« 何かいいことあるかな? | トップページ | 2008.3.10(月)のお弁当 »

2008年3月 9日 (日)

セリーヌ・ディオン~東京ドーム公演

行ってきました、親愛なるセリーヌ・ディオンの9年ぶりの来日公演、3/8(土)東京ドームです。何せ、めったに電車に乗らない生活、おまけに病的な方向音痴な私なので早めの出発です。電車に乗ってからはずっとウォークマン・ケータイでセリーヌの曲オンリーで。途中で何度か寝ちゃったり、電車が遅れたりがありましたが、無事に4時半ごろに水道橋に到着です。ダー様に無事の到着をメールで知らせると『何か食べておいたほうがいいよ』との事。そうだよなぁ…と、思ってあちこちを探してみても、どこも長蛇の列です。かろうじて入れたのが丼屋さん(-_-;)。しかも私の苦手なカウンター席で、高い椅子です。だけど、どこをどう探しても入れるのはここくらいなので、仕方なくすき焼き丼を注文。でも、美味しかったよ(笑)
そうそう、この丼屋さんの近くに、大勢の車椅子の方、障害者の方々が集まっていました。たぶん、その方たち専用の出入り口なのかもしれません。セリーヌは慈善事業にも積極的とのことなので、招待されている方も多いのかもしれないですね。

さーて、いよいよ23番ゲートからドーム内へ。とにかく、人、人、人…トイレも人、人、人!まずはトイレを済ませ、やっと自分の座席へ。うーん、遠い(笑)。私の座席は3塁側1階32通路…。1階とはいっても遠いよ…やっぱり双眼鏡をちゃんとしたのを買っておけばよかったと、ここで後悔しました。家から持ってきたもので見ても、顔の判別は難しかった…(ToT)
後悔しても始まらんですが…。19時の開演ですが、18時半の時点でかなりの空席でした。これはちょっと…心配になったんですが、見る見るうちに席が埋まっていき、私の隣が二席空いてた他にどこが空いてるんだろうかと思うくらい、ほぼ満席状態。5万人だったそうですねぇ…すげぇよ!

遅れること15分ほどで、照明が消えてライブの始まりです!思わずバチバチと手を叩き『うぉー!!』と叫んじゃいましたわ。ステージはセンターにあるせいなのか、セリーヌはアリーナ席の通路を歩いて登場のようでした。人がきゃーきゃー騒いでる様子が見えるだけで、セリーヌの姿は見えませんでしたが…
ステージでは上方にセリーヌを中心に写すためのモニターと、その下には演出のためのスクリーンがありました。最初はスクリーンが下にあったんですが、上に上がるとセリーヌが登場です。この時をどんなにか待っていたことか!…でも、でも、見えねぇー!!何度も眼鏡をはずして双眼鏡で見るんだけど、やっぱり姿格好を見てセリーヌだと分かる程度でした、やっぱり買っとけばよかったー!ちくじょー!
でも、揺るぎのない音程、安定した歌唱力、莫大な声量…言うこと無しですね。本当にしびれました。うれしいことに、ライブDVDのメンバーがそのまま演奏なんですね~。ダンサーはDVDからは激減してましたが、数人同じ人が踊ってました。
期待していた葉加瀬太郎さん…出なかったよ…残念すぎ…。その代わり、セリーヌとデュエットしていた伊藤由奈さんがゲストで登場、美しいデュエットを聴かせてくれました。申し訳ないけれど、伊藤さんは上手ですが、かえってセリーヌとの格の違いが感じられなくもなかったかも、ごめんね、由奈さん。でも彼女にとっては本当にすばらしい経験だし、これからの大きな自信につながる出来事だと思います。セリーヌも腕組みをしながら彼女の歌声を聴き、彼女をすごく立ててるのが感じられました。セリーヌの器の大きさに見ていて感激しました。

衣装も5回替えたかな。最初は黒のミニ、次が赤いパンツ姿、お次がなんて行ったら分からんような模様の衣装(笑)、次はキラキラのミニ、最後は黄色のドレスだったかな。曲も知っているのが多く、聴きたいものが多くて感激でした。まったく知らない曲が数曲あったかな。特にうれしかったのは、【All By Myself 】。これは原曲のエリック・カルメンのも大好きです。ピアノでしっとりと聴かせて、後半はドカーンと盛り上げて…目頭が熱くなりました。絶唱のあとは自然に場内からも拍手が沸きました。名曲ですよ。そして、クイーンのフレディ・マーキュリーの晩年の曲、【The Show Must Go On】。セリーヌが歌う間、ずっとスクリーンにクイーンの姿が映るんですが…私も高校の時にクイーンのライブに行ったこともあり、それなりに思い入れはあります。もうだめだった~、思わず天国にいるフレディに手を合わせてしまいました(ToT)

時間は1時間45分程度でしたが、曲数は多めだったと思います。歌ってくれた曲、思い出せるだけ順番は違いますが自分のためにも書き残しておきましょうか。
(後日公式サイトに全曲載せてあったので訂正してあります)

TAKING CHANCES WORLD TOUR 2008
日本公演セットリスト <全公演共通>

Opening Video
01. I Drove All Night
02. I Got The Music In Me
03. The Power Of Love
04. Taking Chances
05. It's All Coming Back To Me
06. Because You Loved Me
07. To Love You More

-Musical Spanish Seque
08. Eyes On Me
09. All By Myself

-Musical Intro(remix)
10. I'm Alive
11. Shadow Of Love
12. Just Fade Away
13. I'm Your Angel
14. Alone
15. Pour que tu m'aimes encore(フランス語曲)

16.あなたがいる限り~A WORLD TO BELIEVE IN~(伊藤 由奈とのデュエット)

17. We Will Rock You
18. Show Must Go On
19. I've Got The Feelings
20. It's a man world
21. That's Just The Woman In Me
22. Love Can Move Mountain
23. River Deep Mountain High

(アンコール)
24. My Heart Will Go On

タイタニックのテーマはアンコールなのか…?でもこの曲は彼女のライブではお約束の曲、しかもラストに使うのは当たり前という感じ。衣装だってステージのセットだって、照明だってこの曲は別格ですからね。だから私の中では最初から組まれているライブの内容だと思ってるので、アンコールじゃないと感じてます。彼女の体の芯から出る歌唱力の大きさを考えたら、1時間45分程度のライブはぎりぎりなのかな。これ以上は喉が持たないんじゃないかと感じるくらいの迫力ですから、納得…という感じです。

残念だったのはやっぱり葉加瀬太郎さんが出なかったこと。でもDVDでもお気に入りだった金髪のイケメンさんがバイオリンをひいてたので、すこし気が晴れましたが(笑)。それと、最後の最後まで見ないで帰る人が多いのは残念でした。帰宅の心配もありでしょう、電車が込む、出口が込む、それぞれの時間もおありでしょう。
でも、私はセリーヌが時間をかけて観客の間を縫ってバックステージに帰る様子をしっかり見届けたかったし、彼女にライトが浴びている間はステージが終わってないと思ってるのでちゃんと見たかった。だけど、私が立ち上がってどかないと帰れない人がいるから、仕方無しにどいたり、よけたりしましたが…

いつの日か、生きているうちに彼女のステージをもう一度経験したいです。今度はこんな大きな会場じゃなくて、ちゃんとした会場で…DVDのようなしっかりとしたところでね。そんな日が来るんでしょうか…たぶん無理だろうけど。
あのDVD(ライブ・イン・ラスベガス)の内容があまりにも完璧なので、大幅に縮小されたダンサーの数や、セットの内容などを見ると物足りなさを感じなくもなかったんですが、それを大いに彼女の歌唱力でカバーも出来ていました。本当にすばらしい歌、演奏をありがとうという気持ちで、タイタニックのテーマのあとの拍手では『セリーヌ、ありがとう~~!!』と大きな声で叫んじゃいました。周りの歓声でかき消されるのでぜんぜん恥ずかしくなかったぞー(笑)

さーて、帰りは一気に現実に戻されました(笑)。ドームから出るのに20分くらいかかったかも。しかも回転ドアからちまちま出てたら時間がかかるせいか、一部の回転ドアが開放されてたんですが、そのせいかそのドア付近だけものすごい強風なんですよ。アナウンスでも『帽子や眼鏡、アクセサリーが飛ばないようにお気をつけください』なんて言ってました。私も眼鏡を押さえて出ましたが、知らない人と笑い合っちゃうほどの強風でドームから押し出されましたよ。

その後、恐怖の方向音痴が発症しました。さて、どっちに行けば水道橋なのか…私はどの方面から来たんだっけ…分からなくなりました(-_-;)。人が行く方向に一緒に行けばたどり着けるだろうという安易な考えで歩き、ちょっと不安になってきたあたりで、なんとか水道橋の駅を発見。これで家に帰れるわ(笑)
その後は電車の乗り換えも割りとスムーズだったし、立ったままだったので寝過ごすことも無かったんですが…あと数駅というあたりで電車に酔ってしまい吐き気が…(^_^;)。かなりやばい状況…ドアが開くたびに新鮮な空気を吸おうと顔を出すんですけど、後ちょっとで冷たい空気が吸える~~~ってあたりでドアが閉まるのよ。生唾が口の中にたまり出して、マジで車内でゲロッパしそうなくらいやばかったです。ぎりぎりの状態で最寄の駅に到着し、何とかゲロッパは寸前で阻止できました。

一気に気分が治り、駐輪場に置いた自転車に乗り、帰り道にあるコンビニで長男坊がまだバイトをしていたので、ニタニタと店内に入り、アイスとパンを買って仕事姿をチラ見して、店長がいたのでご挨拶して帰りました。

こうして、私のこの何ヶ月間の生きがいとしていた一日が終わってしまいました。
今後は何を生きがいにしていこうか…(笑)。
色々大変だったけど、2時間弱でもセリーヌと同じ場所で、同じ空気を吸って、一緒に歌を口ずさめたのがすごく幸せでした。
気持ちよく行かせてくれて、『楽しんできな』と送り出してくれたダー様と息子たちにも感謝です。

セリーヌ、ありがとう~!

公式パンフレットは一部が5000円とバカ高く、一瞬買うのを迷いましたが、記念なので購入。表紙は見る角度でセリーヌのポーズが変わります。中身はほぼ写真集でした。

気配り上手のセリーヌらしいページ。裏方のスタッフもみんな顔写真入りで紹介です。

ダンサーはDVDからも数人登場でした。

ミュージシャンたち。DVDと一緒の方たちでした。今回はステージが上下するので、DVDのときよりもステージ上にいることが多かったです。

そして、さっき気がついたんだけど…。メールの受信箱に【セリーヌ・ディオンさんからメッセージ到着】という件名が?イープラスというサイトから3/8のチケットを買った人限定で届くメールのようでした。

To my Japanese Fans

Thank you all for coming to my show tonight.
You were the best audience on my World Tour, so far!
I'm enjoying your beautiful country after 9 years.
It's been too long.
Looking forward to a few more nights in Japan.
Thank you again from the bottom of my heart for your warm
welcome.

With Love,
Celine

日本のみなさまへ

ショーに足を運んでくれたみなさん、ありがとう。
今ツアーの中で最高のショーになりました。
みんな素晴らしいオーディエンスだったわ。
9年間の月日を経て、日本という美しい美しい国を
満喫しています。
あと数日日本での滞在が楽しみです。
心の底から皆様が温かく迎えてくださったことに感
謝しています。

愛をこめて。
セリーヌ

|

« 何かいいことあるかな? | トップページ | 2008.3.10(月)のお弁当 »

観賞日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何かいいことあるかな? | トップページ | 2008.3.10(月)のお弁当 »