« あらま、寒いわ~♪ | トップページ | バイバイ、タローちゃん。 »

2013年11月13日 (水)

指を放さない犬…

凄かったよ、トリミング前の大騒ぎ。

朝一番なんですが、他にヨークシャーテリア、パピヨン、ポメラニアンがほぼ同時に来店したんですが…、騒ぐのはマリンだけ。お店の前に自転車を停めた時点で騒ぎ出したので、その声を聞きつけた担当のトリマーさんがお出迎えに出てきてくれちゃってました(恥)。

他のワンコたちは尻尾プリプリでトリマーさんに連れて行かれました(笑)。マリンにはきっとあんな風になる日は来ないだろうなぁ~。

トリマーさんがマリンを抱いて『お預かりしますー』と…。マリンは人見知りする赤ちゃんのようにお母ちゃんに向かって前足を伸ばしますよ!その前足に人差し指をくっつけて『あとで迎えに来るからね』となだめたら、なんとまー…、お嬢ったら両前足でお母ちゃんの人差し指をギューっと爪をがっちりひっかけて握るかのように放しませんでした(その間はキーキー鳴きっぱなしです)。もう、店内にいた皆が笑っちゃいましたよcoldsweats01

今日も頑張りました。可愛いおリボンを首輪に付けていただきました。

また来月頑張ろうね(予約済み)。

すっかり膝乗りが定着しました。最近はミニ毛布も追加です。

しかし…この次男…見てるこっちも寒くなるようだわ。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

|

« あらま、寒いわ~♪ | トップページ | バイバイ、タローちゃん。 »

トリミング」カテゴリの記事

愛犬ネタ2013年」カテゴリの記事

コメント

初めまして、老犬介護で検索していましたらこちらに来ました。
私は47歳で16歳と半年のパグ犬の介護に追われています。

1年以上前から痴呆の症状が出始めて現在は寝たきり自分で身体を動かす事も出来ません。耳も目もダメです。
食事もスープ状にして哺乳瓶で飲ませます。
大きな病気もなく老化です、この夏は持たないかも?っと言われてましたが10月の初めまでは何とか歩いて居ました。

私が自律神経がおかしくなった時に来た子でした。

11歳のシーズーが居ます。パグは私にはあんまりなつかなかった。

何だか似ていることが多くてびっくりしました。

そして、だいぶ介護に疲れていて私はパグに何をしてあげたら良いのか?気を付けていたのに床ずれを作ってしまったらり、物が飲み込めなくなったのも自分のせいではないかと悩み疲れていました。

そんな時、こちらのブログを見て号泣
そして大変勉強になりました。今は夜中に起こされて抱っこしながら部屋をうろうろする・・・この時間も凄く幸せに感じます。

絶対に抱っこさせてくれなかったパグなので今は抱っこ出来て幸せです。

私にそう思えるようにさせてくれたのが、このブログでした。ありがとうございました。

投稿: akemi | 2013年11月14日 (木) 12時43分

★akemiさんへ

akemiさん、初めまして、ようこそいらっしゃいませshine
チコの老犬介護の記録を読んでくださって、ありがとうございます。
akemiさんも今、すごく頑張ってらっしゃるんですね。パグちゃんですかー、可愛いですね。
私も老犬がこんなに愛しく、可愛いものだとは思ってもいませんでした。マルは殆ど老いた姿を見せずに急逝してしまったのですが、チコはとことん私に、最後の最後までお世話をさせてくれて、その愛しさを胸にしっかり残して行ってくれました。
たしかに…イラッと来ることは多々ありました、頭を抱えて、どうしたらいいんだろうと途方にも暮れました。
でも、静かに寝ている姿を見ると、私がやらずして誰がお世話をするんだろう、チコは私が居なければ明日にでも死んでしまうと思うと、たまらずに抱き上げて頬ずりする思いが込み上げてくるものでした。
マルに出来なかった介護を、チコは2匹分の介護をたっぷりお母ちゃんに経験させてくれ、自分は何の役にも立てていないという欝な気持ちをを振り払ってくれるほど、懸命に『やる事、出来る仕事』を作ってくれましたよ。
夜中の鳴きや、大暴れなどは辛いものです。なんでこんな時に…って時のお漏らしもきついものがありました。でも、最後のほうではお尻を洗いながら『チコぴーはね、お漏らし婆ちゃん~♪』なんて、即興で歌う位の余裕が出てきましたよ。

介護は、良くなることなく終わりはお別れになります。辛く悲しく切ない事ですが、10年以上我が子同然に暮らしてきて癒してくれた子ですね。パグちゃんも、お母さんにたくさん抱っこされて、若いころにあまりなかった温かい感触を、目を閉じながらゆったりと受け止めて喜んでいるのではないかしら…

シーズーちゃんも、お母さんが懸命にお世話をしている姿を見て、『私の時も安心ね』って思ってるかもしれませんね。
私の拙い介護記録が、少しでもお役に立てたなら嬉しいです。こちらこそ、ありがとうございました。
寒くなってきました…akemiさん、お身体に気を付けてお世話をしてあげてくださいねshine

投稿: ともちん | 2013年11月15日 (金) 18時11分

お祝いコメントありがとうでした。
結婚式から一週間たって
時が過ぎるのって早いですね~これからは年末に向けて
ラストスパートでしょうか~

akemiさんのコメント見て私もともちんさんのここに
行きついた時のことを思い出してしまいました。
私にとっても ともちんさんは介護の師匠さまです。
どれだけこのチコちゃんブログに助けられ
ともちんさんのアドバイスに勇気つけられたか・・
こうやってまだお付き合いができるのも幸せなことです。
うちももう犬はいいなんて言いながら 元気一杯若者
シジミと過ごしながら茶々にどうしてもう少し
愛情を注がなかったんだろうとか やっぱり後悔ばかり(笑)しています・・・・。シジミが茶々にそっくりで
もしかしたら生まれ変わりなんじゃないかって
時には戦いながら茶々の分まで後悔を上乗せさせて
シジミ育を楽しんで行きます。いずれ来るだろうお別れまで…あ~なんだか長くなっちゃって~
akemiさんにも頑張ってもらいたいです!!!

マリンちゃん可愛いな~ほんとおかーちゃん
大好きっ子なんですね。次男くんの半そでは
うちの夫にかぶってしまいます(笑)

投稿: ぽんず | 2013年11月16日 (土) 11時51分

★ぽんずさんへ

おめでとうございました。いいお式で、読んでいるこちらもほっこりさせていただきましたよ。

ぽんずさんもここにたどり着いた時はお茶子さんのお世話に追われてましたよね。うちは病気は無く老衰だったのですが、お茶子さんは見るからに痛々しい姿…その点チコと比べ物にならないご苦労がありましたよね。色々葛藤しながらも、お茶子さんへの愛は変わらず…みんな家族同然に暮らしてきたんだと思うと、ジーンとくるものがありました。

可愛いシジミちゃんを迎えて、うちもマリンを迎えて…今でも交流出来て本当に嬉しいですよ~♪
実は今日、義両親宅の愛犬が急逝しました…うちの先代のマルと同じ、脾臓腫瘍の破裂だったようで。内臓の腫瘍はそう簡単には見つけられないから、急なことになるのが多く、飼い主もいたたまれない思いになります。できたら、これからの我が愛犬にはそうならないようにいてほしいなと…。でも、こればかりは運命ですから分からないですね。祈るしかありませんが…

次男は今日もはつらつと半袖です(笑)
さすがに外には上着を着るようになりましたが。子供のころ、雪が降ってもランニングとジャージの上着、下はオールシーズン靴下なしの半ズボンという男の子が居ました。すごすぎるわ~。

投稿: ともちん | 2013年11月17日 (日) 15時54分

こんにちは
お返事ありがとうございます。

パグの名前は茶茶(享年16歳)

17日の午前2時に眠るように天国へと旅立ちました。午後から少し心配な様子だったのですがお水も餌も少しは飲んでくれていましたが顔つきが変わり、夜の食事は無理と判断しました。
呼吸が少し荒くて、ここで飲ませたら苦しそうだと思い落ち着いたら飲ませようと(もう飲ませられないかな?って少しは覚悟してました)
便秘していたので翌日に病院に連れて行こうかと思って居たら、お通じがあり、おしっこもして少し楽そうになり一鳴き『クゥ~ン』蚊の鳴くような声・・・
これが私への最後のメッセージ『もう逝くね』だったと思います。
息子が抱きかかえ布団に入れて一緒に居る時に息子の腕の中で逝きました。
私が声かけるまで息子は茶茶が寝てると思ったみたいで気が付きませんでした。
お店に沢山のパグの子犬が居た中で『この子が良い』っと指差した子犬が茶茶でした。
海外に留学していたので帰国する時はいないかな?っと行って居ましたが8月に帰国して、そこから毎日茶茶の介護を積極的に手伝ってくれた息子
一番に愛情を与えた子だと・・・茶茶も分かってたんだと思います。

沢山、後悔はあります。私がもう少しちゃんとしていたら・・・って思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

投稿: akemi | 2013年11月19日 (火) 13時17分

ぽんずさん
ありがとうございます。(*^-^)

投稿: akemi | 2013年11月19日 (火) 13時19分

★akemiさんへ

そうでしたか…茶茶ちゃん、虹の橋を渡ってしまったのですね…。
大好きな息子さんの腕の中だったなんて、とても幸せな最期だったのですね。息子さんの帰国をちゃんと待っていたんですね。後悔は色々あるかと思います。私もチコに対しての態度や、目が見えなくなっていたことにもっと早く気が付き、獣医に見せていれば、身体が動かなくなったとしても見えることで生きる喜びがあったのではないかと…

でも、チコも茶茶ちゃんもきっと、きっと幸せに思いながら旅立ったと思いますよ。長い間家族とともにいたのですから。

しばらくは亡くなったころの事ばかり浮かび、お辛いと思いますが、徐々にハツラツと生きていたころの姿、楽しかった事などが多く思い出せるようになると思います。しばらくは仕方ありません、思いっきり泣いていいんですよ。
茶茶ちゃんの介護、お疲れ様でした。

茶茶ちゃん、うちのチコとマルと出会えたらお友達になってくださいね。

安らかに…茶茶ちゃん。ご冥福をお祈りいたします。
akemiさん、お身体に気を付けてくださいね。シーズーちゃんに慰めてもらってくださいね。

投稿: ともちん | 2013年11月19日 (火) 22時16分

akemiさんの茶茶ちゃん 天国へ逝かれたのですね・・・・。
まだまだ悲しみの淵だと思いますがゆっくりと
時間が癒してくれます。
後悔が大きくて辛い毎日だと思いますが
私もともちんさんとマリンちゃんの出会いでまた
犬が欲しくなりました。
もう飼わないって思ったけどやっぱり犬がいる生活って
本当に愛おしいですね。
茶茶ちゃん
マルちゃんとチコちゃんのそばにウチの茶々もいると
思うので友達になってください 

投稿: ぽんず | 2013年11月20日 (水) 17時39分

ぽんずさん、ありがとうねshine

投稿: ともちん | 2013年11月24日 (日) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あらま、寒いわ~♪ | トップページ | バイバイ、タローちゃん。 »