« きゅぴーん★ぴかりーん★ | トップページ | 長男坊改造計画 »

2009年1月24日 (土)

Stars On Ice 2009 Japan Tour(愚痴もあり)

※今更ですが観賞日記です。チコマルの騒動でアップするチャンスが遅れました(汗)。自分史的な日記なので、長文ですが失礼します。

行ってまいりました。腕が痺れてようが、肩が痛かろうが…前夜は頭痛が始まってしまい、お風呂も入らずに早めに床に入りました。当日は(1/18)朝6時起きでお風呂、ゆっくり朝ごはんを食べて、ゆっくりと準備をして10時半に出発しました。

代々木第一体育館に到着したのは12時前…早すぎた(笑)。もし電車が事故で止まったら…とか考えると早めに出てしまう性格です(笑)。現地についてからコンビニを見つけて、お握りなんかを買おうと思ったのが間違いだったのね。どうもあの周辺にコンビニが無いようで…(見落としかもしれないけれど)、メールで数ヶ月前に原宿に来てる長男坊に聞いたら、体育館側には見つからないかもと…時間はあるから駅側に戻ってうろつくも、コンビニは見つからず…。でも、帰りに気がついたんですが、原宿を降りてすぐのところにサンドイッチなどが売ってるお店があったのね…見逃してました。

結局は30分以上歩き回っても見つからず…上着の背中に貼り付けたホカロンが非常によく効きまして、汗だく~~。コンビニはあきらめ、そのまま開場待ちとなりました。13時開場でパンフレット(2000円)を購入、中にスナック系や飲み物、フライ系が売ってるお店があったので、お煎餅買いました。座席についてからお煎餅数枚…これが今日のお昼ご飯でした(笑)

さーて、座席ですがアリーナS席、23000円…前回のチャンピヨンズ・オン・アイスよりも良い席でした。本当に良く見えます、前から9番目…ぐはぁ~!スケーターが出入りするところも良く見える位置でした。アリーナSSは氷上席ではなかったですね。大阪公演は氷上席がありましたが…

公演内容ですが…あらかじめ無料で演目の紙が配られてたのですが、おまけはステファンとジェフリーの競演くらいでしょうか。あとは合間にMCが入ったり、つなぎのようにサーシャ・コーエンの妖精のような衣装での演技があったり、女性スケーター達の演技があった程度かな。千秋楽だったのでアンコールを期待しましたが、フィナーレの後に拍手に応えてもう一度出てきて挨拶…というのがありました。

私の席は西側…こちらは背中を向けられることが多い席でしたね。微妙に演技中にこっち側に寄って滑るのも少なかったような気がしなくもなかったですが…

でも、男性スケーターだけが出てきたときに(We Got It Going On~Bon Jovi)、ちょうどジェフリーが私たち側で、間近に来て拍手を煽ってくれたりしたときは思わず興奮して声が出ちゃいました(笑)。何度も何度もこっちを向いてくれて…ひゃ~~~heart04

ステファンはフィナーレのときに背中を向けているスケーターが多い中、何度も何度もこちらを向いて、胸に手を当てて、頭を下げて挨拶してくれましたよ。うーん、好感度さらにアップです。

いくつか演目が分かれているようで、先日テレビ放映していた演目が多い日だったようです。でも、17日の夜にひかりTVのGAORAでStars On Ice 2009のアメリカ公演の模様を放映していて、ジェフリーの美しいスローナンバーの演技が観れました(Ecloge for Piano and Strings~Gerald Finzi)。個人的にはこちらをやって欲しかったんだけど、初めて生で観られたジェフリーは本当に美男子…白くキレイな歯並びが何度も見えて微笑ましく、正統派タイプのスケーティングにうっとりでした。

ステファンも17日でロミオとジュリエットを演じたようで…あ~~、観たかった~。でも、タンゴもジャンプがちょっと残念だったけど、ステップにキレがあってすばらしかったです。

スケーターたちが私側の近くでジャンプして着地するとき、『ドン!』とかすかにお尻に響くものがありました。すごいんですね…膝や足首にどれくらいの衝撃があるのでしょうか。ステファンが怪我が治らず100%の力を競技に注げなくなったと引退を決意したのが理解できたような気がしました。

ジェフリーもインタビューの中で『今は規制のない中でのスケーティングをとても楽しんでいる』と言っていました。規制から解き放たれたジェフリーとステファンはとても生き生きとした表情で嬉しそうに滑っていたので、引退は残念…という気も始めはありましたが、これからのプロスケーターとしての彼らがますます楽しみになり、さらに応援してあげたいという気になりましたね(^^)

往年のスター達であるStars On Iceのメンバーたちもベテランらしく、本当に見ごたえありました。イリヤ・クーリックは去年のクリスマスシーズンにGAORAで放映していたスケートショーで私好みの曲で流麗に演技するのを見て感動していたのを演じてくれました(Song for the King~Michel W. Smith)。こういう雄大な感じの曲にのって滑る姿がフィギュアスケートのたまらない魅力…でしょうか。ショーを見に行く当日の朝に録画したのを見ておさらいしていたら、ダー様から『フィギュアスケートの魅力って具体的にどこなの?』…と質問されました。一度じっくりとこういうものを見てもらわない限り絶対に理解できないと思うよ…説明下手の私には無理~。

前回も、今回も思ったことは、ラストになると前方になだれ込むマナー違反が多いということですね。今回は非常に腹ただしかったです。何度もアナウンスでは『スケーターとお客様の安全のため、最後まで自分の席を動かないで』と言ってたにもかかわらず…まあ、アナウンスだけじゃ無理だろうとは思いましたが。案の定、誰かが前に行きだしたとたんに、方々から前になだれ込み、私の列からも行こうとする人が私の足元のバッグを踏みつけて、ついでに私の足も踏んずけて前に行ってました。チャンピヨンズ~…では、前もって最前列あたりには係りの人たちが仁王立ちして、氷上に観客が飛び出さないようにしてましたが、今回の公演ではそのような規制はありませんでした。前に行く人たちはスケーターにプレゼントを渡したいのと、最後に一周するときにハイタッチができると思ってのことなのでしょうね。同じ会場ではNHK杯が催されてましたが、そのときはエキシビション後にハイタッチしてる様子が放映されていました。

だからこそ期待するんでしょう…。だけど現実は醜いものです。足は踏まれるし、黒いバッグには靴跡が残り…。会場の入り口にはちゃんと各スケーター宛てのプレゼントを入れる箱が置いてあるにもかかわらず、絶対に手渡ししたいという人たちの迷惑な根性のおかげで、最後の最後に気分が悪くなりました。

某所で見かけた話ですが、大阪公演のフィナーレでハイタッチしていたジェフリーの手をつかんで放さなかったファンがいて、とても危険だったとか。スピードを出して滑っているのを手を掴むだぁ~??annoyスケーターの危険を考えられないのでしょうか。後続のスケーターたちも危険ですよ。そのおかげで東京公演はフィナーレでハイタッチがなかったのではないかと…

こんな危険な行為があったのであれば、『大阪公演で危険な行為があったからハイタッチは禁止』だと、はっきりアナウンスをしておけばよかったのではないでしょうか。とにかく『自分さえよければ…』の意識が生む危険行為で、こんなにすばらしいショーが日本で観られなくなるなったり、大きな規制を強いられるような事がないようにしてもらいたいものです。

あと、私の隣の若い女性が携帯電話でムービーと写真撮影をしていました。写真は何度も耳元でシャッター音が聞こえます。彼女は必要以上に耳障りな甲高い声を張り上げて、応援しているように見せかけながらシャッターを切ってました。あまりにも酷いので、『いいんですか、写真を撮っても?』と声をかけてしまいました。彼女の返事は『別に売らないから…自分だけで楽しむから…大丈夫です』と。そーゆー問題じゃないのよ!その後も撮影行為をやめないので、製氷時間で休憩に入った時に近くにいた係りの人に座席番号を教えて違法行為を伝えてやりました。画像はたぶん削除させられたんじゃないでしょうかね…二部が始まってからは大人しくしていたようですが…他の席からも彼女の違法行為は丸見えですから、他の人からの通報もあるかもしれないですからね、私がちくったとは思ってたかも知れないけれど、特に文句は言われませんでした。

もっともっと、マナー良くしてもらいたいです。私だってできれば好きなスケーターは生で写真におさめたい、ハイタッチできるものならしてみたい、だけどそれがスケーターたちの危険や気分を損なうものを誘うものであるなら避けたいですね。

いやな気分になることもありましたが、ショー自体はとてもすばらしかった…また来年も絶対に行きたいです…来てくれればですが…それと、もうちょっとチケット代が安いと嬉しいなぁ…

|

« きゅぴーん★ぴかりーん★ | トップページ | 長男坊改造計画 »

観賞日記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした(*^-^*)
スケートの着地の衝撃は物凄いんでしょうね、
座席にまで響く衝撃を選手は受けてジャンプしてるんだもん、
その瞬間の美しさは素晴らしいですね!

観客のマナー違反はいただけませんね(`・ω・´)
私も落語会なんかで前の席のオヤジの振る舞いに我慢できずに
ひと言言った事がありますが、言っても変わらずでした。
やっぱり観る側のマナーっていうのも守ってこそ
演者も気持ちよく演技ができるってもんですよね。
ここから先はダメよ、という線引きができないような客は
会場スタッフが見定めて注意してもらいたいものです。

フィギュアの魅力っていうとねえ・・・ひと言では語れませんよね!
100字以内だって無理です(*^m^*)

投稿: ぽむ | 2009年1月25日 (日) 10時37分

★ぽむさん
わずかですけど、お尻にドン…ってありました。ステファンが転んでしまったときもドン…痛かったろうなぁ…。あの衝撃なら直りにくいのもよくわかりました~。
世の中自己中でまかり通ると勘違いしている人が、大勢の人の中にまぎれてくると本当にがっかりしますよね。高いお金を払ってきてくれるお客様を楽しませる方たちのためにも、やっぱりスタッフは対応をしてほしいものです。帰りにアンケートを回収していたので、しっかり書いちゃいました。

うふふ~、フィギュア…子供の頃から好きなのでどこがどうって言えないくらいの魅力ですshine

投稿: ともちん | 2009年1月25日 (日) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きゅぴーん★ぴかりーん★ | トップページ | 長男坊改造計画 »