« あの日の事…その1 | トップページ | チコ音の無い世界 »

2011年10月 3日 (月)

虚無感

まずはいただいているコメントのお返事ですが、ちょっとだけお待ちくださいね。いつもありがとうございます。

記事ネタはいろいろあるのですが、なんだかかけずにいます。

やっぱり、虚無感がたっぷりです。

日常が一つ消えてしまったのですから。特に私にとっては自分が具合悪くなってからの同時進行であった介護だったし、自分でもこんなにやり遂げた感じを得るようなことって今まで無かったので…。今でもふっと時計を見て『あ、ミルク作らなきゃ…』と一瞬考えたり、朝ご飯を食べるときに『先にチコをやるか、先に自分が食べるか』って考えることがあります。

長男は内定している会社の事や、部活の卓球の試合などでやることが多くあり、気を紛らわせる事があるからいいけれど、大学には通いつつ部活をやめてしまった次男や私は…何とも言えない虚無感に襲われています。

チコマルが敷物にしていたものなどはきれいに洗い、毛もガムテープでとり、ママ友宅の鈴ちゃん(シー・ズー)にあげてきました。大体の物は片付けましたが、引き出し二つ分にまだ首輪や服、トリミング後につけてきたリボン、ブラシなどが残っていて…ベッドもいくつか残っているけれど、これは処分したくない…

今日は夕方にママ友と鈴ちゃんを囲んで玄関先でお喋りをしていたら、シーズーとダックスのMixのチコちゃんと、シュナウザーのはなちゃん、コーギーのラッキーちゃん、フレンチブルドッグちゃん、柴ちゃんが集まり、触りたい放題、ほんの少しですが癒され時間となりました。

はぁ…日中一人だと鬱々します。小鳥でもいれば気分が変わるだろうかと思いパパに『小鳥飼って良い?』と聞いたら『いいよ、飼っても』と即答。しばらくPCでインコを眺めていたりしました。数年前にもちょっとインコを飼いたいなと思っていた時期があったんですが…本も買ってきました。でもなぁ…やっぱり毛むくじゃらさんじゃないと私の原動力にはならないんだよなぁ…。

ワンコは当分考えられないです。あまりにも密着度が高くて別れた後にこんな思いが待っていると思うと、なんだかね…。今朝、お世話になった動物病院にたくさん残ったペットシートを寄付してきました。先生はありがたく頂戴しますと受け取ってくださいました。『ほら、(入口のガラス扉の里親募集の猫の写真を指差して)待ってるコたちがいるよ~。』と言われました。パパにも『飼いたいなら飼えばいい』と言われていますが、今すぐはちょっと考えられないです。

とにかく今は何にもやる気が起きません。9月に入ってからはさすがに私も疲れてると感じていたので…今は休んでおかないと扁桃腺炎にでもなりそうな気がします。ちょっと、ゆっくりしますね。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

|

« あの日の事…その1 | トップページ | チコ音の無い世界 »

老犬介護」カテゴリの記事

愛犬ネタ2011年」カテゴリの記事

コメント

ともちんさんとご家族の愛情あふれる介護でチコちゃんはほんとに幸せでしたね。
見送るのはほんとにつらいですよね。。。そして寂しさも耐え難いですね。
それを考えると私ももう犬を飼うのが恐ろしいです。
ほんとに密着度が高いですよね、子供はどんどん成長して自立していくけど、犬はいくつになっても同じ。。。
いくつになってもずっと可愛いままで、愛情いっぱいの目で私を見つめて抱っこをせがみ、突然いなくなってしまう。。。
ほんとにつらいけど、一緒に過ごした年月は宝物ですね。
ともちんさん、介護お疲れ様でした。。。ゆっくり体を休めて下さいね。

投稿: みみちん | 2011年10月 5日 (水) 02時54分

今朝チコちゃんの永眠を知りました…。
私にとっても、3年1か月チコちゃんを見て来たので
とても辛いものを感じてしまいます。

ともちんさん、今はとにかくゆっくりお休みください。

そしてチコちゃん、本当にありがとう!
お空の上でマルちゃんと仲良くしてね…。
これからも、あなたたちの所へ寄らせてもらいます。


投稿: かぶとむし | 2011年10月 5日 (水) 07時42分

★みみちんさんへ

応援していただいて本当にありがとうございました。
お嫁に出るまでは犬猫数匹を見送りましたが、自分が飼い主となっての見送りは本当に寂しく辛いものでした。もちろん、子供のころを共に過ごしたコたちにもあふれるほどの愛がありました…
どんな時もそばにいてくれ、見上げて慰めてくれる存在でした。はたして私はチコマルを癒して慰めていられる存在だったのかと考えることがありますが…。心から信頼して慕ってくれていたと思いたいです、本当に愛しく大切な存在でしたから…
一緒に過ごした日々が忘れられません。たくさんある写真…どれを見ても、どんな時のものだったと思い出せますものね。幸せな15年でした…


★かぶとむしさんへ

長い間見守ってくださってありがとうございました。
チコは頑張りましたよ。本当に最後まで生きる力強い姿を見せてくれました。
いつもお参りを本当にありがとうございます。あそこに行くと、心が洗われるような感じがします。個別墓地の墓標を見るとみんな思いが同じなんだと感じて涙が出ます。

寒さが厳しくなってきますからね、お互いに気を付けましょうね!お母様、大事になさってくださいね。

投稿: ともちん | 2011年10月 8日 (土) 00時23分

チコちゃんのこと、今知りました

五年近く?こちらで
チコマルちゃんたちを見てきたので
さみしさと切なさを感じて辛いです

ともちんさんの心の中も
さぞかし…と思うと…

チコさん、マルちゃんと一緒に
ともちんさんご家族をお見守りください
どうかゆっくり休めますように…

ともちんさんお疲れ様でした
うまく言えないけど…
また笑顔の日が戻ってきますように

それまでゆっくりすごしてください

投稿: ぽむ | 2011年10月16日 (日) 14時20分

★ぽむさんへ
こんばんは~。
ぽむさんには本当に長いこと見守ってきてもらいました、ありがとうございました。
チコはすっごく頑張りましたよ(^^)。最後までしっかり生き切りました。私の頑張りに懸命に最後まで応えてくれました。居なくなってしまった寂しさは、想像以上のものがありました。色んな音が聞こえているはずなのに、チコがそこに居ない、マルもどこにもいない…それだけで生活の中に私の必要な音や空気が感じられなかったんです。本当に苦しかったです。

チコが亡くなってまだ49日を迎えていませんが、間もなく保護犬とお見合いをすることになりました。何とも説明が難しいのですが、不思議とチコマルに背中を押されているような感じがしていたんです。これで私もまた前向きに生きられるかな…
笑顔になれる日は近そうです(^^)。がんばりますよ~、また応援よろしくです!

投稿: ともちん | 2011年10月16日 (日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの日の事…その1 | トップページ | チコ音の無い世界 »