« 勘違いとは恐ろしいもので… | トップページ | 入社後初の里帰り(動画あり) »

2012年5月 7日 (月)

雨と雷と事故のGW(動画あり)

GW中、夕方前に携帯にかかってきた電話。長男…仕事がまだ終わってないはずのこんな時間に…嫌な予感は的中しました。

『事故っちゃった…』

ドガガ~~~~~~ンcoldsweats02coldsweats02coldsweats02coldsweats02coldsweats02

でもでも、長男はすぐに『俺と相手には怪我はないから』と言ってくれたので、パニックで心臓がおかしくならずに済みました。詳細はゴニョゴニョですが…相手側の車のフロントガラスが大破したそうです。双方に本当に怪我はなく、長男は一切ガラスの破片を浴びることもなく…警察官や相手の方がどこかを切ってるんじゃないかと心配するくらいガラスが飛び散っていたそうですが、長男は無傷でした。

事故処理が終わり、続けて配達をして、最後の配達が終わったら一気に気が抜けてしまったようで…、どこかに車を止めて電話をしてきたようでした。

これから1時間以上かけて会社に戻り、追加で注文された品をまた配達に出なければならないから、今日仕事が終わるのは10時過ぎになるかもしれないと、不安そうに言っていたので、『本当に生きててくれてよかったよ。両方に怪我がなかったことが本当に不幸中の幸い。今は気持ちを落ち着けるために、何か甘い飲み物か食べ物をすぐにお腹に入れなさい。甘いものを食べると落ち着くからね。(どうせ何も食べてないで配達していただろうし)今すぐどこかコンビニに寄って何か買って口に入れなさい』と伝えました。あと、『怪我が無く済んだのはもしかしたら誰かが守ってくれていたのかもしれないから、心の中でありがとうと言っておきなさい』と…

結局配達は早く終わり、8時前には仕事が終わり、ようやく帰れるところで電話をくれ、元気な声を聞かせてくれました。これから自宅近くの定食屋さんに寄って野菜炒めを食べたいとか。とにかくまともな食生活は送れていませんし、息子の会社はGW中が最も忙しい時期との事…不慣れながらも必死に仕事を覚えようとしているし、口汚く文句を言ってくるお客もいるようだし、やっと明日は休めるという土曜日で集中力も欠けていたんでしょうね。

でも、『会社の人たちにはすごく恵まれていると思う。だから辞めたいとかって思ったことはないよ』と言います。そうか、良かった…。

毎週日曜日は休み、月に2日だけ好きな日の休みが取れます。有給休暇がもらえるまでは里帰りは厳しそうですが、とりあえず14日(月)に休みがとれたので、5月12日(土)の仕事後に帰ってくる気力があればこちらに帰ってきて、二泊するつもりのようです。カモンッ!帰ってこいよ、帰ってこいよ~~~!(できる事なら帰宅後にハグしてチューしたい気分のおバカ母)

-----------------

GW前半は雨が続き、頭がどんよりと痛く嫌な感じでした。雷も鳴ってたね~。

我が家に来た当初は雷には動じないワンコに見えたんだけど、どうやら今年になったら怖くなってしまったようです。それとも、見守りワンコのチコ婆やから雷怖い病を譲り受けたかな?

私と二人きりの時は、片時もそばを離れず人間の子供の様に首に前足を回し、胸と胸をくっつけてピーピー鳴きます。ちゃんと抱き寄せてあげていないと、前足で顔を叩いてきます(笑)。次男と一緒の時は、ゴロゴロなるたびに二人の間を行ったり来たり。トイレに行くのも阻止されます~。

竜巻も怖いですね。被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。これから竜巻が多くなる季節だそうです。いざ竜巻が来たらどこに家の中のどこに居たらいいのか…良く考えておこうと思いました。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

|

« 勘違いとは恐ろしいもので… | トップページ | 入社後初の里帰り(動画あり) »

動画あり記事」カテゴリの記事

愛犬ネタ2012年」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

うわ~~~怖い怖い!!(゚ロ゚屮)屮
息子さんも相手の方も怪我なくて良かった~~。
車ってこういう事があるから怖いですよね。
心配したらキリが無いんだけど怖いです~。
来るはずの無い時間の電話も心臓バフバフですよね(><)

マリンちゃんは後追いする時期の子供みたいですね。
息子が一歳前後の頃を思い出しました。
いなくなると探して泣くので
ドア開けながらとか抱きながらトイレしてましたもん(笑)

投稿: うさぎ | 2012年5月 8日 (火) 12時57分

★うさぎさんへ
いや~、もう聞いた瞬間は血の気が引いたというか…。本当によくぞ双方とも怪我が無く済んでよかったです。本人はこの一か月で相当運転が上手くなったと言ってるけれど、油断は禁物ですよね。今回は停車中の事故なんですけど、完全に息子のミスで起こった事故なんで同じことをしないようにしてもらわないと。

マリンは以前と比べるとベッタリ度は軽くなったんですけど、雷はやっぱりダメみたい。実は今もゴロゴロ鳴ってるんで後追いが…。晩御飯の仕込中なんだけど足元でウロウロ…足踏んじゃうぞ~~。
ドア開けながらトイレ…実はいまだにその癖が抜けてませんわ、わはは~。あ、一人の時オンリーだからsweat01

投稿: ともちん | 2012年5月 9日 (水) 18時32分

息子さん 何事もなくよかったですね。
ほんとよかったです。

ご心配おかけしました。コメントありがとうございます。
ともちんさんには本当に本当に感謝してます。
チコちゃんとの介護生活をどれだけ読ませてもらったことか。
私の支えでした。そしていつも温かい応援をして下さったこと感謝しています。ありがとうございます。

やっと少しだけ元気になりました。ただ毎日が茶々だったので
まだまだ介護生活は続くと思っていたので
この静かな時間にまだ心が痛みます。
誰もがペットたちと出会えば通る道ですよね。
まだまだどこかにいるようで 涙は出てしまいますが
いつでも思い出せるところにきっと茶々がいるんだと思います。
ただ 茶色犬が元気に歩いているとやっぱり辛いですね。
けっこうそっくりな犬はたくさんいますものね。
長くなりましたが これからは元気で明るい私で
ともちんさん仲良くしてくださいませ。
長くなりましてすみませんでした。

投稿: ぽんず | 2012年5月12日 (土) 13時58分

★ぽんずさんへ
 
こんばんは(^^)。長男は二か月ぶりに帰ってきて元気な顔を見せてくれました。今日は大真面目にお料理したので疲れたわ~(笑)本当に無事で良かったと思います。

そして、このたびは本当に大変でしたね。急なことで私も思わず声をあげてびっくりしてしまいました。いろいろと後悔がおありのようですが、お茶子さんは何もかも受け入れて、今はありがとう…と、全身全霊こめてぽんずさん、ご家族に感謝してとびまわっている事と思います。日常が一つ消えてしまったのですから…しかも突然に…ショックや心労は計り知れないとお察しいたします。チコのように徐々に、そしていよいよなんだと思う日々が続き旅立つ場合でも、居なくなってしまった喪失感は酷いものでした。今はチコマルからのプレゼントだと思えるようなマリンを迎え、わがままな子でも一緒に居られる喜びや楽しさ…。小さな命は一生懸命に私に一緒にいる喜びを教え続けてくれています。
ぽんずさんにはまだまだ可愛いニャンズがいます。お茶子さんは時々会いに来てくれているようですから、どうぞ笑顔で迎えて話しかけてあげてくださいね。

これからもお邪魔させてくださいね、これもチコとお茶子さんが繋げてくれたご縁ですから!今後ともよろしくお願いいたします(^^)

投稿: ともちん | 2012年5月13日 (日) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勘違いとは恐ろしいもので… | トップページ | 入社後初の里帰り(動画あり) »