« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

マル、永眠

2009年12月30日、午後3時過ぎ

マルが永眠しました。残念です…

| | コメント (7)

退院、できるかなぁ…

その後のマルの様子は…3回面会に行きました。

2回目の面会で前足フリフリが復活して、小さく切って持っていったリンゴを完食しました。ちょっと甘えた後は、リンゴを入れてたタッパーをひたすら凝視、心はリンゴ一直線でした。

3回目の今日は、前足フリフリでもリンゴは食べなかったです。口に含んでも、噛めずに落ちちゃうこと数回。今日は出して抱っこさせてもらえました。

明日の大晦日の午前に、食欲があって血液検査の結果が悪くなければ、退院して、自宅で投薬とのことです。

大丈夫?リンゴ食べなかったけど、本当に連れて帰って大丈夫かな…

いつものもぐりタイプのベッドは使わず、両親宅にあった巨猫のゴンタが使ってないベッドをもらってきました。これなら身体を丸めなくて、ゆったり横になれるし。横になったら私たちが毛布をかけてあげればいいし。乗るのも降りるのもお世話しましょうか。

悪性か、良性か…結果は年明けになるでしょう。どっちにしろ、連れて帰って家で面倒を看てやりたかったので、明日が調子の良いことを願うばかりです。

チコは寝床周りをいろいろ工夫してあげました。そのうち記事にしますね。すっかり老犬、痴呆犬となってしまいました。目もまったくといっていいくらい見えていないみたい。そのうち老犬介護のブログになっちゃいそうです。

お正月気分、まったく無いです。大掃除もしてないし、何の準備もしてません。せいぜいお雑煮と蒲鉾くらいかな…

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

マルが大手術

びっくりさせてしまうと思うのですが…

マルが瀕死の状態になってしまいました…

毛の下に見えるいつもピンク色の皮膚、歯茎、目の裏、耳の裏が白くなってしまい、そばにきてブルブル震えて…明らかに貧血の状態。

夜間の病院に連れて行き、脾臓に大きな腫瘍が見つかりました。多くの場合が血管肉腫という悪いものだとか…貧血も酷いので、腫瘍が破裂してしまいおなかに出血があるのではないかとのこと。

今朝4時過ぎに脾臓摘出の緊急手術を受けました。

心臓の強い子で、13歳でも手術に耐えてくれました。後は今晩から輸血をするので、場合によっては急変もありうると…

腫瘍が悪性であれば、術後の余命も1ヶ月ほどとか…

ほんの15分ほどの時間でいろんな選択肢を迫られるほどの緊急手術でした。

夕方面会したら、小窓から顔を出して甘えてきました。懸命に立ち上がって、くりくりの目で私と次男を見つめていました。マルは…頑張ってくれてますが、もしかすると…良い年を迎えられないかも知れない…

今年はいろいろありすぎました…年末になってこんなことになるとは…

大きな山を二つ、三つ越えれば楽になって自宅療養できるとのこと、…悪性でも、お母さんがしっかり介護してあげるから、おうちに帰ろうね、マル。必ず、帰ってくるんだよ、待ってるから!

| | コメント (2)

2009年12月24日 (木)

放映今日…お流れ~(笑)

本日、12/24放映の連絡がありましたが、鳩山首相関係の記者会見でお流れとなってしまいました。

次回の放映予定は12/28(月)、18時17分からと連絡をいただきました。おそらく関東ローカルのみの放映だと思います。

【衝撃ニュース総決算”現場必撮”特報2009(愛情大家族の奮闘現場・不況の嵐&おトク旋風・歴女に弁当男子も追跡 動物大騒動…ほか)】

…とのことです(笑)。私の部分はほんの30秒ほどだとか。 私にとっては、放映された内容にちょいとばかり『あれ?うーん…?』な部分が無きにしも非ずでしたが、すごい体験だったことには間違いなかったので、楽しい思い出となっているような気がします。

| | コメント (2)

2009年12月22日 (火)

年末総集編で再放映

昨日フジテレビさんから電話がありました。

日にちはまだわかりませんが、年末の特集で、フジテレビ スーパーニュースのスーパー特報の総集編を放映予定で、私の部分が30~40秒ほど流れるとのことです。

また放映日は急に決まるかもしれませんが、決まり次第お知らせしますね。

長男坊が新型インフルエンザにかかりましたが、家族全員無事でした~。

| | コメント (3)

2009年12月 7日 (月)

切ない話と、嬉しい話

今日は体調が良かったので、お久し振りの更新です。

まずは、切ない話から…

チコちゃん…フジテレビの取材が終わるころから、急速に衰えが目立ってきました。特に足腰が弱くなり、上手く寝床に入り込めずにお尻がはみ出した状態で寝入ってることがしばしばあります…

部屋の中のあちらこちらで、このように固まって動かない人形の様な状態も見られるようになりました。ボーーーーーーーーっと、何を考えてるんだろうって思います。

このときも、お尻が入りきれず、何度も何度も出たり入ったりしているうちに、力尽きてそのままお眠り中です。

一日に20時間は寝てるんじゃないかと思えるくらい(もしかしたら、それ以上)寝てばかりです。そして、痴ほうも始まってしまったのか、老犬特有の家の中徘徊、狭いところに迷い込みが一日に何度もあり、チコに通ってほしくないところは柵で行かれない様にしてあります。

マルは、胆管炎はすっかりよくなり、今は通院していません。チコと同様に、寝ていることが殆どですが相変わらずの愛嬌者です。

この日は、マルの寝床を自分のものだと思い込んだのでしょうか。この状態から動けなくなってて、鼻をピーピー鳴らしてました。出してやっても、何度もやってましたねぇ…。

日が当たって暖かいのか、ベッドにたどり着く手前の床で寝てるし…

最近はご飯を上げるときに、スノコを置いて高い位置で食べられるようにしてあげました。床に置いてると、前足が踏ん張れないようで、食べながら前足がだんだん開いていってしまい…キリンが水を飲んでいるかのような体勢になってることがあります。それか、お座りした状態で食べることもありました。お皿の下に敷いている黒いのは滑り止めです。

もしかしたら、目も見えなくなってきているかも知れないです。ご飯を置いてあげても、おやつを置いてあげてもクンクン嗅いで探しています。隅に置いてある水を飲みにきたときも、水が入っているのが見えないようで、鼻先を水に沈めてびっくりしたあとに、飲み始めているようになっています。

食欲はものすごく旺盛で、今のチコは『食べることだけ』が楽しいひと時に見えてしまいます。手を差し出せば何かをくれたのかと思い込んで思いっきりかぶりついてくるし、実際におやつを乗せた手を差し出しても、おやつの無い指や手のひらをかじられてしまうこともあり、最近はチコに上げるおやつは、床の上に音が聞こえるように落としてあげてます。

おやつにしても、ごはんにしても、いつでも上品に、ゆっくりと味わって食べていたチコ。人の手や指を絶対に噛まないように、上手くもらっていたチコ。そんなチコが、ドライフードをふやかしている時間が我慢できなく、キーキー鳴き、吠えて催促し、食べる勢いも1週間何も食べてなかったかのようなガッツキぶり。チコはすっかり衰えて、変わってしまいました。

よくなったことと言ったら、食事以外のことではすごく穏やかになったことかな。以前は体を撫で回すと嫌がって、悪魔顔で反抗していたのに、寝ているチコに対して顔をくっつけても、お腹を撫で回しても、ブラッシングしてあげも、全く怒らなくなりました。抱き上げても殆ど嫌がらなくなりました。目やにを取るときと、爪を切るときにまだ暴れますが、以前ほど酷く抵抗できないので何とかできる感じ。

何だか切ないですわ。

先日は突然おしっこをしてしまい、次男と居間の床を拭いて回りました。お腹がすき過ぎて吐いちゃう回数も増え、なるべく時間と回数(3回)を考え、量も考えてあげてるのだけど、朝方と、夜のご飯の前(9時半ごろ)に『ぐびっ、ぐびっ』…と、嘔吐寸前の状態になるので、私らは大慌てで窓を開け、庭に出します。おかげで、夜中や朝にチコがいつ吐きそうになるかと気が気じゃなく、寝不足になってます。最近やっと不眠から脱してきたのに(お薬のおかげかと思いますが)、また寝られなくなってきました(T-T)

一日に、何度か起きているときは殆ど部屋中の徘徊タイムです。寝床→居間→台所→居間→和室→寝床…の順番で疲れるまでエンドレスです。台所はあまりうろつかせたくないので、お水が置いてあるより奥は、ご飯を上げているとき意外は柵を置くようになりました。和室も布団を敷いたり、畳む洗濯物が置いてあるときは行かれない様に柵を置きました。夜中も、徘徊できないようにと、あちこちに嘔吐や粗相をしない防止策で寝床の近くに柵を置いてあります。

あまりにも急激に衰えた様子に戸惑いましたが、今後は寝たきり、オムツになることも覚悟が出てきた感じです。せっかく我が家の一員になった初めてのワンコだし、息子達が優しく育ってくれたのは犬がいてくれたおかげだとも思って感謝してます。だから、きっちり面倒を見てあげて、なるべく快適に余生が送れるようにしてやりたいですね。

マルは元気そのものですが、やっぱり昔と比べればおもちゃで全く遊ばなくなりましたし、寝ていることが殆どです。マルにもいつチコの様な目だった衰えが出てくるかもわかりません。そんな時は、チコ同様に世話をしてやって、後悔の無いようにしてあげたいです。

----------

さて、嬉しい話ですが…

次男坊の大学受験が終わりました~。長男坊と同じ大学の別学部に合格できました!

指定校推薦にはもれてしまい、先生に進められてAO入試…面接で失敗したそうで、不合格…残された推薦枠は【自己推薦】。論文と面接でした。AOで落ちたあとからすぐに論文対策、今度は失敗しないように面接の受け答えの練習、自己アピール書き…みっちりやったようです。

長男と同じように開くタイプのハガキで届く合格通知。『自分で確認するから、絶対に先に開けないで』と言われていたので、速達が届いたときに次男を呼びながら電球で透けて見えないかと思ったんですが(笑)。なんとな~~~く3文字っぽいような形が見えたような気がしたので、目を閉じながらハガキを開こうとしている次男坊を見て『たぶん落ちてるよ…どう慰めようかな…』と考えていたら…

大喜びで叫び、呆然と立ち尽くす私に開いたハガキを見せ、合格の文字を見て…思わず椅子に座っている次男坊に両手を広げて近寄ったら、嫌がらずに『うぉ~~!』と胸に飛び込んできたので、超久し振りに母子で抱き合い、モサモサ頭にぶちゅぶちゅと、ちゅ~heart02しまくってしまいました。『ギャー』と言いながらも、喜びでいっぱい。今回は跳ね除けられずにすみました。これで、長男と次男の合格のときに思いっきりハグが出来ました。次のお楽しみは就職内定のときかな(笑)

今回の合格は体調を崩してる私には嬉しいものでした。もちろん、次男坊もほっとしたでしょう。心からおめでとう。

私も、まだ無理は出来ませんが、徐々に落ち着いてきているので、気力を取り戻すためにしっかり薬を飲んで休んでなくては。

朝夕もめっきり寒くなりました。風邪には気をつけましょう…って、既に引きましたが(笑)

| | コメント (6)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »