« 明日は病院へ… | トップページ | 大活躍のネットと結束バンド »

2010年7月 1日 (木)

抜歯はまぬがれた

チコちゃん、朝一で動物病院へ連れて行きました。

こちらの動物病院は獣医師が数名いて、院長先生はご指名らしく、私は一度も診てもらったことがないです。前回は若い女性の獣医師、今回は若くてイケメンの獣医師でした。

前回の診察では抜歯しか方法が無いという話でしたが…今回の診察は全然ちがうものでした。

チコの歯茎に出来たものは【線維性エプリス】というコブ(腫瘤)らしく、おそらく良性でしょうとのこと。エプリスにはいくつか種類があり、中には顎の骨も切除するようなものがあるようです。おそらく悪い方では無いでしょうということで、今回は1週間ほど塗り薬、飲み薬をためして、コブが小さくなったらコブの根元を縛って壊死させて取る方法で…という話になりました。

下手にいじると後が面倒なコブらしいです。あまり刺激したくないと獣医師さんが仰ってました。

抗生剤と炎症止めの飲み薬、塗り薬を処方されました。それと、自宅で爪切りをするといつも出血してしまうと話したら、止血剤の粉を丸い容器におすそ分けしてくださいました。

あんまり獣医師を比べたくないですが…

前回の女性の獣医師は話し方ははっきりしないし、こっちもどうしていいのか迷うような感じ。それにここの動物病院は診察のたびに、サービスで耳掃除、爪切り、肛門絞りをしてくれるはずなんですが、こちらから頼んで爪切りだけをしてくれました。聴診器すら当ててくれず…

今回の獣医師はハキハキしてはいないものの、いろんな説明を自ら丁寧にしてくれるし、サービスの3点セットもきちんとしてくれ、気持ちの良い診察でした。診察室を出る時も、薬が合わない時や少しでも様子がおかしかったら、いつでも電話してください…と、こちらが安心できる態度を見せてくれました。

悪いけど、あの女性獣医師がいる曜日は行かないように…事前チェックしておこうと思ってしまったのでした…

歯を抜かれなくてよかったですね、チコさん。

家では、抱っこしても、世話しても、【あんた誰?】な態度のチコ嬢ですが、なぜか動物病院の待合室では、抱っこしていると顔を胸や頬にくっつけてきて、甘ったれる態度を取ります。そうされると、ちゃんと私が誰なのかわかってるのかな…と、嬉しくなっちゃいます。車に乗せられると振動でわかるのか、動物病院に行くんだと思い出すのか、不安そうな声を上げたりします。何もかも全部忘れちゃってるわけじゃないみたい…

待合室には、可愛いチワワがいました。6歳の女の子、2.5キロ。腰までブリブリ振って喜んでそばに来てくれる可愛い子。私の母のひざの上に飛び乗り、甘えてきて可愛かったな~。

さて、夜寝る前に歯茎にお薬塗って寝かしつけます。一週間後には少しでも小さくなってますように。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

|

« 明日は病院へ… | トップページ | 大活躍のネットと結束バンド »

愛犬ネタ2010年」カテゴリの記事

老犬介護」カテゴリの記事

コメント

チコちゃん、抜歯にならずによかったと思います。。。
動物病院は、ご縁がありませんが人間の病院や診療所
と同じく「医師」による所があるんですね…。

投稿: かぶとむし | 2010年7月 3日 (土) 19時56分

★かぶとむしさん
はい、歯はしっかりしていてぐらついてないので、抜歯はかわいそうだと思います。ほかの方法があってよかったです…
あんまり比べることは書きたくなかったんですけどね…熱意の感じられないぼや~っとした感じの先生でした

投稿: ともちん | 2010年7月 3日 (土) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は病院へ… | トップページ | 大活躍のネットと結束バンド »