« 恐怖の夜がやってくる… | トップページ | マルの月命日 »

2010年1月28日 (木)

お膝が寂しいよ

マル、今どこにいるのかな。

もしかしたら、家の中にいて、皆のそばに居てくれてるのかな。

毎日朝ごはんのときに食べるリンゴをむいていると、マルが足元にいるような気がして見ちゃうんだよね。そこにいないと、もうちょっと後ろの、台所の入り口付近に目が行くのよね。リンゴをサクッ…て半分に切っただけで、振り返るといつもマルのギラギラ視線がこっちに向いていた楽しい日々。もう、いないんだよね…

お母さんは毎晩、マルの首輪を枕元に置いたり、手に握って寝ています。お母さんのお布団の隣にはマルの祭壇があるから、何時でもそばにいるんだけど…それも見てくれてるのかな。寝るときには『お休み』、朝は首輪にチューをして『おはよう』って祭壇に戻してるの、知ってるかな?

マルがいなくなって、間もなく初めての月命日を迎えてしまいます。本当に、駆け足で、心の準備も何も無いまま逝ってしまったよね…。13年間何時でも一緒にいたのに、お別れのときはこんなにもあっさりなんだって…。毎日、チコの介護をしていて、マルの介護はどんなだったろうな~って思う事が多いよ。チコが毎晩夜鳴きをしているけど、マルの夜鳴きってどんな声だろうね、可愛い声だろうな…って、昨日下のお兄ちゃんと話したんだよ。聞いてたかな?

最近、寂しい気持ちが強くなってきて、涙が出る事が多くなりました。最初の頃は、マルが手術を受ける直前の不安そうにお母さんを見る目、手術後に迎えに行ったときに、痛くても頑張って立ち上がってお母さんに抱かれようとしていた姿、入院先の動物病院に置いていくときに、獣医師さんに抱かれて哀しそうに見ていた顔、そして、最後の日のマルの涙と、見送ってくれる顔と、最後に処置台の上で救命処置をとられていた姿…そればかり思い出していたけれど…この何日かは、生きていてはつらつとしていたマルの姿が思い出せるようになり、一日に何度も涙が出るようになったよ。

マルは、どこかで生まれ変わったのかな?また、このうちに戻ってくる日がやってくるのかな?お母さんは、今ものすごくマルに会いたいです。触りたいです。毎日、ご飯を食べるときは、マルがお膝に乗ってもいいように、コタツ布団を平らに整えてしまいます。そのたびに『いない』って思うんだけど、それでも毎回乗ってもいいようにしちゃうんだよね。

49日が過ぎたら、マルはこのうちからいなくなるのかな?本当に天国へ行かれるのかな?そのときには、今以上に寂しく悲しくなるのかな。

毎日、お母さんはパソコンでワンコのブログを見て回ってます。マルチーズのブログがすごく多くてね…何だかマルに会えるような気がして、毎日毎日マルを探すかのようにしています。

もっとたくさん一緒にいたかったよ。本当に寂しい。どれだけマルはお母さんに元気をくれていたのか、思い知る毎日です。

お母さんにたくさんの元気を幸せをくれていたけど、マルは幸せだったのかな。うちの子で本当によかった?マルと話しができたらいいなぁ。

パズルを入れてたフレームを使ってマルいっぱいの写真を印刷してみたよ。物足りないわ~…デジタルフォトフレーム、買おうかなぁ…

|

« 恐怖の夜がやってくる… | トップページ | マルの月命日 »

愛犬ネタ2010年」カテゴリの記事

コメント

デジタルフォトフレーム、
こちらが参考になるかも知れませんよ・・・。

デジタルフォトフレームの機能比較
http://photomovie39.blog54.fc2.com/blog-entry-23.html

投稿: mignon | 2010年1月28日 (木) 17時58分

初めまして。何年も前からずっと来ていました。
私は動物が苦手でした…でも、子供たちの強い希望でワンコを迎える事になり、ともちんさんのブログを見つけて、楽しい写真とセリフに和ませていただき、ワンコを迎えるのが怖くなくなりました。
今ではとても大切な家族となり(柴メスです)、ともちんさん、マルちゃん、チコちゃんに感謝をしているんですよ。
マルちゃんの事は、他人事に思えず、私も悲しかったです。でも、マルちゃんを愛するからこその判断なのですから、後悔はあると思うけれど、ご自分を責めないでくださいね。マルちゃんは皆さんのそばにいますよ。ともちんさんがチコちゃんの介護をがんばってる姿を見て応援してくれていると思います。
チコちゃんの介護日記、楽しみにしていますね。

投稿: 楓 | 2010年1月29日 (金) 17時52分

★mignonさま
初めまして。
ありがとうございます。参考にさせていただきます。


★楓さま
初めまして(^^)。前からいらしてくださっててありがとうございます。
あたたかいお言葉をたくさんありがとうございます。
このようなブログでも、ほんの少しでも何かのお役に立てたかと思うとうれしいです。柴ちゃん、可愛いでしょうね(^^)。動物が苦手だというママさんの心を動かしたのですから、おりこうさんなのでしょうね。
マルにはもっと生きて欲しかった思いと、苦しい思いをさせたくなかったという思いがグラグラ…今でもどの選択が本当に良かったのかわからないでいます。でも、楓様のおっしゃる様に、マルがそばにいて幸せな気持ちでいてくれるといいなぁ…って心から感じます。
チコの介護日記、ネタがたくさんあってまとまらないで困ってます(笑)。これからもよろしくお願いいたしますね。

投稿: ともちん | 2010年1月29日 (金) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐怖の夜がやってくる… | トップページ | マルの月命日 »