心療内科に戻ります。2年ほど言ってないので、その間にどんな様子だったのか、メモしておかねば…

元の状態に戻って、マリンの散歩に行かれるようになり、自転車に乗って買い物に行かれて、帰宅後に次男に『動けるっていいね~』なんて言ってしまいました。

いつの日か抗うつ剤を飲まなくても大丈夫になれるよう、じっくりゆっくりやっていきたいです。

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »