« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

時々、嫌になる

最近チコは夜鳴きが止んだ。その代わり、起き上がろうと暴れだし収拾がつかなくなるのが増えました。相変わらず不眠の私は、布団の中でDSをいじったり、テレビを見たりしているんだけど、ようやく眠気が来るのが大体3時近く。トロトロ…っとした頃に、チコのケージの方からカタカタ音がし始める。

『げ、起きた…sweat02

正直な気持ちです(笑)。せっかく眠れそうだったのに…。そして間もなくガタン!ドカン!ガチャガチャ……(しーん…)……キュンキュン(鼻を鳴らす)…ガタガタガタガタ!!!

ケージは扉を付けてあり、出られないようにしてあります。だから徘徊出来ないし、どこかにぶつかって怪我をすることも(たぶん)無い。だけど、暴れるとウンポコ漏らしという騒動に繋がることがほとんどなので、結局起きていかなくちゃならない。

人間の都合でウンポコを出してくれるわけではないから、いつ漏らされるかとビクビクしながらチコの大暴れが済むのを起きて待ってます。以前なら庭に出て一緒に歩いてトイレを促してたけど、もう…歩けなくなってるので…腰紐で吊るしてあげても足が動かないので、一緒に歩いての排便は不可能になりました。

今朝も、朝3時に起きてしまいケージ内でドタバタ始まりました。ケージの外に出してやり、気が済むまで暴れてちょうだいと、私はPCをつけてmixiのアプリをいじり出しました。そのうち…かぐわしいカホリが…。

慌ててチコのところへ行くと、オムツカバーの穴からウンポコがはみ出ようとしている瞬間でした。何とかウンポコを床に落とすまい!パジャマにつかないようにしなくちゃ!どうしよう、どうしよう…、と…あたふたしている間にチコは暴れだし、足をジタバタ、身体は反るし、抱き上げてもまともに抱えられない暴れっぷり。

ウンポコは床には落ちなかったけれど、緩めのポコちゃんだったので結局チコを抱えてお風呂場に行く羽目に…。下半身洗い、タオルドライしてちょっと床にチコを下ろした隙に、ジョーーーーー…wobblycryingsweat01

まだ外が暗い時間に部屋の電気をつけて一人黙々と後片付け。仕上げに再びチコを抱えてオムツとオムツカバーを装着するのに、散々暴れられ顔や顎を蹴り上げられ、喉もとには足の爪のあとがクッキリ…

いくら愛しい愛犬でも、ここまで分からんチンの行動をされるとムカッときます。まして、眠くなりかけたのに妨げられたし、寒いし、眠いし、身体のあちこちが痛いし。

だけど、チコは何にも悪くない。何も落ち度はない。身体が思うように動かなくなり、失明して真っ暗闇でいる中、押さえつけられたり、お湯を浴びせられたり、色々されるんだから、チコが一番不安なんだよね。

ごめんな、チコ。お母さんは時々鬼になってます。本当にごめん。

チコは、お母さんがいないと生きて行かれないのにね…ごめん。

そして、今日の昼過ぎに、オムツを替えようとしている母が悪戦苦闘しているのを知っているにもかかわらず、息子たちはそれぞれの(大学の)ノートPCで動画三昧、ツィッター三昧、長男なんかPCで攻略サイト開いた状態でポケモンゲームやってるし。

母親がチコにキックされて顎を押さえてれば、『あはは、やられた?』と次男。チコがバタバタと仰向けになって前脚を動かしてりゃ、『ぶ…ダンスにしか見えん』と吹き出す長男。

あんたらは、悪戦苦闘している母の姿を見て、その手を止めて何か手伝おうと言う気持ちが湧かんのか??annoy

今までも、何度も同じようなことがあったよな。大体、全ての世話をお母さんが背負い込んでること自体がおかしい。頼まないと動いてくれないことがおかしい。

最近思ったよ。あんたたちにチコの世話を頼んでやってもらった時に『有難う』と言うのを止めようって。お母さんの仕事で、あたしがやるべきことなんだったら、やってくれて有難うと言うのは当たり前。だけど、そうじゃないよね。

だから、最近私はチコの世話をした息子には『ご苦労さん』『お疲れさん』に変えました。

そんなこと、息子たちは何にも感づいてないだろうけれど…

優しく素直な面が多い息子たちだけど、気遣いは思いっきり足りないよね…。口すっぱく言ってもこればっかりはなかなか…

こんな時、マルが居たらなぁ~、生きてたらな~…。マルが恋しいです、会いたいな~、マル。触りたいな~。一年前に戻れたら…もしかしてマルはまだ今も生きてたのかな…

今日は画像もなく、だらだら愚痴の長文です。ごめんなさい~。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (3)

2010年10月29日 (金)

二度見た夢(追記あり)

先週と今朝見た夢が全く同じ夢だった。

先週奄美大島の大雨のニュースがあったけど、ズームインを付けた状態でその大雨のニュースを聞きながらウトウトしていた。

そして今朝、やっぱり台風接近で奄美大島が大変だと言うニュースを付けたまま、布団でウトウトしていた。

夢の中で我が家が大雨と台風で家が崩壊する恐れがあると言うので避難をしようとしていた。私はチコを脇にかかえ、抱っこ紐で胸にマルを抱いていた。大雨の中長男が私に傘を差しかけていて、懸命に歩いてどこかに避難しようとしている夢だった。

まるっきり先週と同じ夢を今朝見て、なんとも不思議な気分になった。でも、マルがちゃんと出てきて、しっかりと胸に抱いていたのが嬉しかった。

そういえば、初夏に見た夢も不思議な夢だった。分娩台の上で超難産をしている自分だった。やっと生まれてきたのは、なんとチワワの女の子だった。夢の中じゃ全然不思議なことじゃなくて、ごく普通に抱き上げて喜んでいた。

そんな話をワンコの散歩の帰りに立ち寄ってくれるママ友にしたら、『どんだけ犬好き!』って言われ、一緒に大笑いした。

台風が接近中ですが…皆さん危険の無いように気をつけてくださいね~。

本日も朝から立ち上がらず。昨日から合計で5回、オムツにおしっこでした。もう…完全オムツ生活になったようなものですね。安いのネットで探さなきゃ…。

人間のオムツも使ったことがありますが、尻尾の穴を開けたら粉がぼろぼろ…。使い物にならず、残りは友人の赤ちゃん宛に送っちゃいました。

チコと話ができたらぜひ尋ねてみたい。

マル…明日で10回目の月命日です。去年の今頃は、こたつに入るお兄ちゃんたちにお膝に乗せてっておねだりしてたね。お母さんと一緒に布団に入ってて、お水を飲みに出て帰ってくると、お母さんのほっぺやおでこを、痛くない程度に前脚でツンツンして起こして、またお布団に入れてもらって、腕枕で寝てたよね。

マルが居なくなってから、毎晩お母さんの枕元にお骨の入ったカプセルを付けた首輪を置いて寝てるよ。ごく当たり前の日常生活の一部になっちゃったよ…

お父さんが美味しそうな梨と、りんごを買ってきてくれたよ。明日お花を買って来るから一緒にお供えするよ。

diamond追記diamond------------

昼過ぎにご飯をあげて、歩いてるふり作戦で二度目のウンポコ成功…

後片付けをしていると、なんだかチコの様子が変…

眼震…眼球が左右に小刻みに揺れてる…はじめてみる症状でした。いずれあるだろうと調べてあるし予想していましたが、目の当たりにすると胸が詰まるような気持ちになります。チコ自身は穏やかで、出すもの出したらすっきりしたのか、寝かしつけたら直ぐ寝てしまいました。目が見えてない状態で眼震になるとどんな感じなんだろう。見えてるんだったら気分悪いだろうに…。一応、嘔吐に備えて洗面器用意してます。

日に日に様子が変わります…

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (4)

2010年10月28日 (木)

歩いてるふり作戦

※老犬介護の内容なので、排泄に関する話ばっかりでごめんなさい。でも、現実ですから。

今日は深夜からずっと雨が止みません。寒いし…(暑くなくて嬉しい)。

こんな時に心底から困るのは、チコ婆やのおトイレ…。

オチッコに関してはわりとオムツで助かることが増えましたが、ウンポコに関してはカリントウのようなウンポコなら楽なんだけど、おぼろ豆腐くらいの状態だとお手上げ…。すみませーん、表現が具体的過ぎて容易に想像ついちゃいますねsweat02

先日も、起き上がろうとバタバタしているうちに出ちゃったらしく、オムツとオムツカバー装着の状態でおぼろウンポコさんがはみ出しまくり、久しぶりの大騒動となりました。息子と3人がかりで掃除。私は直ぐにチコ婆やとお風呂場。チコ婆やを出した後は、一人風呂場に残り、タイルカーペット4枚をブラシでゴシゴシ…。バイトに行く前に食事をするはずだった次男は、片付けているうちに食べる気が失せてしまった様で、その日は深夜に帰宅するまで食事抜きで過ごしました。

チコ婆やには悪いけれども、下手に前脚に力があって、立ち上がろうと頑張っちゃうからウンポコ漏らした後は大変なことになっちゃうわけよ。これが本当に寝たきり状態ならばこんな大騒動にはならないだろうけれど…でも、大騒ぎになろうが寝たきりはまだ当分先でいいからね…

しかし、もう自分の力で立ち上がるのも歩くのも出来なくなっています。このごろはトイレタイムは下半身を吊るした状態になってしまってたので、普段肩こりや肩痛とは縁遠い私が悲鳴を上げてます。腰もやばいことになってます。ましてや今日みたいな雨だと傘を差しながらだしもっと大変。チコだって寒いだろうし。

今日は朝から一人で一大決心しまして…今日は完全にオムツにしてもらうと。

オチッコはすでに2回オムツにできました。漏れはオムツカバーが少しぬれる程度で済んでます。次はウンポコだ…。1日以上出してません。次のウンポコも恐らくおぼろ状態と思われます。出来たらオムツの中じゃなくて、シートか洗面器にしてもらいたい。

綿棒を黄門様にツンツン作戦は失敗。息子たちが赤ちゃんの時は散々成功してましたが、ワンコにはあまり効果は無いのかしら…。次はお腹をもんでみたり、尻尾を上にきゅっと持ち上げて、黄門様に向かってフーフー息を吹きかけてみる作戦(爆)。黄門様がピクピク するだけでダメ。でも、何度かオナラが出ていて、ウンポコそのもののカホリがするのだから出そうなのは間違いないはず!何とか出して欲しい。

そこでいつもトイレタイムでしている胴輪と腰吊るし紐を付けた状態で、その場で上下してみたり、くるくる回ってみたり…なんとなく歩いてますみたいな仕草をすること10分。

チコ婆やが腰を沈め、尻尾がピーンと上がりました!すかさずトイレットペーパーを敷き詰めた洗面器をそばに持っていき、ウンポコキャーッチ!成功したー!

瞬時にお部屋中にカホリが広がりましたが、ちゃっちゃと片付けて消臭スプレーで何とかなったでしょう。

はぁ…半日チコ婆やのウンポコをどうするか考え込み、黄門様を覗き込み…一気に気が抜けたわ。台風が接近してるようなので、もうお外で大変なトイレタイムはやめて、工夫してやってあげるようですね。

日中は寝ていることが本当に多くなりました。どうしてもこの場所にたどり着くので、一日の大半はこの場所。

左を下にしているほうが良く眠れるようです。床ずれ防止に右を下にしてあげると、立ち上がろうと言う動きがあり、大暴れします。

暴れる時は、床の上で横たわったまま草原を全速力で走っているかのような激しいバタバタ動き。凄い暴れっぷりです。立ち上がれるわけがなく…しばらくすると大きなため息をついて大人しくなり…また暴れて…またため息…そして寝る。そんな毎日。

激しい動きの中で擦れちゃったようです。タイルカーペットに血が点々と…。

あまりにも激しくやってる時は抱き上げてやるようにしてます。

あ…背後で動く音が…目覚めたようです。またひと暴れするでしょう…


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (2)

2010年10月25日 (月)

チコ婆やからの叱咤激励

あたし、チコよ。14歳と6ヶ月のお婆ちゃんワンコよ。

なんか、お母ちゃんがね、ずいぶんと酷いことをブログにしたらしいわ。あたし、ちゃんと心の目で見えてるんだからね。

『今年でダメそうだ』とか、『モデル立ちみたいに足がクロスして立てない』とか、『意識が朦朧としているようだ』…

なんですってーー!!annoy

ちょっ、ちょっとお母ちゃん??何を一人で凹んでこんなこと考えてるのよっ!上のお兄ちゃんが『今年でダメそうだ』に返事をしなかったのはトーゼンじゃないのっ!annoy

そりゃ…確かに足はダメになっちゃったかもしれないわね。どうにも力が入らないのよ。よろけちゃうし、身体も斜めに曲がっちゃうし。こればっかりはどうにもならないわね。

でもね、イシキモウロウってなにさannoy

ちょっと上向いてフンフン鳴いて、目を閉じてたくらいでイシキモウロウは無いんじゃない?

お母ちゃんが器にワンコフード入れて、あたしの鼻先に置いたら、ちゃんと目を開けて起き上がろうとしたじゃないっ。意識あるわよ?

前よりも食べるときにお母ちゃんの手を貸してもらうことは増えたわよ。時々お母ちゃんの指をご飯と間違えてかじっちゃったり、胸に顔が勝手に寄っちゃって、お母ちゃんの服のボタンを食いちぎっちゃったりしたこともあったけど、いつでもお母ちゃんが出してくれたご飯は完食してあげてるじゃない~。私だって気を使ってるのよ。

それに、お母ちゃんは人間なのにワンコのロープのおもちゃが好きみたいでよくあたしのところに持ってくるけど…そんなに好きなんだったら相手にしてあげるから。くわえて放さなければいいんでしょう?気分が良い時は、また遊んであげるからさ。

あ、でもね。ご飯に妙なものを混ぜるのは止めてくれるかしら?不味いし、うんPがゆるくなっちゃってお腹がギュルギュル鳴ってよく眠れないのよ。ご飯は普通に出してちょうだい。少しのリンゴと梨ならOKよ、今美味しい季節だし、お父ちゃんが買ってきてくれたみたいだから私も頂くわ。

そういえば、この前お兄ちゃんたちに何か言ってたわね。

『チコが寝たきりになったら腰をかがめて世話するのがきついから…中腰で世話が出来るようにキャスター付きのチコ用介護ベッドを作るんだ。そのうちホームセンターに連れて行ってくれる?』って…。

…ふーん、そうなんだ。一応そこまでのことは考えてくれてるわけね。お母ちゃん、それ…必ず実行しなさいね。そして私が落下したり、ぐらついて直ぐに倒れるようなちゃちなものじゃないベッドを作ってよね。私が快適に、ゆったり寝られて、お母ちゃんの腰に優しい高さのベッド。楽しみにしててあげるから、ちゃんと作るのよ?

え…そういえば、上のお兄ちゃんに『ホームセンターに連れて行って』って言ったわよね?下のお兄ちゃんはまだ免許もってなかったわよね。

だっ、大丈夫かしら…若葉マークが取れたとたんに、よその車の脇に車のお尻をぶつけちゃったなんてこの前騒いでたわよね?そうなの?やっちゃったの?

ホームセンターはお父ちゃんか、お母ちゃんのお父ちゃんに連れて行ってもらったほうがいいんじゃないかしら…

もし、お母ちゃんが事故にあって何かあったら、誰が私の世話をしてくれるかしら?

ちょっと気恥ずかしいけれど言っておくわ。

あたしのお世話は、お母ちゃんが一番だからね。だから、しっかりするのよsign03

私は寝てることが多くなったけど、

イシキモウロウじゃないから!annoypunch

そこんところ、よろぴくsign03

※前回の記事では思いっきり凹んでてすみません~。

ご飯の香りを感じたら、パッチリ目を開けてしっかり食べてくれました。

その後はまた起き上がれず、横になってるだけですが…。

おちっこもウンポコも朝方してくれたきりありません。昨日の夕方にオムツ&オムツカバーを付けた状態でウンポコをして、思いっきりしりもちをついたのかほとんどはみ出て、タイルカーペットが大変なことになってました。

今晩もそれだったら困るわ~…。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (2)

チコとの残された時間

チコ、あまり良くありません…もう自力で立つのは出来なくなりました。おトイレタイムも歩行補助してあげても、後ろ足がモデル立ちのようにクロスしてしまい、自分で動かそうとしません。半分吊るしてる私らの方がわき腹が痛くなるような姿勢になるので、こちらが根負けしてしまってトイレタイムに長く付き合えません。

もう、お外でトイレも難しいのかな…。今日の深夜3時過ぎにしたおしっこは、40時間ぶりのものでした。おしっこの間隔が長すぎ…。何かサプリメントなどをあげたりすると、お腹がゆるくなってしまい、チコ自身も、後始末する人間のほうもヘトヘトになります。

今のチコは、意識が朦朧としている感じに見えます。横になっても状態を反らし、顎を上に向けた妙な姿勢で寝ます。起きていても身体が言うこときかないみたいです。

オムツをするとき、オムツカバーを付ける時、ご飯を上げるとき…全てにおいて身体が右にまがってしまうので世話をするのも一苦労。ほっとするのは、ご飯はちゃんと食べてくれると分かった時。お水も良く飲みます。

後は、ほとんど部屋の隅で横たわり、身体を反らし、前脚を弱々しくパタパタさせて『はぉ~ん、はぉ~ん』と鳴くばかり。

こうなってしまうのは、狂犬病の接種を猶予してもらった時に獣医さんから言われて覚悟はしていたつもりではありますが、もっと先の出来事だと思ってました。

この1週間ほどで、日に日に様子が変わっていきました。

今日、明日どうこうということではないと思うのですが、これで食欲がなくなってしまったら、チコとの残された時間はわずかなものになるのではないかなと思います。

世話をする私が、息子たちの前で『今年持たないかな…』と言うようになりました。長男は返事をしませんが、次男は小さく『うん…』と答えます。

痛そうに、苦しそうにしていないのが幸いです。

チコには延命を望んで色々することは考えていません。マルの時に思い知ったから…。

明らかに苦しんでいる様子なら無条件でつれていきますよ。

でも、チコは穏やかに寝息を立てて横たわってます。

チコと残された短いかもしれない時間を、チコが苦しまずに穏やかに天寿を全うするまで見守って世話をしてあげたい。

去年、私が体調を崩し療養生活になり、どんなにかワンコには精神的に助けてもらったか分かりません。カーテンが開けられず、真っ暗な時間になるまで電気がつけられない精神状態のなか、マルはいつもそばにいてくれました。チコもロープをくわえては持ってきて、遊びを催促してきて笑顔をくれたものです。

去年の年末にマルが急逝し、チコが急激に衰えてきて…去年に引き続きまた大きな試練があるのかも知れない状態の今、取り乱さないように覚悟しておかないと。

チコは今頑張ってないけれど、穏やかに寝ています。

時々目覚めてはフンフン声をだすけれど、意識ははっきりしてない感じ。意識がはっきりあると感じるのはご飯の時だけ(笑)。

そのご飯がいつまで食べられるのかな…まだまだ一緒にいたいんだけど、チコさん…どうなの?

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (8)

2010年10月21日 (木)

チコへのお願い

夜はだいぶ静かに寝られることが多くなってます。

数回鳴くことがありますが、なだめればなんとかなってます。真冬の深夜の世話をどうしようかまだ模索中です。お漏らしが頻繁なので、お布団に入れてあげるのは無理なので…

チコの下肢の衰えは目に見えて酷くなっているような気がします。特にこの数日で、自力で立ち上がることが難しくなっています。立てても身体が右に傾くので、ものすごい勢いで回りだし、ひっくり返ってはまた立ち上がろうとして、足をじたばたさせてもがく姿が痛々しいです。立たせてあげても、壁や私の足などに頭を押し付けてやっと立ててる感じ。

トイレタイムも、一緒に庭先を歩き回ってあげても、私の左足にチコの身体がよろけて当たるので、まともな歩行にもなってません。もはや、腰を吊るし気味に補助してあげても、ちゃんと歩行できないのかなと…。

もしかしたら、今年中には完全に立てなくなり、寝たきりになってしまう可能性もありでしょう…。

チコちゃん、去年の暮れにあっという間にマルが居なくなってしまい、ワンコの居ない生活は考えられないお母ちゃんは本当に打ちひしがれました。マルに色んなお世話をしてあげられなかった分、チコには長生きしてもらって十分な世話をしてあげたいと思ってるよ。だから、もうちょっとそばに居てくれないかな…。

昨日はチコが怪我をしないために、また色々と考えてたんだよ。お母さんの頭の中は、チコのことでいっぱいだよ。

どこか痛いか?どこか苦しいのかな?

目は見えない、家族が分からなくなり、動くこともままならない生活。そんな毎日に何か楽しみがあるのかな。あるとしたら、ご飯やおやつの時だけなのかな?

お兄ちゃんやお母さんがそばに来て、抱き上げたり、なでてあげたり、顔を寄せてチューってしてあげるのは感じてくれてるのかな?

もし、どこも痛くなくて苦しくないのなら、あんまり急いで弱らないでおくれ。

まだまだチコにはしてあげたいことがたくさんあるから。寝たきりになったっていい、完全オムツ生活だっていいよ。お母ちゃんはとことん付き合うからさ。もう少し、いや、まだまだそばにいてちょうだい、頼むよ、チコ。

※抗うつ剤を減らす方向になりました(一日おき)。そのせいなのかな、ちょっと気分が下降気味のことが多くなってしまった。やっぱり減らすのは早かったのかな…。朝から衣替えを始めてるんですけど、何度も手が止まりなかなか終わらん…。何か、心が浮上するようなことがないかなぁ…


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (6)

2010年10月16日 (土)

要介護度上がったかも…

チコさん、最近調子があまりよくありません。

具合が悪いと言うわけではないのですが、要介護度が上がったような感じがします…

以前から、身体が右側に傾くような動きはあったのですが、それがさらに酷くなったと言うか…。立ち上がってグルグルと回転するのも激しくなったし、それで壁やソファにドカドカ当たり、ひっくり返ることも増えました。ひっくり返ったら起き上がりたいので、妙な体勢のままバタバタと前脚を動かし、その場で半とぐろ状態を保ったまま床の上をくるくると回転。

下の世話も頻繁になってきました。トイレタイムにしてくれなかった時は、次のトイレタイムまでオムツをさせますが、オムツの中にウンポコを出しちゃってることも多くなりました。

寝起きは朝ごはんの前にトイレをさせるのですが、胴輪を付けてるうちからウンポコが床の上にボトン!抱き上げて庭に出そうとしている最中にもボトン!昨日の朝はまだ横になってた状態でオムツをはずしてたら、すでに数センチほどウンポコさんがお顔を出してらっしゃる最中…。慌ててワンコ専用にしてある100円均一の洗面器で受け止めたわぃsweat01

朝、空腹時に胃液を吐くことが以前ありましたが、半年ほど治まってたんですけど、また始まりました。何にもでないけれど、吐き気があるときは凄く苦しそう…。

ご飯を上げるときも、以前よりもしっかり抱えてあげないと上手く食べられません。とにかく、身体が右側に傾いてしまうので、私は自分の左側にチコを抱えることが多いのですが、右に傾くチコは私の胸に顔をくっつけた状態になります。ドッグフードの入った器も持ち上げて、口元に持っていって食べさせる状態になります。

ますます手も、目も離せなくなってきたこの頃…

でも、夜はいい子ちゃんで寝てくれています。時々切ない声で鳴かれますが、なんとなく呼ばれてるような感じがします。真夏の時の、寝苦しくて鳴くというよりも、さみしくて呼んでるような声で鳴かれます。そばに行って、寝返りをうたせて、顔をくっつけて、毛布をかけなおして、トントン…トントン…これで静かになることがほとんどです。私の不眠は相変わらずなのですが、この程度で済むならまぁいいかな~。真冬はどうしましょう…寒いだろうなぁ…

こんな感じで介護度が上がった気がしますが、別に苦しそうにしてたり、痛がってる様子はないので。先日は寝不足続きで昼寝をしている時にチコを胸に乗せてました。起きた後もチコは目覚めず…

…何の生き物じゃ?

幸せそうな寝顔でよかったよ(笑)。この後1時間くらい寝てました。

傾いちゃう姿勢ばかりじゃ身体が凝るでしょうよ。

マッサージ師によ~く揉み解してもらいなさいね。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (2)

2010年10月 8日 (金)

いいハマり具合

目の見えないチコ。部屋の中を徘徊する時は、いつも鼻先を上に向けて、そろりそろりと慎重に歩き回ります。そして大体3箇所に行き着き、そこで寝込んでるというパターン…

ここまで綺麗にはまり込んでるのを見るとニヤリとしちゃいますね(笑)

廊下から居間に入る引き戸の所なので、出入りする時に足元に居るわけで…踏まないように気をつけないと。

うーん、惜しい(笑)。

ここは和室に繋がるところだけど、畳の上にウンポコを撒き散らされるとたまらないので和室には入れないことにしました。100均のワイヤーネットで通行禁止にしてあります。

お庭のトイレタイムが終わり、そのまま窓際の行き倒れ場でドデーン(笑)

昼過ぎから、夕方6時過ぎまでずーーっと寝てましたが…あんまり起きてこないので様子を見に行くと…

一度は起きようとしたんでしょう…そのまま後方に落ちてたようです(笑)。夜鳴き、無駄鳴きは嫌というほどしてくれるのに、なぜこういう時にヘルプ鳴きをしない?

この窓際のところは真冬になると石油ストーブを置くので、今度はストーブの前で熟睡するチコの姿が多くなる場所になりますね。

進めぬ先に進もうという意欲は未だに健在のようです。隙間とか狭い場所って、何か吸い寄せられる妖気が漂ってるんでしょうかね…。毎日面白いように角や隙間に頭を押し付けて鼻を鳴らしてますよ。

--------------

先日急いでチコのケージ周りの冬支度をしたんですが、ちょいと失敗でした。

今年はケージの外側からギラギラの敷物をかぶせてみたのですが、夜中に起きたチコは動き回ろうとしてワイヤーネットのところに足を引っ掛けて大騒ぎするんです。爪も引っ掛けてしまうし、音もガチャガチャうるさい…怪我防止のためにも何とかしなくちゃsweat01

応急処置ですが…。チコの足が引っかかりそうなところは内側にもギラギラさんを貼り付けました(セロテープ)。あと、後ろに立てかけてあるのはペット用のヒーターです。四角いのはチコ、丸いのはマルが使っていたもの。敷いて使うのはおしっこを漏らしたりするかもしれないので、立てかけて暖かい空気が漂うように使うことにしました。チコの身体に直接当たらないように、工夫しました。

この中に篭って作業してると、ほんわ~…って暖かかったです。真冬はどうなるかな…。もうちょっと工夫が必要になってくるかもね。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (2)

2010年10月 1日 (金)

急いで冬支度…療養生活一年

ちょいとご無沙汰しておりました。

めっきり涼しくなり、春に分解したこたつ布団で作ったチコ嬢用の冬のあったか敷物を使う時がきました。作った頃は使う日がくるかなぁ…と、ちょっと心配でしたけどね。先週、ネットで見つけた激安のダイニングこたつ用の布団が届き早速こたつをセットしたんだけど…こたつヒーターが昇天してたのねぃ~crying。ただいまダイニングこたつは布団をかぶせているだけ(笑)。来週辺りには、アマゾンさんで注文したこたつヒーターが届くでしょう。

急に肌寒くなったので、チコが夜中に寒がって切ない声を出すことがありました。夜鳴きとは違う、何かを訴えるかのような声でした。様子を見に行くと、足先が冷たくて、寒そうに震えてました。翌日はチコのケージ周りを色々いじってバージョンアップしてあげて、冬に備えて防寒対策もばっちり。もっと寒くなったら寝る時に暖かい毛布をかけてあげたり、ケージの奥に立てかけてあるペット用のヒーターにスイッチを入れて、背中側からほんのりあたたかさが来るようにしてあげましょうか。湯たんぽも出しておかなくちゃね。

この数日は、夜鳴きが止まってるのです。隙間風が入りにくいように工夫してあげて、寝床もちょっと暖かめのベッド、そしてこたつ布団で作った敷物、薄手の掛け物をして寝かしつけます。寝付くまで顔をくっつけてあげて(お母ちゃんの身体半分はケージの中)、前脚を握ってあげて、小さい子供を扱うように、お腹や背中をトントントン…そのまま朝まで静かに寝てくれることが増えました。

暖かいのが安眠を誘うのかしら…。それに伴って私も眠れればいいんだけど、不眠は相変わらずで、深夜のDVD観賞もネタが尽きてしまい、最近は布団の中でDSの『おいでよどうぶつの森』で深夜の『チコマルピ村』をウロウロして虫を捕まえたり、お魚釣ったりしてます(笑)。

お昼のチコ嬢は、以前よりも足腰が弱ったのか、ウロウロ徘徊が少なくなったような気がします。ウンポコ漏らしで畳が汚れたら大変なので、もう和室には入れられなくなりました…

歩き回れる場所は限られしまいましたが、時々うろついては、角っこで行き倒れて寝てます。3箇所ほど行き倒れ場があるので(笑)、そこを狙って座布団や寝床を置いてやると、上手い具合に上に乗っかって寝てます。肌寒い日だったので毛布をかけてあげました。

9月22日からやっと大学の後期が始まった息子たち。やっと『お昼ご飯何?』攻撃から開放されました(笑)。特に次男坊は大食漢です…食べても食べても足りないみたい。

学校から帰ってきたとき、居間に来た時…息子たちはいつもチコを抱き上げて愛しそうに構ってます。その構いにチコが応えることはないけれど…、それでも抱かれて嫌な気はしないようなので大人しくされるがままの姿が可愛いです。

耳元のモミモミが気持ちいいようです。

私も息子たちも、チコの耳元、おでこ、ほっぺの脇に自然と『ちゅっheart04kissmark』としちゃうのですよ。一日に何度も、抱くたびに。たまに虫の居所が悪いようで噛まれますが…。今週は二度ほど唇噛まれたお母ちゃんです…crying

おむつ…これを着てもずれまくりです。おむつカバーの中で、おむつがずれてるんです。子供用のサスペンダーを使ってずれないようにしても、おむつが切れちゃうし、カバーだけ留めてても中身のおむつはずれてるし…

先日、おむつをした状態で初めておちっことウンポコを漏らしてました(寝床で)。おむつカバーの下半身がびっしょり…中身のおむつは全く汚れていないという摩訶不思議な現象が…。おむつとおむつカバーの間にウンポコがあったし…どーしてじゃ…

無い頭をひねって色々考えますが、チコのようななで肩ならぬ、【なで腰】のワンコのおむつは落ちないようにするのは相当難しいような気がします。うーん、うーん…困ったなぁ…

今年の冬は、チコをお布団に入れてあげられないな…

おぉ~、ふてぶてしさ全開のチコ嬢です。チコは目が見えないのもあって、不意に顔に何か当たると噛り付きます。特に多いのが私のスカート…。いつも床に転がってるので、そばを通るとスカートが顔に当たり…。口を無理やり開いてやらないと放しません。息子とダー様が取ってくれたときもありましたが、無理やり引っ張るので、夏の薄手のスカートは穴が開きましたannoyもっと丁寧にはずしてくれんかannoy

身体に触る時も瞬時に噛む事が多いです。ご飯を食べてる身体を支えてあげてるのに、ガブガブ…。倒れたのを起こしてあげてるのにガブガブ…。まったりしているのが可愛くて、顔を近づけたら口や鼻をかじられたことが何度もあります。本気噛みじゃなくても結構痛いものですよ。

ま、それでも長年一緒に暮らしてきた家族です。憎たらしくもなく(これ本当)、頭にもきません(これは微妙…)。『気安くアタシに触らないでよね』の気位の高いチコ嬢はまだ健在のようです。

そして、、今日も部屋の隅で行き倒れてるチコ。

何故後ろ足が中に浮いてるのか…

おいおい…sweat01

…そりゃ、そうでしょうよ(笑)

チコ、今日も笑顔の提供をサンキューheart04

-------------------

私が今の生活になって9月23日で一年経ちました。

果たして私は良くなってるのか?未だに分かりません…。長男の嫁として全くの不合格、何も手伝えない…深く考え込むと動悸が始まり息苦しくなります。私が何も出来なくなったことで苦労を背負い込むことになってる人たちに、お詫びの言葉すらかけられない。顔を出すことも出来ない。薬は飲んでいても、果たして効いているのか…分かりません。

本当に直ぐによくなるものではないと実感するこの頃です。休んでいることが長くなればなるほど別の意味での心労が重なっていきます。だからといって、元の生活に戻るのは今の自分には無理なのは良くわかってます。

今自分に出来ることは、自宅のことと、老犬の世話のみ。近所に住む両親には心労をかけっぱなし…本当に申し訳ない。

まだしばらくはこの生活が続きそうです。

いつの日か颯爽と自転車にまたがって一人でかっ飛ばして買い物に行かれるようになることを夢見て…頑張らないように頑張ります。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (8)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »