« スター・ウォーズな1日~アートショーで感激編 | トップページ | とりあえずお引越し終了 »

2008年7月24日 (木)

スター・ウォーズな1日~マーク・ハミルのトークショー&帰宅編

私にとってはスター・ウォーズのスターはルーク役のマークさんと、ハン・ソロ役のハリソン・フォードさん。6部作そろってもまず見始めるのはいつもエピソード4からです。もちろん新3部作も大好きですが、やっぱり最初の強烈な印象というのは揺るがないものがあるようで…。因みに新三部作で好きなのはオビ=ワン役のユアン・マグレガーさん♪アナキンのヘイデンさんはエピソード2の青い感じのが胸キュンです(^^)

その、私にとってのスターであるマーク・ハミルさんがトークショーに出る。同じ会場の同じ空気を吸えるんだというミーハー心丸出しで、なるべく良い席を取ろうと思い、5時からのトークショーに備えてコスチューム・コンテストを抜けたのが4時ごろ。余裕で良い席が取れると思ったのは大間違いでした…
すでに何重にも折れ曲がって並ぶ大行列…

なんじゃこりゃー!この最後尾にたどり着くまでにどれくらい歩いたでしょうか。屋根はあっても半分外のようなところで待ってるので、汗がドバァ~。限定アイテムである大きな団扇がここで大活躍です。バタバタと扇ぎながら次男坊と『まじかよ…、ダメかも…、あんなに椅子無かったよな…うちらの入る直前で打ち切りになりそうだよな…』と不安いっぱい。この頃には2人して足がヨロヨロでした。スニーカーを履いてきたんだけど、レジの仕事をしている頃の履きなれたニューバランスのにしておけばよかったー。クッションが全然無いタイプのだったのでつま先が痛くなっちゃいました…

ダラダラと汗をかき、入れるかどうかの不安を抱えながら動き出した行列…何とか入れましたが、もうほんのわずかでしたよ。だけどラッキーなことに限りなく端っこに近いけれど最前列に座れました。


いよいよマークさんの登場です。きゃー!!


マークだ!ルークのマークだ!きゃーきゃー!!外人さんがよくやる両手を合わせてするお辞儀…(誰かコレは日本人はしないって教えてやらんのか…)これを連発するマークさん。きゃー、きゃー、きゃーーー!!


スクリーンに映し出された彼は…やっぱり歳をとられましたねぇ…30年だもんよ…。以前カリフォルニアかな…火事のニュースで別荘が焼けたとかのニュースでお顔を見たときに愕然とした覚えがありました(笑)。はっきり言って人間ってこんなに変わるものかと…(ごめんなさい)。でも、ところどころで見せる笑顔はやっぱりルークのマークさんでした。お茶目でしぐさも可愛くて、愛嬌もあって…そして何よりも私が鳥肌を立ててしまったのが…ソファに座ってすぐに質問に答えたときに『My father~…』の声がルークのまんまの声であって(当たり前…本人なんだから)…。思わず『うわ~、あのまんまの声だ!』とつぶやいちゃいました。


今回のトークショーもピーターさんたちと同じく会場のお客さんがステージの近くまで行って、直接質問できる時間が設けられました。いろんな質問があっても丁寧に答えるのはマークさんも同じでした。中にはちょっと大丈夫かしらと…思えるような質問というか要望がありましたけど、嫌な顔せずしっかりこたえてましたね。とある方の要望で自分の息子さんにフォースを振りかけてくれという事にも、すくっと立ち上がって『●×▲■※~~!』と表現できない声を出して手振りでフォースを振りかけてくれる姿はお茶目で大爆笑でした。話の合間に客席に目をやり、ウインクあり、投げキッスあり、手を振りがあり…ファンサービスたっぷりでした。

そして、今回も丁寧に答えて絶対にファンの質問を流すようなことが無いので、全ての質問に答えることが出来ませんでした。会場の時間の約束があるのでしょう…きっちり時間になったらマークさんは退場です。そこで前にいたファンが手を差し伸べるとステージから手を出して握手を始めたマークさん。私の中に一気に湧き上がったミーハー心…『行ける、今なら届く、行け、行くんだ!』(←42才の母親がコレですよ…)
次男坊に『行くか?』と声をかけ答えを聞く前にはステージに向けて瞬間移動していたおバカ母です。おそらく、私の今までの人生の中で一番と言っていいくらいの超高速ダッシュだったんじゃないでしょうか。でも、背の高いお兄さんに阻まれてマークさんの手にあとちょっとで届かず…約1メートルの接近で夢は破れました。


かろうじて取れたのが去るマークさんの皮の上着の背中らしきもの(爆)。こうして、私の最近ちょいと大変な日々の現実逃避の一日が終わったのでした…。本当に夢のようでした…楽しかったよ…

帰りはOrganaさんと写真を撮って、次男坊とハグしていただいてから帰ろうかとおもったんですが、VIPパーティーに出席されるのでお忙しそうだったのでメールでお別れの挨拶をして、私らもヨロヨロと帰路につきました。

長い長い電車内…じっとイヤホンで音楽を聴きながら転寝する次男坊の隣で、私はデジカメで撮りまくった画像を見て本当の出来事だったんだとかみ締めてみたりしてました(笑)。日々大変ですが、自分の楽しみは自分で見つけて掴まなくてはと思い知った一日でもありました。スター・ウォーズの楽しみは今後もずっと続きそうだし、またこんな感じのイベントがあったら絶対にまた来よう!その時にはもっと楽しめるように、ちびちびスター・ウォーズ貯金でも始めようか(笑)。今度はサインよりもツーショット写真が取れるチケット購入にあててみようか…なんてね。

自宅に着いたのは10時前でした。足は痛くまともに歩けないくらいでした。両足で立ち上がってバンザイしながらお迎えしてくれるワンコたち、眠くてソファで寝ちゃってた眠気眼のダー様…長男坊はコンビニのバイトでお出かけでいませんでしたが、何度かメールで『楽しんでるの?』『サインもらえてよかったね』と気づかってくれてました。やっぱり気持ちよく送り出してくれるファミリーがいるから満たされた気分で帰ってこられる私は幸せ者なんだと思いましたわ。

帰宅後は早速頂いたサインをテレビの近くに飾りました(^^)。いい思い出になりました。

さーて、またいつの日かの楽しみのためにも、頑張れ私…

|

« スター・ウォーズな1日~アートショーで感激編 | トップページ | とりあえずお引越し終了 »

観賞日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スター・ウォーズな1日~アートショーで感激編 | トップページ | とりあえずお引越し終了 »