« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月23日 (火)

まとまらない気持ち

マルの四十九日が終わったと思ったら、今度は間もなく二度目の月命日がやってきます。2月には30日が無いので、28日が月命日と言うことにするしかないですね…

突然の別れは、やっぱり後になってどどーんと来るものです。

毎日、当然のように触れることができて、抱き上げて頬ずりして、座れば当たり前のように膝に乗ってきて抱っこを要求。お風呂から上がれば、洗面所の戸の前にマルが座って待ってる気配がある毎日(首輪の鈴の音がするので)…。本当に何時でもそばに寄り添ってくれていた娘でした。

それがねぇ…私が調子を崩して療養中にこんなことになるとは…。療養前は用事を済ませて自宅に戻ると身体も精神的にも疲れ果てていて、買い物に行くのが出来なくなり、家の用事もまともに出来なくなり…頭に浮かぶことは、どうしたらもっと上手くいくんだろう…。そればっかりでした。自分のやること、なすこと全てが上手くいかず、分かり合えることも無い日々が続き、自分の気持ちのコントロールが出来なくなっていき、考えることは全てマイナスなことばかり。

ついに倒れて病院通いが始まり…家に引きこもり状態の毎日。そんな毎日で心の支えや癒しになったのは両親、家族、友達、ワンコたちでした。特にマルは、私が具合悪くしていればちゃんと察して、いつも以上にそばにぴったりと寄り添っていてくれたものでした。お水を飲むとき、ご飯のとき、おトイレの時…それ以外は常にぴったり、べったり…

マルの様子がおかしくなってから3日もたたないでお別れ…。何なんでしょうね…人生、上手くいかない時って本当に続くものなのでしょうか。

チコの世話で気は紛れるのは確かだけど、今のチコは私を誰なのかと認識できてないような感じ…。あんなに手を合わせて遊べるくらいちゃんとできた【お手】や【ちょうだい】も忘却の彼方…チコの名を呼んで抱き寄せても尻尾を振って喜んでくれる感情表現も全くなくなってしまいました。

チコの事は本当に愛しく思って世話をしてますが…マルの居ない穴はどうしてもふさぐ事ができません。こんなお母ちゃんでごめんな、チコ。

チコがマルのように、自らそばによって来て【お母さん大好き】って態度を見せてくれるタイプのワンコだったら良かったんだけど。今は、常にそばにあった小さいけど大きな温もりが無くなっちゃって、寂しくて仕方が無いです。

毎晩、マルの首輪を手に握って寝てもそばに居る感じが無いし、夢に出てきてくれるわけでもないし…。買い物先や車の中から小さいワンコを見つけると、触りたくて仕方が無いです。ネットでも延々とワンコのブログをめぐって、マルの姿を重ねてみちゃったり。

去年ですが、チコとマルを手放さなくてはならないかも…といことになりそうでした。私の両親が預かって面倒をみてやると言ってくれました。私にはやるべきことがあるんだからと…自分の身体が引きちぎられるような気持ちでした。でも、その事は無くなって今に至るのですが、あの時に2匹を手放していたら…今はどんな生活になっていただろう…

私にはやらなくちゃならないことがあるはずなんですが…今はそれが出来ないでいます。ものすごく心苦しいです。どうしても気力が湧かないのです。今の私には自分の生活だけで気持ちが精一杯です。療養のおかげで、自宅の事は何とかできるようにはなりましたが、どうしても他に気力が湧かない…。やらなきゃならないのに…自分が弱すぎるだけなんじゃないか…。

チコは私がいないと生きていけません。色々分かってくれている両親でも、今のチコの面倒を見てもらうのは無理でしょう。ダー様、息子達も私ほどチコの事を分かるわけではないし。

あぁ、何が言いたいのか分からなくなってきました。

いつまでも休んでいる自分が情けない思いや、申し訳ない気持ちがある。だけど、戻る自信は全くないです…。もっと強くならなきゃいけないのだろうけれど…。何をどうすれば、以前の私に戻れるのか…本当に分からない毎日を過ごしています。

| | コメント (7)

2010年2月15日 (月)

明日は四十九日

明日、16日はマルの四十九日をむかえます。早いものですね…

毎日フードとワンコ用のおやつ、お水をお供えしてます。買い物ついでにマルだったら喜んで食べそうなおやつ(人間のです)を幾つか買ってきて、数日ごとに取り替えてお供えしています。お花も安いものですが買うようになりました。駄目になりそうな花があったら直ぐに取り替えられるように、控え用のお花も切らさないようにしています。

四十九日までは現世にいるというのは、動物でも同じなのかしら…。検索で色々調べてみましたが、愛犬の四十九日をめどにして心の整理をつけて、埋葬をしている方が結構多いようです。私としては自然にかえしてあげるためにも、お骨はいつまでも家に置かず(小さく分骨してカプセルに入れてある分は別ですが)、合祀墓地に埋葬してあげたいと思っています。

マルちゃん…明日で本当にお家からいなくなっちゃうのかな。行っちゃうのかい?

天国に持っていくお土産に色々置いちゃったけど、持って行かれる?

ちゃんと行かれる?道に迷わないかな?

四十九日用のアレンジフラワーはネットで注文しました。マルチーズの人形がおまけについている可愛いものでした。

マル…お母さんの可愛い、おりこうさんの娘。

何時でも一緒にいてくれて、癒しや慰めになってくれたよね。ありがとう、本当にありがとう。

お母さんは、死ぬまでマルの首輪を枕元に置いて眠るからね。何時でもこれからも一緒だからね。お母さんがそっちに行くときは、息子達にお母さんの棺にマルの首輪を一緒に入れてと頼むからね。

マルは首輪が大好きでした。ブラッシングやお風呂のあとに首輪をつけてあげようとすると、喜んで大変でした…。

明日で一区切りなのかも知れないけれど、やっぱり突然だった別れは、後からずしーんと来ますね。本当に、手術を選ばずに、連れて帰ってあげて、家族で看取ってあげるべきだったんじゃないかと思うよ。悲しい思いをさせちゃったね、ごめんね…

明日の深夜、日付が変わるころには骨壷を抱きしめてあげていようと思います。お土産もバナナを追加してあげるからね…ちゃんと、天国に行って、お母さんを待っていてね。

| | コメント (4)

2010年2月13日 (土)

悟りを開いた顔?

このごろ、前にも増してよく寝るチコです。この一週間ほど、日中の激しい徘徊があまりないです。夜もこれくらい寝てくれりゃいいんだけどなぁ…

夜鳴きは相変わらずで、母ちゃんの寝不足は日常的になってます。それでも憎たらしくならないのよね(笑)

昔のチコなら絶対に考えられなかった抱っこをさせてくれるこの頃。穏やか~な顔つきになりました。ダー様が『悟りを開いたような顔』なんて言ってます。

マルの特等席だった、勉強中(寝てますが…)の長男坊の膝は、今はチコの特等席。

最近鼻水がよく出てるので、鼻の頭が乾いた鼻水でガビガビ(笑)。毎日取るのが大変だけど…癒される寝顔です。

時にはこんな事もありますが…(鼻を拭こうと押さえたら思いっきりガブリとやられました)

それでもチューをしたいくらい、愛しいチコ婆ちゃんなのですよlovely


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

前進あるのみ?

老犬…特に痴呆犬の特徴のひとつが、【狭いところに入り込む】と言う事のようで。我が家のチコばあちゃんも、見事にドンピシャな姿を毎日見せてくれています。

恥を覚悟でお見せしますが(笑)、最近の和室の状態です。

このずらりと並んだ進入禁止の先には、リクライニングソファ、ステッパー、乗馬マシン(←ほとんど放置ものですが…)が置いてあります。自由にさせていると、大体そのあたりにはまり込んで出られなくなるんです。怪我の防止としても、こうしてガードするしかないです。少しでも行動範囲を広くしてあげたいし。

隅っこに置いたつもりの遠赤外線ヒーター(コンセント抜いてあります)。わずかな隙間に頭を突っ込み…

ひたすら頭を押し付けて前進するのみ。後退はありません。

ギターの練習中の息子の足元にはまり込み…

隙間のあるところチコの姿あり…耳が曲がるほど押し付けてるし…

パソコン中のお母ちゃんの足元にもぐりこんでくるし…

天国のマルちゃんにも呆れられてる様子。マルの祭壇にはおやつや、フードが置いてあるので食べられないようにするため、ネットを利用してガードしています。

最近は、マルの祭壇を変えました。お花を綺麗に飾れるようにしたかったので。その話しはまた調子の良いときに…

体調を崩す前は自宅の用事をする事すら大変でした。徐々に落ち着いてきて、自宅の事は何とかできるようになりました。それプラス、今の私に一生懸命にできる事は、チコのお世話なんですね。私がやらなきゃ誰がやる、私が考えて工夫しなけりゃ、他に誰がやる…と、声を大にして言いたいぞ、我が家の男連中どもよっannoy

ダー様は色々忙しい身ですから良しとしますが、息子達…ぬぉ~!

マルがいた時もそうですが、ワンコのおトイレ関係、散歩関係は頼まないとやってくれません。毎日私が一人でワンコのご飯の時間、トイレの時間を気にしてます。主に私がやりますが、時々は男連中に頼みます。しかし、自ら『そろそろトイレかな』と外に出してしてくれた事は、私が入院しているときや出かけていないときにに、頼み込んでおいた時くらい。

チコが要介護状態になった現在もそうです。今のチコは歩けますが、脚力が相当弱ってます。ご飯を食べるのは腰を抱きかかえて、お水を飲ませるのも。トイレは腰を布で吊るして補助してあげないと、汚物の上に座り込んじゃいます。だから吊るして補助してあげながら、人間が共に歩いてあげないと駄目です。

息子達が暇そうにしてるときに頼むんですが、ほとんどがふてくされた様な返事。気持ちよくやってもらえたことがありません。

可愛がってはくれますが、世話は母任せの我が家です。何度も注意をしているんですが…どうにかならんものでしょうかね。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

| | コメント (4)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »