« 美味しいね、梨! | トップページ | また出た扁桃腺炎 »

2012年9月 1日 (土)

マリンの疑問

一日に2回はすぐ近所のジジババ宅に顔を出すマリン。

お外ニャンコは大っ嫌いだけれど、ジジババ宅の巨猫ゴンタにはすっかり慣れて、自分からちょっかいを出して遊びをせがんだりするようになりました。もう、お年寄りですから、まったく相手にはされませんが…時々、ツンツン…と、お互いに鼻先をくっつけてご挨拶できる仲になりました。

老描でも遊び心を失わないゴンタ。袋や箱があれば入らずにはいられないようです。そんな姿が不思議で仕方のないお子ちゃまマリン。

暑くて蒸れ蒸れなのにね、本当に何が面白いのか、猫って不思議だね。

次の日もまだあった紙袋。すでに敗れてる部分があります。

マリンが覗き込む後姿…可愛いオチリと尻尾に萌えるお母ちゃんでございますよ。

----------------------

先日、珍しく次男が半日遊びに行きました。半年ぶりに高校の友達と会い、ワイワイやってきました。何か用事が無い限り家にいる次男。この日は完全に午前様になるし、パパは出張でいないし…。お母ちゃんがマリンに『今日はお兄ちゃんがお出かけだから、お母ちゃんとマリンの二人きりだよ。しっかり番犬頼むよ』なんて話していたら、次男が自分の部屋から木刀を持ってきて『鍵はしっかり閉めておくように。もし何かあったら、これを(木刀)使うように』と(笑)

まあ、木刀は大げさだけど、気持ちが優しいというか、こんなお母ちゃんだから色々心配かけているんだと思い、素直に言うこと聞いておきました(笑)

ま、何事もなく深夜1時近くに帰ってきたのですが、冷蔵庫から飲み物を出した時に巨大なGブリを発見したようで…。お母ちゃんはパニックで過呼吸になりたくなかったので見に行きませんでした。しばらく丸めた新聞紙を振りかざして台所にいる次男が、Gブリをおびき出そうと新聞紙で壁をパンパンしていたのが怖くなったマリンが、夜中にずっとお母ちゃんの首根っこにしがみつき、抱っこをせがんでましたよ。何か昔の怖い事でも思い出したのかしら…

次男が帰ってくる前は勇敢な番犬だったのにね(笑)

寝る部屋の前の道路を話しながら歩く人にしっかり番犬ぶりを見せてました。Gブリ事件のあとは、すっかり『お母ちゃん、助けて~』になっちゃったけどね。

お互いに守り、守られの1人と一匹の夜でした。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

|

« 美味しいね、梨! | トップページ | また出た扁桃腺炎 »

愛犬ネタ2012年」カテゴリの記事

両親宅の巨猫・ゴンタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しいね、梨! | トップページ | また出た扁桃腺炎 »