« お年寄りは大切に | トップページ | 寒いと奇跡が起きる »

2012年10月17日 (水)

うちの子一周年記念

マリンがうちの子になって一年がたちました。

早いものですね…。おかげでお母ちゃんはプチ引きこもりだったのが、マリンを連れて散歩に出られるようになりました。チコマルが居たころのような、日中のひとりお喋り(相手はマリン)や、即興の歌も復活しました。

毎日欠かさず、うちに来たその日からお母ちゃんを追いかけてトイレを覗き、居るかどうかのチェック(笑)おかげでトイレの戸を閉めない癖がすっかりついてしまいました

パパが出張や義母さんのいる実家に泊まることが多いので、夜はお母ちゃんと二人きりです(二階に次男)。夜中もちょっとしたお外の話し声や物音に番犬ぶりを発揮してくれています。朝から出勤、登校の人々に目を配り、不審者がいないかチェック(笑)

布団の中から、このポンポンのような尻尾を眺めるのがとっても好きです

お尻の下にあるつむじに、指先をグリグリするのも好き~

ケージの中のベッドがホジホジされ過ぎて穴が開いたので、いつもここに置いていたポンポリースの四角いベッドをケージに移動。そして新しくモコモコベッドを購入したんですが…チェック柄大好きなお母ちゃんはPCモニターで見たときはワクワクしたのですが、実際に届いて見たら地味だった…。もうちょっと明るめのにしておけばよかった。でも、すぐに入ってくれたのでいいか~。

去年、うちにマリンが来る前に急遽購入したかまくら型ベッドは、何度も上に乗られ潰され、すっかりいびつな形になってしまいました。直しても戻りません。でも、寒いときは自ら頭を突っ込んで入っていくので、潜るベッドとは認識しているみたいです。これも気に入っているようなのでまだまだ使えそうです。

この一年、色んなことがあったね。特に思い出深いのは、マリンとの食の戦いでしょうか。それは今も続いているけれど、パターンはわかってきたし、マリンがこうすれば食べられるというものもわかってきたので、最初のころの苦しみはないです。

始めのころは本当にどうしたらいいのか分からなくなり、ボソッと息子たちに『里親会に居た方がマリンは幸せなのかな』と漏らしたこともありました。ま、お返しする気なんかさらさらなかったけど、お母ちゃんの気持も安定しきってない所があるので、後ろ向きな気持ちになることが何度もありました。

でも、今は相思相愛、お互いに離れればお互いに分離不安になります。お買い物に出れば、いつでも頭の中はマリンがどうしてるかな、どんな顔をしてるかなと…。マリンも、バアバの膝の上で背筋を伸ばして、お母ちゃんが帰ってくる方向の窓を凝視してるそうで…。ワンコがいる事でゆっくり出来ないあれこれはあるけれど、それでもワンコと一緒に居たいお母ちゃんです。

ワンコのいない人生なんて、クリームを入れないコーヒーのようで(笑)

チコマル亡きあと、一度はもうワンコとの生活は許してもらえないと諦めかけていましたが、毛の抜けない小さい犬なら…と許してくれたパパに感謝です。

マリンを助けてくれ、保護してくださったペット里親会ペット里親会のブログはこちら)の皆様、ありがとうございました。

マリンをあたたかく迎えて可愛がってくれるジジババもありがとう。

マリンにめぐり合わせてくれたチコマルもありがとう。これからもずっと家族のままだからね。

最後に、一年前のマリンと現在のマリンの違いの凄さを…しつこいようですが、あの顔です(笑)

いやー、変わるもんですね。マリン自身はこんな味気ないもの食えるかと、懸命に嫌がって抗議してお口が真一文字になっちゃって、頭の毛まで逆立っちゃってるのに、いつまでも笑いのタネにされてます。

マリン!長生きしてもらうからね!チコみたいに要介護犬になっても、お母ちゃんはずっとお世話してそばに居るからね!もっともっと幸せになろうね!

※うちの子記念だと思い、いつもと違うルートで長い長いお散歩をしたら、お母ちゃんヘトヘトになりました。明日は筋肉痛だな、これは…

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

|

« お年寄りは大切に | トップページ | 寒いと奇跡が起きる »

愛犬ネタ2012年」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しておりました~!世間は既に秋。アシュは4歳、私は26歳を迎えました。え?覚えてる?…ともちんさんと同い年の丙午でしたわ(20もさば読むとはっ!)オホホ

マリンちゃん、1周年おめでとう母ちゃんの執念のお食事で幸せ肥りね(4.6kgなんてマダマダ!!アシュは8.1kgですわ)。

あの真一文字から随分と穏やかな可愛らしいお顔になったねぇ。真一文字も可愛くって私的には大ヒットだったけど、やっぱり幸せのキョトン顔はたまりません。本当に素晴らしい家庭に引き取られて良かった良かった。

マリンちゃんに子供がいたのは少し驚きました。今、マリンは寂しかった子供時代を取り返してるのだな、と思うと第三者ながら嬉しく思います。これからも母ちゃんに甘えてストーキングの技を磨いて下さい(笑)

投稿: せりりん | 2012年10月19日 (金) 22時08分

★せりりんさんへ

あら~、せりりんさん、いらっしゃいませ
おほほ…20のサバ読みなんて当たり前です事よ。トイレに下げるカレンダーには毎年自分の誕生日は20サバ読みで記入…数年前から誰も突っ込んでくれなくなりましたが

お祝いのお言葉をありがとうございます♪
ホント、これは幸せ太り以外何物でもありませんね。まったくどうしたもんでしょう…8.1キロですか!うちは5キロ超えるとお薬が色々変わると言われました。フィラリアかな…何とか5キロ到達は阻止したいです!

真一文字は、たぶんマリンの生涯ずっと語り継がれる伝説の拒否顔ですねー。見るたびに口元が緩みます(笑)。こんなに顔が変わるほどなんだから、きっとうちに来て本当に良かったと思ってくれているんだろうなぁ…って(^^)
娘がいて(しかもマリンの倍以上の大きい子)、痛かったり寂しかったりした3年を忘れて、生涯幸せでいて欲しいと思います。お母ちゃん、頑張らなくちゃね

投稿: ともちん | 2012年10月20日 (土) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お年寄りは大切に | トップページ | 寒いと奇跡が起きる »